軟骨 ソーキ 圧力 鍋。 トロトロ!豚軟骨の煮込み。圧力鍋で骨まで柔らかくするレシピ

軟骨ソーキの作り方! (圧力鍋使用・冷凍保存可能):作る人 (つくるんちゅ)日記

軟骨 ソーキ 圧力 鍋

さんで購入したで豚バラ軟骨の煮込みを作りました。 豚バラ軟骨は、別名「軟骨ソーキ」とも呼ばれています。 軟骨独特のコリコリした食感が特徴で、一度食べると病み付きになります。 沖縄そばに乗っているのを食べたことがある方もいるのではないでしょうか。 私もアレでファンになって、よくレトルトの軟骨ソーキを買っておそばに乗せていたりしました。 でもレトルトのってあまり美味しくないんですよね~。 妙に甘ったるかったり。 グルメショップすみよしさんで豚バラ軟骨を見つけたときは 「これで軟骨ソーキを自分で作れる!思いっきり食える!」 とすごく嬉しかったです。 こちらのお店はこういうレアもののお肉を(しかもお安く)売ってるんですごく助かります。 今回は2度目の購入。 1kgと大容量ですが、うちでは2日で無くなりますw そのまま食べても、麺に乗せてもおいしいんですよ~ 今度は2kg買おうかなあ。 こちらが豚バラ軟骨です。 500gずつのパックになっているので使いやすいです。 真空がキッチリ効いていて気持ちいです。 冷凍焼けも防いでくれそうですね。 白っぽい丸いところが軟骨です。 一応骨なんで、このままではすごく固いです。 焼いたり軽く煮た程度では食べられません。 でも煮込むとここがトロットロになって美味いんですよ。 一応レシピっぽいものを書いておきます。 沸騰したらお湯を捨て、軟骨ソーキを軽く水洗い。 これをもう一度繰り返して2回目の下茹で。 このとき生姜とネギの青い部分も一緒に入れとく。 下茹でが終わったら、軟骨ソーキを鍋に入れてかつおだし汁、酒(あれば泡盛)、しょうゆ、砂糖で味付けして、沸騰させます。 臭みを取るために、しょうがとネギの青いところも追加しました。 かつおだしは面倒だったので粉末のかつおだしを使っちゃいました。 酒は多めに。 私は1カップ~1. 5カップくらい入れました。 後の味付けはお好みで。 灰汁を取ってから圧力をかけて30分加熱。 火を止めて圧力が抜けるまで放っておく。 この間にゆで卵を作っておいて、出来上がった軟骨ソーキの汁の中に突っ込んでおけば、翌日にはおいしい味玉子ができます。 半熟がオススメ!沸騰したお湯に卵を入れて8分30秒が私のベスト。 でも再加熱するときに火が通ってしまうから、あくまで半熟にこだわるなら、8分くらいの方がいいかも。 そうそう、冷めると表面に固まった脂肪分の層ができるので、油っこいのが苦手なら取り除いておきましょう。 煮卵を添えてみました。 この卵がまた美味いんだな~。 軟骨の部分がゼラチン質になってます。 コラーゲンもたっぷりでっせw 以前作ったときは長時間圧力をかけすぎて、骨の髄までトロトロに仕上がりました。 それはそれで美味しかったのですが、私は少しコリコリ感が残ってる方が好みなので、 今回はちょこちょこ圧力をかけて微調整しながら煮込みました。 その結果、圧力鍋(高圧)で30分煮込むと、軟骨はコリコリ、ちょっと細いところはトロトロ、のちょうど私好みの軟骨ソーキになることがわかりました。 何故こんなことを書いているかというと、次回作るときのメモ代わりにするからですw 軟骨がトロトロな方ががお好きな方はもう少し圧力をかける時間を長めにしてみてください。 こちらは2日目の状態。 一晩寝かせて食べてみたら、昨日のコリコリ感が少しなくなってました。 コリコリとプルプルの間くらい。 擬音語で例えるならクニクニって感じ?w でも軟骨の太いところはまだコリコリ感が残っていたのでいろんな食感が楽しめてなかなかよかったです。 そのまま食べるのはもちろんですが、ラーメンや沖縄そばに乗っけてもうまいです。 でも美味しかったです。 軟骨ソーキを乗せるだけで本格派の雰囲気が漂いますw があればサイコー。 豚バラ軟骨は大好物なので、またリピートします! 豚バラ軟骨をネットで購入できるなんて本当に貴重です。 関東のスーパーではまず売ってませんからね。

次の

自家製ソーキをつくって沖縄ソーキそば

軟骨 ソーキ 圧力 鍋

関連記事 だけど、沖縄から帰ってきちゃうとね、寂しくなって。 あー、今年のわたしの沖縄は、もう終わってしまったなと。 こうなってくるとなんか沖縄っぽい物が食べたくなる。 沖縄では全然食べようとも思わなかったのに。 ゴーヤチャンプルもフーチャンプルーも。 今年は予定してた定食屋さんがやってなくて、AランチやCランチとかそういう沖縄っぽい定食も食べてない。 食べてないものが多すぎるから食べたもの聞いてくれると助かるんだけど、沖縄っぽい食事で食べたものといえば、ホテルで自作した沖縄そばとあやぐ食堂の野菜そば・島豆腐・海ぶどう・もずく天ぷら。 ほんとはね、ほんとを言うと、長く沖縄にいられるなら、時々は沖縄の定食を食べに行きたい。 定食屋、めぐりたいよね。 ディープな定食の世界を、めぐりにめぐりたい。 だけどあわただしい旅行で、ゆっくりと定食屋をめぐりめぐってるヒマなんてないわけ。 家族を連れまわして。 唐突に話が定食から食材に飛んでしまうけれど、でも一度は書かねばと思っていたから書くけど、だいたい沖縄ってさ、食材が総じて高い。 スーパー巡りが好きだから、沖縄へいったってスーパーばかり行っているけど、野菜は福岡産とか千葉産とか栃木産とか日本全国から運んできてる。 ある時は北海道産を見かけて目を疑った。 え?遠くない?沖縄から北海道って極めて遠くない?だから仕方ないんだけど。 沖縄は島だから、どこから運んでくるにしたって遠い。 食材が高くなっちゃうのは致し方ない、それは分かる。 だけどゴーヤはさ、安くあって欲しかったよね。 本場なんだから。 ここで本気出さなきゃいつ出すの?っていう。 うちの近所のスーパーでは、ゴーヤは安ければ1本100円、高いと250円位する時もあるけど、1本100円なら買うというのがわたしの中での基準。 だから、沖縄でゴーヤを買うなら、沖縄という地の利を生かして、もう1本10円くらいの根性をね、見せてくれたらといいなと思うんだけど。 なかなか思う通りにはならなかった。 こんなんだったら、ウチの庭の方がまだ本場だよって。 植えてもいないのに(その前の年に生えてたゴーヤを収穫せずに放置して、熟しすぎてオレンジになって中の赤い種が丸見えになるほどぐちゃぐちゃになっても放置して、いつのまにか腐って地面に落ちていたらしい種で)勝手に生えていきて、一度に10本とかとれて困った年もあったし。 一度苗植えたら自動的に何年も生えるからね、ウチのゴーヤは。 雑草みたいで愛しい。 なんなら、ゴーヤなんて沖縄の家ではそこらへんにいつも自生しているようなイメージなんだけど、たぶんそんなイメージの沖縄っていうのはだいぶ古くて、外国人が「日本人は全員、侍か忍者」とか「全員着物着てる」くらいの勘違いなのかもしれない。 那覇なんて都会だし、「庭にパパイヤとかゴーヤとか勝手に生えてるよ~~」なんていう沖縄への幻想は、幻想にすぎない。 もっと離島へいけばそういう沖縄も残っているかもしれないけど、本島かつ那覇では、ゴーヤはそのへんに生えていない。 普通の都会。 そんなわけで、ゴーヤでさえそんな安くなかったりもした。 関東は野菜が安いというのはもちろんあると思う(わたしが通っているスーパーはかなり安い)。 ゴーヤと同じく沖縄を代表するマンゴーもね、これもまたマンゴーも安くない。 むしろ高い。 なぜなら沖縄産だから。 沖縄産の品質の良いマンゴーだから高い。 わたしは沖縄に行ったらミニマンゴーを楽しみにしてるんだけど、これも高くて、高い上にあまり売ってない。 ミニマンゴーは沖縄でしか見かけないから、見かけた時は買おう!と思うんだけど、それでもちっちゃーーーいマンゴーが数個で1000円超えてるんだから、覚悟はしてきてるけど、やっぱりちょっと身構える。 そしてどうしようか悩む。 なんなら今年なんか、悩んだ上で買ったスーパーのカットマンゴであたったもの。 唇とか口の中がなんだかかゆくなってすぐ食べるのやめたけど、値段が高い上に攻撃までしてくるんだからタチが悪い。 「もう今年は旅行中マンゴー食べない!」と自分の中で拗ねてもみたけど、でもミニマンゴーの誘惑には勝てず、攻撃されてもいい覚悟でやっぱりミニマンゴーは買った。 その時は5個で1200円位。 悔しいけど味はやっぱり美味しかった。 マンゴーに関しては、旅行から帰って近所のスーパーで1個198円のマンゴー見つけて速攻購入。 このくらいのレベルと価格でいいんだって。 果物なんだからさ、手に届く価格にしてくれと。 198円のマンゴーはもちろん沖縄のじゃなくて、フィリピン産だったけど美味しかったし。 そんなわけで毎年旅行から帰ると、とたんにわたしの中の沖縄に火がつく。 そして火を噴き始める。 家族は、そんなに沖縄の食べ物食べたかったんなら旅行中に食べれば良かったじゃん?と思うだろうけども。 ゴーヤ買ったりソーミンチャンプルー作ったりもずくの天ぷらつくったりポーク卵おにぎり作ったり、とたんに沖縄の家庭みたいになる。 あ、でも沖縄の家庭ではそんな沖縄づいてはいないのかな。 沖縄の家なんだから、沖縄づいてる、とは言わないか。 今回はソーキです。 ソーキっていうのはソーキそばのソーキで、豚のあばら肉のこと。 本ソーキと軟骨ソーキがあって、固い骨があるのが本ソーキ。 こちらはスペアリブと呼ばれるところ。 食べると中まで柔らかいのが軟骨ソーキ。 どちらもソーキなんだけどわたしは軟骨ソーキが好き。 軟骨ソーキはしっかり煮ると軟骨部分が柔らかくプルプルになる。 スペアリブの本ソーキは、いくら煮ても固いまま。 軟骨ソーキなら、食べるときに全部骨ごと食べられるから、食べやすいし、プルプルになった軟骨も好き。 この豚バラ軟骨は、たまーにスーパーで見かけることがあるけど、売っていないスーパーも多いかも。 あと、軟骨とはいえ煮る前は固いので、出来れば小さく切られて売っている物の方が、煮るときに扱いやすいのでおすすめです。 鍋にうまく入らないという問題がなくなります。 他の部位に比べても、安い。 安くておいしい。 鍋に、材料の水、調味料等全てを入れて煮立たせます。 そこへ洗った肉を戻し、しばらく沸騰させたら火を止め、冷まします。 荒熱がとれたら、冷蔵庫へいれ、しっかり冷ますことで味をしみ込ませます。 完成 一品としても、ソーキ丼、ソーキそばなどの麺類のトッピングとしても使えます。 軟骨まで柔らかくなって、子どもでも食べられます。 ソーキを作っておくと、なにかと使いまわせます。 お酒について わたしはソーキには日本酒を使っています。 理由は「いつも家にある」から。 いつも家にあるもので作る方が手軽でいいからです。 日本酒だとクセのない味に仕上がりますが、酒を泡盛に替えると沖縄気分がアップします。 泡盛で作ったことも何度もありますが、生粋の関東っ子であるわたしには「泡盛で作った方が、断然うまいぜっ!!」とは感じませんでした。 だから日本酒。 料理なんて結局は好みだし、おいしいかどうかなんて食べる人のその時の気分次第だし、そもそもそんなに食べる人が味にこだわってなかったりするし、作る側も食べる側も「その時の気分とか情報が先行」してるんだから、気分が上がるなら泡盛だし、なんでもいいなら料理酒だっていいし、我が家ではおいしい日本酒つかってるけど、好きなのでいいじゃん?いちいち「絶対コレじゃないとダメ」なんていうのはうるさいよね。 肉の量について 肉の量は適当です。 レシピにのせている肉量は、今回購入した肉の量がたまたまこの量だったというだけです。 このくらいの肉の量で、調味料はこんなくらいで足りるんだな、くらいの目で見て下さい。 家庭料理なんだから。 適当でOK! 砂糖について 砂糖は黒砂糖を使用。 黒砂糖はコクが出ます。 お酒の時は「好きな酒を使わせろ」と、さんざんな言いっぷりで暴言を吐きちらかしといてゴメンなさいなんだけど、砂糖は黒砂糖の方がいい気がする。 いい気がするだけで、砂糖じゃ作れないわけじゃないけど、黒砂糖おすすめ。 家になかったら買いに行く、そのくらいわたしは黒砂糖。 簡単に作るポイント ソーキの煮つけを作るレシピにおいては、茹でこぼすとかアクをとるとか、面倒くさいのもありますが、そういうのは何もやりません。 何もやらなくても美味しくできるので、出来るかぎりの手間はかけない方向でつくっています。 面倒だと作るのイヤになっちゃうから。 味を付ける前に、一度ざっと洗って余計な脂を落とすだけでいいです。 ソーキ:まとめ レシピとしてはとっても簡単なんですが、味は本格的。 最後の味を付けるところでは、じっくり煮るレシピもありますが、わたしのレシピは、冷蔵庫で冷やしている間にしみ込ませるので、サッと煮るだけ。 だから調理時間は短いです。 使っている鍋は、アサヒ軽金属の活力鍋です。 持っていない方はお持ちの圧力鍋で作って下さい。 圧力鍋でない場合は、下茹での段階で、1時間位柔らかくなるまで煮て下さい。 5リットルの古い形です。 17年使っていますが壊れないし機能も衰えない。 丈夫で便利。 一家に一台あっていいと思う最高の圧力鍋(活力鍋)。

次の

【レシピ】ぷるぷるトロトロ、軟骨ソーキの煮つけ。活力鍋で簡単に。

軟骨 ソーキ 圧力 鍋

もはや県民食とも言える、沖縄そば。 週に何回も食べる人も、多いようですね。 ところで、沖縄そばの具。 あなたは3枚肉派? それともソーキそば派? 僕はどちらかと言うと軟骨ソーキそばを注文する事が多いです。 ) 自宅でも、よく沖縄そばを作るので、3枚肉やソーキは、時々作り置きしています。 今回は、圧力鍋で短時間で仕上がる、軟骨ソーキの作り方です。 最安、100g/39円のソーキを発見! 格安のお肉を見つけたのは、あしびなーの向かいのトミトン1F、。 (マイナーな話でごめんなさい) なんとなく高級そうなイメージのお店ですが、安い商品も有るんですねー。 (最初、間違えてリウボウと書いてました。 ごめんなさい。 汗!) ちなみに、その前に買ったソーキは、100g/138円(年末)、100g/78円(1月)。 3枚肉だと、冷凍モノでも、もう少し高めですから、軟骨ソーキはお得感が有ります。 (その分、たっぷり使えます) 1キロ単位で仕込んでも、美味しくて、すぐに無くなってしまいますよ。 あまり濃い味付けだと、そばに乗せた時に違和感があるし、薄味にすると、その後の「半熟煮たまご」がうまく出来ません。 だいたい以下のような感じでしょうか。 豚軟骨 1Kg オプション ゆで汁 浸る程度より少なめ 卵 10個 泡盛 400cc 醤油 200cc 砂糖 200g 鰹だし汁 1カップ 生姜 ひとかけ 圧力鍋での軟骨ソーキ作り 普通の鍋だと一日がかりの煮込み作業も、圧力鍋だと、ほんの数十分。 コリコリの軟骨が、クニって感じの、やみつきの歯応えになります。 僕の家の圧力鍋は、5. 5リットルのステンレス製。 重量は約2. 8kg。 圧力鍋は、女性の方には重いのと、怖いってイメージも有るようですが、使いこなすと便利です。 (アルミ製の軽量モデルもありますね) 以下、写真でまとめてみました。 / 右:たっぷりの水で煮て行きます。 おたまで取りながら、中までしっかり加熱します。 / 右:ザルにあけ、流水で表面の汚れを落とします。 指の腹で軽く撫でる程度。 後で除くので、皮ごとスライスして指一本分くらい。 /右:再び、水を入れて煮ます。 最初でしっかり下ごしらえしておくと、あまりアクは出ません。 豚肉は、少し臭みが有りますので、これを消すのがコツです。 最初にしっかりと茹でこぼして、生姜を入れて煮こむと、ほとんど気にならなくなります。 / 右:鰹だしは、今回はそばだしで代用。 濃縮タイプなので、30ccほど。 そして、醤油と砂糖。 / 右:煮上がった状態。 いい香りです。 圧力鍋は、軽くシュンシュン(オモリが動く程度)の火加減でOK。 ごく弱火です。 40分たったら、火を止め、温度が下がって自然に圧力が抜けるのを待ちます。 軟骨まで完全に火が通って、クニクニの歯応えです。 コラーゲンたっぷり。 しかもヘルシーです。 右:お弁当にも入れてみました。 ご飯にも合う味です。 / 右:Lサイズのストックバックに1. 5kgの軟骨ソーキをいれた状態。 一晩寝かせると、さらに味が滲みていきます。 翌日、もう一度加熱して、冷ましてから冷凍します。 写真のように平たく伸ばして、冷凍庫に入れたら、タイマーを1時間にセット。 半分、凍りかけの状態で揉み分け、一つ一つ分離させてから本冷凍すると、使うときに取り出しやすいです。 / 右:一晩冷蔵庫に入れて置くと、油が分離します。 / 右:2日ほど経つと、中まで味が滲みています。 一週間も経つと、かなりイイ感じです。 煮玉子は、冷蔵庫で保存しましょう。 だんだん味がしみて、熟成が進んでいきます。 スープは、ゼリーのようにプルプルして対流が無いので、毎日~2日に一回くらい、箸で混ぜたほうが良いでしょう。 というわけで、今回は「軟骨ソーキの作り方」のまとめでした。 冷凍庫にソーキがあると、いつでも手軽に軟骨ソーキそばが食べられます。 ソーキを電子レンジでチンして、茹でた麺に載せるだけで、数分で本格的な沖縄そばが作れるというわけ。 カップ麺やカップ焼きそばより、早く食べれます。 お勧め!! PS:沖縄そばをモチーフにした携帯用の待ち受け画面を無料配布していますので、興味の有る方はどうぞ。

次の