うた コン 宮本 浩次。 うたコン 宮本浩次「冬の花」がまるで”ひとり紅白”のようだった

宮本浩次(エレカシ)がうたコン(2/18)に登場して話題に!歌った曲についても

うた コン 宮本 浩次

シトーンズと競演 予告を見てちょっとびっくりしたのは、 なんと、奥田民生率いる大御所勢ぞろいバンド「カーリングシトーンズ」も同日出演だったのです。 結成以来音楽番組には出ていないので驚き。 カーリングシトーンズの結成の経緯は、2019年に元々仲良しだった ・奥田民生(ユニコーン) ・寺岡呼人(ジュンスカのベーシスト。 プロデューサー業も好調) ・斉藤和義 ・トータス松本(ウルフルズ) ・浜崎貴司(FRYING KIDS) ・YO-KING(真心ブラザーズ) の6人が寺岡呼人の声掛けで集まって曲を作っちゃったからバンドを結成したという。 わちゃわちゃと大人が楽しそうにやっているバンド。 在籍メンバーは下の名前がシトーンになるので、 奥田シトーンとか、寺岡シトーンになって活動します。 ノリがエレカシとは正反対。 宮本さんと同じ66年生まれの斎藤和義・トータスもいるので親近感は沸きますね。 なんで宮本さんとこのバンドが、演歌歌手多めの『うたコン』に出る?!と違和感は否めませんでしたが、ともかくロック界隈から2組出るなら前回ほどハラハラしながら見ることにはならないかと、割と気楽に構えることができました。 前回の出演時は演歌大御所に囲まれて居心地が悪そうでしたから… 民生さんとの共演も、まあ同じ番組に出たことは何度かあるけど同じ画面に収まったことはナシ。 でも、このたび長年の鎖国を終了した宮本さんが共演するのは初めてだ…裏とかどっかでしゃべっちゃったりして?!と期待もしちゃいました。 OTとミヤジが同画面にいる!!! 7:57分、番組開始。 だけどのっけから、画面を見てのけぞることになりました。 だって、ひな壇の前列が 宮本さん・呼人さん・民生さん!の順! 宮本&民生が 横に並んでいる!!近い!これがすでに大事件。 和義さんとかもいるし、ちょっとはリハーサルとかで民生さんとも喋ってるでしょ…という想像もかきたてられ、動悸が高鳴り目が離せません。 そして番組は進みます。 シトーンズのかわいらしいpufumeのような自己紹介の時、驚いたり笑顔になったり表情で反応を見せる宮本さん。 この宮本さんも今までと違いますね。 少し昔なら、(というか最近もMステでやってましたが)このような場では 闇の世界の空気をまとわせて外部との通信をシャットダウンし佇みそうなもんでしたが、開国したので素直に仲良くなりたいのでしょう。 シトーンズに対しコメントを求められ、なんと「楽しそうでうらやましい」と! 「俺も仲間に入れとくれ」from『上野の山』の一節を思い出します。 胸が熱くなる。 よかった…人間になれたね…(言い過ぎ) そして「同世代で集まると楽しいし…そして…名うての…すてきな…ねえ?!」と途中で濁しましたが 民生さんを話題にしようとしていたように見えたのは私だけ? これがソロの宮本浩次か… 確実に…人に歩み寄ろうとしている… 「雨あがりの夜空に」歌唱 そんな素敵な出来事があるのにさらに嬉しいのが、披露曲。 なんと、RCの名曲「雨あがりの夜空に」です。 地上波で初披露だ(と思う)し、もう間違いなく聞く人を魅了するであろう宮本浩次の十八番。 これをゴールデンで流してもらえるなんて…うたコンスタッフに強めのエビバデの気配を感じますね。 曲が始まり、やはり手練れのミュージシャンの前で(しかも若干プレッシャーかけられたし)歌うのは緊張するのか、イントロが始まっても集中モードのままの宮本さん。 しかし、すぐ顔をあげて「イエーエビバデ!」と声を出せばもうこっちのもん。 全開モードに入ります。 TVの前のエビバデも「あ、今日いけるな」とホっとしたと思います。 期待通りの最高の歌唱。 Twitterもバズリ始めます。 のってきた宮本さん、やっぱり縦横無尽にステージを歩き回ります。 マイクのコードもさばきなれないスタッフが途中映り込んだり。 こんなに動く人はいないので予定調和が崩れる崩れる。 後ろのバンドの方にも行ってましたが、近づいた時にベースとギターの方が楽しそうな顔をされていたのが素敵でした。 ソロでも愛され大将。 (のちほど、Twitterでバックバンドの方が「ファンになった」とつぶやかれてました!) 大事件 そしてとうとう、ゲスト席まで行ってシトーンズの前に! 目の前で歌うだけのように見えましたが、意を決したかのように民生さんに近寄る宮本さん。 もう見ていて「うわーーー!?!?!?」と声が出てしまいました。 変なことしないよね?!ハラハラ。 そして宮本さん、民生さんとトータスの間に入り込み、 宮本さんが、民生さんの肩を組み、顔を寄せて歌います! まさに、 OTとミヤジの見えない壁が取り払われた瞬間でした! (いや、ひょっとして急な距離の詰め方に余計に壁ができたか…?) 呼人、OT、ミヤジ、トータスが団子になってニコニコ笑ってRC歌ってるんですよ。 笑っていいとも最終回以来ですよ、こんなに神が結集したの。 事情を知っている両ファンは大歓喜、血圧急上昇だったことでしょう。 ことさらにOTと宮もっさんの距離感に疑問を持っていた当エレ抄は特に大喜びです。 いやー…まさかとは思いましたが、期待以上のことをやってくれた我が大将!あんたロックスターだよ! これが、生きてるうちにみられるなんて… 歌も素晴らしかったけど、OTとの2ショットは本っっ当に 事件、革命、大開国です。 「冬の花」地上波初披露 こんな事件の後なので感動が薄くなっていましたが、「冬の花」を歌う宮本さんを始めてみました。 (確かリボーンfesで歌っているんですよね。 WOWOW見れなくなった管理人です涙) やはりキーは高いですが、生で歌っているとは思えないほど声が出ていました。 プロすぎる。 体も大きく動かし歌う様に、初見の方は驚かれたことでしょう。 シトーンズ初出演 そしてシトーンズはトリでバンド編成でのパフォーマンスです。 和義さんがドラムで、他全員ギターorベースとボーカル。 呼人さんがハモリを入れて、熟練された大人の遊び心とテクニックを見せつけます。 曲中、「カーリンカーリン グッ」と片腕振って親指を立てるフリを会場のお客さんも出演者も一体となってやっていました。 宮本さん、こういうのはさすがにやらないだろう…と思った私が浅はかでした。 遠目に、宮本さんも一緒になって「グッ」しているのを確認! あぁ~…完全に宮本シトーンと化しています。 ソロの宮本さんは、こうなんです。 ほかのミュージシャンの懐に飛び込んでいくんですね。 総括 久しぶりに生放送でお聞きできて感動もひとしおですが、何より、ソロになって人との関わり方が大きく変わっていますね。 人間、一人でいると心細くなるものですが、宮本さんの場合はちょっと違うんでしょうか。 エレカシでいると逆に縛られちゃうのかもしれないですね。 ソロの心意気、強く感じ取りました。 彼は、強い人だ。 私の長年の疑問は解決し、確信に変わりました。 宮本さんは民生さんと打ち解けたいんだろう、と。 そしておそらく民生さんも。 少しは関りを持ちたいのでは。 やはり、強く意識するあまりお互いのフィールドに入り込まなかった二人ですが(エレカシの鎖国が大半の原因)、交わることで自分の世界がどう化学反応していくのか見てみたい。 そんな好奇心もお互い持っていそうです。 カンタビレばいいのに。 そんな民生さん、今、youtubeでカンタンカンタビレという企画をされています。 これは、アナログ機材で曲を制作する様子を動画で公開しているのですが、有名アーティストも時おり登場しているのです。 「ハリマドライブ」。 ヨーキンは北区王子出身なんです!エレカシとご近所! 他にも斉藤和義さん参加の「おもちゃのまちドライブ(R指定です…)」、イエモン吉井さん参加の「スルガドライブ」、電大(ユニコーンメンバーのバンド)参加の「ヒロシマドライブ」などなど、見始めると大変なことになります。 おススメは方言が面白いヒロシマドライブ、トータスの本気の歌唱が心地いいハリマドライブ。 あと、間奏の時に繰り広げられるおしゃべりも。 で、何が言いたいかというと みやもっさんも アカバネドライブする日がくるかな?という期待です。 結構仲のいい人じゃないと呼ばれないみたいなので、まあ難しいとは思いますが… 意外と交友関係は広すぎない民生さん。 結構気難しいし。 でもー、ゆくゆくは、いつかそれくらい仲良くなれたらすごいな、と。 かすかな希望をつぶやいて締めたいと思います。

次の

宮本浩次 夜明けのうた 歌詞&動画視聴

うた コン 宮本 浩次

「宮本独歩」の逆さ文字が張られる、カメラだらけのスタジオにてライブはスタート。 宮本、冒頭に『コンサートを行うことになりました、ありがとう。 これは俺のサインなんだけど、弾き語りでやりますので、リラックスして楽しんでください。 嬉しい』 M1 夜明けのうた ソファに座りつつ、本当の一人弾き語り。 「明日が私を誘いに来る」で立ち上がり、作業場の全貌も映像に。 緩急が絶妙!切なく歌うところは繊細に、咆哮部分はド迫力に、リズミカルなところは跳ねるように。 曲後、宮本の後ろにはツの帽子も見える。 『作業場ってのは、聞き慣れない緊急事態宣言の時に、を毎日あげたりしたところだから、そこでやれて嬉しい。 聞いてください』 M2 本当にカメラマンさん一人も入っていないため、リモートでカメラが動き回る。 くしくも今年はリモートという言葉が流行りましたが、ここまでカメラもリモート出来るとは。 時に「男椅子」に足を挙げて、『私が負けるわけがない』はこちらが震えるほどの出来。 アウトロのギターと決め台詞もバシッと決まる。 『ありがとうございます』と一礼。 『寒いかなと思ったら暑い』とジャケット脱ぎ。 『カメラ博物館並みに凄い』。 M3 孤独な旅人 俺の配信環境ではここで詰まる・・・、二番以降復活。 ドラム部分でリズミカルに歌う宮本。 ソファに立ち上がる宮本(熱が入ってきた証でもある)。 『エブディバディ新しい旅に出よう』からはドラムに座り、そしてまた立ち、縦横無尽。 『行こうぜエブリバディ』と戯けて倒れる。 『本当に、一人なのでなんでもやれます。 全部ライブが中止になってしまったので、結構楽しみにしてきました』。 『この曲みんなに捧げます。 悲しみの果て聞いてください』 M4 悲しみの果て このボーカルの安定力!芯部分が全くブレていない(ギターは少しブレた)。 『部屋を飾ろう』では宮本茶器がたくさん映るシーンも。 M5 解き放て、我らが新時代 『これはなんだろう』と宮本がスイッチオン、SEが流れる中、宮本はド迫力のボーカル、『サンキュー!』と自らマックを止める。 水を持ち「いやいやいや、ありがとうエブリバディ!」 M6 going my way ギターを持ち直し、喉仏あたりから汗を滴り落としながらの絶叫。 間奏のソロギターは外しまくり。 何かを持ちにいく宮本、CM対象のらしきものを取りに行って、マイクから外れてします(本末転倒ですよ先生!)。 曲後『ありがとうございました』と一礼。 『次の歌、こんな感じで大丈夫?思いがけずこんなステージになりました。 行こうよ』。 M7 きみに会いたい-Dance with you- 高音もよく出る!宮本もこのシチュエーションに慣れてきたのか、ボーカルとギターの力の入れ方のバランスがちょうど良く感じられる。 ギターを置き、水を飲み小休止。 『で30周年を祝ってもらって、ソロ活動の第一弾がコラボだったんですね。 獣ゆく細道が第一弾した。 これマイクで言わなくていいよね、ついマイクで言ってしまう。 いろんなパート一人でやりますんで』。 M8 獣ゆく細道 マイクを意識しなくなった宮本。 さんのパートも忠実に再現。 ただ本当に一人でボーカルもやっているため、ギター部分が少しお留守気味か。 『イェーイエブリバディ!』『さっきお弁当食べました』と言いつつマイクをセッティングする。 M9 俺たちの明日 冒頭からややカメラ目線気味、こちらは引き慣れているせいもあるのか、前曲に比べればギターは安定しているように聞こえる。 『今はそれぞれの道をゆく』で外に飛び出し、非常口、さらにその外のドアに(いつかのスッキリ!のようだ)、定位置に戻り「がんばろうぜ」。 「二十代」はギターを止めて語りかけるように。 ラストもグリップ感しっかりと。 自らクーラーを強にする宮本(笑)、『コンサートって熱量すごいね。 感想なんでも言ってもらってもいいよ、聞こえないけど。 みんないい顔してるぜ、見えないけど。 みんなに歌を歌えて幸せと言ったらなんだけど』。 M10 イントロ時点で俺が「おおっ!!」と吃驚してしまった。 まためちゃくちゃ上手いんですよ、我がモノにしつつあるというか。 歌詞の風景が浮かぶように感情が織り交ぜられていて、コラはさんファンに「どうでしょうか」と強くおすすめしたくなる出来。 今後のライブの定番となるか。 自らギターの調整を行う(本当に一人でなんでもやる男)。 M11 珍奇男 前曲との落差がすごい。 しかしギターはキレッキレ。 頭を振りかぶりながら「お金を投げてね」、顔も皮肉を効かせるソロの珍奇男。 『ここまで苦労を重ねてきた』でまさかの転調。 M12 デーデ 悪態ズラで皮肉たっぷりに歌う。 『もしも君に友達が』では足踏み、ソファーに座ったり、寝転がりながら好きに歌う。 『ララララ』から急激にスピードアップのままエンド。 『懐かしいデビュー曲、デーデでした』。 『気分直しにの名曲』。 M13 明日以外全て燃やせ イントロも自らのボーカルで再現。 少しギターが外れ気味か。 間奏部分もボーカルで表現、本当は今日は一人多芸。 途中でギター間違え「ヤベッ」と呟く場面も。 机上のセットリストを確認しながら『エブディバディ!』 M14 旅に出ようぜbaby 高音もなんとか出るが、歌詞は飛びがち。 自分でリズムを取り戻そうとするものも、厳しい部分も出てしまう。 落ち着いて歌って曲自体の完成度を高めてくれ先生。 『いやー、どうだった?うーん、きっとカッコよく撮れてると思うんで、実はこれはずっと準備していて、けれど出来なかった。 でもこういう形で素敵なコンサートが出来た。 みんなありがとう』。 M15 昇れる太陽 やはりCD音源と比べてしまうと、この曲の魅力である冒頭の激しさは見劣りしてしまう。 全力を出してきたのか、腰を据えてギターとボーカルに懸命!高音部分はアカペラに近い形で歌う場面も。 みんなに祝福あれ!』。 M16 ハレルヤ 足踏みもしながらに軽やかなスタート(このスタジオは足踏みがよく響く)、ライブも終盤となった開放感かさらにスタジオを歩き回り、またドラムの席でも歌う。 『みんなありがとう、最後まで付き合ってくれてありがとう。 このライブ、面白かったぜ!二部もあるんだけどビールでも飲んで、THE SHOTもあるからこれでも飲んで、また会おうぜ!全く見えないけど』。 スタジオ退場でエンド。 2020 612 バースデイコンサートat作業場 「宮本、独歩。 」ひきがたり セットリスト M1 夜明けのうた M2 M3 孤独な旅人 M4 悲しみの果て M5 解き放て、我らが新時代 M6 going my way M7 きみに会いたい-Dance with you- M8 獣ゆく細道 M9 俺たちの明日 M10 M11 珍奇男 M12 デーデ M13 明日以外全部燃やせ M14 旅に出ようぜbaby M15 昇れる太陽 M16 ハレルヤ.

次の

カーリングシトーンズのうたコン・宮本浩次・最高が話題

うた コン 宮本 浩次

でも、これって、生放送とは知らんかった。 なんか、ホロっときた。 よう分からんけど、なんか泣けてきた💦 ステキなおじさんたちとステキな宮本さん。 いいなぁ。 以前、WOWOWで一度だけ見れた「冬の花」 今日は地上波初の「冬の花」 なんかドキドキする。 無精ひげの宮本浩次。 桜吹雪の中の宮本浩次。 魂を削るようにして歌う宮本浩次。 と、またここでも、ジャケット脱ぐのか!? 脱ぎだした~! 脱げるのか!?片腕絡まってる! どうなる!? ハラハラしながら見てたけど、やっとこさ、脱げた。 と思ったら、なんと、脱いだジャケット踏んづけちゃったよ~。 宮本さん、ホンマ、 魅せてくれる。 でも、びっくりしたのは、そんなややこしいことしてんのに、声が全然ブレてない。 凄いな~宮本さん。 歌上手すぎ。 ほんまにカッコいいよなぁ。 あんなにカッコよく歌謡曲を歌える人は、ジュリーか宮本浩次かってなくらいで。 今年の紅白はソロとして2年連続出場は叶わなかった。 でも、うたコンのステージでは桜吹雪が舞い降り、前へ前へと歩きながら歌う宮本さんの姿を優しく包んでいた。 それはさながら ひとり紅白のようだった。 カッコいいよ、宮本さん。 ソロツアーがすっごい楽しみになってきた。 まさに、望むところ。 宮本さんはこんなこともやってんねんで~と、日本中、いや、世界中に浸透してって欲しい。 なんせ、 世界屈指の宮本浩次ですから。 カーリングシトーンズがヤバい! カーリングシトーンズもカッコ良かった。 宮本さんが少~し羨ましそうな感じに見えたよ~な、見えないよ~な。 ステキなおじさまたち。 すご~く気になってきた。 司会の谷原さんもステキでした。 「今宵の月のように」を2枚持ってるとか。 1枚は聴く専用で、もう1枚は保存用。 しかも、「浩次さん」と呼んでたよ。 イエ~イ、いい人だなぁ、谷原さん。 うたコン、存分に楽しませてもらいました!• SmaSurf クイック検索•

次の