マランツ m cr612。 ハイエンドオーディオ: ミニコンポを超えたミニコンポ!! marantz『 M

マランツ「M

マランツ m cr612

マランツを代表するというか、オーディオ業界を代表するオールインワンコンポがM-CRシリーズです。 幅20cm台のミニコンサイズにCDプレーヤー内蔵型レシーバーという形態は、CD全盛期からオンキヨーが得意にしていたコンポですが、2010年代以降、PCオーディオやネットワークオーディオが隆盛してからはマランツが存在感を出すようになり、現在ではすっかりこのジャンルの定番的存在になりました。 さて、従来機・M-CR611(2015年発売・現在実売3. 8万円程度)に代わる新製品がこの4月下旬に約7万円(すでに実売5万円台前半)で発売されたM-CR612です。 本機の内容をM-CR611と比較しての違いも含めながらご紹介します。 M-CR611と比較してのおもな違いは、アンプ部に新たにパラレルBTL駆動機能を追加したほか、ネットワーク再生機能が「HEOS」に刷新され、M-CR611ではSpotifyのみの対応だったところ、AWAやAmazon Prime Musicなどにも対応、AirPlay2やAmazon Alexaボイスコントロールにも対応、DSD再生も2. 8MHzから5. 6MHz(いずれもPCM変換)へ向上。 HDD接続での音楽再生は従来から可能でしたが、新たにNTFSフォーマットもサポート。 マランツが得意とするヘッドホンアンプも強化されています。 ボリュームカーブは、CR611の60ステップから、CR612では100ステップに増加し、よりきめ細かい音量調整が可能になりました。 新機能として、通常のシングルエンド接続で4chアンプ出力を使ってスピーカー駆動ができる「パラレルBTL」を搭載。 加えて、通常のシングルワイヤリングスピーカーでも4chアンプをフルに使って駆動できるので、アンプが無駄にならず、しかも音質も向上できます。 また、クラスD構成のアンプ部やクロックについても、12シリーズなど上位モデルの技術を継承しつつブラッシュアップを図っているとのことで、基本的な音質も向上。 パワーアンプおよびローパスフィルターにかけては、高品位フィルムコンデンサー、無酸素銅線・マンガン亜鉛コアインダクター、クラスDアンプ電源用の低ESRコンデンサーなど、高音質パーツを引き続き採用。 ヘッドホンアンプ部についても新たにHDAM-SA2型のディスクリート高速電流バッファーアンプを投入。 3段階のゲイン切り替え機能も備えます。 デザインは「コンパクトで上質な佇まい」をコンセプトとして、ひとつのインテリアとなり、ライフスタイルに彩りを加えることを目指したとしています。 天板は従来から引き続き、「タワシで擦っても傷がつかない」というハードコート・アクリルトップパネルを採用。 このあたりの配慮で、オーディオ好きとは限らない一般ユーザーにも受け入れられやすい魅力があるのでしょう。 DSD、WAV、FLAC、Apple Losslessのギャップレス再生にも対応。 無線LANは、IEEE 802. BluetoothではSBCコーデックでの接続が可能。 ワイドFMにも対応。 新機能として、テレビなどのソース機器の入力信号を検知して、自動で電源をオンにして入力を切り替えられるようになりました。 CDプレーヤー機能は、音楽CDおよびデータディスク(MP3/WMA)の再生に対応。 その他、アナログRCA入力を1系統、アナログRCA出力(固定・可変切り替え可能)を1系統、サブウーファー出力を1系統搭載。 こうしてみると、実にいいことずくめの改良機のようで、前よりも悪い点などなさそうですが、一つ気になる点が。 ネットでも指摘されていますが、なんとタイマー機能が後退しているのだとか。 これは単品コンポとしてよりも、生活用品的なミニコンポ的な存在と思っていたシリーズだけに意外です。 また、BluetoothがSBCのみというのも物足りません。 ただ、このあたりも入念な市場調査の結果でしょうが。 それでも総じて、オールインワン的なコンポとしての内容の充実、完成度の高さは疑いようもなく、7万円でも安いくらいです。 ただ、型落ちになったM-CR611がいま3. 8万円程度というのは、それもまたお得。 とはいえ、今後はやはりM-CR612に期待でしょう。 実売価格もすでに5万円少しですし。 今後の期待としてはDSDのネイティブ対応やSACD対応ですが、SACDはさすがに無理でしょうか。 Bluetoothの充実はしたほうがよいのではないでしょうか。

次の

Marantz M

マランツ m cr612

マランツの詳細については、にて確認することが出来ます。 そのためストリーミング(Amazon Music、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、AirPlay 2などに対応しています。 どうしてMarantz/マランツ M-CR612を選ぶのか マランツの60年を超えるHi-Fiオーディオ設計の歴史の中で培われてきたフィロソフィー、テクノロジーを継承した徹底的なサウンドチューニングにより、定評の音質にさらに磨きが掛かったコンポは音質や信頼感においては正に最高峰と言えます。 というコメントも頷けます。 是非、実際の音を聞いてみて判断をして貰えればと思います。 自分も「そう思う!」「合致する!」と思う点があれば、それを起点に他社、多機種と比べてみてください。 マランツ/Marantzの信頼と安心感• ストリーミング(Amazon Music、AWA、Spotifyなど)、インターネットラジオ、AirPlay 2対応(HEOSテクノロジーを搭載)• Amazon Alexaでの音声コントロールに対応• ネットワークから再生できるのは良いですね。 【お勧め】自動再生機能付き光デジタル入力 入力信号を検知してM-CR612の電源を自動でオンにする「自動再生」機能は地味に感じるかもしれませんが大変便利な機能です。 4chスピーカー出力 スピーカー出力は2組、合計4chを搭載し、1chにつき2つのアンプを用いるBTLドライブを全4chに採用しています。 フルデジタル・プロセッシング• 3段階ゲイン切り替え機能付きヘッドホンアンプ 3段階のゲイン切り替え機能により、接続するヘッドホンのインピーダンス、能率に合わせて最適なゲインに設定することができます。 ヘッドホンを使って没頭する際にも気の利いた機能が威力を発揮します。 3行表示で読みやすいディスプレイ• 惜しいポイント 惜しいところも幾つかあります。 USB端子が背面にしかありません。 折角、USBメモリーに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生に対応しているのに延長ケーブルなどを介さないと操作しづらい設計となっています。 「ネットワークCDレシーバー」と、ネットワークを強みに歌っているにも関わらず radikoには対応していません。 恐らく、外資のメーカーであるために日本国内のサービスへの対応は苦手なのだと思われます。 スマフォやパソコンで再生したradikoをコンポに連携して再生するといった方法で回避するのが良さそうです。 radiko(ラジコ)とは パソコンやスマホでラジオが聴けるインターネットサービスです。 コンポがインターネット接続に対応していて、radiko(ラジコ)に対応していれば空間伝搬損失無くクリアな音質のラジオを聞くことが出来ます。 従来のラジオと比べて次のようなメリットもあります。 BluetoothがA2DPまでしか対応していない。 高音質のaptXやAACに対応していたら尚良かった。 ハイレゾ音源の対応が結果的にUSBメモリ経由でしか楽しめないという状況になってしまっています。 再生ボタンを押してから再生が始まるまでに少し時間が掛かる程度だからです。 停止、一時停止などの操作が若干遅延するように感じるだけで音楽自体の再生に問題は生じないからです。 逆に、映像を伴うような例えばPVや映画、テレビ映像、YouTube鑑賞などについては映像の方が速く表示されてしまったり音声と映像の同期がずれるとストレスを感じます。 スマフォやパソコンであればプレイヤー側の同期設定などがあれば音声ズレを解消できるかもしれません。 量子化ビット数は数値が大きいほど音の解像度が増し奥行きのある音質実現を期待できます。 圧縮率はより多くの音声、音楽情報を圧縮して送れると言うことですのでそれだけ結果的に多くの情報を送る事が出来ます。 但し、SBCのように非可逆圧縮をしている場合は重要なデータを削除してしまって、元に戻せない品質の低いストリーミングを誘発する原因にもなりかねません。 昨今の傾向ではaptXまたはAACに対応した機材を揃えるのが無難と言えます。 更なる中古、ユーズド系の価格調査はこちら 「メルカリ」は主に中古品を倍々するためのサービスで、スマホから簡単に出品や落札が可能なのが特徴です。 まだ登録が済んでいない方は簡単に登録が可能です。 バナーをクリックすると「 」で検索した結果ページとトップを表示します。 「オークファン」はYahoo! Auctionなどの過去の落札実績を検索できる便利なサービスです。 有料会員になると10年分の検索が可能になるなど、適正な中古品価格を確認するのに非常に便利です。 上記左側のバナーアイコンが表示されない場合は、アドブロッカー(広告ブロッカー)がOnになっていないかご確認ください。 関連Youtube動画 「 」で検索した結果を自動表示しています。 あまり関係ない動画も含まれるかもしれません。

次の

ハイエンドオーディオ: ミニコンポを超えたミニコンポ!! marantz『 M

マランツ m cr612

マランツを代表するというか、オーディオ業界を代表するオールインワンコンポがM-CRシリーズです。 幅20cm台のミニコンサイズにCDプレーヤー内蔵型レシーバーという形態は、CD全盛期からオンキヨーが得意にしていたコンポですが、2010年代以降、PCオーディオやネットワークオーディオが隆盛してからはマランツが存在感を出すようになり、現在ではすっかりこのジャンルの定番的存在になりました。 さて、従来機・M-CR611(2015年発売・現在実売3. 8万円程度)に代わる新製品がこの4月下旬に約7万円(すでに実売5万円台前半)で発売されたM-CR612です。 本機の内容をM-CR611と比較しての違いも含めながらご紹介します。 M-CR611と比較してのおもな違いは、アンプ部に新たにパラレルBTL駆動機能を追加したほか、ネットワーク再生機能が「HEOS」に刷新され、M-CR611ではSpotifyのみの対応だったところ、AWAやAmazon Prime Musicなどにも対応、AirPlay2やAmazon Alexaボイスコントロールにも対応、DSD再生も2. 8MHzから5. 6MHz(いずれもPCM変換)へ向上。 HDD接続での音楽再生は従来から可能でしたが、新たにNTFSフォーマットもサポート。 マランツが得意とするヘッドホンアンプも強化されています。 ボリュームカーブは、CR611の60ステップから、CR612では100ステップに増加し、よりきめ細かい音量調整が可能になりました。 新機能として、通常のシングルエンド接続で4chアンプ出力を使ってスピーカー駆動ができる「パラレルBTL」を搭載。 加えて、通常のシングルワイヤリングスピーカーでも4chアンプをフルに使って駆動できるので、アンプが無駄にならず、しかも音質も向上できます。 また、クラスD構成のアンプ部やクロックについても、12シリーズなど上位モデルの技術を継承しつつブラッシュアップを図っているとのことで、基本的な音質も向上。 パワーアンプおよびローパスフィルターにかけては、高品位フィルムコンデンサー、無酸素銅線・マンガン亜鉛コアインダクター、クラスDアンプ電源用の低ESRコンデンサーなど、高音質パーツを引き続き採用。 ヘッドホンアンプ部についても新たにHDAM-SA2型のディスクリート高速電流バッファーアンプを投入。 3段階のゲイン切り替え機能も備えます。 デザインは「コンパクトで上質な佇まい」をコンセプトとして、ひとつのインテリアとなり、ライフスタイルに彩りを加えることを目指したとしています。 天板は従来から引き続き、「タワシで擦っても傷がつかない」というハードコート・アクリルトップパネルを採用。 このあたりの配慮で、オーディオ好きとは限らない一般ユーザーにも受け入れられやすい魅力があるのでしょう。 DSD、WAV、FLAC、Apple Losslessのギャップレス再生にも対応。 無線LANは、IEEE 802. BluetoothではSBCコーデックでの接続が可能。 ワイドFMにも対応。 新機能として、テレビなどのソース機器の入力信号を検知して、自動で電源をオンにして入力を切り替えられるようになりました。 CDプレーヤー機能は、音楽CDおよびデータディスク(MP3/WMA)の再生に対応。 その他、アナログRCA入力を1系統、アナログRCA出力(固定・可変切り替え可能)を1系統、サブウーファー出力を1系統搭載。 こうしてみると、実にいいことずくめの改良機のようで、前よりも悪い点などなさそうですが、一つ気になる点が。 ネットでも指摘されていますが、なんとタイマー機能が後退しているのだとか。 これは単品コンポとしてよりも、生活用品的なミニコンポ的な存在と思っていたシリーズだけに意外です。 また、BluetoothがSBCのみというのも物足りません。 ただ、このあたりも入念な市場調査の結果でしょうが。 それでも総じて、オールインワン的なコンポとしての内容の充実、完成度の高さは疑いようもなく、7万円でも安いくらいです。 ただ、型落ちになったM-CR611がいま3. 8万円程度というのは、それもまたお得。 とはいえ、今後はやはりM-CR612に期待でしょう。 実売価格もすでに5万円少しですし。 今後の期待としてはDSDのネイティブ対応やSACD対応ですが、SACDはさすがに無理でしょうか。 Bluetoothの充実はしたほうがよいのではないでしょうか。

次の