豆苗 洗う 洗わない。 米を洗わないとどうなるか→やってみた。米を洗う理由とは?

米を洗わないとどうなるか→やってみた。米を洗う理由とは?

豆苗 洗う 洗わない

魚は我々日本人にとって欠かすことのできない食材。 特に秋から冬にかけては、脂が乗り、よりおいしく魚を味わうことができる。 買ってきた魚を家で調理するという人も多いのではないだろうか。 しかし、長い時間スーパーに陳列されていた生魚をそのまま調理するのはどうだろう。 にもと、ユーザーから質問があった。 他のユーザーからの回答を見ると、おろしていない魚の場合は洗うことが当たり前だが、スーパーで買ってきた切り身の魚の場合は洗う、洗わないで意見が分かれていた。 刺身はそのまま食べるのは分かるとしても、それ以外の切り身の魚は洗ったほうがよいのだろうか。 管理栄養士の石垣桃子さんに聞いてみた。 おろす必要がないので大変重宝するのだが、料理前に洗ったほうがよいのだろうか。 「切り身で売られているものは、洗わなくて大丈夫です」(石垣さん) 洗わなくてよいと聞き、とりあえずほっとした。 その理由はなんだろう。 「切り身を洗ってしまうと魚のうま味が一緒に出てしまうことがあります。 水洗いにより、身が崩れやすくなることもあります」(石垣さん) 水の中の生物とはいえ、洗うとうま味が逃げてしまう。 また、調理後の見た目にも影響が出てしまうのだ。 「魚を水で洗う理由は、魚の『皮膚』『エラ』『腸管』に存在している海洋環境由来の微生物による食中毒を予防するためです。 すでに表面を取り除いてある切り身はその点では安心ということなのだ。 「とくに『腸炎ビブリオ』という食中毒菌は海水に生息しており、塩分がある環境を好む細菌です。 水温が低い冬の間は、海泥中で越冬します。 夏に魚介類の食中毒が増える原因の一つに、この腸炎ビブリオがあります」 (石垣さん) 腸炎ビブリオはサルモネラと並んで、日本における食中毒原因の上位を占める細菌だ。 新聞等でこの細菌の名前を目にしたことがあるという人もいるのではないか。 「腸炎ビブリオを死滅させるには、真水で洗うことです。 真水で容易に死滅するため、魚の表面をしっかり洗うことが食中毒予防になります」(石垣さん) 洗うだけで食中毒を予防できるとは、意外だった。 「冷蔵保存する、加熱する、酢を使った調理をするのも、腸炎ビブリオを死滅するうえで有効です」(石垣さん) 切り身の魚は通常、冷蔵保存され、その後加熱して調理する。 そのため、たとえ皮が少しついている場合でも、食中毒の心配はないといえるのだ。 スーパーで売られている切り身の魚は、洗わずそのまま調理してよいことが分かった。 洗わないとどうしても衛生的に心配という人は、皮の部分を水道水で洗ってもよいだろう。 これからますます魚がおいしくなってくる季節、今回の記事を参考に、おいしく衛生的に切り身の魚を味わってほしい。 は管理栄養士9名が運営する「食による健康」をテーマにした食のウェブメディア.

次の

野菜は洗うべき?洗わないで食べるのは大丈夫?

豆苗 洗う 洗わない

しめじは洗うと栄養分が流れる しめじに限らずきのこ類は水につけたり洗うことで、香り・旨み・栄養分が流れ出てしまうため基本的に洗いません。 また、きのこ類は菌糸でできているので、水に浸けてしめじを洗うと菌糸と菌糸の隙間に水が侵入して溜まってしまうので食感も悪く水っぽくなってしまいます。 調理をする前にどうしても汚れが気になった場合、しめじを流水でさっと洗う程度にし、洗った後はキッチンペーパーやふきんなどで汚れと共に水分も残さないように拭きましょう。 基本的にスーパーで購入する事ができるしめじの場合は、クリーンな場所で栽培されていますのでほとんどの場合は石づきと言われるの軸の先の部分を切り取るだけで汚れもありません。 洗う必要がない理由• 洗うと香り、旨み、栄養分が流れてしまうので美味しさが半減してしまう• 屋内栽培でクリーンな場所で栽培されている• 加熱調理をしてから食べる物なので殺菌できる• 農薬類は全く使用しないで栽培されている しめじのように洗う必要がないきのこ類とは逆に、必ず洗う必要があるきのこ類もあります。 それはなめこです。 粘り気のある食物繊維を含んでいるなめこはその粘り気の成分に汚れが閉じ込められてしまってるので調理の前にはざるにあけて流水で洗って水気を取ってから調理をする必要があります。 しめじの保存の方法 しめじに限らずきのこ類は水に弱いので、購入時のパッケージ内に結露ができて水滴ができてしまうと、そこから傷んでしまいます。 数日以内に使い切る場合は購入時のパッケージのまま冷蔵庫の野菜室で保存することができますが、使い切れなかったりして1週間程度保存する場合にはひと手間を加える必要があります。 1週間程度保存する場合には、パッケージからしめじを出して、石づきと言われる軸の根元の部分を切り落とさずに残したまま乾いたキッチンペーパーでしめじ全体を包んで、食品保存用のビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れます。 2週間から1ヶ月程度保存する場合には、干すか冷凍での保存をします。 しめじを干す保存の方法 しめじを干して保存するには、しめじは洗う必要はありませんのでそのまま石づきを落としてから1本〜2本ずつバラバラにしてほぐします。 ざるやネットの上にしめじが重ならないように並べて、風通しのよい場所で天日干しをします。 完全に水分を抜くには3日〜5日間かかります。 しっかり乾燥させた干ししめじは、密閉できる食品保存用のビニール袋や容器に乾燥剤と共に入れると直射日光の当たらない常温の場所で1カ月程度の保存が可能になります。 しめじを冷凍して保存する方法 しめじを冷凍して保存するにはまず石づきを落としてから1本〜2本ずつバラバラにしてほぐします。 ほぐしたしめじを冷凍用の食品保存用のビニール袋に入れ、しっかり口を閉じて冷凍庫に入れます。 そのまま冷凍庫に入れ続けてしっかり凍らせても問題ないのですが、冷凍庫に入れてから1時間くらい経過した後に一度冷凍庫から取り出し、袋に入れた状態のままで軽く揉んでしめじをバラバラにほぐしておけばいざ使うときに使いやすくなります。 凍ったままの状態で鍋や汁物に入れたり、炒め物をするときに1品追加として手軽に入れることができます。 冷凍したしめじは1カ月程度の保存が可能です。 冷凍をすると食材は乾くときと凍るときに細胞が破壊されて一般的に味が落ちてしまうと言われますが、きのこ類は一度細胞が壊れることで細胞に含まれる旨味成分、栄養成分が出やすくなるので常温で保存をするよりも旨みと栄養成分が増すため冷凍はおすすめの保存方法と言えます。 美味しいしめじの選び方 しめじを購入するときに選ぶ際は、しめじ全体的に弾力があって、かさの部分と軸がしっかりしているものを選ぶのが良いとされています。 触った感触が柔らかくなっていて、かさの部分がしなびてしまい、しわが出始めてしまっているものは鮮度が落ちてしまっている証拠です。 全体的に弾力性のはりがあって、軸の根元までしっかりと硬いもの選ぶようにしましょう。 しめじのかさの大きさや色の濃い薄いによって味や旨味などに違いはありませんが、かさの部分が開きすぎていない、小さめで丸くしまっているものの方が良いとされています。 しめじの軸がカットされていてしめじがバラバラになってしまっているものよりも、一株にまとまった状態のものの方が鮮度が落ちにくいです。 しめじはスーパーなどではほとんどの場合、一株ずつパックされて販売されています。 価格的にも安価で販売されているので、一株ずつまとまったものを選んで購入しましょう。 しめじの栄養と効能 しめじは食物繊維やビタミン類が豊富なきのこです。 しめじを洗うとせっかくの栄養分が落ちてしまいます。 しめじは手頃な価格で購入できますが、その中に含まれている栄養素は豊富で身体の健康促進にとても役立ちます。 野菜炒めをする際やパスタなどの料理に一緒に調理をして積極的にしめじを食べることをおすすめします。 オルニチン しめじには肝臓を元気にするアミノ酸オルニチンが豊富に含まれています。 シジミから摂れることで有名な成分です。 オルニチンはお肌の新陳代謝を促進して、肝臓機能を強化してくれる働きがあります。 荒れたしまったお肌を整えてくれたり、お肌の健康にも大変役立ちます。 ビタミンD ビタミン類が豊富なしめじは、その中でも特にビタミンDが多く含まれています。 ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けしてくれて、免疫力と新陳代謝を上昇させる効果が期待できる栄養成分になります。 近年ではガン細胞を抑制する効果にも注目されており、ガンの予防効果に期待が集まっていると言われています。 ぶなしめじも洗う必要は無い 「しめじ」と「ぶなしめじ」の違いはわかりますか?それぞれの代表的な特徴を挙げるので違いを確認してみましょう。 しめじの特徴 しめじはシメジ科シメジ属のきのこで正式名称は「ほんしめじ」、全長は8cmくらいで根元の部分が太い。 栽培するのはとても難しく、天然のほんしめじは高級食材とされています。 成分的にはぶなしめじよりも鉄分が多いとされています。 ぶなしめじの特徴 ぶなしめじはキシメジ科シロタモキダケ属のきのこです。 全長は10cmくらいで栽培された物はきのこが密集しているようにしてパッケージに入れて販売されています。 栽培が比較的簡単なので手ごろな価格で購入する事ができます。 しめじよりもあっさりとした味なのですが、しめじよりも成分的にはビオチンとビタミンCが多く含まれています。 上記のとおり「しめじ」と「ぶなしめじ」は厳密に言うと違うものなのですが、過去には名称的にどちらも「ほんしめじ」として販売されていた時期もあったので混同しやすくなっています。 手ごろな価格でスーパーでも購入しやすいものが本来は「ぶなしめじ」となるはずなのですが、流通量から一般的に「しめじ」として今も認識されています。 まとめ 今回はしめじを調理する際に洗うのか洗わないのか?ということを理由とともに紹介しました。 結論を言うと、しめじに限らずきのこ類は、洗うことで香りや旨みや栄養分も一緒に流れ出てしまうので、洗わずに調理をしましょう。 どうしても気になってしまう汚れがある場合にはさっと洗って汚れを落としたらすぐキッチンペーパーで水分を拭き取るようにして調理をしましょう。

次の

野菜は洗うべき?洗わないで食べるのは大丈夫?

豆苗 洗う 洗わない

動きやすくオシャレなファッションアイテムの定番として使えるジーンズ。 男女問わず、上品にもラフにも着こなせるので、毎日のように履いている方もいるのではないでしょうか? ジーンズをよく履く方にとって気になるのが、ジーンズの洗濯方法です。 色落ちしないかなど気になるところ。 そこで今回は、ジーンズを洗う際の注意点や乾燥させる際の注意点、手順などを紹介します。 「ジーンズは洗わない方がいい」は迷信! 実は「ジーンズは洗わない方がいい」というのは、ヴィンテージブームのときに広まった迷信です。 ジーンズは綿素材なので汗や皮脂が残っていると劣化したり、洗わずに着用を続けると繊維が伸びたりして、破れやすくなってしまうことも…。 定期的に正しくお手入れすることが、ジーンズの色落ちを抑えつつ、長く着られるコツです。 ジーンズを洗濯する頻度は「汚れが気になったら」でOK 色落ちや型崩れしやすいジーンズ。 頻繁には洗濯しないという方も多いのではないでしょうか? では、どのタイミングで洗濯したらいいのか……。 週に1度など頻繁に洗濯するのは面倒なので避けたい。 頻繁に汚れが気になることはない方がほとんどだと思います。 ジーンズを洗濯する、洗うタイミングは 「汚れが気になってきたとき」に洗濯するのがおすすめです。 ジーンズを洗濯する際の注意点 ジーンズを洗濯する際の注意点について解説します。 注意点は、5つあります。 他の衣類と一緒に洗濯しない ジーンズに使われている染料は色落ちやすく、他の衣類と洗うと色移りしてしまいます。 また、お湯で洗うのもNG。 色落ちを避けるために、ジーンズ単独での洗いを心がけましょう。 絵表示を確認する 洗濯の絵表示を確認すると、使ってはいけない洗剤の種類などが分かります。 洗濯をする前は、洗濯の絵表示を確認しましょう。 乾燥機の利用は控える ジーンズを乾燥機にかけると縮みや型崩れの原因になるので、乾燥機は避けるのがベター。 乾かす際は、脱水も時間をかけずに30秒から1分程度でOKです。 すぐに乾かす ジーンズを洗濯機に入れたまま放置すると、色落ちの原因になります。 すすぎや脱水が終わった後は放置せずに、すぐに干すのがジーンズを洗濯する際のポイント。 裏返して、ズボン用のハンガーに干せば、ポケット部分もしっかり乾かすことができます。 ボタンやファスナー、ロールアップしている部分を確認 ボタンやファスナーが開きっぱなしになっていると、型崩れを起こしてしまったり、金具が擦れて、部分的に色落ちしてしまうことも…。 ロールアップしている部分は、汚れがたまりやすいので、あらかじめ伸ばしてから洗濯するようにしましょう。 色落ちを防ぐジーンズの洗濯方法【手洗いと洗濯機の場合を解説】 ジーンズを洗濯する際に不安になるのが、「色落ちしてしまうのではないか?」ということ。 そこで、色落ちの防ぐジーンズの洗濯方法を手洗いと洗濯機を使う場合の2パターンで解説していきます。 手洗いをする場合 用意するもの ・タライなどの容器 ・水(適量) ・ジーンズ洗濯用の専用洗剤もしくは、蛍光増白剤不使用の中性洗剤 手洗い手順 5つの手順からジーンズを洗う方法を解説していきます。 ジーンズを裏返しにする 2. 容器に水と洗剤を入れジーンズを入れ、押し洗いをする ・押し洗いのやり方 手のひらにジーンズを当て、押したり持ち上げたりするのを30回程繰り返す 3. 容器の水を入れ替え、洗剤の泡がなくなるまで押し洗いの手順ですすぐ 4. 洗濯機で脱水をする 5. ピンチハンガーを使って、ジーンズが筒状になるように日陰干しをする 洗濯機で洗う場合 用意するもの ・蛍光増白剤不使用の中性洗剤 ・洗濯用ネット 手洗い手順 4つの手順からジーンズを洗う方法を解説していきます。 ジーンズを裏返しにする 2. 汚れが目立つ部分を外側にして折りたたみ、洗濯ネットに入れる 3. 洗剤とジーンズを洗濯機に入れ、手洗いモードなど優しいコースで洗う 4. おしゃれ着用洗剤を利用するようにします。 ジーンズの乾かし方と干す方法 ジーンズは素材が頑丈で、乾きも遅いため、乾燥機を使いたくなるかもしれません。 しかし、ジーンズで乾燥機を使うのはNG。 ジーンズを洗濯した後は、くしゃくしゃの状態。 このまま乾かすとシワが目立って、だらしない印象を受けます。 そこで、ジーンズの洗濯直後は、必ず振りさばきシワを伸ばしておきましょう。 裏返して干す ジーンズを日光に当ててしまうと、変色 色落ち してしまいます。 カラーが入っているものは裏返して干すようにしましょう。 ポケットやファスナーの部分を外に出しておくことで、効率的に乾かすことができます。 筒状に干して乾かしやすく 筒状にして、空気のとおりに道を作って干すことで乾くスピードを早めることができます。 洗濯ばさみやピンチなどを利用して、裾を開くように吊って干せばOK。 ジーンズの干す位置を変える 洗濯物は、上の方から乾いていくので、干してから時間が経過したら上下を変えてみるのもおすすめ。 ジーンズは、ベルトを通す腰回りが乾きにくくなっているので、干し方も工夫してみましょう。 まとめ 色落ちや型崩れがしやすいジーンズの洗濯方法。 難しいように感じますが、洗剤に気をつけることや乾燥機にはかけないなど、少しのポイントを抑えるだけで長持ちします。 お気に入りのジーンズを持っている方は、少し気をつけてみてくださいね。 まとめてジーンズを洗濯するならコインランドリーの大型洗濯機も利用もおすすめです。 MOST POPULAR 人気の記事•

次の