カビゴン タイプ。 【ポケモンGO】レイドボスのカビゴンのCP・個体値早見表

環境トップをまとめて対策!「ローブシン」最強説!「カビゴン」「サザンドラ」「トゲキッス」「ギャラドス」「ドリュウズ」

カビゴン タイプ

それに加え、 弱点のタイプが「かくとう」のみです。 多くのポケモンに対して大ダメージを受けることなくバトルをすることができます。 幅広い敵に通る攻撃 「カビゴン」はノーマルアタック(通常技)からスペシャルアタック(ゲージ技)まで 様々なタイプ・威力の技を覚えることができます。 ノーマルアタックの 「したでなめる」は威力・ゲージ増加がバランス良く高めで、かつ環境トップの「ギラティナ」に効果抜群です。 スペシャルアタックの 「のしかかり」は高威力&高回転で相手のHPをガンガン削ることができます。 耐久力も活かして 数多くのポケモンに対して互角あるいは互角以上にバトルできます! おすすめ最適技 ノーマルアタックは「したでなめる」 ノーマルアタックは3種類覚えることができますが 「したでなめる」がおすすめです。 覚えるノーマルアタックの中で 性能が一番優秀であり、ハイパーリーグでよく選出される 「ギラティナ」に効果抜群を与えることができます。 「のしかかり」を主力として攻める スペシャルアタックはシャドウポケモンから覚える技も加えると9種類という多さです。 その中で 「のしかかり」は必須として覚えさせましょう。 必要エネルギーが少なく短間隔で撃つことができ、タイプ一致となるため威力も高くなります。 開放技は「じしん」がおすすめ 「のしかかり」以外の覚えるスペシャルアタックも魅力的な技が多いです。 使える技と特徴は以下になります。 トゲキッスなど 「フェアリー」タイプに効果抜群• 「はがね」タイプポケモンへの有効打がなくなる 「カビゴン」を 耐久型として幅広いポケモンに対して活躍させることができる 「じしん」がおすすめです。 「のしかかり」が通らない 「ゴースト/はがね」タイプにも等倍ダメージです。 他の技は 特化型としてギラティナやトゲキッスに有効になりますが、技の有効範囲は狭くなります。 わざマシンの消費に注意! 「カビゴン」のスペシャルアタックを 「わざマシンスペシャル」で変更するときは、6種類(おんがえし・やつあたりと今覚えている技を除外)からのランダム選択になります。 希望の技を引き当てるのはなかなかの無理ゲー(困難さ)です。 少しでも引き当てる確率をアップさせるため 開放させてから「わざマシン」を使いましょう。 あとは覚えるように運を天に任せるしかありません(汗• 「カウンター」が高威力かつ効果抜群• 「したでなめる」に耐性あり 「かくとう」技持ちポケモンがおすすめ 「カビゴン」の 唯一の弱点タイプとなる 「かくとう」の技で上手く攻めることができると有利にバトルできます。 「 ニョロボン」と「ズルズキン」はタイプ一致で「かくとう」タイプ技を撃てるため強力です。 「ズルズキン」はハイパーリーグでの採用率は低めですが、 「したでなめる」にタイプ耐性もあるため対策ポケモンとしては優秀です。 高威力技持ちのポケモンで押し切るのもアリ 「カビゴン」の弱点を突くことができなくても、 こちらも「カビゴン」に 弱点を突かれず強力な技で攻撃できれば押し切って勝利できます。 「ラグラージ」がおすすめですが、「ブラストバーン」を覚えた 「リザードン」で押し切る戦法もありです。 また有利とまでは言えませんが、 高威力「あまえる」を覚えた「トゲキッス/ピクシー」や効果抜群の「きあいだま」を覚えた「レジスチル」も互角以上のバトルができます!.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策

カビゴン タイプ

カビゴンについて 今作ではランクマッチをやっていれば見ない日はないと言えるほど使用率の高いポケモンです。 不遇な単タイプでありながらも「ノーマル」というタイプと高い種族値、加えて優秀な特性によって、その見た目からは想像できない強さを発揮できます。 ランクマッチに存在するカビゴンは 基本的な努力値振りはHB振りかAB振りの2パターンに分かれています。 特性は「あついしぼう」か「くいんしんぼう」が主流ですが、どちらを採用しているかは技構成やパーティによって異なり、様々な型を考えることができます。 持ち物も様々な候補が存在し、「フィラのみ」「ラムのみ」「とつげきチョッキ」「たべのこし」などがあげられます。 このように 豊富な型が存在することも強みの一つであると言えます。 また、今作では「キョダイマックスカビゴン」になることで専用技「キョダイサイセイ」を使うことができ、約50%の確率で使用した「きのみ」を回収することができる効果はカビゴンとの相性も良く、攻撃しつつ「フィラのみ」や「ラムのみ」を拾ってくるのは脅威であると言っていいでしょう。 そんなカビゴンでも苦手とするポケモンは存在するので、それらのポケモンをうまく活用してカビゴンを対策していきましょう。 カビゴンの型 カビゴンは努力値振りが同じでも技構成や持ち物が異なっていたりと、様々な型が存在します。 ここでは基本的な型の技や持ち物などを紹介しています。 あくびまもる型 「 あくび」「 まもる」を使い、積みアタッカーをいなしたり、ダイマックスポケモンのダイマックスターンを枯らしたりという動きをとってきます。 耐久に振っているため火力はないが、「じわれ」を持っていることが多いため注意が必要です。 この型では、 キョダイマックス個体を採用している場合が多いです。 先発で出てきて1ターン目からダイマックスをし、相手の場を荒らしてから控えの2体で詰めてくる動きをとってきます。 攻撃技しか持っていないがために、 技範囲が豊富なので注意が必要です。 ですが、無振りでもHPが高く防御に努力値を振っている場合が多いので、物理アタッカーで攻めても突破しにくいことに変わりはないので注意しましょう。 いじっぱり ABカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 38. 2~45. 7~89. 3% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 34. 8~41. 7% 確定3発 ダイフェアリー 49. 7~58. 7% 確定2発 ドレインパンチ 38. 7~46. 3% 確定3発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 35. 7~43. 4% 確定3発 ダイドラグーン 46. 3~54. 8% 乱数2発 ローブシン(A252) ドレインパンチ 97. 8~115. 7% 乱数1発(こんじょう有) わんぱく HBカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 30. 7~36. 6~71. 9% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 27. 7~32. 5% 確定4発 ダイフェアリー 40. 0~47. 1% 確定3発 ドレインパンチ 31. 0~37. 0% 確定4発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 29. 2~34. 4% 確定4発 ダイドラグーン 37. 0~43. 8% 確定3発 エースバーン(A252珠) とびひざげり 103. 3~122. 8% 確定1発 (いじっぱり) とびひざげり 94. 3~111. 9% 乱数1発 (ようき) ・「ちょうはつ」で補助技を封じをよう カビゴンは補助技を持っていることが多く、「ちょうはつ」で 補助技を使えなくするだけで有利に立ち回ることができます。 特に「あくび」「リサイクル」「のろい」を持っている型の場合は使えなくするだけで、逆に積みの起点にしやすくすることができます。 ・「こだわり」アイテムを渡そう カビゴンは技範囲が広く、補助技を持っている場合が多いため、 「こだわり」アイテムを「トリック」や「すりかえ」で渡すだけで本来の動きを封じ込めたり、無理やりダイマックスを使わせたりすることができます。 ただし、「こだわりハチマキ」は逆にカビゴンを有利にしてしまう場合があるので注意が必要です。 また、きのみ持ちのカビゴンである場合は「リサイクル」や「キョダイサイセイ」できのみの回収ができなくなるため効果的です。 ・HPの高さを利用しよう カビゴンはHPが高いため、他のポケモンに比べて 「ドレインパンチ」や「やどりぎのタネ」を使った際の回復量を多く得ることができます。 そのため、カビゴンからもこちらのポケモンを突破することが難しくなります。 また、「てっぺき」と相性の良い技である「ボディプレス」はかくとうタイプの技なので、カビゴンに対してばつぐんをとることができます。 そのため、 「てっぺき」と「ボディプレス」を両採用することでカビゴンに対して有利に立ち回ることができます。 ただし、カビゴンが「DDラリアット」を持っている場合は能力上昇を無視して攻撃できるため、「てっぺき」の使用は注意が必要です。

次の

【ポケモンGO】レイドボスのカビゴンのCP・個体値早見表

カビゴン タイプ

基本データ 全国 No. 143 カビゴン キョダイマックスのすがた 分類: いねむりポケモン タイプ: 高さ: 35. 0 m~ 重さ:???.? 親となるカビゴンに「まんぷくおこう」を持たせた場合のみゴンベのタマゴができる。 出現場所・主な入手方法 第8世代 【ソード】【シールド】 [] で出現 [] で出現 【ソード】【シールド】 鎧の孤島 [未生息] ヨロイ島には未生息 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 Lv. または預かり屋で同種のポケモンから教わって覚える。 「ゲップ」はゴンベ、「いえき」はカビゴンにのみ遺伝可能なわざ。 剣盾 No. 名前 タイプ 分類 威力 命中 PP 範囲 直 - キョダイサイセイ ノーマル - - - - - -.

次の