交通量調査 バイト。 交通量調査・市場調査・アンケートのバイト・アルバイト求人情報|【ドーモ】DOMO静岡

交通量調査バイトの評判は?きつい?経験者の大学生が体験談を公開!(バイトあれこれ)|t

交通量調査 バイト

仕事が決まってからは、特に面接や登録はなく当日現場に向かう。 現場は朝4時〜5時ごろからの集合が多い。 また、1日一人で座っての作業となるので、前日は充分に睡眠をとっておいたほうがよい。 集合してからは、3人組や4人組に別れ、同じ場所の交通量を交代で数える。 2時間に一回1時間休憩がある。 近くにコンビニや、飲食店がある現場ならよいが、何もないところだと1時間、休憩する場所がなく困る。 冬の作業になると、屋外で何時間も座っておくことになるので、それなりの覚悟が必要。 服装は派手でなければ特に指定はないので、マフラーや手袋、ニット帽、カイロなどの防寒具は必須になる。 逆に、夏は炎天下での調査となるので、帽子をかぶる・水分をこまめにとるなど、熱中症への対策が必要である。 記入用紙や、数を数える機械は当日支給されるので、持っていく必要はない。 係の人が時々見回りにくるので、さぼっていたり、テキトーに数を書いていたりするとバレることがある。 携帯を見ることはできないので、腕時計を持っておくとよい。 また、長時間の勤務になるので、休み時間に携帯を使うことを考えると、ポータブル充電器をもっておくとよい。 給料は当日手渡しなので、印鑑を持っていくのを忘れないように。 交通量はだいたい、当日の給料に含まれているので、自分が使った分だけの交通費を請求することはできない。 貴重品を預けるところはなく、基本的に自分での管理になるので、極力不必要なものは持っていかず、少ない手荷物だと安心できる。 交通量調査のバイトは、人に関わる必要がないので、接客が苦手・人と話すのが苦手な人にはおすすめ。 また、即日お金が手に入るので、金欠になった時にもおすすめです。 ほかのアルバイトに比べて、比較的簡単な仕事で誰にでもできます。 長時間座っているのが苦痛でない方にはおすすめできます。 退屈に勝てない人はやめたほうがよい。 また、決まった時期にあるバイトではなく急に出てくるバイトなので、頻繁に調べる必要があります。 このバイトの大変さを10段階評価するといくつ? (目安:試験監督は1、引っ越しは10) 1 楽な時間帯はある? 基本的に時間帯によらず楽なバイトです。 ただ雨が降ったら中止になることが多いが、小雨の場合決行されるので、冬に雨の中長時間同じ場所で座っておくのはかなりきついです。 また、一人で黙々と数を数える作業を行うので、途中休憩はあるものの、暇でしかたがないです。 交通量調査のアルバイトはほんとに誰でもできる仕事なので、とりあえずなんでもいいからバイトしたい人はぜひしてください。 すぐにお金ももらえるので本当にいです。 時給がそこまで高いわけではないですが、12時間拘束で2時間に一回1時間休憩があって1万円もらえれば、かなり得だと思います。 交通量調査のバイトは、この時期にあるというのが決まっていないので、やりたいと思った時にある可能性は低いですが、よくネットで調べていると必ずあります。 金欠になって、今すぐお金が欲しいという方はまず交通量調査のアルバイトを検索してみてください。 特別に準備するものなどもないし、面接・登録会もないので、働こうと思ったらすぐに働くことができます。 ココからバイトに応募するとお祝い金最大1万円を確実にもらえます!• プライバシーポリシー.

次の

交通量調査バイトの評判は?きつい?経験者の大学生が体験談を公開!(バイトあれこれ)|t

交通量調査 バイト

分類例 車であれば3分類(大型車・普通車・二輪車) 5分類であれば(普通車・大型貨物・小型貨物・バス・二輪) 自転車・歩行者(男女区分・年齢区分) このように目的によって車両や通行量を分類します。 交差点部であれば方向区分によって分類します。 交通量調査の測定時間 測定時間も目的に応じて異なります。 測定時間は欲しい情報によります。 当然時間区分に応じて調査費用は異なりますので注意しましょう。 9:00~18:00(12H)、9:00~9:00(24H)など欲しい情報の整理が大切です。 また、調査日時をいつにするかも重要です。 一般的に 平日と休日で交通量は異なります。 測定する時間と何日行うかを目的に応じて設定する必要があるのです。 交通量調査のバイトQ&A 交通量調査のバイトをしたいと考えている人に対しての質問に答えていきます。 バイトQ&A参考にしてみてください。 仕事は難しくない? 交通量調査のバイトはものすごく簡単です。 基本的には測定箇所付近にパイプ椅子を置き、車の数を集計していきます。 方向区分と車両区分で分けて車両通過ごとにボタンを押していくだけです。 一人当たりが見れる数に限りがあるので、ある程度余裕をもってカウンターが渡されるはずです。 10分毎や1時間毎など集計値が設定されているので、時間ごとにデータシートにカウントした数を記入していくだけです。 難しい仕事はありません。 始めてでも安心して行うことができるでしょう。 仕事はたくさんあるの? 交通量調査のバイトの難点は仕事に有無に波があることです。 仕事をしたいときにいつも仕事があるわけではありません。 交通量調査は仕事の依頼があったときに、初めて人が集められるので 自分のシフトで働きたい人には向いていません。 登録している会社からのオファーがあったときに、自分の都合が合って働くという形態を想定しておきましょう。 休憩時間は? 交通量調査は拘束時間が長い仕事です。 12時間拘束の仕事もよく見られます。 ただし、拘束時間が長いだけで2時間サイクル程度で測定と交代を繰り返して、測定を行うことが一般的です。 パイプ椅子に座って2時間測定というのもなかなか大変なんですよね。 測定時間は途中でトイレに行くことも難しくなるので、一定のサイクルで交代しながら仕事を行います。 一般的には日給となるので、 交代・休憩している時間の分も含めた形で給料が支給されるのはありがたいですね。 お金はすぐにもらえる? お金は 日払いや一定期間でまとめて支払いとしていることが多いようです。 登録している会社によるかもしれませんが、すぐにもらえます。 交通量調査の仕事はすぐにお金がもらえることが人気の理由の1つといえそうですね。 仕事が不定期な分すぐにお金がもらえるのです。 バイト代の相場は? バイト代の相場は実労働時間というよりも、拘束時間で計算されることが多いようです。 つまり、 休憩時間も給料として計算されているということです。 休んでいる時間も拘束時間としてお金になるのも人気の理由の1つです。 8時間拘束(実労働時間4時間)としても、8,000円~12,000円となれば実労働時間で考えると割のいい仕事といえるかもしれません。 どうやって働いたらいいの? 交通量調査のバイトを実際にしたいと思っても、 実際にどうやって働いたらよいかというのはあまり情報がないんですよね。 仕事が不定期なため、交通量調査の仕事を見つけることは意外と難しいことなのです。 実際に交通量調査のバイトをしたいときには、実際の調査会社ではなく 軽作業の派遣会社からの手配となることが多いのが実情です。 その派遣会社の中でも得意不得意があり、交通量調査を扱っている会社を特定するのも難しいかもしれません。 実際にたくさん交通量調査を行っているのは、あまり名前が流通していない小さな派遣会社だったりします。 ガードマンや軽作業勤務の派遣会社に登録して仕事をしながら、情報をつかんでいくことが求められます。 交通量調査とは まとめ 交通量調査というのはよく見かけるわりに、目的・測定方法・測定時間というのはよくわからないものです。 交通量調査の目的を知ることで、どんなことに役に立っているのかがわかりますので、見かけたときに考えてみると面白いかもしれません。 実際のバイトとしての交通量調査も魅力的な仕事です。 拘束時間は長いものの、実労働時間は短く難しい仕事ではないので探してみてくださいね。

次の

単発!交通量調査のアルバイトのきつい点(20代男性)

交通量調査 バイト

派遣バイトのサイトに登録 派遣バイト会社のホームページからの応募だったので、交通量調査に関しての面接は特にありませんでした。 ただカウントするだけ 大通りにパイプ椅子で座って、ひたすら通る車をカウントします。 ボタンが幾つかあるので、通った車を分類し「カチカチ」とカウントしていきます。 良くも悪くもそれだけです。 間違ってカウントしても誰も指摘しませんし、それはそれでデータとして採用されるわけですが、それほど細かいことは言われませんでした。 「だいたいでOK」とまでルーズな事は言われませんでしたが、それほどシビアな仕事でもないようです。 3時間ごとに休憩しました 朝の7時からスタートし、3時間ひたすらカウント。 1時間弱の休憩の後、また3時間カウント、この流れを夜の7時まで半日繰り返します。 ずっとおんなじ所でひたすらカウントし続けます。 人数と時間のローテーションが合いませんが、ベテランがくるくると短時間で何カ所も回って、初心者の休憩時の要因としてカバーしているようでした。 12時間勤務で給料は 給料形態は単純明快!12時間拘束されて時給1000円、日給12,000円です。 この中には休憩時間が3~4時間あるので、実働時間で時給換算すれば1000円以上です。 年齢層はまちまちでした。 学生と思われる人もいましたし、おじさんもいました。 しかし私が参加した時には女性は一人もいませんでした。 私にとってはなかなかキツイ作業だったのであまり良い点はありませんが、作業が簡単であることと時給換算すると比較的割が良いことでしょうか。 交通量調査のアルバイトで苦労した点 とにかくずっと何時間も同じ場所で座っているのは辛いです。 真面目にカウントするためには携帯をいじるわけにもいかず、ただひたすら道路を見続けます。 他ごとを考えるのもNGです。 現実的にはそこまでシビアではないのですが、まじめにやろうと思うと本当につかれます。 なお監視員が時々見回りに来ますので、持ち場を離れたり携帯を触ったりすると見つかってしまう事もあります。 あまりに悪質だと給料は払いません、と前もってくぎを刺されました。 気候の対策はしておこう よほど気候が良くないと辛いです。 朝がちょうどよいと昼間は暑いですし、昼間がちょうどよいと朝と夜は冷えます。 ひたすら座っているだけの作業ですから特に寒さは本当に身に沁みます。 とにかく体力を消耗しますから体力に自信がある人におススメします。 逆に言えば体力に自信がない人は辞めたほうが良いと思います。 時給換算するとそれなりに良いですが、その後体調を崩してしまうと逆に損します。

次の