外貨 生命保険。 日本生命、外貨保険の一部を販売休止へ 米長期金利急落 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

外貨建て生命保険の相談が増加しています!(発表情報)_国民生活センター

外貨 生命保険

国内生命保険最大手の日本生命保険が、外貨建て保険の一部の販売を16日から休止することがわかった。 「コロナショック」を受けた市場の混乱で米長期金利が急低下し、顧客に魅力的な利回りを確保する運用が難しくなった。 コロナショックによる外貨建て保険の販売休止は大手生保で初で、他社も追随するか注目される。 日本生命が販売を休止するのは、米ドル、豪ドル建ての外貨建て保険商品の一部。 保険料を一括で支払い、「給付金」が定期的に振り込まれるタイプ。 休止は3月末までで、その後延長するかどうかは未定としている。 外貨建て保険は、顧客から受け取った保険料を生保が米国債などで運用する。 おもに銀行窓口で売られている。 日本銀行の金融緩和で国内の低金利が続く中、米国債の運用では高い利回りを得られるため、生保は運用利回りの良さなどを売りに販売を増やしてきた。 米長期金利の指標となる10年物米国債の利回りは急落。 外貨建て保険は、生保が運用益….

次の

外貨建て生命保険のメリット・デメリットは? [生命保険] All About

外貨 生命保険

もくじ• 外貨建て保険とは? には多くの商品がありますが、中には外貨で運用される 「外貨建て保険」と呼ばれる商品があります。 円で運用される保険でも、その内容を完璧に理解することは難しいのに、となると、さらにわかりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 今回は、外貨建て保険の特徴について詳しく見ていくことにしましょう。 から支払われたは保険会社によって外貨で運用されます。 その運用されたお金は、円、もしくは外貨で、 保険金、 解約返戻金として返ってきます。 つまり、外貨建て保険とは、 保険料の支払い、保険金の受け取りなどが、外貨ベースで行われる保険です。 例えば、月々の保険料の支払いが50ドルであった場合、1ドルが100円なら5,000円となりますが、円高で1ドル90円になると4,500円に、円安で1ドル110円になると5,500円となります。 同様に、保険金が10万ドルだったとします。 受け取り時に1ドル100円だった場合、保険金は1,000万円となりますが、1ドル90円になると900万円に、1ドル110円になると1,100万円になるのです。 このように、外貨建て保険は、 為替相場の変動によって保険料の支払額、保険金の受取額も変動する商品です。 外貨建て保険を契約する時は、為替相場の変動リスクを念頭に置いておきましょう。 外貨建て保険のメリット 次に外貨建て保険のメリットを見ていきましょう。 保険料が割安 外貨建て保険は、日本で一般的に販売されている保険と比べると、 保険料が割安となっています。 これは、日本と海外の金利差が影響しています。 日本は2016年2月より マイナス金利政策が実施され、超低金利時代が続いており、保険での資産運用が難しい状況となっています。 しかし、海外では日本よりも金利が高い場合があり、保険の運用がしやすく、その分、安い保険料が実現するのです。 資産の分散ができる 外貨建て保険を契約することで、資産を円だけでなく、 海外の通貨に分散させることができます。 円は、世界で有事が発生した時に買われやすいなど、比較的安全な資産と見なされていますが、投資の基本は 分散投資です。 地震や災害などの天災の影響で日本の景気が悪くなり、円の価値が下がるということもあり得ます。 そのような万が一に備え、円だけでなく、他の通貨で資産を持つことは、 資産の保全に有効です。 円安になれば受取額が増える 契約した時よりも、 満期時、解約時に円安となっていれば、受取額は増加します。 このように、 為替相場の変動によるメリットが受けられるのも外貨建て保険の特徴と言えるでしょう。 外貨建て保険のデメリット リスクはあるの? では次に外貨建て保険のデメリットを見ていきましょう。 受取額が少なくなる場合がある 契約した時よりも、 満期時、解約時に円高となっている場合は、受取額は減少してしまいます。 外貨建て保険は為替相場の変動による影響を受けやすいハイリスク・ハイリターンの保険と言えます。 手数料がかかる 外貨建て保険の場合、保険料の支払いや保険金の受け取りで、 外貨から円に両替する際に手数料が発生します。 この手数料は契約者の負担となります。 また、保険の運用に関する諸経費がかかりやすいこともあり、途中で解約するほど、解約返戻金が支払保険料を下回る可能性が高いということもあります。 受取額の目途がたてづらい 保険の満期は10年後、20年後など数十年後となることが多いですが、10年後、20年後の為替相場の変動状況を予測することは困難です。 将来は、大幅な円安になっている可能性もありますが、大幅な円高となっている可能性もあるのです。 このように、外貨建て保険は、海外の比較的高い金利で運用できるメリットがある反面、 為替相場変動のリスクを抱えています。 外貨建て保険に加入する時は、メリット・デメリットを理解した上で、契約するようにしましょう。 また、資産運用を考えている方は、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみると良いでしょう。 ここでは外貨建て保険について詳しく見てきましたが、外貨投資には、他にも外貨預金や外貨債権などの方法もあります。 外貨投資をする上でのメリットをまとめましたので、ご興味のある方は下記よりご確認ください。 頼りになるFPの存在 「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか? 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。 FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。 ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

次の

外貨建て保険にリスクはある?メリット・デメリット

外貨 生命保険

外貨建て生命保険ってなに? 外貨建て生命保険とは、保険料の払込や、保険金、解約返戻金などの受取を外貨で行う保険です。 主に「米ドル建て」や「豪ドル建て(オーストラリア)」の商品があります。 〇 外貨建て生命保険のメリット 円建ての生命保険と比較した場合、米ドル建てや豪ドル建ての生命保険の方が予定利率が高く設定されてるので、貯蓄性に優れています。 以下の図は、日本、アメリカ、オーストラリアの10年国債の利回りの推移を表したグラフです。 現在日本ではマイナス金利が導入されていて国債の利回りは低くなっていますが、アメリカやオーストラリアでは日本よりかなり高い数値となっています。 外貨建ての生命保険は予定利率が高いので、保険料が安く設定されています。 円建て生命保険に比べて大きな保障を準備しやすくなっています。 〇 外貨建て生命保険のデメリット 外貨建て生命保険は、為替相場の変動による影響をうけやすくなっています。 為替相場の変動による価格変動リスクを「為替リスク」といいます。 外貨建て保険の場合、保険金や解約返戻金を受け取る場合、多くの方は日本円に換金して受け取りますので、この際の為替リスクは保険契約者、または保険金受取人に帰属します。 〇 保険金、解約返戻金受取時の為替リスクの例 10万米ドルの保険金を受け取る場合、1米ドル=90円の場合と、1米ドル=120円の場合では、日本円に換算した場合300万円の差が発生します。 タイミングによっては受け取る保険金が元本割れを起こす場合もあります。 逆のパターンもあり、為替の変動により、保険金や解約返戻金等が増えることも当然あります。 〇 保険料払込時の為替リスクの例 払込む保険料も為替の影響を受けます。 月払い保険料=100米ドルの場合、1米ドル=90円の場合と、1米ドル=120円の場合では、日本円に換算した場合3,000円の差が発生します。 90円と120円は極端な例ですが、月払い契約の場合は毎月の払込保険料は変わってきます。 電気料金やガス料金は毎月変動してもストレスはあまり感じませんが、保険料が毎月変動することにはストレスを感じる方もいるようです。 〇 為替リスクの回避策(例) 解約の場合は為替の状況である程度解約時期をコントロールできますが、満期保険金や死亡保険金などの受取は支払の時期が決まってきてしまうため、そのタイミングで為替の状況がよくない場合、困ってしまいます。 その際は、金融機関の円口座ではなく、外貨口座に保険金等を振込、日本円に換金するタイミングを計ります。 また保険会社によっては、所定の範囲で外貨のまま据え置くことも可能な場合もあります。 はじめて外貨建て生命保険を検討される方は、リスクをしっかり理解して利用すれば、将来の運用結果に大きな成果を生むことも可能ですので、保険のプロに相談したうえで上手に活用していきましょう。

次の