クイック アクセス 削除 できない。 Windows10 ファイルやフォルダーを削除する方法

Windows10 ファイルやフォルダーを削除する方法

クイック アクセス 削除 できない

windows10で便利に使っていたクイックアクセスのピン留めが消えた。 新たにピン留めしようとしても、エラーが特定できませんでピン留めすることもできない。 毎回、よく利用するフォルダやファイルをたどるのは面倒なのでクイックアクセスを修復します。 と表示されたら Y を押して enter 流れとしては、不具合のクイックアクセスの保存場所を削除。 すると新規でクイックアクセスの保存場所ができます。 新規で引き継ぎはないので新たにピン留めしなければなりませんが、quick-access が利用できるようになりました。 クイックアクセス 無効 共用のパソコンなどではプライバシー保護のためにクイックアクセスは無効にしておきます。 クイックアクセスを無効にする方法は [クイックアクセス] を [右クリック] で [オプションをクリック] クイックアクセスのフォルダオプションが開くので、プライバシーに配慮して登録します。 エクスプローラーで開くで[PC] を選ぶ エクスプローラーでクイックアクセスが非表示。 最近使ったファイルをクイック アクセスに表示する の [チェックを外す] 最近使ったファイルがクイック アクセスに表示されない よく使うフォルダーをクイック アクセスに表示する の [チェックを外す] よく使うフォルダーがクイック アクセスに表示されない エクスプローラーの履歴を消去するで [消去] をクリック エクスプローラーに表示されている以前に利用したファイルやフォルダの履歴を消去します これで、エクスプローラー上から、誰がどのファイルやフォルダを利用したのか分からない設定になります。 クイックアクセス 登録 クイックアクセスにフォルダをピン留めする方法 [クイックアクセス] を [右クリック] で [クイック アクセスにピン留め] をクリック これで、クイックアクセスにピン留めが完了するので、explorer を開いてすぐピン留めしたフォルダに移動できます。 クイックアクセスからピン留めを外す クイックアクセス内のピン留めを外したいフォルダを右クリック。 [クイックアクセスからピン留めを外す] をクリックで、ピン留めの解除完了。 なんか、windows10 は小さいトラブルが多い気がする。 win8からバージョンアップしたけど、win10単独でクリーンインストールしたほうが良いような気がしてきた。 お約束ですが、ユーザー名はログイン中のユーザー名に書き換えてください で、AutomaticDestinationsフォルダ内のファイルを全部削除。 でクイックアクセスが利用可能になると思います。 ただ、「指定したパスがみつかりません」となると、ファイルやフォルダが存在してないかもしれないので、ご自身で存在しないフォルダを作ってあげる必要があるかもしれないです。 上記方法でうまくいくといいですね。 内容が同一なので連投のコメントは削除しておきます。

次の

クイックアクセスのアイコン

クイック アクセス 削除 できない

「いまさら聞けない!? パソコンとスマホの基本ワザ」は、パソコンやスマートフォンに関する基本ワザや知っておくと便利な機能をていねいに紹介する連載です。 第20回は、Windows 10の新機能「クイックアクセス」をやめる方法を紹介します。 便利な機能ですが、見られたくないものまで見られる可能性のある機能なので、心配な人は同機能をオフにするといいでしょう。 「クイックアクセス」を使い慣れた「PC」へ変更 デスクトップでフォルダーを開くときに、タスクバーにあるエクスプローラーのアイコンをクリックするが、こうして開いたフォルダーに表示される内容が、Windows 10では「クイックアクセス」になっている。 ちなみに、Windows 7では「ライブラリ」が表示されていた。 クイックアクセスは、Windows 10がよく使うフォルダーやファイルだと判断したものを自動的に集めて表示してくれる機機能だ。 毎日同じフォルダーやファイルを使う人に便利だろう。 しかし、そうでない人には少々おせっかいな機能だ。 会社などでは、あまり表示されたくないフォルダーやファイルが表示されてしまって、それを見られて恥ずかしい思いをするかもしれない。 これをWindows 7の「コンピューター」を開いたときのような表示方法に変える方法を紹介したい。 タスクバーにあるエクスプローラーのアイコンをクリックする エクスプローラーが起動してフォルダーが表示される。 表示内容はクイックアクセスになっている。 よく使用するフォルダーはまだいいが、最近使用したファイルが表示されるので、見られるとはずかしいものがいきなり表示される可能性がある。 これを、ウインドウ左側に見える「PC」が表示されるようにしてみよう エクスプローラーの画面で「表示」タブ(1)をクリックして、リボンの右側にある「オプション」(2)をクリックする 「フォルダーオプション」が表示される。 ここで「エクスプローラーで開く:」の横にあるプルダウンメニューをクリックして開く メニューで「PC」を選ぶ。 あとは「OK」や「適用」をクリックする これでエクスプローラーを起動したときに、PCの内容が表示されるようになる.

次の

クイックアクセスからピン留めが外せない場合の対処方法

クイック アクセス 削除 できない

Windows 10 のエクスプローラーに表示される「クイックアクセス」を非表示にする方法を紹介したページです。 非表示にするのは 図中赤枠の部分です。 このフォルダが邪魔になる場合や、プライバシーの問題などでこのリストは隠しておきたいと考える場合は、以下のような設定を行います。 ざっくり説明• 完全非表示にはレジストリ操作が必要。 以下、手順を複数に分けて解説しています。 クイックアクセスを「完全」に非表示にする方法 クイックアクセスを「完全」に非表示にする場合、レジストリ操作が必要です。 編集するレジストリ• 値の名前 Attributes• かなり難しいです。 注意すること• 大型アップデートなどでこの設定は元に戻ります。 設定が初期化された場合、再びこのレジストリ操作を行う必要があります。 編集に失敗すると、最悪の場合 Windowsが起動しなくなったり、デスクトップやエクスプローラーが正常に起動しなくなる場合があります。 自己責任で、慎重に実行しましょう。 レレジストリのアクセス権を変更する方法 レジストリキーのアクセス権を変更するには、以下の方法を行います。 このキーは、通常のレジストリ操作では変更できません。 値の内容を書き込み中に、エラーが発生しました。 」というメッセージが表示され、値のデータを編集してもレジストリに反映されず、元の値のままになってしまいます。 完全非表示にせず、部分的に非表示にする場合 上記の手順が難しい場合や、レジストリ操作に不安がある場合、クイックアクセスの機能をある程度残しておきたい場合などは以下の方法を行います。 これで「クイックアクセス」は最小化された状態でエクスプローラーを起動できるようになります。 次に「全般」タブを開きます。 次に以下を変更します。 クイックアクセスに 自分でフォルダを登録 ピン留め する 逆に、クイックアクセスに自分の好きなフォルダを登録 ピン留め しておくことも可能です。 これら手順の中から、自分の利用方法に合った ものを選び、実行すればよいかと思います。 このページの情報は以上です。

次の