過食嘔吐 克服 ブログ。 過食嘔吐の治療、過食嘔吐克服の近道

【過食嘔吐ブログ】私が過食嘔吐を始めたきっかけについて

過食嘔吐 克服 ブログ

過食嘔吐を克服後、すぐの日常と気をつけていたこと 過食症が治った直後は、毎日の様に今日は過食したくなるかもしれない・・・・と思っていました。 () 毎日過食嘔吐する日もあれば、2〜3日に1回のこともごく稀にあったので、「たまたま過食嘔吐せずに済んだんだな」と思う日々が続きました。 過食症のまま一生を終えていくのかもしれない・・・・と思い、毎日過食嘔吐をどうやって克服しようかと考えていましたが、過食嘔吐の克服前後は明らかに過食嘔吐以外のことに意識が向いていました。 それは主に自分自身の 心の内側のことでした。 それまで過食嘔吐になったのは彼氏のせいだと思っていましたし(彼と付き合わなければ過食嘔吐にならなかった)、タイミングが悪かったのだと思い込んでいました。 つまり 自分は何も悪くなく、原因は周囲や他者にあると思っていました。 それが過食嘔吐を克服する時は、ハッキリと私に原因があるのだと、しっかり自覚できていたのです。 この事実はとても恥ずかしく感じるものでした。 というのも今まで人のせいだと思って被害者意識で過ごしていたのに「本当は全部の問題は自分でした」というオチだったからです。 まだ過食嘔吐を克服していない皆さんの中にもありませんか? 過食嘔吐になった原因は世間のせいだ 親のせいだ 他者のせいだ そんな周囲を責める気持ち・・・。 「あんなことさえ無ければ・・・・・過食嘔吐なんて絶対ならなかったのに・・・」 私にとって事実を知ることは大きな痛みを伴いましたが、その代わりに過食嘔吐を克服できました。 だからこそ来る日も来る日も、内面をどうにかすることに意識が向かっていました。 なぜなら勝負服だと思って外出していた服が実は後ろが破れていて、とっても恥ずかしい状態だったことに、鏡を見てやっと気が付いたという状態に似ていたからです。 真実を知ることの怖さが引き起こした 過食嘔吐という症状。 そんな風にも言えるのかもしれません。 もちろん克服後に、食べ過ぎて成人女性の1食分を遥かに上回る量を食べることもありました。 その度に罪悪感が湧き、自己嫌悪に陥りましたが、その感情に浸り過ぎない様に注意しました。 というのもそこに拘り過ぎていた事自体がバランスを崩す原因に繋がっていたと直感的に思っていたからです。 過食嘔吐を克服できるか出来ないかに向けていた注意を全て心の内側やアートセラピーを学ぶことに向けた様な感じです。 その他には今までは全く関心が向かなかったテニスをやってみたり登山をしてみたりと、体を動かすことに積極的になりました。 このスポーツたちは、本当にしたくてしていると云うより時間潰しだったり、気を紛らわせるための行為だったので長続きはしませんでした。 でも克服後の不安定な心ながら、自分の内側を見つめていた当時の私にとって 良い気晴らしになりました。 過食嘔吐を克服後|食事の量と現在 過食嘔吐を克服する前は食べる量に、もの凄く注意を払っていましたが、克服後は食べる量を気にしない様にしました。 過食嘔吐に纏わることを一切意識から除外した様な感じに近いかもしれません。 私は過食嘔吐を克服してから19年ぐらいの歳月が流れていますので、食事量は様々な時があります。 過食嘔吐を克服した直後は成人女性の4食分ぐらいの量を1日に食べていました。 というのも沢山食べる癖がついていたので三食ぐらいだと物足りなかったのです。 ですから当然太りましたし、最初の1年は体重増加への心の揺れは当然ありました。 それでも体重計に 乗らず、 嘔吐せず、 過食嘔吐の事を考えそうになる度に「それよりも心の歪みをケアしよう」と気持ちを切り替えました。 考えても、どうにもならないことを考えないという感じに近いかもしれません。 というのも克服して間もない私の心は揺れやすく、過食嘔吐が治ったことを客観的に受け止められるほど整理されていなかったのです。 克服から1年後ぐらいには食欲も落ち着き、満腹感を感じられる様な状態まで回復していきました。 そう・・・一年後には過食症を発症する前の元々の体重である45キロぐらいに自然と落ち着いていったのです。 でも、克服後1年間の中で50キロぐらいになっていたこともあると思います。 過食嘔吐克服後の1年間は、体重計に乗らなかったので確かめようがありませんが、明らかに丸くなりましたし、服のサイズも変わっていました。 脂っこい物を好んだり、ジャンクフードを食べてたくなる衝動も収まり本当に以前の味覚が戻ってきた感じでした。 (味覚音痴になっていて幾ら甘いものを食べてもムカムカすることが有りませんでした) 食べても食べても満たされない過食症克服前の状態から、食べたらちゃんと「お腹がいっぱい」と思える様になり、あっさりしたものを好む味覚が戻ってきました。 それでもこの19年の中で勿論体重が増えたり、ベスト体重から程遠い状態になったことは1度や2度ではありません。 現在も「うゎー食べすぎ!」と思うことは沢山あります。 じゃあ、その時々をどう過ごしてきたのか・・・と言いますと、 「冬の時期が来た」と、やり過ごす。 というのが端的に表せる言葉です。 冬になると生き物は脂肪を蓄えようとします。 それは厳しい冬に備えようとする生き物の自然な姿です。 そして季節が巡り春が来たら冬に備えようとしていた食欲は鳴りを潜め、新しい季節の到来にワクワクしています。 つまりせっかく過食嘔吐を克服したのにまた過食嘔吐になっちゃう???という心配にエネルギーを向けるのではなく、この異常な食欲も四季の様に過ぎる・・・変わる・・・と信じてやり過ごしたのです。 過食症を克服後|今からできる心の準備 現在、過食嘔吐克服に向けてチャレンジしている方は、克服してからいきなり 何事も無かった様な精神状態、食欲、体型になると思わない方が懸命です。 一度は膿を出す如く、太ってしまうことも心の準備としてあった方がいいと思います。 これを読んでいる人はきっと「 それが嫌なんだよ!絶対太りたくない!」ということを思う人も多いと思います。 なぜなら私がその一人でした。 絶対太りたくなかったし、太らずに克服する方法を探しているんだ! と強く思っていました。 絶対にしてしまうと苦しくなります。 克服後太ってしまうかもしれないし、案外変わることなく以前の自分に戻るかもしれない・・。 その心の幅を持っておくことは、過食嘔吐克服後の再発に大きく関わると思います。 だって 「これ絶対食べちゃだめだよ」って言われて目の前に置かれたら余計に食べたくなりませんか。 「食べて欲しくないけど、どうしても食べたい時は食べてもいいよ」と言われて目の前にある方が子供でも我慢できるケースが高いのです! また過食嘔吐しちゃうかもしれないけど、「どうしても過食したかったらいいんだよ!」っていう幅を用意しておく。 これが過食嘔吐を再発させずに克服街道まっしぐらに突き進む道なのではと思っています。 そして、「太る自分を許容できるわたし」を育てることは、過食嘔吐克服のプロセスには欠かせないものかもしれません。 もしそんな自分になれるのなら・・・と思っている方はアートセラピーをぜひお試しください! 現在アートセラピーを LINEで無料体験するモニターさんを募集しています。 アートセラピーは自分を知り・認め・受け容れるワークとして、とてもオススメです。 なぜアートなの??という方も多いと思いますので、そんな方はこちらも合わせてご覧ください。 アートという目にみえるかたちにすることがいかにパワフルなのかが見えてくると思います。 だからこそ社内で責任ある仕事を任せられたり、自分の好きを活かして起業する女性も多い昨今! そんな時代に変わってもかわらないことがあります。 それは女性は感情でついつい物事を考えてしまうということ。 役割が重要なポジションであればあるほど自分で自分を律するメンタルが必要。 わかってはいてもついつい傾きがちになる後ろ向きな気持ち。 そんな自分とも折り合いをつけ、やるべきことをやっていきたい人のために役に立つワーク。 それがマインドフルネスです。 このワークショップではマインドフルネス初心者から経験者までマインドフルネスを新しい角度から楽しく学ぶワークです。 沢山のマインドフルネスの手法を体験できます。

次の

過食嘔吐のむくみを解消&予防するための5つのポイント!|摂食障害を克服したわたしのブログ

過食嘔吐 克服 ブログ

過食嘔吐の治療というのは困難だと言われています。 それは本当なのでしょうか。 私の経験で言えば、 過食嘔吐の治療というのは 全部が全部どうしようもなく難しいわけではなく、 思った以上にあっさりとおさまるケースも数多く 存在するように思います。 今、私の「経験」とうっかりあなたに言ってしまいました。 というのは、私は摂食障害で言うところの狂ったような 「過食」も 「嘔吐」も経験したことがありません。 ならばいったい何を経験したのでしょう? 私は何年、十何年と続いた 過食嘔吐と、 信じられないほどの短期間の間にきっぱりとサヨナラできた という方々の話を数多くきかせれてきたのです。 そう、 あなたが過食嘔吐に悩んだ期間の長さにには全くと いっていいほどに関係なく 過食嘔吐は単純に克服できる かもしれません。 もちろん、かなり込み入った事情で起きている過食嘔吐も 実際にはありますから、 一概に全てが楽におさまるのだとは言い切れません。 ところで、 「過食嘔吐で苦しんだこともないのに、 何の関係でそういう話をそんなに知っているのか?」 と言われるでしょうね。 私は子供の頃から肥満同然に太っていました。 それが今では 「もう少し太ったらどう?」と他人から言われるまでになってしまったのです。 そして、肥満から痩せになったその方法を色々な方々にお伝えしてきました。 で、私の痩せる方法について話をきいた方々の中に、 過食嘔吐で悩んでいた人たちが相当の人数いたようなのですね。 私の元には「奇跡です」とか「他の人も救ってあげてください」 というメールが頻繁に今でも送られてきます。 さて、私は過食嘔吐のタイプを大きく2つに分けています。 あなたにこれが当てはまるかなと思ったら コチラへドウゾ。 話を元に戻しますと、どうしようもないと思えるほどの 過食や嘔吐であっても、治る時はあっけなくおさまる ようですよ。 はっきり言って 過食嘔吐の治療に奇跡の力は必要ない ということ。 繰り返しになりますが、やることは単純なのです。 どうしていいか分からず長年、体も心も苦しんできた方々 にとっては、過食嘔吐とこうもあっけなくサヨナラできるというは 本当に信じがたいことなのでしょうけれど。 ところで、過食嘔吐の解決は往々にして、あまりに単純なため、 1つだけ注意があります。

次の

食べることを止められない!過食症(過食・過食嘔吐)とは?

過食嘔吐 克服 ブログ

Contents• 過食嘔吐で太る原因とは? そもそも過食嘔吐はどのような原因で起こるのでしょうか。 過食症の人は制御できないほどの食欲に襲われるため、短時間に大量の食事をしてしまいます。 そして、その後の罪悪感や太ることへの恐怖から、自分で嘔吐してしまいます。 拒食症の人は飢餓状態になったときに過食に走ることがあります。 そして、その後の罪悪感から嘔吐してしまうのです。 それでは、過食嘔吐で太るのはなぜでしょうか? 食べた分は吐いているのに太るというのは不思議ですよね。 それには次の3つの理由があるのです。 血糖値の急激な変動 一度食事を大量に食べるので、一気に血糖値が上がります。 すると、体内ではインスリンが放出され、血糖値が下がります。 普通ならば食べたものが消化されて、ちょうど良い血糖値になるのですが、吐いてしまうとインスリンが過剰の状態になってしまいます。 血糖値が下がると食欲がさらに旺盛になり、インスリンは脂肪を蓄えようとする働きが起こります。 そのため、 インスリン過剰状態が食欲を増すと同時に、太ることにもつながるのです。 体がエネルギーを蓄えようとする 過食嘔吐を繰り返すと、体はエネルギー不足に陥ります。 そのようなとき、体は今後のためにエネルギーを蓄えようとします。 つまり、 脂肪を蓄えて太るのです。 精神的ストレス 過食嘔吐は自責の念や太ることへの恐怖から始まります。 そのような心理的なストレスはさらなる過食につながります。 食べれば太りやすい体になっているので、さらに太る…という悪循環。 以上のように、過食嘔吐を繰り返すと、痩せるどころか太るのです。 過食嘔吐の恐ろしい症状とは? 過食嘔吐の症状は太るだけではありません。 順に見ていきましょう。 ・食道炎 酸性の胃液を吐き出すため、慢性の食道炎になりがちです。 過食嘔吐を繰り返すと、食道と胃の間の弁が緩くなり、逆流性食道炎になってしまうことも。 ・虫歯 常に吐いていると、あるいは逆流性食道炎になると、胃酸で歯の表面を覆うエナメル質が溶けてしまいます。 ・月経不順 心理的なストレスも、体重の急激な増減も、女性ホルモンのバランスを狂わせます。 ・むくみ 過食嘔吐によって、水分やミネラルまで排出してしまいます。 その結果、血行が悪化、細胞間に水分が溜まり、むくみます。 ・抑うつ状態 過食による自己嫌悪、心理的ストレスは、抑うつ状態やうつ病を引き起こすことも。 また、妊婦さんは体重の増減によって次の2点にも注意が必要です。 さらに、心理的なストレスは、早産のリスクを高めます。 過食嘔吐で特に気になる、むくみをとる方法とは? 体のむくみ、特に顔のむくみは気になりますよね。 顔は、過食嘔吐により唾液腺も腫れるため、余計むくみが目立ちやすい箇所です。 このむくみを解消する方法を見ていきましょう。 ・カリウムと水分をとる カリウムと水分なら、太る恐れはないので比較的取り組みやすいです。 血行をよくするために大切です。 ・栄養補給 特に摂りたいのは、たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。 塩分はむくみを助長するので控えましょう。 ・過食嘔吐をやめる 唾液腺の腫れを抑えるには、過食嘔吐をやめる必要があります。 そんな簡単に過食嘔吐を止められれば苦労はしませんよね…。 そこで、過食嘔吐の克服法について、次の章で見ていきましょう。 Sponsored Links つらい過食嘔吐の治療と克服法とは? ここからは、肝心な過食嘔吐の克服法を見ていきます。 簡単ではありませんが、少なくとも次の3点は覚えておいてください。 ・心のケア まず大事なのは、自責の念をなくすことです。 吐いてもいい、食べ過ぎてもいい。 太ってもいい、痩せてもいい。 あなたの全てをありのままに認めましょう。 ・体のケア 最後のステップは、栄養補給です。 バランスのよい食事を心がけましょう。 日頃の運動も効果的です。 ・専門医、カウンセラーに診療を受ける 心のケア、体のケア、どちらのケアも必要です。 それができるのは心療内科の先生やカウンセラーさんです。 専門の医療機関での外部の助けに頼ることを検討しましょう。 まとめ 今回は、過食嘔吐の原因と症状、克服法について解説してきました。 まずは今の自分を受け入れて、今の状況が悪いことに気がつくことから始めることです。 辞めたくても辞められない、そんな場合は一人で悩むことはせずに、家族あるいは専門医療機関で診察を受けて、早めに治療を始めていきましょう。 Sponsored Links.

次の