セルフ マツエク コツ。 まつエクをセルフつける方法、セルフまつエク歴3年の私が教えちゃいます!

自分でやれば超お得! セルフまつ毛エクステの方法とコツ

セルフ マツエク コツ

デメリット• 外れると、取れた感がすごい(ごそっと目元からなくなるので)• コスパが悪い(入っている数が少ない)• 根元のグルーが固まると痛い この4点です。 1のマツエクが取れた時の恥ずかしいインパクトはすごい😂 禿げてしまったように見えるくらい恥ずかしいので、外出中に取れないように自宅で付け具合を確認してから行くといいです。 2の束タイプのマツエク自体、 シングルより重たいのでまつ毛に負担がかかりやすいです。 毛が抜ける、細くなる、貧弱になりやすい。 また、グルーを付けてまつ毛にたくさんつけると、シングルよりグルーを沢山使っているので、 まつ毛の根元でグルーがガチガチに固まってしまい、痒くなり痛くなります。 そうならないためにも「軽い・細い・自然に見える」タイプのフレアマツエクを選びましょう。 セルフマツエク 束タイプのメリット メリット• 初心者でも簡単に目元が盛れる• 目がぱっちり! とにかく簡単につけることができます。 そもそも10本束以上のまつ毛エクステは自まつ毛1本に対し1つつけられるほど軽くできていないので、自まつ毛2〜3本に対して1つつけていく感じです。 そのため、自まつ毛を探さず、簡単につけることができます。 1つに10〜12本ついているので、目力UP・目元ぱっちりも本当に簡単にできます👍 おすすめの束タイプまつ毛エクステ「プレミアムセレブラッシュ」 初心者の方、もうセルフマツエクが慣れた方におすすめなフレアタイプのマツエクはこの「 」です。 がっつり盛りたいときは 12本束を好んで使っています。 一本一本がとても細い!0. 05mmの太さだからら、ナチュラルに盛れます。 このプレミアムセレブラッシュの10束と12束両方使ったけれど、正直あまり変わりがなかったです。 ということで、私はばっちりまつ毛にしたいときは、本数が多い12本と使うようにしています。 見た目が全然違うんです。 すっぴんなのに、別人になれます😍 画像を見るとわかるように、フレミアムセレブラッシュの根元は「玉」になってません。 黒い玉になっていない分、すっとグルーが付けやすいのと、自然な感じで目元につけやすいです。 どれくらいの数を片目につける? 1列10本あるので、両目で2回分くらいです。 片目で10個〜くらいがおすすめです。 もともと自まつ毛が薄い私は、10個じゃ足りず、片目に15個くらいつけてしっかり目を盛ることもあります。 フレアタイプはつける数によって、ナチュラルにもつけまつげっぽい仕上がりにも両方いけますよ。 今回私は、以前付けたフレアの補修をやりました。 補修前の画像です。 《BEFORE》 左側の目のマツエク、あちらこちらが取れてしまってます。 赤丸で囲った部分よりもう少し上までグルーを付けます。 私はストレートツイーザーで、このように横から持って、まつ毛の上に置いておく・・という形がおおいやり方です。 シングルタイプと違って、とっても簡単!まつ毛1本に載せられることい越したこはないけれど、 10〜12 束タイプの場合は自まつ毛2、3本に対しぽんぽん、と気にせずまつ毛の上に載せていく感じでつけていきます。 フレアタイプ マツエクのやり方動画 これでもかーーー!!というくらい束タイプのマツエクを盛っています😱 付け方が非常に参考になります。 アメリカでは英語でセルフマツエクのことを「indivisual lashes」とか「lash extention」っていうんですね!Self eyelashesとかではないんですね・・・勉強になります! Youtubeを見る限り、アメリカでも非常に普通に流行っているようですよ〜。 リペア後の写真は・・・ 《BEFORE》 《AFTER》 (BEFOREが夜撮影、AFTERが朝撮影しているので夜は白熱灯の色が出てしまって、顔色が違ってますね・・・) 綺麗にリペアすることができました。 所用時間はリペアだけですので、20分もかかっていません。 初心者なら迷わず 束タイプを選ぼう• フレアタイプでも一本の太さが太いと、重くてまつ毛の負担になるので、 やわからくて細いタイプのフレアマツエクを選ぶとベター。 10本〜12本束数が多いフレアタイプはシングルと違ってまつ毛一本に一個ずつのせていく必要はない。 まつ毛にぽんぽんと置いていく感じで大丈夫!(それで私は1本に1つを意識して載せちゃってます)もしかしたら、その方が安定するのかも?• フレアタイプのデメリットは、コスパが悪い・取れた時に まつ毛が禿げて見える• 朝、眉毛しか化粧をしないので、 超絶楽です!.

次の

セルフマツエクのやり方を図解で説明!不器用さんでも簡単!

セルフ マツエク コツ

まつ毛エクステ 接着方法 マツエク専用のグルーで まつ毛に接着させる 装着期間 ~3週間程度 外し方 専用リムーバーで落とす メリット ・長持ちする ・すっぴんでも目ヂカラUP ・化粧時間が短縮される デメリット ・自まつ毛の状態に左右されやすい つけまつ毛は何といっても、 自まつ毛のポテンシャルを超えるまつ毛を手軽に演出できるのがメリット。 ですが 化粧のたびにつけまつ毛を付けるのも面倒だし、お風呂などで 簡単に落ちてしまうのが難点です。 それに比べ マツエクは、お風呂やプールなどに入っても 簡単には取れないので、 すっぴんにも自信が持てるようになるし、 化粧時間の短縮にもなるので頼もしい存在。 ただ、マツエクは本数や太さ・長さなど 自まつ毛の状態によって付けられる本数などが変わります。 マツエクサロンに通うのに面倒なこと• 近所にサロンがない• 予約してスケジュールを合わせないといけない• 小さい子供がいるので、子供の世話役の確保が必要• 次回サロンに行くまでに取れてしまうマツエクに神経を使う マツエクが「長持ちする」といっても、日を追うごとに1本・・・また1本・・・と マツエクは取れてきます。 これはまつ毛の生え変わりの周期によるものだったり、接着が弱くなって取れてしまったりと色々な要因があります。 6000円で100本付けてもらったとすると、1本60円。 1本の重みを感じますよね・・・。 マツエクが取れてしまっても次にサロンに行くまでは何もできず、 ただ剥げていくマツエクを見守ることしかできません・・・!! 大体3~4週間後には寂しい残念なまつ毛になってしまいます。 専用のツィーザーもありますが、色々試した結果私はふつうの毛抜きが一番使いやすかったので、慣れてきたら色々試すといいと思います。 ブラシ、コーム• まつ毛の流れや絡まりを整えます。 スクリューブラシのタイプや、コームタイプなどがありますが大きな差はないのでお好みで。 セルフマツエクは初心者キットで始めるのがおすすめ セルフマツエクに挑戦するなら、まずは 初心者用のキットを買うのがおすすめです。 「これがあればセルフマツエクができる」という道具が一式揃っていますし、アイラッシュの種類や、グルーも初心者が付けやすいものが用意されていたり、リムーバーが付いていたりするので、あれこれ悩まず始められますよ。

次の

セルフのマツエクのキット!口コミで人気&おすすめ5選|マツエク専門サイト『Eye Lash』

セルフ マツエク コツ

鏡の設置のコツ:上まつげを施術する時、 鏡は上まつ毛を下から写すような角度にすると、非常にまつエクが付けやすくなりますよ。 拡大ができる鏡は便利。 シングルマツエクや束タイプのマツエク。 現在ぎんいろは、もっぱら3Dタイプしか使っていません。 ストレートツイーザー• 鶴首ツイーザー• グルートレー は絶対必要。 ツイーザーを使ってエクステを付けていくからです。 グルートレーはグルーを1滴落として使います。 ラップやアルミ箔を敷かずに使える「 無毒性ポリウレタン加工グルートレー」が超絶便利です!直接、グルーに垂らすことができます。 使い終わったら、ティッシュで拭き取ります。 ちなみに、トレーにラップを敷いてやると、ラップが溶けます。 それくらいグルーは溶剤が強いということですね・・・ また、前処理にまつ毛の汚れを落とす プライマー、があったほうが、断然マツエクは長持ちします!(なくてもセルフマツエクはやれます) マツエクの長さはどれくらいがいいの? ちなみにこの上2つの画像は の10mmを左右全てにつけています。 (このプレミアムセレブラッシュ10mmは通常の12mmと同じ長さです) 自まつ毛が少なく、ちょっと長めをつけてみたい!方には12mmがとてもおすすめです。 (プレミアムセレブラッシュは10mm) オフィスでバレたくない、もう少し短じかくてもOK、もっとまつ毛に近い感じで自然に!という方は10mm(プレミアムセレブラッシュで8mm)をおすすめします。 それより短いタイプは下まつ毛に仕様したりします。 下準備:プライマーでまつ毛の汚れをとる 綿棒2本を用意して、まつエクプライマーで先端を湿らせます。 この綿棒2本を使って、 まつ毛を挟み込むようにして、優しく自まつ毛を拭き取ります。 ストレートエクステを掴んでグルーをつける時のコツ:• エクステに対して、垂直につかむ• グルーの量は極小の水滴ができるくらいの量 束タイプをツイーザーで掴んでグルーをつける時 基本、私の場合です束タイプの場合は、ストレートツイーザーで 横から掴む感じで持ちます。 束タイプの場合は、グルーがたくさんつきやすいので、 付けすぎないように気をつけながらグルーをつけます。 まつげと 接着する部分が大きいと外れにくいです! シングルタイプよりたくさんついてしまうので、たっぷり付けすぎると、硬化後、まつげの根元がグルーでガチガチになって、まぶたが痒くなったり痛くなったりします。 ドバッとつけすぎないように!• 新鮮なグルーを使う• 付ける前のまつ毛は汚れを落としてから付ける• マツエクをつけたら一晩もしくは24時間水に濡らさない• グルー強化剤を使う だいたい、グルーは1ヶ月くらいたつと、持ちが悪くなってくる感じです。 グルーを新しいものに変えるだけで、持ちが違います。 まつ毛に皮脂や汚れがついているだけで、マツエクの持ちが悪くなります。 ぎんいろは、まつ毛だけでも石けんで洗い、その後プライマーでしっかり汚れを落としてからセルフでマツエクをつけるようにしています。 グルー強化剤は、まつ毛エクステンションに直接グルー強化剤を塗る・ふりかけて使います。 これが有るのとないのとでは全然違います。 2〜3日で取れてしまっていたエクステも、更に持続力UPするので欠かせないアイテムです。

次の