エスティマ 重量 税。 廃車時の【重量税の還付金】月割りはいくら??一覧表あり

トヨタ エスティマ の税金と保険

エスティマ 重量 税

年間走行距離/型式(実燃費) AHR20W(12. 546円~55. 911円 44. 071円~73. 452円 5000km~10000km以下 55. 911円~111. 821円 73. 452円~146. 905円 10000km~15000km以下 111. 821円~167. 732円 146. 905円~220. また、実燃費やハイブリッド車か否かでも費用に差が出ています。 年間走行距離15000kmで、AHR20W・ACR55Wの費用の差は 5万円以上となっていますね。 エスティマの維持費には、納付しなければいけない税金もあります。 エスティマの税金は2種類となります。 自動車税• 自動車重量税 こちらでは、エスティマにかかる各税金を解説しましょう。 エスティマの自動車税 自動車税は、エスティマ所有者に課税される 都道府県の普通税です。 エスティマおよびエスティマ・ハイブリッドの場合、排気量2400ccなので1年間の自動車税額は 45,000円です。 ただし、エスティマ・ハイブリッドの場合、 エコカー減税対象車となります。 エコカー減税とは、 環境性能に優れた自動車の税金優遇措置です。 適用されれば、購入の翌年度の自動車税が安くなります。 ただし、2019年3月31日までに、エスティマ・ハイブリッドを購入していることが条件です。 エスティマの自動車重量税 自動車重量税は、エスティマの 重量で課税額が決定される税金です。 エスティマ・ハイブリッドの車両重量は、1,930~2,020kgなので 16,400円または20. 500円(1年分)になります。 一方、エスティマの車両重量は1,800~1,870kgなので重量税額16,400円(1年分)です。 税金の合計エスティマ・ハイブリッド(AHR20W)・エスティマ(ACR55W)の税金の合計額は下表の通りです。 (例)• エスティマ・ハイブリッド:車両重量2,000kg以下• エコカー減税:あり エコカー減税が適用されると、自動車重量税は初年度から適用されます。 車検は、エスティマを公道で安全に走行するため、 ドライバーへ義務付けられた自動車の検査です。 なお、法定費用には• 自動車重量税• 自賠責保険料• 印紙代 があります。 こちらでは、エスティマの法定費用、車検基本料を解説しましょう。 法定費用(自動車重量税) 自動車重量税は、法定された基準に従い納付する必要があります。 車検の際、 自動車重量税2年分を納付します。 エコカー減税無しの場合は、この税金だけで 32,800円もかかるので注意しましょう。 なお、エコカー減税有りのエスティマ・ハイブリッドの場合は、車検時は 20,000円の重量税を支払います。 法定費用(自賠責保険) 公道を運転するドライバーが加入しなければいけない保険もあります。 それが 「自賠責保険」です。 この自賠責保険に加入しなければ、 公道を走行することは禁じられてしまうので注意しましょう。 ドライバーは自賠責保険の残りの保険期間をチェックして、更新継続をしなければいけないですよね。 自賠責保険料については、こちらを参照してください。 保険期間 保険料 12ヶ月 15,520円 13ヶ月 16,380円 24ヶ月 25,830円 36ヶ月 35,950円 37ヶ月 36,780円 保険期間をより長く契約すれば、毎月の保険料はその分安くなりますね。 しかし、 車検の時期に合わせ保険期間を設定した方が、保険加入を忘れることがないので安心です。 法定費用(印紙代) 印紙代とは車検時、前述した自動車重量税・ 自賠責保険料と一緒に納める手数料です。 この印紙代は一律の代金ではなく、車両区分等によって 約1,000円~1,800円と違いがあります。 なお、次の法定費用の事例では、印紙代1,200円(指定工場料金)として算定してみます。 法定費用を合計してみるとこちらでは、前述の3つの費用の合計金額を、エコカー減税有り・無しの場合で計算してみましょう。 (例)• エスティマ・ハイブリッド(AHR20W)• 自賠責保険:24ヶ月• 車検場:指定工場 法定費用 エコカー減税有り エコカー減税無し 自動車重量税 20,000円 32,800円 自賠責保険料 25,830円 25,830円 印紙代 1,200円 1,200円 合計 47,030円 59,830円 エコカー減税が適用されれば、 約1. 2万円も法定費用が抑えられますよね。 車検基本料 こちらの料金は、車検業者が点検・整備を行うときの費用です。 各車検業者で料金設定を自由に行うことができます。 その中でも、ディーラー車検が最も高く一般的に 50,000円以上かかります。 その他、整備工場へ車両を持ち込んで行う民間車検の場合、基本料金は 18,000円程度とリーズナブルです。 事例をあげ、前述した法定費用と合わせてみましょう。 (例)• エスティマ・ハイブリッド(AHR20W)• エコカー減税:あり.

次の

13年超えの車の自動車税・重量税は値上げ【増税額早見表あり】

エスティマ 重量 税

新規登録から13年超えの自動車は『約15%増税』になる 環境に優しい自動車に乗ろうというコンセプトから、平成26年に税制が改正された。 平成27年4月1日を迎えた時点で新車登録から13年を越えている場合、自動車にかかる税金が以下の通り高くなる。 軽自動車13年未満は10,800円だが13年経過だと12,900円• 1,000cc未満の乗用車13年未満は29,500円だが13年経過だと34,000円• 1,000以上1,500cc未満の乗用車13年未満は34,500円だが13年経過だと40,000円 軽自動車は20パーセント、それ以外では15パーセント増税される。 日本の自動車税は諸外国よりも高めに設定されており、長く所有することで負担が増えてしまうのだ。 自家用乗用車 普通車 の自動車税早見表(年額) 区分 通常の税額 エコカー減税適用前 総排気量1リットル以下 29,500円 総排気量1リットル超 1. 5リットル以下 34,500円 総排気量1. 5リットル超 2リットル以下 39,500円 総排気量2リットル超 2. 5リットル以下 45,000円 総排気量2. 5リットル超 3リットル以下 51,000円 総排気量3リットル超 3. 5リットル以下 58,000円 総排気量3. 5リットル超 4リットル以下 66,500円 総排気量4リットル超 4. 5リットル以下 76,500円 総排気量4. 5リットル超 6リットル以下 88,000円 総排気量6リットル超 111,000円 乗用自家用車 軽自動車 の自動車税早見表(年額) 区分 通常の税額 エコカー減税適用前 乗用 5ナンバー の 自家用 10,800円 乗用 5ナンバー の 業務用 6,900円 貨物 4ナンバー の 自家用 5,000円 貨物 4ナンバー の 業務用 3,800円 4ナンバー 貨物自動車 の自動車税早見表(年額) 区分 通常の税額 エコカー減税適用前 総排気量1リットル以下 29,500円 総排気量1リットル超 1. 5リットル以下 34,500円 総排気量1. 5リットル超 2リットル以下 39,500円 総排気量2リットル超 2. 5リットル以下 45,000円 総排気量2. 5リットル超 3リットル以下 51,000円 総排気量3リットル超 3. 5リットル以下 58,000円 総排気量3. 5リットル超 4リットル以下 66,500円 総排気量4リットル超 4. 5リットル以下 76,500円 総排気量4. 5リットル超 6リットル以下 88,000円 総排気量6リットル超 111,000円 13年以上又は18年以上経過した車は重量税も増税(2年毎) エコカー減税対象車ではない自動車が初度登録年月から13年以上又は18年以上経過すると、以下の通り重量税も増税される。 軽自動車13年未満は6,600円だが13年経過だと8,200円• 上記の場合で18年経過だと8,800円 軽自動車は20パーセント、それ以外では39パーセント増税される。 自動車税と合わせて考えると、負担がとても大きくなると言えるだろう。 乗用車は車両重量が重くなるほど、以下の通り重量税も大きくなってしまう。 5トンの場合13年未満は8,200円だが13年経過だと11,400円• 上記の場合で18年経過だと12,600円 税金の支払いが厳しいという人には、節税対策が必要だろう。 自家用乗用車(普通車)の自動車重量税早見表 普通乗用車(エコカー対象外車の重量税)初度登録年月〜18年経過 車両重量 初回車検(3年) 13年未満 13年経過 18年経過 0. 5t以下 12,300円 8,200円 11,400円 12,600円 〜1. 0t 24,600円 16,400円 22,800円 25,200円 〜1. 5t 36,900円 24,600円 34,200円 37,900円 〜2. 0t 49,600円 32,800円 45,600円 50,400円 〜2. 5t 61,500円 41,000円 57,000円 63,000円 〜3. 0t 73,800円 49,200円 68,400円 75,600円 乗用自家用車(軽自動車)の自動車重量税早見表 自家用軽自動車 初度登録年月〜18年経過 単位 初回車検(3年) 13年未満 13年経過 18年経過 1台 9,900円 6,600円 8,200円 8,800円 13年超えの車の自動車税を月割り納付について たとえば2. 0リットルのミニバンの場合、標準税額は年間39,500円となる。 13年経過すると自動車税が45,400円となり納税者の負担が大きくなるが、 一括ではなく分割で納税することも可能なのだ。 月割り納付については特に回数の決まりはなく、都道府県の税事務所に相談することになる。 もし年内に車検を控えている自動車であればそれまでに完納する必要があるため、滞納しないように注意しなければならない。 13年目の自家用乗用車(普通車)の自動車税計算方法 計算方法は13年経過の有無に関わらず、自動車税を12で割った金額が基本となる。 もし延滞金がある場合、基本金額にプラスする。 計算方法は滞納税額と延滞日数と延滞金利を掛けて365で割るが、延滞金利は毎年変動する。 4ナンバー(貨物自動車)の自動車税計算方法 乗用車の自動車税が15パーセントの増税であるのに対して、4ナンバー(貨物自動車)は10パーセントの増税となる。 この違いを考慮理解した上で上記の計算方法を使うと、納めるべき自動車税が求められるだろう。 13年超えの車の自動車税月割り早見表 排気量1000cc以下 乗用車・自家用 4月 31,000円 5月 28,200円 6月 25,400円 7月 22,600円 8月 19,700円 9月 16,900円 10月 14,100円 11月 11,300円 12月 8,400円 1月 5,600円 2月 2,800円 排気量1000ccを超え1500cc以下 乗用車・自家用 4月 36,300円 5月 33,000円 6月 29,700円 7月 26,400円 8月 23,100円 9月 19,800円 10月 19,800円 11月 13,200円 12月 9,900円 1月 6,600円 2月 3,300円 排気量1500ccを超え2000cc以下 乗用車・自家用 4月 41,600円 5月 37,800円 6月 34,000円 7月 30,200円 8月 26,400円 9月 22,700円 10月 18,900円 11月 15,100円 12月 11,300円 1月 7,500円 2月 3,700円 排気量2000ccを超え2500cc以下 乗用車・自家用 4月 47,300円 5月 43,000円 6月 38,700円 7月 34,400円 8月 30,100円 9月 25,800円 10月 21,500円 11月 17,200円 12月 12,900円 1月 8,600円 2月 4,300円 排気量2500ccを超え3000cc以下 乗用車・自家用 4月 53,700円 5月 48,800円 6月 43,900円 7月 39,000円 8月 34,100円 9月 29,300円 10月 24,400円 11月 19,500円 12月 14,600円 1月 9,700円 2月 4,800円 ハイブリッドなどエコカー減税対象車は据え置き すべての自動車の自動車税が13年経過により増税されるわけではなく、ハイブリッド車などは金額が変わらない。 ハイブリッド車以外には、以下に挙げるものも13年経過しても金額はそのままとなる。 天然ガス自動車• メタノール自動車• 一般乗合バス• 被牽引車 これらの自動車は軽自動車や乗用車とは異なり特殊と言え、納めるべき税金は据え置きと覚えておけば良いだろう。 電気自動車かハイブリッド車であれば節税対策となるため、自動車の購入時に参考にしてみてはいかがだろうか。 環境に配慮した自動車を所有している場合、経済状況にも優しいと言えるだろう。 増税を死活問題と考えているなら、据え置きになるものを是非とも覚えておいてほしい。 そもそもなぜ自動車税が13年目から増税になるのか? 13年目から増税となる理由は、環境に負荷の少ない自動車に乗ろうという狙いがあるためだ。 自動車のグリーン化税制というものにより環境負荷の少ない燃費の良い自動車は評価され、自動車税が安くなるなどのメリットがあるのだ。 また経済情勢などを考慮して、消費者に今現在の古い自動車を手放すように促しているという見方もできる。 エコカー減税や補助金などの制度を導入して新車の購入量を増やし、自動車業界を盛り上げようとしているのだろう。 13年目はどの時期で判断するのか?普通車と軽自動車で異なる どの時期で判断するかについては、法律で決まっている。 普通車と軽自動車で内容が異なり、それぞれ以下の通りだ。 普通自動車は初度登録年月から12年11ヶ月経過後以降に車検を受けた時点• 軽自動車は初度検査年から13年を経過した年の12月以降に車検を受けた時点 自動車が初めて登録と検査を受けた年月を、初度登録年月と言う。 初度登録年月がいつかチェックしたい場合、車検証を見ればわかる。 記載されている年月から13年経過しているかをチェックし、判断すれば良いだろう。 たとえば仮に平成17年6月に初度登録をした場合、以下の通りになる。 普通車は平成30年5月1日• 軽自動車は平成30年12月1日 車検証は大切に保管し、失くさないようにしてほしい。 税金が上がる前に買い替えないと損をする可能性大 自動車などの大きな買い物をした場合、税金の上がるタイミングが気になる人もいるだろう。 ニュースなどを見て税金が上がってしまうことがわかっているのであれば、そのタイミングで買い換えてみてはいかがだろうか。 13年経過の古い自動車は所有するだけで自動車税というコストが増えるため、経済的に余裕がなければ処分することも1つの手だ。 そのために国は上記した通り様々な制度を整え、環境負荷の少ない自動車を増やそうとしている。 税金が上がる前に買い替えを行えば、損をする可能性を回避できるだろう。 反対に買い替えなければ、損をする可能性が大きくなるだろう。 メンテナンス費用が多額になるのであれば、それを新車の購入費に充ててみてほしい。 pickup service 車検切れ、故障した愛車を 必ず買取する「ハイシャル」 走行距離10万km以上の車、15年前の車や故障した車などは中古車市場では全く価値がない。 そのため買取業者やディーラで買い取ってもらうのはほぼ不可能だ。 それどころか 処分費用を請求されることもある。 しかし、ならそんな愛車でも買取が可能だ。 ハイシャルは海外に輸出やパーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出し、買取が可能なのだ。 想像以上の価格が付くこともある。 愛車がボロボロなのはわかっているが、少しでも高い値段で買い取ってほしいと思うなら、ハイシャルで査定をすべきだ。 カンタン20秒で無料依頼ができる。 ぜひ一度試すべきだ。

次の

13年経過した古い車は自動車税・重量税が割り増しに [税金] All About

エスティマ 重量 税

残りの 車検期間 重量税 残りの 車検期間 重量税 1ヶ月 683円 13ヶ月 8,883円 2ヶ月 1,366円 14ヶ月 9,566円 3ヶ月 2,050円 15ヶ月 10,250円 4ヶ月 2,733円 16ヶ月 10,933円 5ヶ月 3,416円 17ヶ月 11,616円 6ヶ月 4,100円 18ヶ月 12,300円 7ヶ月 4,783円 19ヶ月 12,983円 8ヶ月 5,466円 20ヶ月 13,666円 9ヶ月 6,150円 21ヶ月 14,350円 10ヶ月 6,833円 22ヶ月 15,033円 11ヶ月 7,516円 23ヶ月 15,716円 12ヶ月 8,200円 — — ~1. 5t 残りの 車検期間 重量税 残りの 車検期間 重量税 1ヶ月 1,025円 13ヶ月 13,325円 2ヶ月 2,050円 14ヶ月 14,350円 3ヶ月 3,075円 15ヶ月 15,375円 4ヶ月 4,100円 16ヶ月 16,400円 5ヶ月 5,125円 17ヶ月 17,425円 6ヶ月 6,150円 18ヶ月 18,450円 7ヶ月 7,175円 19ヶ月 19,475円 8ヶ月 8,200円 20ヶ月 20,500円 9ヶ月 9,225円 21ヶ月 21,525円 10ヶ月 10,250円 22ヶ月 22,550円 11ヶ月 11,275円 23ヶ月 23,575円 12ヶ月 12,300円 — — ~2t 残りの 車検期間 重量税 残りの 車検期間 重量税 1ヶ月 1,366円 13ヶ月 17,766円 2ヶ月 2,733円 14ヶ月 19,133円 3ヶ月 4,100円 15ヶ月 20,500円 4ヶ月 5,466円 16ヶ月 21,866円 5ヶ月 6,833円 17ヶ月 23,233円 6ヶ月 8,200円 18ヶ月 24,600円 7ヶ月 9,566円 19ヶ月 25,966円 8ヶ月 10,933円 20ヶ月 27,333円 9ヶ月 12,300円 21ヶ月 28,700円 10ヶ月 13,666円 22ヶ月 30,066円 11ヶ月 15,033円 23ヶ月 31,433円 12ヶ月 16,400円 — — ~2. 5t 残りの 車検期間 重量税 残りの 車検期間 重量税 1ヶ月 1,708円 13ヶ月 22,208円 2ヶ月 3,416円 14ヶ月 23,916円 3ヶ月 5,125円 15ヶ月 25,625円 4ヶ月 6,833円 16ヶ月 27,333円 5ヶ月 8,541円 17ヶ月 29,041円 6ヶ月 10,250円 18ヶ月 30,750円 7ヶ月 11,958円 19ヶ月 32,458円 8ヶ月 13,666円 20ヶ月 34,166円 9ヶ月 15,375円 21ヶ月 35,875円 10ヶ月 17,083円 22ヶ月 37,583円 11ヶ月 18,791円 23ヶ月 39,291円 12ヶ月 20,500円 — — ~3t 残りの 車検期間 重量税 残りの 車検期間 重量税 1ヶ月 2,050円 13ヶ月 26,650円 2ヶ月 4,100円 14ヶ月 28,700円 3ヶ月 6,150円 15ヶ月 30,750円 4ヶ月 8,200円 16ヶ月 32,800円 5ヶ月 10,250円 17ヶ月 34,850円 6ヶ月 12,300円 18ヶ月 36,900円 7ヶ月 14,350円 19ヶ月 38,950円 8ヶ月 16,400円 20ヶ月 41,000円 9ヶ月 18,450円 21ヶ月 43,050円 10ヶ月 20,500円 22ヶ月 45,100円 11ヶ月 22,550円 23ヶ月 47,150円 12ヶ月 24,600円 — — 還付金は計算式でも出せる 重量税の還付金は計算式でも出すことができます。 15日は切り捨て計算のため、このケースでは6ヶ月が車検残存期間になります。 2t車(エコカー減税対象外)であれば2年車検の重量税(12年経過まで)は24,600円です。 (早見表でも一致しています) このように1ヶ月当たりの金額を出して残月分を掛けることで還付金を算出できます。 エコカーの場合の還付金 エコカーの場合は重量税が減額されているので、 還付金も少なくなります。 例えば1. 2t車(エコカー)で新車登録時と3年後の車検が免税となる場合、購入から5年間は重量税がかかりません。 この5年間の期間に廃車手続きをしても重量税の還付金はありません。 (自動車税の残月分の還付金は受けられます) 5年以降はエコカーでも重量税がかかります。 2t車(エコカー)の場合 は2年車検で15,000円となります。 還付手続きの方法とは 重量税を返金してもらうには、廃車手続きの際に 「永久抹消手続き」と同時に「重量税還付手続き」を行うことで返金されます。 廃車手続きを依頼する業者に代行してもらいましょう。 返金までの期間は申請から2ヶ月~3ヶ月かかります。 車を解体してからでないと「永久抹消手続き」ができないため、少し期間が長くなります。 還付金の受け取りは郵便局受け取り、また指定口座入金となります。 まとめ• 重量税の還付金は車検残存期間分が返金される• 車両重量によって設定金額が異なる• 13年経過など 低年式車は還付金も増える• エコカー減税対象車は還付金も少なくなる 関連記事.

次の