京 アニ 犯人。 京アニの犯人さん、全身火傷をモザイク無しで映されるwww

京都アニメーション放火事件。犯人の動機は?関係する「バリサク」とは?

京 アニ 犯人

京都市の「京都アニメーション」のスタジオがきのう18日(2019年7月)に放火され、33人が死亡した事件で、身柄を確保された41歳の男は駆けつけた警察官に「パクりやがって」などと話したという。 また、「小説を盗まれた」と動機につながる話をしていることも明らかになった。 事件後、ネット上では動機を推測するこのような書き込みが相次いでいる。 アニメ「響け!ユーフォニアム」にバリトンサックスの略 京都アニメーションが制作した作品の中に、吹奏楽に青春をかける高校生たちを描いた「響け!ユーフォニアム」というアニメがある。 この作品をめぐって、ファンが交流するネット掲示板に、長期にわたって「『響け!ユーフォニアム』のバリサクソロのせいで俺の人生は大きく狂った」などと書き込みを続ける人物がいたという。 この人物は鉄道写真を趣味としており、カメラの光の加減に関して「バリバリサクッと順光でバリサク」という自作のフレーズを何度も投稿していた。 「響け!ユーフォニアム」の中では、バリトンサックスの略として「バリサク」という言葉が使われており、人気キャラクターがソロを奏でた名シーンの1つとして有名だ。 こうしたことから、バリサクというフレーズが盗まれたと感じて、この人物が犯行に及んだのではないかと話題になっているのだ。 小説を原作とするゲームと似ているという説も 確保された男と書き込みとの関係は明らかになっていない。 ただ、放火殺人事件の前日の書き込みを最後に、この人物のコメントは止まっているという。 ネット上では、このほかにも、京都アニメーションの制作した作品と小説を原作とするゲームの内容が似ているという説も話題となっている。 玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「動機の解明は、社会的にどうしても必要だと思います。 そうでないと、われわれとしては受け止めきれません」 長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「理解不能な人が無差別テロをやっているような世の中が身近にあるということを、真剣に受け止めないといけないということです」.

次の

京アニ放火にNHK黒幕説 事件当日に京アニに取材する予定だった吉田Dは数ヶ月前に犯人と接触

京 アニ 犯人

小学校6年生の青葉。 幼いころはどんな人物だったのか 単独犯による犯行で戦後最大の被害者を出した京都アニメーション放火事件。 34人の命を奪ったのは青葉真司容疑者、年齢は41才。 事件現場からは数百kmも離れた茨城県常総市で、3人きょうだいの次男として生まれ育った。 青葉の父親は奔放だった。 「あの子の父親は背が高くてハンサムでモテた。 でも、どうしようもない男でした。 奥さんとの間に6人もの子供がいて生活は大変だった。 本業の農家だけじゃ食べていけないから、幼稚園のバスの運転手も始めたんです。 そしたら幼稚園の保育士さんと不倫をして家を出ていった。 最悪なのはここから。 ある日残された妻子の元に不動産業者がやってきて立ち退きを求めた。 父親が家と田畑を勝手に売っていたんです。 奥さんと6人の子供は路頭に迷うことになったが、本人は知らぬ顔で再婚したそう。 その2番目の奥さんとの間に生まれたのが真司です。 ほかに兄と妹がいます。 たぶん6人の異母きょうだいとは会ったことはないと思う。 再婚生活は10年もたなかったんじゃないかな。 奥さんが愛想を尽かして出ていったようで、父親が3人の子を連れて埼玉に引っ越しました。 普通は母親が子供を連れていくことが多いのに、そうせずに出ていったんだから、よっぽど嫌だったんでしょう。 真司が小学校低学年の頃だったと思います」(青葉の親戚) 移り住んだ先で青葉は古いアパートに暮らし、兄と共に柔道スクールに通っていた。 その頃から大柄で、将来は「大金持ち」になりたいと周囲に語っていた。 当時の同級生はこう話す。 「青葉の家に遊びに行き、彼が好きだという『ガンダム』のアニメを見ました。 漫画の話もしたし、2才年上のお兄さん、妹も一緒に公園でサッカーや野球をしました。 お父さんの姿を見たことはないですね。 あと、青葉からお母さんの話を聞いたこともなかった。

次の

「京アニ放火殺人」犯人が叫んだパクリって何?ネットに書き込み「バリサクで人生狂った」: J

京 アニ 犯人

ストレッチャーで病院内に運ばれる青葉真司容疑者(14日午前10時17分、京都市内の病院)=画像の一部を加工しています 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、男女36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、大阪府内の病院に入院していた青葉真司容疑者(41)=殺人などの疑いで逮捕状=が14日、京都市内の病院に転院した。 命に別条がない程度まで回復したためで、京都府警は勾留に耐えられる状態になるのを待って逮捕する方針。 病院関係者によると、青葉容疑者は現在、感染症などの合併症を起こす危険な状態を脱している。 自力歩行はできないが、会話は可能という。 転院前、治療に携わった医療スタッフに対して「人からこんなに優しくしてもらったことは、今までなかった」と感謝の言葉を伝えたという。 青葉容疑者は14日午前9時ごろ、ストレッチャーで救急車に乗せられて大阪府内の病院を出発し、午前10時15分ごろに京都市内の病院に到着。 青葉容疑者はタオルで全身を覆われ、医療関係者に取り囲まれながら院内に運び込まれた。 青葉容疑者は事件で全身やけどを負い、京都市内の病院に救急搬送された。 7月20日、より高度な治療を受けられる大阪府内の病院に転院し、皮膚移植やリハビリなどを重ねてきた。 事件は7月18日午前10時半ごろに発生。 青葉容疑者が京アニ第1スタジオ1階でガソリンをまいて放火したとされ、建物内にいた20~60代の男女計69人が死傷した。

次の