立ち飲み。 【品川】立ち飲みするならここ!筆者おすすめのお店7選

一人立ち飲み屋でのルール・心得を把握しよう!

立ち飲み

立ち飲み居酒屋。 東京の各沿線、駅の周辺にある居酒屋。 情報誌でも特集を組まれるぐらい、立ち飲みといっても、 その種類は多いです。 ワインにこだわった立ちのみ、串焼にこだわった立ちのみ、店舗の規模も大型店といってもいいぐらい大きな 立ち飲みから、マスターが1人で営業している8人も入れば満席になる立ち飲みまでたくさんある。 飲食業で独立を考えているひとで、立ち飲みで開業するメリットとしては、開業資金が小資本でできるという点が上げられます。 立ち飲みなので、店舗の面積も一般の飲食店と比較して、狭くすむ。 その分、店舗取得費、家賃が安い。 イスが入らないので、イスの購入費用がかからない。 提供するメニューによって、厨房器具の購入費用も安くなる。 店の規模によっては、経営者1人でもできる仕組みにすれば、バイトの求人費、人件費もかからない。 自己資金で飲食店をはじめたいという独立希望者の選択肢の一つになる業種です。 立ち飲み原価率 立ち飲みの原価率はいくらなのか。 飲食業の平均は30パーセント、というのは、あくまでも目安であって、 原価率を38パーセントぐらいに設定して、料理のお値打ち感で安定した集客と売上を作ることを経営コンセプトにしている 飲食フランチャイズもあります。 また、原価率を22パーセントと低く設定し、その分、人件費にお金をかけて、接客のよさで 売上をつくり、他店と差別化をはかっている飲食店もあります。 立ち飲みの場合、ドリンクメニューとフードメニューの2種類のメニューがあり、 原価率はそれぞれ違います。 ドリンクメニューの場合、特に生ビールの値段は、原価率よりも、他店との値段に合わせる、 その地域の相場にあった値段で提供している立ち飲みが多く、原価率は高めになります。 よほど、仕入れを大量にして、 コストを下げないと、原価率はほぼ50パーセントに近くなります。 逆に、フードメニューは、ロス率も考えて、 原価率を20パーセントに抑えて、フードメニューとドリンクメニューを合わせて、1人のお客さん平均で 30パーセントにしている立ち飲みが多いと思います。 ただ、人件費がかかっていないというメリットを利用して、 原価率を35パーセントぐらい使い、メニューにお値打ち感をだして、安定した集客ができるという考えで、 原価率を高くしている立ち飲みもあります。

次の

立ち飲みランキング「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」

立ち飲み

神戸立ち飲みラインアップ• まずは、元町からスタート! 一番の最寄り駅は阪急花隈駅になるのですが、JR元町駅からでも南西に5分ほどの「山田酒販(株)立呑処」へ。 1軒目 いわゆる角打ち! 酒屋経営だからこその魅力満載「山田酒販(株)立呑処(山田酒類販売)」 酒屋さんが店内に併設する立ち飲みを酒ツウ達は「角打ち(かくうち)」と呼びます。 こちら「 山田酒販(株)立呑処(山田酒類販売)」は、典型的な角打ち。 コンビニなどが増えたのと酒屋さんの高齢化で減りつつあるのが角打ちの現状です。 そんななか、こちらのお店は2016年5月に店内を改装。 以前より立ち飲みスペースを広げるという意欲あふれるお店です。 瓶ビールの大瓶が430円やサントリー角瓶がワンショット120円など、酒屋さんがやっていると言うことで、やはり安い。 もちろんフードもお手ごろ。 まずは、いわゆる赤星。 大好きなサッポロラガーの大瓶450円からスタート。 角打ちらしいメニューのひとつ「ホテイ やきとりうま辛味」280円。 もちろん温めて出してくれました。 缶詰や袋物のスナック菓子などをおつまみに食べることができるのもスタンダードな角打ちの特徴のひとつ。 ちょい濃いめで後からピリッとくるこの缶詰はビールとベストマッチ。 さらにこちらの名物メニューの「ハムカツ」120円と「アジフライ」130円。 さらに「きゅうりのゴマ油和え」100円と「なすの揚げ浸し」100円を。 なんとこれで450円! 安すぎますよね。 あっさり味のなすも、ゴマ油の風味が心地いいきゅうりもどれもおいしい。 ここであるドリンクメニューに気付いちゃいました。 「キンミヤ(60ml)」90円。 ホッピーの白190円と一緒に注文するとグラスと氷を用意してくれます。 キンミヤとホッピーを自分好みの濃度で作ります。 ホッピー1本で3杯ほど飲めてしまうので、飲むごとにキンミヤのみを追加。 ホッピーを注文したので、もうひとつの看板メニュー「牛スジ煮込み」300円を注文。 甘めに煮込んだスジ肉とコンニャクがゴロゴロな感じで入っていて、半熟玉子を絡めて食べると最高。 よく合っていました。 キンミヤのおかわり、「タカラ 焼酎ハイボール ドライ500ml」250円までいっちゃって2,100円。 最初から飛ばしすぎました。 2軒目 地元オヤジの憩いの場! 女性店主の立ち飲み「きりの台所」 2軒目は、足を東へ向けて三宮センター街へ。 1軒目から徒歩10分、鯉川筋から入ってすぐのあたり、2018年9月28日にできた立ち飲み「 きりの台所」が目的地です。 元町駅から徒歩3分ほどの好立地。 白が基調のスッキリとしたお店です。 15時ごろでしたが店内には、人生の先輩たちが楽しげに歓談中。 お気に入りの赤星の大瓶470円(税別)を注文したところ、店主のきりさんがビールをグラスに注いでくれました。 なんとこちらもハムカツが名物のよう。 「コロッケ」100円(税別)、「ハムカツ」200円(税別)、「アジフライ」200円(税別)を注文。 ハムカツは、粗挽き肉を成型したタイプのようで、肉厚でプチプチとした食感も楽しい。 これまで、いろいろハムカツを食べているけど、かなりハイレベル。 「ポテサラ」300円(税別)と「肉団子」200円(税別)を追加。 さらに「トマトチューハイ」390円(税別)でしめて2,160円(税込)。 女性店主だからか、なごやかな雰囲気。 ほかのお客さんも気さくに話しかけてくれるしアットホーム感たっぷりです。 3軒目 観光客でにぎわう! スタイリッシュな人気店「朝呑み 楽酒」 3軒目は、2軒目の並び。 歩いて1分もかからない場所にある「 朝呑み 楽酒」。 なんと、朝からガンガンにお酒が飲めるのです。 店内には、シビれるような「モーニングセット」の貼り紙。 税込み500円で、生ビール、らっきょ、冷奴、たまごかけご飯のワンコインセットです。 10:30までの限定とはいえ太っ腹。 ぜひ一度試してみたいです。 白を基調にしたスッキリした店内。 タイルなども使っておしゃれ。 そのせいか、女性のお客さんが多い。 この日は、外国の方も数名いました。 テーブル席に陣取って、まずは、「生ビール」250円(税別)。 正真正銘のプレモル。 アテとして注文したのは、「お造り3種盛り」580円(税別)。 よく見て欲しいのですが、かなりの厚切り。 サーモン、真鯛、カンパチのどれもが食べ応えも楽しく、味もバッチリ! 大葉の下に隠れて見えていませんが、付け合わせがケン(大根)じゃなくてワカメなのも嬉しい。 こちらの名物である「どて焼き」1本150円(税別)も注文。 カウンター内でグツグツと煮込まれているので、スピードメニューとしておすすめ。 コリッとした食感と甘めの味噌の組み合わせが最高です。 「冷やし煮あなご 一本」290円。 ふわっとしていて、添えられた山椒をほんの少し付けて食べると最高です。 「これは日本酒に合うなぁー!」と思ったので、日本酒を注文。 メニューを見て気になったので、「ひのきのます酒」280円を注文。 升で、しかもあふれさせてこの価格はうれしいですね。 さらに調子に乗っちゃって、「おでんの大根のポルチーニソース」360円(税別)を注文。 大根は時間がたっても熱々。 しかもダシがしっかりしみ込んでいますね。 後からポルチーニの風味がやって来ます。 なんと帰りに升をいただきました。 「無い時もありますけど、注文してくださった方にプレゼントしています!」とスタッフさん。 280円で、升までもらえるなんて! 2,300円のお支払いでした。 初心者や観光客におすすめのお店です。 同じ業態では三宮東店もあります。 3軒目から徒歩約3分の場所。 こちらは神戸中央卸売市場の場内業者の直営ということを生かした新鮮かつ格安なメニューが特徴。 さらにとんでもない価格のハッピーアワーメニューが! ということで、ハイボールのメガジョッキをオーダー。 なかなかのサイズ感です。 どのドリンクもリーズナブル。 激安な魚メニューで有名な店なので、まずは「まぐろ盛り」280円(税別)。 ドリップもなく、ねっとり感が楽しい赤身です。 「海鮮ユッケ」は、マグロを中心にハマチやシマアジも。 ゴマ油をアレンジしたタレは白ごはんが欲しくなります。 出された瞬間にイカの香りが素晴らしく、麺を食べるとイカの肝感がグイグイ来る「いかわた焼きそば」400円(税別)。 気になったので、思い切って地酒を注文。 仙介の特別純米 しぼりたて 生原酒の大700円(税別)。 もちろんなみなみと注いでくれました。 地酒も良いものがほどよく用意されています。 お酒を注文しちゃったので、「出し巻き玉子(ネギ入り)」を追加注文。 これで280円(税別)はお得! これで2,516円(税込)。 調子に乗って日本酒を注文しなければ1,662円でした。 ハッピーアワーということもありましたが、安い。 5軒目 JR高架下の多彩なメニューをそろえる海鮮居酒屋「KOBE海鮮酒場 Uo魚」 最後の5軒目は、4軒目から徒歩約4分のところにあるJRの高架下に2017年4月17日オープンした「 KOBE海鮮酒場 Uo魚」。 2階は着席スタイルで1階が立ち飲みになっています。 メニューが豊富なのもうれしいところ。 毎日、市場に買い付けに行くことから、新鮮かつ旬の魚介がお安く用意されています。 なので、日替わりのおすすめも大充実。 早い時間に訪問すると、店頭におすすめが並べられます。 スタートのアルコールは、レギュラーより30%増量されているというお得ジョッキ230円(税別)。 最近、見かけることが減った正統派の中ジョッキのプレモル。 そこに店頭で見つけた早い者勝ちの「本日のカマ焼き」380円(税別)。 珍しい石鯛のアラです。 しかも、見た目以上にしっかり身がありました。 さらに本日のおすすめメニューのひとつ「赤貝セット」480円。 お寿司2貫だけでこの値段でもおかしくないのに、肉厚なお造り3切れもついてます。 さらに「お造り3種盛」680円。 これは選ぶことができたので、下足炙り、いさぎ、はまちをチョイス。 どれもハズレなし。 ラストということでかなりお腹いっぱいでしたが、天ぷらの「れんこん」100円(税別)、「たこ」150円(税別)、「あぼかど」120円(税別)を注文したところ、「たこ」と「れんこん」は2個の価格で、残念な喜び。 魚介の店ということで、最後にがんばりすぎました。 この店では値の張る物を注文したので2,614円(税込)ということでしたが、曜日ごとにお得なドリンクを用意したり、揚げ物などはかなりリーズナブルなので、安く飲もうと思えばかなり倹約できそうですよ。 今回はお店の名物メニューなどを紹介したかったので、大盤振る舞いな飲み方をして5軒で10,000円以上使ってしまいましたが、生ビールはどこも400円以下だったし、おつまみもリーズナブル。 たとえば、4軒目の「立ち呑みさしみ屋 駅前 元町北店」のハッピーアワーであれば、出し巻き玉子280円(税別)に99円(税別)のハイボールを7杯飲んでも税込み1,000円でおつりが来る。 今回紹介した以外にも、神戸にはまだまだたくさん立ち飲みがあるので、みなさんにもいろいろ巡っていただきたいです。 高田 強/フードライター 関西エリアを中心に雑誌やwebで飲食店やフードトレンドについての記事を執筆。 現在は「関西ウォーカー」、「るるぶ大阪」、「おとなの週末」、「SKY WORD」、「関西・中国・四国じゃらん」などの雑誌、情報誌に寄稿。 約月1回ペースで10年以上出演している関西テレビ「ごきげんライフスタイル よ~いドン! 」のほか、同じく関西テレビの「ウラマヨ」、ABCテレビ「おはようコールABC」、「おはよう朝日です!」、「キャスト」などのテレビ番組にグルメ情報のナビゲーターとして出演。 毎年秋に発行される「関西ラーメンウォーカー」では、メインライターを務める。

次の

立ち飲み「とん両」昼型営業に 「お客さんに支えられて」

立ち飲み

沿革 [ ] 酒屋の店頭で小銭を支払いその場で立ったまま酒を飲む行為は、日本ではから一般的に行われていた。 時の(昭和18年)に酒類がになると、立ち飲みは一時消滅した。 しかし戦後、などで一部非合法に復活。 (昭和24年)の酒類販売自由化によって立ち飲み屋は合法的に再開した。 その後、立ち飲みは1960年代にピークを迎え、期になるとすたれた。 近年、昭和への趣味、をかねた営業戦略的な新規開業、また、長引く不況の中でも安価に利用できる飲食店として、利用者数や店舗数が増加している。 酒屋併設型 [ ] 代表的な立ち飲みの店は、酒の小売店としてのに併設された立ち飲みスペースのことである。 酒と(乾き物や、フライ)などを購入し、店の一角やレジカウンターの隅を借りるかたちで、店で買った酒やつまみを飲食する。 ではないので、店側はサービスできないのが基本であり、椅子を出せないので、立ち飲みとなる。 なお、客が勝手に店内のビールケースなどを持ってきて、古雑誌を座布団がわりに座る場合もある。 かつての酒屋併設型の立ち飲み屋は酒屋の入口とは別に設けられた。 これは、料理や酒を同一店内で提供しないことで、許認可が必要となる飲食店の形態を採らないための工夫である。 主に大都市の街や、周辺などにみられ、顧客はの者が多かった。 このような立ち飲み屋はにピークを迎え、単純肉体労働者の激減と嗜好変化により減少の一途をたどった。 酒屋で立ち飲みすることを「四角い升の角に口をつけて飲むこと」 から「(かくうち)」と呼ぶことがある。 上記のような背景から、は工場・炭鉱・港湾が多かった北九州地域に多く、角打ちという言葉の発祥地であるという説もある。 東北地方では「 もっきり」 、鳥取県から島根県の東部にかけては「 たちきゅう」と呼ばれている。 「立ったまま、きゅうっとやる」ことが語源といわれる。 その数は「昨今めっきり減った」 とされているが、発祥の地とされているでは、その文化が今でも脈々と続いており、ができる酒屋が150軒近く残っている。 (平成30年現在) 一方で、界隈などでは女性が一人で入れるお洒落な店構え、多国籍な客で賑わう空間など、従来のとはイメージが変わった新しいタイプの立ち飲み屋が人気である。 小規模飲食店 [ ] いわゆる「スタンド居酒屋」とか「立ち飲み屋」と呼ばれる店である。 多くは大都市のガード下などに分布しており、場所によっては駅の構内にも作られている。 店の構造は効率的に利用するための使い方を前提としており、基本的にはカウンターと厨房のみの店舗形態である。 店によっては壁にもカウンターを設けていたり、簡単なテーブルや椅子が設置されていたりする場合もある。 客はカウンターで注文を取り、その場で飲食する。 代金を商品と交換にその場で支払うが多いが、あらかじめ食券を買っておいてそれと交換する店舗や、普通の居酒屋と同じで伝票に控えておいて最後に支払いをする店舗もあるなど、さまざまである。 飲み物はと旧、、などがある。 最近は酒の品揃えに力を入れているところも出てきている。 つまみはや焼き物、、などの簡単な物が多いが、最近では結構手間をかけた物を置いているところもある。 顧客は会社帰りのやほとんどが「ちょっと一杯引っかけて」的な利用者が多く、客の回転も早い。 店も薄利多売の所が多く、値段も安い。 2013年現在では女性も気軽に入れるように工夫された店もあり、酒の種類やつまみも種々そろえるようになってきた。 さらに、洋酒立ち飲みも増えてきた。 ダークダックス [ ] 大阪では店内スペースの効率化のために、客に半身の姿勢をとって、できるだけ詰めて飲食するよう店から要請される。 居並ぶ客がそろって半身に構えるスタイルを(ダーク)と呼び、愛好者同士で揶揄しあう。 屋台型 [ ] 実質的な店舗を持たず特定の場所に小さな屋台を置き、鉄板などでホルモンなどを焼く立ち飲みスタイル。 大阪府西成区にある一部の立ち飲み屋台 では、行列が出来るほどの人気店がある。 立ち飲みの日 [ ] 数字の11が立ち飲みする人の姿に似ていることから、11月11日が「立ち飲みの日」としてに登録されている。 脚注 [ ]• 『』など。 『毎日新聞』朝刊2017年10月15日• 出身の小説家が昭和27年(1952年)に読売新聞で連載した小説「」(岩波書店)には『彼等の楽しみは、なにより、「角打ち」だ。 桝の角かどから、キュウッと、冷酒を一息に飲むことである。 』との記載がある。 「春秋」『』朝刊4月30日• ねとらぼ(ITmedia). 2018年2月6日閲覧。 ぐるなび. 2018年2月6日閲覧。 酒場ナビ 2017年7月30日. 2019年5月26日閲覧。 酒場ナビ 2018年3月30日. 2019年5月26日閲覧。 朝日新聞. 2011年11月11日. の2011年11月11日時点におけるアーカイブ。 2012年5月14日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の