慶応 大学 ラグビー 部。 日本大学ラグビー部

慶應義塾體育會蹴球部

慶応 大学 ラグビー 部

概要 [ ] で初めてのチームとして知られ、のグランドにはラグビー発祥の地として記念碑が建てられている。 チームの歴史は(32年)、当時の英文学教員であったが留学から戻ったと共に、慶應義塾の学生達に指導したことに始まる。 当時チームは、・の坂下にあった「仙台原」と呼ばれるを練習場としていた。 部の名称はかつて、ラグビーが「蹴球」と呼ばれていたことに由来する。 現代では「蹴球」とはのことを指すことが多いが、改名は行われていない。 ちなみに慶應義塾のサッカー部はソッカー部の名称になっており、「蹴球」の名称を使用していない(詳細はを参照)。 とのは毎年、に行われ、を満員にし、の中継もある。 ジャージが黒黄の縞のことから、タイガー軍団とも呼ばれる。 「魂のタックル」といわれる泥臭いスタイルが特徴。 近年はBKに好選手を擁し、ワイドな展開ラグビーを行っている。 (59年)度にを全勝で優勝し、では決勝に進出。 史上初の大学選手権3連覇を狙うと対戦し、6-10で敗れる。 この決勝では4点差の終了間際、慶應の村井大次郎がディフェンスラインを突破、同志社のインゴール中央左に飛びこんで同点(当時、トライは4点であった)、さらに正面からのゴールキックを得てほぼ逆転なったと思われたが、直前のからのパスがスローフォワードの反則をとられて幻に終わり、結局最終スコアで決着した。 この判定は、選手権の決勝というビッグゲームであったこと、試合の帰趨を直接に決するものだったこと、またジャッジングそれ自体が非常に微妙で難しいものだったことなどから議論を呼ぶことになった。 (60年)度には対抗戦4位ながら、大学選手権で2年連続決勝に進出しと対戦。 12-12の引き分けで両校優勝となる。 抽選の結果、に進出し、と対戦。 18-13で勝利し、初の日本一に輝いた(このときの監督は)。 それ以降はしばらく低迷したが、(10年)度には13年振りに大学選手権に出場。 準決勝に進出し、明治大学と対戦したが、ロスタイムに逆転を許し18-24で敗退した。 翌(11年)度にはラグビー部創設100周年を迎え(監督は上田昭夫)、高田晋作・・野澤武史等の活躍により、対抗戦を全勝優勝。 大学選手権では決勝でを27-7で破り、通算3度目(単独では初。 過去2回は同点両校優勝)の大学日本一を経験している。 (12年)度も対抗戦を全勝優勝し、大学選手権2連覇の期待が高かった。 しかし、準決勝で強風との激しいタックルのためにリズムを崩し(法政の度重なるハイタックルなどの反則も含む。 この試合は法政3人・慶應1人にシンビンが出る荒れた試合であった)、13-15で敗退した。 なお同年度以降対抗戦優勝から遠ざかっている。 (19年)度には・中浜聡志・小田龍司・出雲隆佑などBKに好選手を擁し、6年ぶりに準決勝に進出し、明治大学と対戦。 34-27で初めて大学選手権で明治を破った(この年度、明治と2度対戦し、2引き分け<春の招待試合:31-31・対抗戦:29-29>で、3度目の対戦であった)。 そして8年ぶりに決勝に進出し、度以来、39年ぶりに決勝で早稲田大学と対戦したが、6-26で敗れ準優勝に終わった。 これ以降3度準決勝に進出したが、いずれも、に敗れ決勝進出を逃している。 (元年)度は5位に終わり、22年ぶりに大学選手権出場を逃した。 タイトル [ ] 試合前に塾歌斉唱をする慶應義塾大学の選手達(2012年10月・戦・)• :1回• (60年)• :3回 (出場35回)• 1、1985 2、1999• 準優勝:3回(、、)• :2回• (5年)、(17年)・秋• :9回 ( と分裂後[1967年度以降]は 4回)• 1928, 1930, 1942後期、1955, 1957, 1980, 1984, 1999, 2000• :3回• 2018年度現在。 なお、ののラ式蹴球(ラグビー)競技決勝で対戦があり、11-6で慶應が早稲田を破り優勝している。 慶明戦 戦績 [ ] 近年のチームの戦績は以下の通り。 下記は当校日本一の試合時におけるフィフティーンである。 白凱々の雪に居て 球蹴れば銀塊飛ぶ 黒黄の猛きしるしには 清浄の誉れ高し 勇めよ我友よ いざ行けいざ行けよ 正義の旗なびき 自治の剣輝く ツララ慶應慶應 ツラララツラララ ツララ慶應慶應 ツラララ 主な選手 [ ]• (二代会長)• (旧姓:宮地、FL、No. (No. (No. (NO. (No. (FL・No. (FL・No. 所在地 [ ].

次の

慶應義塾大学BYB RFC OB会 Official Web Site

慶応 大学 ラグビー 部

試合前に校歌斉唱をする日本大学の選手たち(2013年9月・戦・) 関東大学ラグビーリーグ戦創設の中心となったチームの一つであり、これまで、関東大学ラグビーリーグ戦優勝3回、では4度ベスト4に進出している。 に創部。 大学選手権が始まる前の度に学生王者として、日本選手権の前身であるに出場した経験を持つ。 、関東大学リーグ戦の発足に伴ってリーグ戦グループに加盟。 、部員の不祥事 により2部へ降格。 、2部で優勝するとともに入替戦にも勝利し、1部に復帰。 、加藤尋久がに就任。 、1部リーグ7位となり、入替戦に敗れて3度目の2部降格。 、2部で全勝優勝。 入替戦にも勝利し1部に復帰。 このシーズンはヘッドコーチ代行が指揮を執った。 加藤HCは任期満了で退任。 シーズンは中野克己ヘッドコーチ、伊藤武チーフコーチ、川松真一朗がゼネラルマネージャーに就任。 、東京都の路上でを所持したとして、は21歳の部員を違反(所持)容疑で逮捕。 これを受けて無期限活動停止を公式ホームページにて発表した。 タイトル [ ]• : 3回 1976、1977、1985• : 2回(1967年脱退。 対抗戦が分裂以前[1966年度以前]の成績) 1955、1960• : 0回(出場15回) 最高ベスト4(、、1995、1997)• 戦績 [ ] 近年のチームの戦績は以下のとおり。 坂本駿介(主将、PR、FL、No. - (SH、選手及び監督)• - (2003年度主将FL・No. - (2004年度主将FL・No. 所在地 [ ]• 日本大学ラグビー部 坂浜18-1382-1• 日本大学稲城グラウンド 平尾字12-1342 脚注 [ ]• Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 部の不祥事でリーグ戦残り試合および最下位に伴う入れ替え戦を辞退したため。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

高校ラグビー進路2020!慶応大学ラグビー部新入部員一覧を調査!

慶応 大学 ラグビー 部

ver. お元気です! 今年から不惑倶楽部の80代の… OB通信• 上原名誉会長のラグビーの思い出から、エディ・ジョーンズ率いる現在の日本代表の… OB通信• 詳細に関して、都度、お知らせ致します。 OB会名簿• 薮田先輩のお声がけもあり、20名程のOBが集まりました。 当日は、翌日に公式戦を控えた現役も合流しました。 … OB通信• 以下、掲載された全文です。 慶応義塾BYBラグビーフットボールクラブについて ラグビーを愛し、自由を愛するク… OB通信• この結果、BYBは1部Aで3位となり、次週からのCSシリーズに臨む… OB通信•

次の