グレート イカロス。 スーパーミニプラ グレートイカロス

バンダイ スーパーミニプラ グレートイカロス レビュー

グレート イカロス

これまで、 「スーパーミニプラ ジェットイカロス」及び、 「スーパーミニプラ ジェットガルーダ」をご紹介致しましたが、今回はスーパー合体させて「グレートイカロス」をご紹介させて頂きます。 劇中の合体シーケンスを完全再現した、究極のグレートイカロスの真価をとくとご覧頂きたいと思います。 「ジェットガルーダ!」 「合体! グレートスクラム!」 「完成! グレートイカロス!! 」 グレートイカロス グレートイカロスは、ジェットイカロスとジェットガルーダが「グレートスクラム」することで完成する巨大ロボである。 ジェットマンと裏次元戦士ディメンシアが、共同で改造作業を行ったことで実現し、表次元と裏次元のテクノロジーが融合した技術の結晶とも言える。 必殺技は、胸のエンブレムから放たれる超高圧熱線バードメーザーである。 ということで、 「グレートイカロス」です。 2体のロボが合体して完成する、ジェットマン最強の戦力であるグレートイカロス。 ブロック組み換えの如く、その独自の合体方式により、旧DX版でもプロポーションバランスは優秀でありましたが、スーパーミニプラ版でもその良好なスタイリングは健在。 加えて各部の可動が可能と、さらにもう一段階踏み込んだ製品仕様へブラッシュアップ。 造形に関しても非の打ち所がなく、神々しさを演出する機体表面のレリーフや装飾、ヒロイックなカラーリングが大きな魅力。 但し、アクション性に関しても、両者の特性を兼ね備えた高い自由度が特徴ながら、巨大な翼により安定性にやや欠けるのが欠点。 頭部 ガルーダの頭を、ヘルメットのように被せた頭部。 装飾等もメタリック塗装で、威厳のある雰囲気を演出。 首は回転のみ可能で、可動範囲はガルーダとほぼ同じ。 肩部 肩は左右とも、引き出して幅増しした状態。 可動に関しては、イカロスとガルーダの良いとこ取りで、自由度は極めて優秀。 腕を真上まで上げることも可能。 腕部 肘から下はガルーダの腕部を接続。 但し、腕の重量が増した分、肘関節の破損には注意。 胴体 レリーフと共に、非常に多くの色数を用いた胴体は、派手ながらも品格をも感じるデザイン。 背面はガルーダの翼が面積の大半を占める形。 迫力はあるものの、後方に重心が集中しており、後ろへ倒れやすい状態。 腰部はガルーダに準じ、左右に回転可動。 スーパー合体でこの可動は特筆すべきものあり、腰部に可動部が有ると無いでは大違い。 サイドアーマーも当然可動。 下半身 脚部は小気味いいバランスに落ち着いており、長すぎず短すぎずといった絶妙なスタイル。 股関節はガルーダ基準で、関節を引き出すことも可能ながら、合体前よりも可動域は狭まった印象。 この状態でも可動するというのは見事ながら、膝を曲げた時のシルエットの不自然さも気にはなるところ。 足首の可動範囲はガルーダと同等。 踏ん張りの利いたポージングも可能ですが、転倒しやすいので肩幅に足を開いて、棒立ちさせておいた方が安定します。 それと、先ほどからイカロスの足首を外した状態でポージングさせていますが、この状態だとスーツに近いデザインとなり、好みで選択してくしてもよろしいかと。 プロポーションの面では中々スーツの状態に近く、こちらの方が自然シルエット。 気になるサイズは、約26cmというビックスケールで、既に並みのDX版に匹敵する巨大さ。 現状でシリーズ最大を誇る 「キングジェイダー」に次ぐ大きさで、その神々しい外観と相まって、圧倒的な存在感と迫力を秘めています。 何だよミニプラって……(哲学) それでは、お次はもう一つの合体形態 「ハイパーハーケン」へと参りましょう。 「合体! ハーケンスクラム!!!」 ハイパーハーケン ハイパーハーケンは、イカロスハーケンとバードガルーダが「ハーケンスクラム」することで完成する超巨大戦闘機である。 機体下部に装備された「ハイパーバスター」による高空からの砲撃の他、亜高速で敵に突撃する「ハイパーGアタック」を行う。 また、次元跳躍能力により、表次元と裏次元を行き来することが可能。 このグレートイカロスが特異な存在なのは、スーパー合体に2通りの合体方式を採用した点で、ハイパーハーケンは文字通り第二の合体形態。 グレートイカロスにも勝るプロポーションバランスとフォルムは秀逸で、まさに空中戦艦とも形容すべき威圧感を誇る外観。 下からの観賞も楽しめるのも面白いところで、旧DX版とお異なりジョイントで接続しているので、ディスプレイスタンドで飛行状態も再現可能。 「究極大獣神」と比較すると、どちらも今までに無かった斬新なギミックやデザインを積極的に取り入れたことが伺える光景。 アクション 「バードメーザー!!!」 ということで、 「スーパーミニプラ グレートイカロス」でした。 ここまで筆者に充足感を与えてくれるキットは久々で、熱烈なジェットマンファンとしても大いに満足としています。 イカロスとガルーダのギミックも、全てはグレートイカロスのために用意されていたと言っても過言ではなく、 プロポーション、可動、ギミックとあらゆる面で高水準となっており、数多くの傑作を生みだしたスーパーミニプラらしいハイクオリティキットとなっています。 「カッコよすぎる」何て言う、短絡的な言葉で評価するのが申し訳ないくらい、文句の付け所の無い完璧な製品でしょう。 と言っても、贔屓してしまうとレビューになりませんので、良い所ばかり列挙せず、気になる点も挙げていきます。 欠点は大腿部と股関節の抜けやすさで、関節を太らせる等の補強が必要。 後はこれといって見当たりませんが、ジェットイカロスの肘は強化して、破損しないよう注意したい所。 それでも短所より長所が大きく勝り、大局的に見ても十分優秀なスペックの商品と言え、スーパーミニプラ化して頂いた開発部とメーカーには、本当に感謝しております。 今回のイカロスとガルーダで、開発担当であった「N西兄貴」も卒業されるとのことで、新たな門出をお祝い申し上げると同時に、新たな飛躍をなされることを期待致します。 また完全な余談となりますが、こうしたジェットイカロスとガルーダのスーパーミニプラ化という朗報がある一方で、去年の12月には「ジェットマン」で ラディゲ役を演じた 舘正貴(旧:舘大介)さんが急逝されるという悲報も。 奇しくも没年月日は 「科学戦隊ダイナマン」で カー将軍役だった 石橋 雅史さん と同じとのこと。 戦隊ファンは悲しみに暮れるなど等、やはり敵味方総じてジェットマンという存在の偉大さを改めて痛感し、お悔やみ申し上げます。 とりあえず、家でインドアライフばかりしている心身共に不健康な大友は、ジェットマン体操でもして鍛えなおしてどうぞ。 そして空を見ろ、 空が目にしみやがる ……綺麗な空だ……。 それではみなさん。 楽しいホビーライフを。

次の

バンダイ スーパーミニプラ グレートイカロス レビュー

グレート イカロス

こんにちは。 スーパーミニプラSSS担当のN西です。 プレミアムバンダイ限定のジェットガルーダも絡めてハイパーハーケンやグレートイカロスもご紹介していきたいと思います。 と、言いつつ、過去の記事で結構お見せしている部分も多いので、過去の記事もぜひご覧ください。 最後に戦隊シリーズの次回作の情報もありますので、どうぞ最後までお付き合いください。 いつもパッケージデザインはずっと戦隊DX玩具のデザインをしてくださっているデザイン会社様で製作してもらっています。 昔のDX玩具の実物パッケージを見て、レイアウトも色もゼロから目コピーでデザインを作っていきます。 使用しているヒーローの画像は昔のポジフィルムをスキャンで取り込んでデータ化してはめこんでいたり、ロゴは昔の作品だとデータが残っていないことがほとんどなので、全て目コピーで作り起こしていたりします。 CGも当時のDXを意識したポージングやアングルにしておりますので、そういった細かいこだわりも楽しんでいただけると何よりです。 箱を綺麗に取っておきたいという方のために下からも開けられるようミシン目を下にも入れております。 イカロスの顔、各ジェットマシンの顔、イカロスの胸と肩の金等が塗装です。 もちろん全てにおいしいラムネが入っています。 「この箱感こそ戦隊ロボだ!ロマンなんだ!」という方もきっと多いはずです。 かく言う私も実は戦隊ロボは箱ロマン派です。 なので、ミニプラ化するにあたってどの程度のバランスで箱感とミニプラ感を表現するか悩みました。 結論としてはスクエアな面構成は変えずに太い細いや大小のメリハリをつけたりして整えていきました。 イカロス状態だけではなく各グレート合体後のプロポーションも考慮して決めていかないといけないので、このバランス調整は非常に難しいポイントでした。 箱ロボ感は変えずに少しスタイルが良くなった感じなので、DXの直立ポーズもミニプラならではのダイナミックな可動ポーズも違和感なくつけられるかなと思います。 ジェットイカロスと言えば多彩な武器も魅力の一つなので、バードニックセイバーとウイングシールドだけではなく、イカロスアックス、イカロスクラッシャー、イカロスマグナ、ジェットランサー、ジェットダガー(ジェットランサーと合体可能)も余すことなく付属させております。 色々な武器を持たせてブンドドを楽しんでいただければと思います。 固い場合は少しずつ力を加えて注意しながら動かしてみていただければと思います。 一度何か乗り越えたような感覚の後に動いてしまえば固くなくなります。 バードガルーダ ジェットガルーダ 合体!ハーケンスクラム! ハイパーハーケン うっとり…恍惚…。 包み隠さず申し上げますと私はモノとして見た時、グレートイカロスよりもハイパーハーケンの方が断然好きです。 この満足感・カッコよさは戦隊飛行マシン史上最高だと思っております。 家で飾る時は面積を取るので考えものですが…。 DXではトレイに乗せて合体する方式だったのですが、スーパーミニプラではトレイをなくして接続パーツを使って接続します。 合体!グレートスクラム! グレートイカロス 一旦全てバラバラにしてから合体させていくというグレートイカロスの合体システムは2体のロボのデザインがバランスよく融合していくので、非常に秀逸でおもしろいなと思います。 なので、その辺りの変形・合体はしっかり再現しております。 各関節は可動域はそこまで広くありませんが、 首や腰も含めて可動します。 ですが、やっぱりグレートイカロスはドデーンと直立がお勧めです! グレートイカロスのプロポーションはDXとは結構違うものにしたので、その辺りもぜひ見比べてみてもらえると嬉しいです。 昨年皆様に投票していただいたスーパーミニプラのアンケートでも商品化希望総合1位を取った大人気のジェットマンシリーズがついに発売(&お届け)となります。 思う存分楽しんでいただければと思います。 スーパーミニプラ戦隊シリーズをさらに広げていくために、次は『未知の領域への挑戦』ということ目標に掲げて、二つの具体的なテーマを決めました。 テーマ1:ド昭和戦隊で勝負 今までのスーパーミニプラ戦隊シリーズで一番古いライブマンは平成にまたがっての放送でしたので、 実は今までド昭和戦隊は展開したことがありません。 令和のこの時代にド昭和戦隊…どのような結果になるのか見当がつきませんが、勝負をする意味がきっとあると思っております。 テーマ2:基地ロボ挑戦 戦隊シリーズの大きな特徴の一つである『基地ロボ』。 通常のロボと比べて金型数が非常に多くなるこの基地ロボはなかなか勇気が持てませんでした。 しかし、スーパーミニプラを買ってくださるユーザーの方が増えてきていることや、そのユーザーの皆様からの要望がたくさんあることを踏まえ、挑戦する決断をしました。 ということでこの二つを兼ね備えた人気の戦隊と言えば…。 イーグル! シャーク! パンサー! 俺達の魂も燃えている! 太陽戦隊サンバルカン!! (ナパームドカーーーーーン!!! ) 1981年(昭和56年)放送のサンバルカンです。 サンバルカンはアンケートでも声が多かったのですが、再放送をたくさんやっていた戦隊なので、リアル視聴世代だけではなく、幅広い層に人気がある戦隊です。 そしてあのジャガーバルカンの獰猛で強烈なインパクトのデザイン。 ほんと大好物。 ド昭和&基地ロボというテーマでこれ以上の戦隊はないと思い、次作はサンバルカンとさせていただきました。 続報をお楽しみに! さて、ここで少しだけご挨拶をさせてください。 私N西は今回発売になるジェットマンシリーズをもちましてスーパーミニプラ戦隊シリーズを卒業する運びとなりました。 ミニプラも含めると戦隊ではニンニンジャー、ジュウオウジャー、キュウレンジャー、ジュウレンジャー、ライブマン、カクレンジャー、メガレンジャー、ジェットマンとたくさんのシリーズを担当させていただき、ユーザーの皆様と夢のような楽しい時間を過ごすことができました。 私がここまでミニプラ・スーパーミニプラの戦隊ロボを作ってこれたのはひとえにユーザーの皆様あってのことです。 買い支えていただいたことがどれほど励みになり、たくさんの意見をいただいたことがどれほど参考になったか数え切れません。 皆様、今まで本当にありがとうございました。 スーパーミニプラは皆様のご意見と共に作り上げてきたシリーズですので、担当者が変わりましてもたくさんの忌憚なきご意見を頂けますと幸いです。 引き続きスーパーミニプラ戦隊シリーズをよろしくお願い致します。 N西 (C)東映 candywrite.

次の

6/17発売『スーパーミニプラ 天空合体 ジェットイカロス』レビュー

グレート イカロス

スーパーミニプラ グレートイカロス 合体・グレートスクラム!完成!グレートイカロス! グレートイカロスはジェットイカロスとジェットガルーダが「合体・グレートスクラム」のコールで合体した巨大ロボ。 2大ロボが右腕を交差させた後、ジェットイカロスの後ろにジェットガルーダが立ち、2体とも分離。 ジェットガルーダの胴体部内にジェットイカロスの胴体、ジェットガルーダの両手足内にジェットイカロスの両手足が合体し、ヘッドギアを被る ジェットイカロスとジェットガルーダが直接合体した姿でハイパーハーケンほどまでではないがこれもかなりデカく、以前制作したスーパーギャラクシーメガと比べてもかなり違う。 組み加減としては思ったほど難しいわけでもなく、割と簡単な部類に入る。 原作通りなのだがマニュピレーターの関係上ジェットイカロスで使っていたバードニックセイバーやハンマーなどの武防具が一切使えなくなったのはちょっと残念でこの形態でのただ一つの必殺技のバードメーサーは光線技なので再現できないので何かしらの専用武器が欲しかった気もする。 総括すると、全体的に放送当時販売されたDX超合金を緻密に再現されており、当時DX版で遊んでいた方々にはもう感涙ものではないでしょうか。 実際、ハイパーガルーダに関しては当時玩具を持っていなかったがその美しさに思わず感動してしまった。 オンタイムで見てた人はもちろんの事、配信で見てほしくなった人にはぜひともお勧めしたい逸品だと思う。 ただ毎回スーパーミニプラを組んでて思うのだが、個体差があるかもしれないがパーツのクリアランスをもう少し取ってくれれば、せめて普通のミニプラ程度までにしてくれるともう少し小さいお子様でも組みやすくなる気がする。 パーツの組み合わせ次第ではパーツの破損にもつながるので… 次の戦隊のスーパーミニプラは太陽戦隊サンバルカンよりサンバルカンロボという事なので今から楽しみです。

次の