ポケットwifi 注意点。 【解約金なし!】クラウドWifi東京の注意点2つとは?

エヌズカンパニーのポケットWiFiの特徴や注意点を徹底解説!

ポケットwifi 注意点

ポケットWiFiサービスを利用するとき、避けて通れないのが 端末選びです。 ポケットWiFiの端末って種類が多く、比較するのに時間がかかりますよね。 そこで今回は、 ポケットWiFiの端末を11種類徹底比較しました。 目的に合ったポケットWiFi端末を選ぶためのポイントについても解説していますので「効率的に最適な端末を選びたい」という方は、ぜひ参考にしてください。 *本来「ポケットWiFi」とはY! mobile社が提供するWiFiルーターの商品名のことですが、現在では持ち運びができるモバイルルーターのことを俗称として「ポケットWiFi」と呼んでいます。 本記事では、持ち運びができるWiFiルーターという意味で「ポケットWiFi」という言葉を使用しておりますので、ご了承ください。 モバイル回線のLTE• ネット回線のWiMAX の2種類です。 LTEとWiMAXは通信方法が異なりますので、通信速度や通信の安定性、対応エリアなども違います。 下記の表に簡単に特徴をまとめました。 LTE WiMAX 通信方法 LAN(local area network) WAN(wide area network) 通信の特徴 障害物に強く通信が安定している 障害物に弱いが通信は高速 通信範囲 非常に広い 広い LTEは通信の特徴から障害物に強いため 地方や山奥でネットを使う方に最適です。 一方WiMAXは高速な通信ができますので、 都市部に住んでいて、より速い通信を求める方に向いています。 回線により受けることのできるメリットが異なりますので、LTEにするのかWiMAXにするのか、きちんとチェックしましょう。 最高速度 契約前、事前にホームページなどで最高速度について確認しておくことも大切です。 一般的に端末が最新であればあるほど、最高速度は速くなります。 注意しておきたいのは、最高速度とは 「そのポケットWiFiで一番速い通信速度」=「ベストエフォート値」であるということ。 一般的な利用環境での速度は、最高速度よりも遅くなりますので注意しましょう。 Massive MIMO• 5CA などの機能が搭載されている場合があり、より便利に使用することができるようになっています。 海外対応かどうか 旅行や出張で海外に行く方にとっては、海外での使用にも対応しているかどうかも、大切なポイントです。 海外に対応している端末でないと、海外に持って行っても使うことができないからです。 国内でしか使えない場合、海外に行く際は別途対応しているポケットWiFiをレンタルしなければいけません。 例えば海外で使えるポケットWiFi端末には ポケットWiFi端末のスペック欄には「連続通信時間」という項目がありますので、これを確認すると「連続使用でどれくらい電池が持つか」を知ることができますよ。 例えば「Speed Wi-Fi NEXT W06」と「FS030W」では、 バッテリーの持ち時間におよそ2倍の差があります。 機種名 連続通信時間 FS030W 20時間 Speed Wi-Fi NEXT W06 10時間40分 バッテリーの持ち時間は、ポケットWiFi端末の満足度にも大きく影響しますので、しっかり調べておくようにしましょう。 サイズや重量は? 端末のサイズや重量をチェックすることも重要です。 ポケットWiFi端末はだいたい100g〜200g前後ですが、たかが100gでも長く持っているとその差は大きいです。 また、端末の形は横長のものや縦長のものなど、フォルムも違いますので見逃さずに確認しましょう。 ポケットWiFi端末11種類を比較! ここでは、ポケットWiFi端末を11種類比較しました。 冒頭でも書きましたが結論から申し上げると、おすすめは目的に合わせて下記の通りです。 Speed WiFi NEXT W06• Speed WiFi NEXT WX06• Speed WiFi NEXT W05• Speed WiFi NEXT WX05• Speed WiFi NEXT W04 について比較します。 それぞれのスペックは下記の表にまとめました。 端末名 取り扱い プロバイダ (一例) 最高通信速度 バッテリー の持ち サイズ重量 その他特徴 Speed WiFi NEXT W06 UQ WiMAX BroadWiMAX GMOとくとくBB au DTIモバイル 下り最大1. 2Gbps 約540分 約125g 通信速度はWiMAXの中で最速 Speed WiFi NEXT WX06 UQ WiMAX BroadWiMAX GMOとくとくBB 下り最大 440Mbps 約690分 約127g 2. 4GHzと5GHzの同時使用可能 Speed WiFi NEXT W05 UQ WiMAX GMOとくとくBB au FUJI Wifi 下り最大 758Mbps 約540分 約131g 色は「ブラックライム」と「ホワイトシルバー」 Speed WiFi NEXT WX05 UQ WiMAX GMOとくとくBB DTIモバイル 下り最大 440Mbps 約690分 約127g WiMAXハイパワーに対応 Speed WiFi NEXT W04 UQ WiMAX FUJI Wifi 下り最大 758Mbps 約540分 約140g 色は「グリーン」と「ホワイト」 *バッテリーの持ち時間はノーマルモードでの時間 それでは、それぞれの特徴を一つ一つ解説していきます。 Speed WiFi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W06はWiMAXの最新機種です。 (2020年2月現在) USBケーブルを使ったテザリングにも対応しています。 速度は 下り最大1. 2Gbps・上り最大75Mbpsと非常に高速。 いままで繋がりにくかった場所でも、電波を確実にキャッチし快適に利用できるでしょう。 連続通信時間は約540分と約9時間使うことができます。 通常使用で約9時間充電なしで使用できるので、外出先での使用も安心して使うことが可能です。 Speed WiFi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT WX06は、2. バンドステアリング機能が搭載されており、速度も下り最大440Mbpsとなっています。 バンドステアリング機能とは、2. 4GHz帯と5GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分けてくれる機能のことです。 また、利用時は 標準カメラでQRコードを読み取るだけで簡単にWi-Fiへの接続ができます。 Speed WiFi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT W05は薄型のフォルムとスポーティなカラーが特徴の、デザイン性の高いモデルです。 速度は下り最大758Mbps・上り最大112. 5Mbpsで快適に使用できるでしょう。 連続通信時間は標準で約540分。 さらに、 利用しているWi-Fiルーターの接続情報をコピーする機能があるので、面倒な再設定も必要ありません。 Speed WiFi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT WX05は、WiMAXハイパワーに対応しています。 WiMAXハイパワーとは、電波が弱いエリアにおいて、基地局と端末の通信を強化する機能のことです。 通信速度は下り最大440Mbps・上り最大75Mbps。 連続通信時間はハイスピードモードのスタンダードモードで約660分可能、ハイスピードプラスエリアモードのスタンダードモードで約600分と長いです。 また、 利用通信状況を端末で確認することができますので、使い過ぎを防ぐこともできるでしょう。 Speed WiFi NEXT W04 Speed Wi-Fi NEXT W04は、 縦長のスティックデザインで持ちやすく片手で操作することができます。 通信速度は下り最大758Mbps・上り最大37. 5Mbps。 連続通信時間はハイスピードモードのノーマルモードで約540分と、W05やW06と同じくらい持ちが良い端末となっています。 mobileのポケットWiFi端末3種類 ここではY! mobileのポケットWiFi端末について以下の3種類をご紹介していきます。 Pocket WiFi 803ZT• Pocket WiFi 801HW• Pocket WiFi701UC 端末名 取り扱い プロバイダ 最高通信 速度 バッテリーの持ち サイズ重量 その他特徴 Pocket WiFi 803ZT Y! mobile 下り最大988Mbps 約720分 約153g 3,000mAhの大容量バッテリー Pocket WiFi 801HW Y! mobile 下り最大972Mbps 約480分 約145g Rコードを利用して接続が可能 Pocket WiFi 701UC Y! mobile 下り最大 72Mbps 約1080分 約240g 海外でも使用可能 それでは、それぞれの特徴を確認していきましょう。 Pocket WiFi 803ZT Pocket Wi-Fi 803ZTは、 5CAという技術に対応してポケットWiFi端末です。 5CAとは5つの周波数帯を1つに束ねる技術のことで、通信速度がさらに高速になります。 また、5Gの有力技術Massive MIMOに対応しており、混雑エリアでも快適に通信が可能。 連続通信時間は最大720分ですので、充電を気にせず外出先でも使うことができるでしょう。 Pocket WiFi 801HW Pocket WiFi 801HWは、接続台数は最大16台可能と高スペックのモデル。 5CAにも対応しておりハイスピードで快適に利用することができます。 連続通信時間は約600分可能となり、電池持ちも十分なので外出の際にも安心できるでしょう。 通信速度は下り最大972Mbps・上り最大37Mbps。 PCやタブレット、スマホなどの同時利用も途切れることなく快適に利用することができます。 Pocket WiFi 701UC Pocket Wi-Fi 701UCは、国内だけでなく海外でも利用でき、 ワンタッチのみで海外利用への切り替えができます。 通信速度は下り最大72Mbps・上り最大37Mbps。 通信速度は他の端末に比べて遅いですが連続通信時間は1080分となっており、海外での使用に向いています。 マルチデバイスに対応していますので、スマホだけでなくゲーム機などにも接続が可能です。 その他のポケットWiFi端末3種類 ここでは、さらに以下の3つのポケットWiFi端末について比較してみます。 GlocalMe G3• FS030W• D1 端末名 取り扱い プロバイダ (一例) 最高通信 速度 バッテリーの持ち サイズ重量 その他特徴 GlocalMe G3 FUJI Wifi Wi-Ho! 下り最大150Mbps 約900分 約240g 海外でも使用可能 FS030W FUJI Wifi 下り最大150Mbps 約1200分 約128g 2016年発売 D1 どんなときもWiFi 下り最大150Mbps 約720分 約151g 色は「グレー」と「ゴールド」 GlocalMe G3 GlocalMeは 世界140以上の国と地域で、フリーローミングで使えるモバイルWi-Fiルーター。 使える範囲も広く、海外でも使える定番ポケットWiFiとして知られています。 通信速度は下り最大150Mbps・上り最大50Mbps。 連続通信時間は約900分と15時間ほど連続して使うことも可能です。 同時に5台接続することもできますので、旅行先でも快適に使うことができるでしょう。 FS030W FS030Wは、正方形の形が特徴的なポケットWiFi端末です。 通信速度は下り最大150Mbps・上り最大50Mbps。 連続通信時間も20時間と非常に長いため、旅行でも仕事での使用もストレスなく使用できるでしょう。 APNの自動設定でパスワードなしでアクセスできるため、手間のかかる設定は不要で、購入後すぐに利用できます。 D1 D1は現在、どんなときもWiFiのみで取り扱っているポケットWiFi端末です。 ツノのようなストラップホールが特徴で、ルーター端末にしては珍しく、ストラップをつけることもできます。 通信速度は下り最大150Mbpsと標準的で、ボタンも電源ボタンとリセットボタンのみ。 D1は、 シンプルなポケットWiFi端末を選びたい方におすすめです。 ポケットWiFi端末を比較する時の注意点 ポケットWiFi端末を比較するとき、実は注意しておかないと損をしてしまう可能性もあります。 今回ご紹介する注意点は以下の3つ。 料金はプロバイダによって異なる• 契約の縛りがある場合も• 契約時に端末が選べない場合もある ここでは、ポケットWiFi端末の意外な落とし穴をみていきましょう。 料金はプロバイダによって異なる 実際に支払う料金は、ポケットWiFiの端末を取り扱うプロバイダによって異なります。 同じ端末を販売・レンタルしていても、利用するプランなどによって料金が異なるからです。 例えばWiMAXの最新端末「W06」は、同じ無制限プランにしても UQ WiNAXなら月額3,880円、Broad WiNAXなら月額2,726円となっています。 端末の候補をある程度まで絞ったら、料金などはプロバイダ同士を比較するようにしましょう。 契約の縛りがある場合も ポケットWiFiの比較で忘れてはいけないのは、契約期間の縛りです。 プロバイダによっては、2年間契約をしなければならず、契約満期前に解約すると解約金を払わなければいけない場合も。 例えばどんなときもWiFiは月額3,480円でデータ無制限と非常にお得ですが、 2年間の契約の縛りがあり2年を待たずに解約すると最大19,000円の解約手数料がかかります。 ポケットWiFiを比較する際は、契約の縛りもきちんと確認しましょう。 契約時に端末が選べない場合もある 豊富な端末を扱っているプロバイダでも、端末が選べるとは限りません。 同じプロバイダでもプランによって端末が選べるものと、そうでないものがある場合もあります。 せっかく端末を選んでも、いざ申し込んだら目当ての端末が選べなかった…なんて事態になったら残念ですよね。 ポケットWiFi端末を選んだら、端末を利用できるプロバイダと契約をすることが大切です。 無制限で使えるおすすめプランは? 無制限プランをお探しなら、がおすすめです。 FUJI Wifiの「快適!クラウドプラン」では月々3,980円で3日で10GBなどという宣言もありません。 回線もトリプルキャリアに対応で、速度や安定性も快適です。 パソコンでも使えるポケットWiFiを選ぶには? パソコンに繋ぐポケットWiFiは無制限プランを選びましょう。 パソコンはデータを大量に消費するため、データ制限があると使い勝手が悪くなってしまいます。 ポケットWiFiの端末が故障したらどうなりますか? 安心パックなどに加入している場合は、無料で修理を行ってくれる場合もあります。 詳しくは契約しているプロバイダに確認してみましょう。 ポケットWiFiのキャンペーンにはどのようなものがありますか? ポケットWiFiのキャンペーンには、キャッシュバックや月額料金割引などさまざまあります。 利用制限を超えたらどうなりますか? 制限ありのプランの場合は、速度制限がかかります。 速度制限がかかると、Webページの閲覧などはできますが動画のスムーズな閲覧は難しくなるでしょう。 ポケットWiFiは端末とプロバイダのセットで比較しよう 最後に本記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

次の

【2020年7月最新】LTE無制限のポケットWiFi料金比較ランキング、月額最安はどこ?注意点や契約期間も合わせてチェック

ポケットwifi 注意点

ポケットwifiの一覧と在庫情報 主なポケットwifiの一覧と在庫状況は以下の通りです。 製品名 在庫状況 月額・容量 通常発送 2,880円〜 無制限 通常発送 3,250円 無制限 通常発送 3,250円 150GB 発送遅延 3,480円 無制限 不定期補充 3,900円 100GB どんなときもwifi 停止中 3,480円 無制限 ゼウスwifi 停止中 2,980円〜 無制限 クラウドwifi 停止中 3,380円 無制限 限界突破wifi 停止中 3,500円 無制限 MUGEN wifi 停止中 3,280円 無制限 ギガゴリwifi 停止中 3,460円 無制限 上記のうち、 現状で発送の遅延がないものは、 どこよりもwifi、 ギガwifi、 それがだいじwifiです。 THEwifiは発送遅延が続いている状況、FUJIwifiは在庫の補充が不定期な状況となっています。 ポケットwifiの選び方と注意点 ポケットwifiを選ぶ際のポイントは以下の5つです。 在庫があるか? 当然、在庫がなければすぐに手に入りません。 現状在庫がある製品の中で、最も良い条件のものを選びましょう。 通信速度や回線は安定しているか? wifiを申し込んでも 速度が極端に遅かったり、回線が不安定だと使い物になりません。 実際の速度や回線が安定しているか等は、口コミ等である程度は参考になる情報が見れますのでなるべくチェックしましょう。 通信容量の上限は? 公式サイトでは無制限と言っている製品でも、 実際には100GB・150GBまでが上限というケースが多くあります。 口コミなどで本当の上限をチェックした上で申し込むのが良いでしょう。 月額はどうか? コスパに大きく関わってくるのが月額です。 安いに越したことはありませんが、 違約金とのバランスも重要になります。 契約期間と違約金は? 通常、契約期間の縛りは2年というケースが多いです。 違約金は各社で少し幅があります。 2年間使い切らない可能性がある場合は、 月額と同じくらい違約金も注意が必要です。 ポケットwifiのおすすめランキング 前述の注意点を踏まえ、現状で在庫があるポケットwifiでおすすめランキングを作成しています。 どこよりもwifiの悪い口コミや評判、デメリット フォロー外、失礼します。 どこよりもWiFiですが、300GBを越えると制限かかりますよ😅先月、そうなりました💦 — チャス chyas1118 どこよりもwifiは全体的には悪くないけど、やっぱり深夜になると少し速度落ちるかな。 オンラインゲームとかだと少し重く感じるかも。 — mati0964 mati0964 どんなときもwifiの新規申し込みを検討している方、月額キャンペーンやってるのはU2s端末だけで、U3端末は普通の月額だからご注意を。 — samk samk83688875 \今だけ月額割引キャンペーン/ どこよりもwifiの口コミや評判、メリット・デメリットのまとめ どこよりもwifiの口コミや評判、メリット・デメリットをまとめると以下の通りです。 良い口コミ・評判、メリットとして、速度が 比較的安定している点があります。 ポケットwifiの需要が増えている中、テレワークなどで安定して使えるのは良い点です。 また、 違約金が9,500円であり、比較的安い点もメリットです。 実際には2年使い切らないケースも多く予想されますが、その際の違約金が安いのは大きな利点です。 悪い口コミ・評判、デメリットとしてはまず、 容量の上限は300GBである可能性がある点です。 やはり無制限の表記でも、実際には制限があるのが一般的であり、どこよりもwifiは300GBのようです。 ただし、他社では100GBや150GB程度で速度制限がかかるポケットwifiが多い中、 200GB以上使えるのは悪くない方と言えそうです。 また、どこよりもwifiでも他の製品と同様、 回線が混雑する時間帯は速度が落ちる可能性があるので注意が必要です。 その他に、 月額が安くなるキャンペーンはU2s端末のみであるため、この点も注意しましょう。 \今だけ月額割引キャンペーン/ どこよりもwifiと他社製品の比較 どこよりもwifiと、主な他社製品を比較すると以下の通りです。 製品名 どんなときもwifi 容量 無制限 300GB? 無制限 150GB? 無制限 100GB? 月額 2,880円 -6ヶ月 3,380円 7ヶ月- 3,250円 3,480円 -24ヶ月 3,980円 25ヶ月- 初回手数料 3,000円 3,000円 3,000円 契約期間 2年 2年 2年 違約金 9,500円 19,800円 0~24ヶ月 10,450円 26ヶ月目〜 19,000円 0~12ヶ月 14,000円 12~24ヶ月 9,500円 26ヶ月目〜 やはり、 違約金の安さはかなりのメリットと言えます。 また、容量の上限が300GBだったとしても、 かなり好条件であることがわかります。 月額に関してもキャンペーン適用となるとかなり安くなるため、 期間中に申し込むのがおすすめとなります。 どこよりもwifiを検討している場合は、上記のような特徴があることを理解し申し込むようにしましょう。 \今だけ月額割引キャンペーン/.

次の

docomoのポケットWiFiの選び方と注意点!

ポケットwifi 注意点

『』のポケットWiFiは人気があるみたいだけど、WiFiの性能や実際の料金はどうなのか、他と比べて買うべきなのかどうか気になっていませんか。 結論から言うと、『GMOとくとくBB』でポケットWiFiを購入することは性能面でも価格面でも、最もおすすめと言えます。 しかしながら、割引キャンペーン(キャッシュバック)で簡単ですが気をつけないといけない手順があり、 何も考えずに申し込んでしまうと逆に高くついてしまいます。 このページでは、上記について、長年の通信端末の販売経験から、下記4点をお伝えします。 全て読めば、あなたがどのプロバイダでポケットWiFiを買うべきなのかがわかり、後悔ない最善の選択をすることができるでしょう! 1. 『GMOとくとくBB 』が人気な最大の理由 『GMOとくとくBB 』は、lollipopやGMOクリック証券で有名な、東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しています。 プロバイダ提供10年以上の実績のある会社です。 後述しますが気をつけるべきポイントはいくつかあるものの、WiMAX搭載のポケットWiFiを扱うプロバイダでは最も人気が高く、売上台数もNo. 1です。 なぜ人気なのか、唯一の理由はとてもシンプルで、次の通りです。 最安値でWiMAXのポケットWiFiが使える とにかく、GMOの特徴は圧倒的な安さです。 口コミでも、「とにかく安い」という評判が見受けられました。 出典: 価格. com 選ぶプロバイダで WiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、 キャッシュバックを含めて 基本契約期間の3 年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 『GMOとくとくBB 』は実質費用が最も安い 下記の表では、2020年7月現在の情報で、プロバイダと機種の組合せで、安い順に上位8通りの実質費用を計算しました。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 なぜキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができるのです。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 月間の販売台数が最も多いため、WiMAX本家からの販売奨励金を圧倒的に貰っており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 参考: GMOではWiMAX系以外の端末は取り扱ってないの? 『GMOとくとくBB』ではWiMAX系のみを取り扱っています。 弊サイトの結論としては、WiMAX以外のポケットWiFiでおすすめできるものが現状ひとつもありません。 他の通信端末を検討している方がいれば、ドコモやワイモバイルといった他のポケットWiFiを徹底的に比較検討した『』をご覧下さい。 クレームが発生している落とし穴 『GMOとくとくBB』は安く優れたポケットWiFiが使えておすすめですが、キャッシュバック特典を受けるためには何点か注意が必要です。 何も知らずに申し込んでしまい、キャッシュバックを1円も受け取れないトラブルが発生しています。 出典: 価格. com 注意といってもいくつかの簡単な内容ですので、次章の注意点を確認しながら申し込めば確実にキャッシュバックを受け取り、安くポケットWiFiを使うことが可能です。 また、現在は『GMOとくとくBB』に限らず、ほぼ全てのプロバイダで同様の注意が必要ですので、他のプロバイダで購入する場合も必ず知っておきましょう。 キャッシュバックを確実に受け取るための全注意点 確実にキャッシュバックを受け取れるよう、申し込む前からそれぞれ時系列で注意点を整理しました。 申し込む前の注意点• 申し込み時の注意点• 申し込み後の注意点• 利用開始11ヶ月目の注意点 項目が多いように見えるかもしれませんが、内容はいたって簡単です。 このページを見ながら申し込み、確実にキャッシュバックを受け取りましょう! 3-1. 申し込む前の注意点 下記に該当するとキャッシュバックがもらえない可能性があります。 同じ名義で過去に契約していないか(新規契約か)• 他のキャンペーンと併用はしていないか 過去GMOとくとくBBでWiMAXの利用がなく、公式ページから普通に申し込んでいれば大丈夫です。 3-2. 申し込み時の注意点 申し込み時の注意点はたった一つで、必ず公式ページからWeb経由で申し込むということです。 GMO公式ページ: 電話窓口や価格比較サイトからの申し込みだと、キャッシュバック金額が変わったり、解約金が変わってしまうことがあるようですので注意してください。 また、他のキャンペーンとは併用ができないことも注意してください。 3-3. 申し込み後の注意点 利用開始後に、下記に該当することをしてしまうと、キャッシュバックが受け取れません。 途中解約• 料金の滞納 どれも普通に使っていれば起き得ないことですので、気にすることはないでしょう。 念のため、それぞれをよくある事例を紹介しながら簡単に説明します。 途中解約 キャッシュバック適用メールが来るのは11ヶ月目ですが、受け取りまでに途中解約をしてしまうと、適用されず、1円も受け取ることができません。 料金の滞納 支払いを行わなかった月があると、適用されません。 3-4. 利用開始11ヶ月目の注意点 『GMOとくとくBB』では、利用開始後11ヶ月目に、下記の手続きを行う必要があります。 GMOのアドレスは付与されても使わない方が多く、見落としが発生しやすくなっており、結果として期限が過ぎても貰えない人が出てきています。 11ヶ月後にメールにログインすることを忘れないようにしましょう。 手続きを忘れないために 「忘れなきゃ大丈夫!」といっても、つい見過ごしてしまうものですね。 そこで、無料で指定した期日にメールを送ってくれる「」をオススメします。 日付を入れて完了! 手順 4 11ヶ月後、メールが届くのを待つだけ!こんなメールが来ます。 以上でキャッシュバックの注意点はすべてです。 出典: GMOとくとくBB 4. サポート体制について サポートが悪いという評判も多く、確かに良いとは言えないようです。 4-1. サポート体制基本情報• 電話:0570-045-109• Web:問い合わせフォームより 4-2. 実際にサポートは悪いのか? ユーザーとして、私自身の経験になりますが、下記の通り決してよいとは言えません。 電話対応について ・平日午後にかけると、3回に1回くらいしか繋がらない ・待機時間が長い このような口コミがありました。 出典: 価格. com しかし、以前と比較して肯定的な口コミも増えてきているので、今後よりよいサポートになることは期待できるでしょう。 出典: 価格. com Webサポートについて ・Webからの問い合わせで放置されている件がある ・定型的な返信が多い 電話については担当によって言ってることが違うので、事務手続き関連はメールで必ず記録を残すようにしましょう。 ただ、そもそもポケットWiFiの設定自体は簡単なので、問い合わせ自体少ないことでしょう。 申し込みから使用開始、そして解約まで キャッシュバックの全手順を見て「これならいけそう!」と思った方は、契約プランや機種を決めて申し込みを行いましょう。 その際に必要な情報と、利用開始後・そして解約までの全手順を解説します。 利用可能エリアを確認する• プランを決める• 機種を決める• 公式ページから申し込む• 商品が到着後、使い始める• 解約する 紹介サイト経由だと解約金が高くなる場合があるため、公式ページからの申し込みをお勧めします。 自宅だけでなく、職場など頻繁にネットを使うところについても調べましょう。 5-2. プランを決める プランは「通常プラン3,609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,263円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 5-3. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 5-4. 公式ページから申し込む プラン(ギガ放題)と機種(W06)を決めたら公式ページから申し込みましょう。 GMO公式ページ: 電話窓口や価格比較サイトからの申し込みだと、キャッシュバック金額が変わったり、解約金が変わってしまうことがあるようですので注意してください。 念のため、ご確認ください。 5-5. 商品が届く&使う 申し込み後、即日発送で、早ければ翌日には使用開始できます。 使用するまでの設定も非常に簡単で、「箱を開けて、SIMカードを本体に刺して、電源を入れる」だけです。 (1)申し込みより3日前後で商品が届きます (2)同梱のSIMカードを本体にさしこみ、電源をいれる。 (これで端末の設定は終了) (3)Windows PCの場合、通信アイコンをクリック (4)同封されていたシールのセキュリティキーを入力(これでPC側の設定も完了!) (5)3分で完了!どこでもインターネットを楽しめます。 これで全ての設定が完了です。 とても簡単ですよね。 5-6. 解約する 解約の手続きは、『GMOとくとくBB 』会員専用ページ「 」で行うことができます。 もし 当月20日を越えて手続きをしてしまうと、翌月末まで解約することができないので注意しましょう。 出典:GMOとくとくBB 『GMOとくとくBB 』の契約期間は、契約起算月の翌月を1ヶ月目とした36カ月間です。 解約手続きは「 申し込みから20日以内」または「契約更新月の前月21日から当月20日の間」に行うと解約違約金が発生しません。 しかし、それ以外の期間に行うと、下記の通り解約違約金を請求されてしまうので注意してください。 解約までの契約期間 解約違約金 1~12ヵ月目 19,000円 13~24ヵ月目 14,000円 25ヵ月目~ 9,500円 もしあなたが解約を考えている場合は、 必ず手続きの前に「」で契約更新月を確認することをおすすめします。 また、WiMAXのサービス提供は、解約手続き完了後もすぐに停止されることはありません。 そのため、 誤って解約日を過ぎてサービスを利用してしまうと、追加で料金を請求されてしまう可能性があるので注意しましょう。 comなど紹介サイトを経由する場合など、それ以外の場合はご自身で契約内容を全てしっかり確認しましょう。 まとめ は、2020年7月の時点で確かに最も安くWiMAXのポケットWiFiを使用できるプロバイダです。 ただし、他のプロバイダと同じく、キャッシュバックを受け取るまでにいくつか注意点が必要ですので、このページを見ながら申し込みましょう。 この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい).

次の