アルテ 65話 ネタバレ。 【第50話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

ジョーカー・ゲーム(小説)をネタバレ!原作とアニメの違いも

アルテ 65話 ネタバレ

悪女の定義66話のネタバレ 国務大臣ミハイルのもとを訪れたシャティ 皇太子の態度と、割り振られた穀倉に違和感を抱くシャティ。 本来、救貧祭では同じような条件の穀倉がレジーナたちには割り振られており、皇太子もまるで自分の望みとは違うと言いたげな表情を浮かべていたからだ。 この件に関与できるのは皇帝と皇后、そして皇太子だけ。 皇帝は関与しないと言ったので、 皇后が何かしたと考える他なかった。 シャティは上で何かあったかを調査するため、国務庁へと向かった。 西穀倉の管理という最悪な任務をやり遂げるには、 有能な仲間が必要だというシャティ。 そこで彼女は、 国務大臣であるミハイル・シェドモンのもとを訪れる。 宰相である父までもが、補佐官である彼には頭が上がらないほど有能な人材で、この国を影で操っているのは彼だと言う噂もあるほどだ。 兄と会うことを決意したシャティ シャティは担当直入に西穀倉を任されたことを話すと、そのことは既に彼の耳にも入っている様子。 カラッポの穀倉を満たす方法は1つだけで、他の穀倉から支援を受けることだ。 そのためには交渉能力と人脈の利用が必要不可欠で、それこそがミハイルの得意とする分野だった。 シャティの誘いに、ミハイルは魅力的だと評するも、その仕事を受けるにはあまりにも仕事が多すぎるという。 仕方がないと言うと、シャティは他の優秀な人材を紹介してもらうよう頼む。 すると彼は、 シャティの実の兄であるアルテミル・セイン・カイロンを推薦してきた。 現在は学問の都市「パレストゥラ」に留学中で、手助けを頼むことは難しそうだが、そろそろ帝都に戻ってくる頃だった。 しかし、兄を慕っていたシャティに対し、アルテミルの彼女に対する態度は冷淡で、妹が病に倒れ、死にかけている時も会いにこなかったほどだ。 また、兄の助けを受けると家門の力を借りることになってしまうのも都合が悪かった。 しかしミハイルは、何もおかしなことではないと言う。 代々の皇后も皆、自分の家族や親戚を高官に取り立てているのだ。 家門の力を借りることは勝手にいけないことだと思い込んでいたシャティ。 しかし、ここの人たちにとっては当たり前のことなのだ。 パレストゥラの学生は、パレストゥラに所属することになる。 ミハイルはそこを利用するべきだと告げた。 ミハイルとの面会が終わったシャティは、 兄のアルテミルに会うことを決意するのだった。

次の

『アルテ』最新66話のネタバレ!イレーネの手紙の行方は……?

アルテ 65話 ネタバレ

今期のアニメ 16• あ行 143• か行 170• さ行 140• た行 87• な行 44• は行 160• ま行 65• や行 30• ら行 51• わ行 13• その他 4• アニメ海外の反応まとめ[あにかん]について 外国人達のオーバーリアクションな反応が翻訳文からでもよく伝わってきて、それを読むとそうそうここが面白かったよねとか、こんな細かい描写にも気が付くなんて凄いなとか、特に自分も気に入った同じアニメを見て共感した嬉しさがこみ上げてきます。 そういった外国人の反応を手間をかけて翻訳して記事にしてくださるサイトの存在を知り、主に自分が閲覧するのに便利なようにこのアニメ海外の反応まとめ[あにかん]を作りました。 このサイトは定期的に手動でまとめてますが、別館としてアンテナサイトもありますので、早く海外のアニメ反応を読みたい人はをご覧ください。 また、巡回先に追加してほしいサイトがあれば、よりご一報いただければ助かります。 アンテナにも追加します。

次の

アルテ 漫画 ネタバレ

アルテ 65話 ネタバレ

【アルテ】最新話65話ネタバレや感想!イレーネからレオへの手紙 手紙 屋敷から荷物を運び出すアスセナに、他の召使いがイレーネがいなくなったことを話すシーンから始まります。 その頃イレーネは川で子供たちに 手紙を渡します。 どうやら誰かに渡すように頼んでいるようです。 「ねーちゃんは仲間だからな」と快く引き受けてくれる子供たち。 手紙を渡した後、イレーネは皆の元へ戻ります。 「すぐに発たなければいけないのに」とアスセナに怒られるイレーネ。 馬車に入ると、いまだ暗い顔をしたアルテが無言でうつむきながら座っていました。 そんなアルテを見てイレーネは 「手紙のことは伝えない方がいいわね」「来られるかどうかなんてわからないんだもの」 と考え、何も言わずにいるのでした。 紛失 その頃、工房の屋上にあるアルテの小屋から外を眺めるレオ。 アルテの部屋の中を見て何かを考えた後、頭を掻きむしりながら自身の工房に戻ります。 そして何も言うことなく、いつも通り仕事を始めるのでした。 イレーネから手紙を渡された子供たちは、レオにそれを渡すように言われていたようです。 ですが、誰もレオのことは知らず、迷ってしまったようで、どこにいるのかがわかりません。 住所の字を読むことができず、うるおぼえで探すことに。 ですが、その時 ポケットに空いた穴から手紙を落としてしまい、誰もそのことに気づくことはありませんでした。 雨が降り始め、イレーネ達は宿に到着。 イレーネはアルテに• ここはフィレンツェではない• ここでは罪人ではない と伝えます。 アルテは震えながらお礼を言います。 そんなアルテを見ながら、イレーネは「 手紙はちゃんと届いたかしら」と心配するのでした。 感想 イレーネがアルテの恋を放置しておくことなんて絶対ない、と思っていましたが、やっぱり手紙を使って、二人を会わせようとしていましたね。 ですがその手紙も無事に届くか怪しい状況です。 何が書かれているのかはわかりませんが、シルヴィオ卿の手の者が見つけてしまったらややこしくなりそうです。 子供たちが気づいて取りに行ってくれればいいですが、その可能性は低そうだと思います。 「まぁいいや」と子供たちは諦めてしまうのか。 それとも別の方法でレオの元へ届くのか。 他の親方に届いてくれるのであれば安心なのですが。 それもレオやアルテのことを悪く思っていない親方やその弟子たち。 川に流れてしまうなど、ぐしゃくしゃになってしまったわけではないですし、誰かしらこの手紙を拾うことになりそうです。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!.

次の