生理前 生理後 体重差。 生理前に体重が減る?増える?女性の悩み!あなたはどっち?!

医師が回答! 生理前に体重が増える理由と対処法|「マイナビウーマン」

生理前 生理後 体重差

もくじ• 生理前に体重増加するのはなぜ? 生理前の体重増加は女性ホルモンが影響しています。 女性ホルモンには美ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、母ホルモンと呼ばれるプロゲステロンとがあります。 この2つのホルモンが約28日~35の周期で、優勢になったり劣勢になったりすることで体に変化が起こるのです。 エストロゲンが優勢なときは、体調が良くなり代謝を上げてダイエットのサポートをしてくれます。 一方、 プロゲステロンは妊娠しやすくするためのホルモンなので、このホルモンが優勢なときは水分や栄養を溜め込もうとします。 生理前の約14日間はプロゲステロンの分泌が多くなるため、水分や栄養を溜め込もうとして食欲が増加してしまうのです。 この期間は体が溜め込もうとしているので、ダイエットをしてもあまり意味がありません。 では、生理前に増加した体重はいつから落とすことができるのでしょうか? 生理後いつから痩せるの?生理前の食べ過ぎはリセットできる? 生理前の食べ過ぎをリセットできるのはエストロゲン優勢の期間です。 エストロゲンが優勢になるのは生理が終わってから約7日間で、 この期間は1ヶ月で一番体調が良くなり、代謝が上がってダイエットしやすい体になっています。 気持ちも前向きなときなのでダイエットには最適な時期です。 生理前の食べ過ぎをリセットするには、この期間にダイエットを頑張ると成果がでやすいので、運動や食事制限は 生理後の約7日間で行うと良いでしょう。 いつまでに戻すと良いの?生理開始からの約14日間がカギ 生理前に増えた体重を次の生理までにリセットしないと、 また母ホルモンのプロゲステロンが優勢になって食欲が増加してしまいますよね。 プロゲステロンが優勢になるのは生理前約14日間なのに対し、エストロゲンは生理初日から徐々に増えていき優勢になるのが生理後の約7日間なので生理が約7日間と考えると約14日間です。 生理中はあまり無理はできませんが、少しずつダイエットの準備をしても良いかもしれません。 生理中は貧血になりやすいので無理な食事制限はせず、食事内容を変えることでダイエットの準備を始めると良いです。 魚や根野菜を中心とした和食に切り替えましょう。 特にかつおやまぐろには鉄分が含まれているので、貧血になりやすい生理中にオススメの魚です。 根野菜には食物繊維が豊富でお通じを良くしてくれます。 このようにホルモンの変化に合わせたダイエットを考えることで、体に負担をかけずに体重を管理することができます。 生理のサイクルに合わせて食べ過ぎをリセットしよう!! 生理前の体重増加でブルーな気持ちがより一層大きくなるかもしれません。 しかし、そこで焦って無理な食事制限などをしてしまうと、ホルモンのバランスが崩れて余計に太りやすくなってしまったり、生理不順になったりと体にはよくないことばかりです。 食べ過ぎてしまった場合は、生理が始まって食欲のコントロールができるようになったときに食事内容を変えてみることで自分の体をコントロールしましょう。 そして生理が終わって前向きな気持ちでいっぱいになったときに、食事の量を少し減らしてみたりたくさん運動をすることで生理前の食べ過ぎをリセットしましょう。 生理のサイクルに合わせて食事管理や運動をすることで、健康的にダイエットしましょうね。 生理前の体調の変化についての関連記事はこちら.

次の

生理前の体重増加はいつ戻る?食べ過ぎても大丈夫なの?

生理前 生理後 体重差

生理前や生理中に太る理由は? 生理前や生理中に太ってしまう1番の理由は、 女性ホルモンにあります。 生理前になると女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」の分泌が増加します。 実は、このプロゲステロンが増加すると 体の代謝機能が下がってしまうんです。 何もしなくても消費されるエネルギー量のことを基礎代謝といいますが、生理中は最も基礎代謝量が低くなるといわれています。 さらに代謝機能が低下することにより、生理中の体は水分や塩分をため込みやすくなり、むくみなどの原因となってしまうんです。 また、生理前から生理中に、なぜかものすごくお腹が空くとことはありませんか? これも女性ホルモンのプロゲステロンが原因です。 プロゲステロンが過剰に分泌されると血糖値が下がってしまいます。 ですが、脳は下がった血糖値を上げようと働くため、食欲が増してしまうのです。 とくに体に水分や塩分を溜めやすい時期に食欲が増えてしまうので、いつもより太りやすくなる・・・という事になってしまいます。 さらには、プロゲステロンは子宮の収縮を抑える作用があるのですが、この作用が大腸にも影響して、腸の働きが弱くなってしまうことがあります。 その結果、便秘にもなりやすくなります。 便秘は体重増加の一因にもあるため、このことからも体重が増えるという結果につながってしまうんですね。 このように 生理前から生理中は、女性ホルモンなどの働きにより、とにかく色々なもの体に溜めやすくなってしまいます。 そのため、自然と体重も増えやすい時期になってしまうわけです。 生理で何キロくらい太るの?太らないようにするには? 生理中にどのくらい体重が増加するのかは、個人差があります。 一般的に生理中の体重増加の許容範囲は、元の体重プラス1~3キロです。 なので、1~3キロ程度の体重増加であれば、あまり気にする必要はありません。 とはいえ、できれば体重が増えないようにしたいですよね。 生理中の体重増加で1番気をつけたいのは食事です。 生理前はホルモンのバランスが崩れやすいこともあり、イライラしやすくなりますよね。 イライラしているときに欲しくなるのが甘い食べ物です。 甘いものを食べると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増加するため、イライラを抑えてくれる働きがあるからです。 そのため、 イライラしているときには甘いものを食べてしまう傾向があります。 少しくらい食べるのは問題ないのですが、過剰に摂取すれば体重の大幅な増加につながってしまいますよ。 また、甘い食べ物は体を冷やしてしまう性質があります。 体が冷えると代謝機能も落ちてしまうため、太りやすくなります。 そのため、どうしても甘いものを食べたいときは、体を冷やす心配のない三温糖や黒糖などの天然由来の甘味料が使われているお菓子などを選ぶようにしましょう。 ドライフルーツもおすすめです。 また、生理中はホルモンバランスが乱れによっても体が冷えやすくなります。 そのため、 なるべく温かいものを飲食するように心がけてください。 また、 生理前や生理中に積極的の摂りたいのが食物繊維です。 食物繊維は便秘解消にも効果的ですが、血糖値を緩やかに上昇させる効果があるため、生理中に積極的にとることで体重の増加を抑制することができます。 さらに 適度な運動をすることは、精神を安定させ、過食を抑えてくれる効果も期待できます。 イライラしたときには甘いものを食べるのではなく、気持ちをリフレッシュさせるためにも軽い運動やストレッチをするのがオススメです。 このように、少し気をつけるだけで生理中の体重の増加を抑えることができますので、出来る範囲からはじめてみてくださいね。 生理後に体重が戻らない理由は? 基本的に生理が終われば身体のむくみや便秘が解消され、体重は元に戻ります。 しかし、体重が落ちないという人もいますよね・・・。 その原因の一番の理由は、 生理中に食べ過ぎてしまい、体重が増えすぎてしまった・・・ということです。 食べ過ぎで体重が増えていたら、生理後に自然に体重が落ちたとしても、元の体重には戻らないですよね。 そうならないためには、生理中の体重管理や食生活が大切になってきます。 また食生活だけでなく、生理中は精神面でも落ち込みやすくなったり、憂鬱な気持ちにもなりやすく、 生活が乱れてしまうという傾向があります。 とくに生理になると体がダルくなり普段より動けないこともありますが、動かないせいでいつも以上のむくみや便秘になっていることも考えられるのです。 そのため、生理が終わっても体がその状態のままになってしまい、体重が減少しないということになってしまいます。 生理後に元の体重に戻るかどうかは生理前から生理中の生活にかかわってきます。 生理痛などもあって辛い時期ですが、 なるべく生活のリズムを崩さず、普段と同じ生活をするように心がけましょう。 関連記事 おわりに 基本的に女性の体というものは、生理前から生理が終わるまでは太りやすい状態にあります。 生理は毎月来るものなので、あまり深く考えすぎず、うまく付き合っていくようにしましょう。 生理中に体重を増やさないコツは、生活を乱れさせないということです。 生理になると精神的に不安定になりイライラしがちになりますが、体重を増やさないためにも食べ過ぎには十分注意してくださいね。

次の

生理前は体重増加するもの?生理前・生理中・生理後のおすすめダイエット

生理前 生理後 体重差

生理周期にあわせて変化する女性ホルモンが、生理前に太る原因となります。 女性ホルモンには生理後~排卵前に多く分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、排卵後~生理後にかけて多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、それぞれ下記のような特徴があります。 その結果むくみやすくなってしまい、太る原因となるのです。 ちなみにプロゲステロンの分泌が多いこの時期は、「黄体期」と呼ばれています。 このように生理前はストレスを感じやすい時期なので、いつもは対処できている日常生活でのストレスが引き金となって、食欲が増えてしまうケースがあります。 この他、食べ過ぎてしまうことに対するストレスが原因で、さらに食欲が増進してしまうケースも。 基礎代謝向上、吸収を防ぐサプリでストレス軽減! 生理中に食べ過ぎてしまう方には、無理に我慢せずサプリでダイエットをサポートしませんか?編集部からおすすめNo. 1は「デュアスラリア」です。 2種類のサプリがセットになっており、昼の活動時間には「BURN」でしっかり脂肪燃焼をサポートさせ、夜のリラックスタイムには「BLODK」で脂肪の吸収を抑え、効率よくダイエットしましょう。 豆乳が生理前の体重増加を抑えるとされる理由は、豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの構造と似ているためです。 女性ホルモンの乱れたバランスを豆乳が補ってくれるため、体重の増加を抑えてくれる仕組みとなっています。 この他、豆乳の成分には、下記のようなダイエット効果が期待されています。 大豆たんぱく質• 大豆サポニン• コレステロールや脂質が酸化するのを防ぎ、余分な糖質や脂肪の吸収を予防します。 リノール酸• 脂肪をため込む酵素「リポタンパク質リパーゼ」を抑制し、脂肪燃焼をコントロールする「ホルモン感受性リパーゼ」を助けます。 大豆レシチン• 余分なコレステロールを体の中から排出する効果が期待されています。 豆乳には調整豆乳や豆乳飲料などさまざまな種類がありますが、できれば余分なカロリーや糖質を摂取せず、無調整豆乳を選ぶようにしましょう。 腹持ちがいいので、食前に飲むのがおすすめです。 ビタミンB6には、エストロゲンに代わってホルモンバランスを整えたり、セロトニンの合成を促進する働きがあります。 カリウムには、体内の水分量を正常に保つ働きがあります。 ビタミンB6・カリウムどちらも含む食べ物であるバナナは、生理前特におすすめです。 このほか、こんな食べ物も摂りましょう。 ビタミンB6が含まれる食べ物• レバー• 魚類(さんま、まぐろ、かつお)• 豆類(大豆製品、ピスタチオ)• にんにく カリウムが含まれる食べ物• 果実類(メロン、アボカド)• 野菜類(ほうれん草、里芋、さつまいも)• 豆類(大豆、小豆)•

次の