三国競艇特徴。 三国競艇場の特徴・傾向・予想ポイント

三国競艇場の特徴を紹介!競艇で勝つために知っておくべきこととは?

三国競艇特徴

三国競艇場ってどんなところ? ボートレース三国(みくに)は、2012年以降の主催者は越前市と坂井市が加入している一部事務組合の越前三国競艇企業団です。 2011年までは、これとは別にあわら市も競走を主催していましたが撤退し、単一企業体の主催となっています。 施設所有者は京福電気鉄道系列の三国観光産業株式会社です。 開設当初は九頭竜川の河口付近に作られており、当時は「九頭竜の三角波」といわれる全国屈指の難水面で、選手も恐れる競艇場として名を馳せていました。 現在も特に冬場は強風の日が多く、ここをホームとしている選手は風に強いと言われています。 それもあり、強豪ひしめく近畿地方勢と肩を並べる実力者が福井支部には集っています。 ボートレース三国の特徴 1号館と2号館に分かれており、自由席総数は4283席と多く、指定席と特別観覧席も合わせて250席以上と豊富です。 マスコットキャラクターは「カニ坊」 三国競艇場のメインマスコットキャラクターはカニ坊で、北陸の名産である越前ガニをモチーフとされたマスコットになっています。 モーニングレースが面白い 三国競艇場では企画番組として2003年6月5日より第1レースに「おはよう特賞」が組まれました。 これは1号艇にA級選手が、その他にB級選手が組まれる番組です。 2018年現在行われている企画レースは ・第1レース「みくにあさイチ」おはよう特賞と同様に1号艇がA級、その他はB級 ・第2レース「みくにあさガチ」1号艇と2号艇がA級、その他はB級 ・第3レース「みくにあさズバ」1号艇と3号艇がA級、その他はB級 ・第4レース「みくにあさトク」1~3号艇がA級、4~6号艇がB級 このモーニング鉄板レースだけを目的に三国競艇場で舟券を買うという人も居るほどに人気があります。 競争水面の特徴 競争水面は長方形のプール型で水質は淡水なので水の流れが無く、水面が硬く、選手の間からも走りづらいとの声が上がるのが特徴的です。 夏場は海風、冬場は強い北風が吹きます。 冬は雪の日が多く気温が下がり、湿度は高くなる影響で、ボートは乾きにくくなってしまいます。 水を吸った分ボートが重くなり、起こしの足も重くなることもあります。 三国競艇場のグルメ 三国競艇場の一押しグルメと言えばソースカツ丼です。 よくあるカツ丼のように卵とじをしておらず、たれに漬け込んであるタレカツを丼にして頂けるお料理に仕上がっています。 ですが… 実は一番の名物とされているのは牛丼だったりします。 こちらはベーシックスタイルの牛丼なのですが、たっぷりとお肉が使われていてボリューム満点です。 三国競艇場のご飯は、全国屈指の値段の高さだったりします。 その分クォリティが高いと言われているので是非ご賞味ください。 コース概要 三国競艇場は1年を通してスタートラインに対しての追い風の日が多く、冬場は安定板を装着してレースをする必要がある程に水面が荒れます。 ただ、2001年の第1ターンマークの位置変更に伴って幅広い決まり手が発生する水面へと変化致しました。 それでも尚、インコースが主導権を握ることの方が比較的多いですね。 スタートライン上のコース幅は広いので、アウトコースからスタートすると第1ターンマークまでの距離が遠く、さらにイン逃げのパターンがハマることが多いです。 新鋭リーグ戦の名称はヤングヒーロー決定戦で、女子リーグ戦の名称はクイーンカップ競走と呼ばれています。 また正月には「初夢賞」、ゴールデンウィークには「GW三国ボートフェスタ」(2016年までは湯の花賞)、お盆には「しぶき賞」なども行われています。 三国競艇を予想するコツ・ポイントは天気にある? 三国競艇場は基本的にはインコースが主導権を握り、イン有利の傾向が強い競艇場です。 インコースが負けるパターンとして多いのはターン直後に風を受けて流れてしまうというケースです。 その際には、2コース3コースの差しが決まりやすくなり、4コース5コースからのまくり差しも良く見られます。 三国競艇場は季節を問わず、6コースの1着率が非常に低いです。 非常に低いというデータがあるということは、他競艇場に比べて6号艇を絡めたオッズが高くなりやすい傾向にあるということですね。 競艇で荒れる時と言えば雨や風が強い時です。 普段はインが強い三国競艇場の牙城が崩れる可能性があるのが荒天時というわけです。 その為、三国競艇場の天気が悪い時を狙って舟券を購入する人達も多く、特に天気に着目したい競艇場の一つと言えるでしょう。 三国競艇場のレース結果はライブ配信で確認できる インの強さが相まって、アウトコースが勝った時のオッズの高さが病みつきになる三国競艇場の最新のレース結果はすぐにでも確認することが出来ます。 しっかりとしたライブ配信も見ることが出来るので、手に汗握る瞬間を楽しんでください。 ETC専用出口を通過すると、領収書は発行されません。 まとめ 三国競艇場は北陸地方唯一の競艇場でありながら、近畿地区に所属しているので競艇界ではもっともレベルの高い近畿地区扱いを受けるも、実力者が多い事で有名で、とにかく美味しいご飯が食べられるのがポイントです。 冬の時期は特に他の競艇場に比べて一風変わった姿を魅せてくれますし、特に周辺の海産物は寒い時期に美味しいものも多く、まだ一度も訪れたことが無い方にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

【ライブ情報あり】三国競艇場の今日のレース予想と特徴!ボートレース前に要チェック

三国競艇特徴

今回は三国競艇場です。 三国競艇場コース別1着率 コース 1着率 ランキング 1 48. 2 14 2 20. 6 1 3 14. 42 8 4 10. 97 19 5 5. 37 21 6 1. 2%という数値。 全場との比較で 14位と中間順位です。 予想をする上でもまずは重視したいところ。 2コースの1着率は 20. 6%と全場比較で 1位。 非常に2コースが強いといった印象です。 数値には集計時の偏りが若干あるのですが、 2コースの1着として考えるのは悪くない手だと思います。 予想する際は1着として考えるのは筋ではあります。 3コースの順位は全場比較で 8位と言う結果。 1コース、2コースに続き強めな印象です。 他場に比べると抜きんでている数値ではないのですが、 それなりに信頼のおけるコースです。 4コースの1着率が全場の 19位と低め。 他場と比べると極端に悪いわけではないのですが、 1コースから3コースまでは比較的強めなので、 数値的にも低くなってしまっている感じを受けます。 5コースは全場比較の 21位でした。 他場の平均値よりも下の方になります。 全体の中間 12位の尼崎競艇場が 6. 55%です。 対して三国競艇場は 5. 37%と1%程度のダウン。 わずか1%程度ですが他場よりも低いという結果。 その1%を大きくとらえるかは予想する側にまかせます。 6コースの1着率が全場比較の 18位。 1%台の数値ですのであまり期待はできません。 全場の平均値的には 2. 5%ない程度でしょうか。 そう考えると三国競艇場の6コースの1着狙いはけっこう厳しめ。 そこをあえて狙うのは個人の判断でしょう。 引き続き各コース別の3連対率について、 三国競艇場コース別3連対率 コース 3連対率 ランキング 1 79. 82 9 2 63. 07 1 3 56. 77 2 4 49. 3 21 5 34. 85 22 6 19. 3連対率では全場比較でも高い方に入る。 やはり予想する時にはまずは考えたいコースです。 2コースは全体の 1位と1着率共にトップ。 三国に関しては2コースは非常に重要そうです。 強い選手が2コースにいる際は特に予想を練りたくなります。 3コースは 2位という結果。 3連対率を考えると3コースはかなり優秀な数値。 連絡みを意識して予想してみたいところです。 4コースの3連対率は全場の 21位という結果。 1着率のところでも書きましたが、 1コースから3コースが数値が大きいので、 4コースの数値は低めになっての結果だと思います。 決して悪いわけではないので軽視は禁物です。 【1から3コースがダメなら4コースの選手】 こういった普通の考えが通じないわけではないです。 5コースの3連対率が全場比較の 22位と下位です。 けっこう厳しい位置になる感じがします。 4コース同様に内が強めなので数値も低い感じもあります。 6コースは全場比較では 20位という結果。 数値も 20%以下とやや 苦しいといった印象。 最後に1コースの1着を逃した際に3着以内に入る比率を出しています。 5931という数値になって全場ランキングでは 4位でした。 1コースが1着になれなかった場合で、 2着や3着に残る可能性は他場に比べると 高めです。 粘り強い1コースと言った感じでしょうか。 けっこうしぶといと覚えておいてもいいかと思います。 【まとめ】 ・1コースは強め。 安定度も高めなので主軸に ・2コースは最も重要。 1着や連絡みとしても考えやすい ・3コースはそこそこ。 予想時も注目したい ・4コースは弱めだが、内がダメなら狙う必要はある ・5コースも弱めだが、4コース同様に選手によっては購入を ・6コースも弱め。 厳しい位置だが相手次第では。。。 といった感じです。 どうしたって内艇が強めな三国競艇場。 予想する際は内の艇から見ていって、 外艇をどの程度絡めるかによって組み立てたいところ。 モーターや選手の実力など見極めての購入。 【王道】といった競艇の予想を楽しむならよいかと思う。 余談ですが、三国競艇場の近くは温泉街。 美味しいお食事や観光や温泉。 旅行するにも良い場所だと思いますので、 よろしかったらぜひとも!! 以上で終わります。 Selected Entries• 154• 6 Archives• 13 Profile• Others• Mobile Powered by C 2020 Some Rights Reserved.

次の

三国競艇場の特徴・傾向・予想ポイント

三国競艇特徴

水質は淡水。 長方形のプール型になっており、淡水で水の流れはなく水面が硬いのが特徴。 夏場は海風が、冬場は強い北風が吹く。 年間を通してホーム追い風が多く、インコースが主導権を握る傾向にある。 インコースの強さは数値にもしっかり表れている。 2連対率は70%・3連対率は80%を超えている。 インの強さを支えているのは、スタートライン上のコース幅が62mでかなり広い。 全国でも有数の広さだ。 アウトの選手は1マークが遠く届きにくい。 その間にインが逃げているというパターンが多くなる為だ。 インが敗れることももちろんある。 その時は風のせいだ。 風を受けて流れた時、2、3コースからの差しが決まる。 また、進入が乱れたレースは4、5コースからの捲り差しが決まりやすい。 ただ、6コースは常に不利だ。 北陸地方にあるレース場のため、冬は雪の日が多く気温が下がり、湿度は高くなる。 その影響で、ボートは乾きやすい。 水を吸った分ボートが重くなり、起こしの足も重くなる。 水面も荒れやすくなるため安定板を使用することも多い。

次の