スピードテスト ping 測定。 光回線の簡単!ワンクリック速度測定(スピードテスト)

スピードテストPingとJitterの遅延測定も可能!インターネット速度診断

スピードテスト ping 測定

一般的に、インターネットで Webサイトを閲覧するには、最低でも15Mbps以上あればストレスなく閲覧できます。 また、PCなど大きな画面で 動画を高画質再生(1,080p)する際は、10Mbps以上あれば問題ないでしょう。 インターネットの利用目的に応じた、適当な回線速度はこちらです。 利用目的 適当な回線速度 Webサイトの閲覧 15Mpbs(画像多め)~5Mbps(画像少なめ) 高画質動画の視聴(1,080p) 5Mpbs~10Mpbs 中画質動画の視聴(720p) 2. 5Mbps~5Mbps オンラインゲーム 2Mbps ゲームのダウンロード(30MB) 200Mbps:20分ほど 10Mbps:6時間超 ひかりTV 20Mbps Wi-Fiの接続帯域については、通信速度が遅い2. 4GHzと、通信速度が速い5GHzがありますが、その端末のWi-Fiが2. 4GHzの帯域に接続されている場合は、5GHz帯域に変えます。 ただ、5GHzは壁や床などの障害物に弱い特徴があるため、ご利用の環境に合わせて接続帯域を変えましょう。 Wi-Fi接続帯域 長所 短所 2. 4GHz 壁や床などの障害物に強く遠くまで電波が届きやすい 様々な端末に対応している あらゆる製品で使われるため混雑して不安定になりやすい(集合住宅では他の部屋の電波の影響をうけることもある) 5GHz 2. 4GHzに比べ 高速通信が可能 基本的にルーターのみで利用するため繋がりやすく安定している 壁や床などの障害物に弱く、距離が遠くなると繋がりにくい 旧世代の端末では5GHzに対応していない場合がある IPoE方式に対応しているプロバイダーには、以下のようなものがあります。 nifty. so-net. dmm. biglobe. 最後にあげられる原因は、 回線の問題です。 具体的には次のような原因が考えられます。 同じ光ファイバーを利用するユーザーの一斉利用 一般的な光回線のプランで、例えばファミリータイプの場合、1本の光ファイバーをNTT局内でスプリッタ(分岐装置)で4本に分け、それが住宅エリアに到達するとさらに8本に分けて通信しています。 つまり、1本の光ファイバーを32世帯で共有して利用します。 光回線の最大速度は1Gbpsですが、32世帯のユーザーが一斉にインターネットを利用すれば、1世帯あたり最大30Mbpsまで速度が落ちてしまいます。

次の

速度測定

スピードテスト ping 測定

いまや家庭用のインターネット回線でも、光回線を使うことが一般的です。 この記事では、Ping値の正体と、Ping値の測定方法や改善方法について お伝えします。 オンラインゲームでラグに困っている方はぜひ参考にしてください。 Ping値(応答速度)とは? ゲームやミーティングで使われる「Ping値」について確認をしていきましょう。 Pingとは? Pingとはなんでしょう? ピン、やピングと呼ばれますが、簡単にいうと、 ネットワークの世界で使われるツールのことをPingといいます。 Pingがどんなことをするツールかというと、 ・通信元から通信先に対してメッセージを流します。 ・通信先から通信元に対して、応答メッセージが返ってきます。 ・メッセージの往復時間を計測します。 メッセージの往復時間は、RTTやラウンドトリップタイムと呼ばれたりもしますが、 要は「Pingはメッセージの往復時間を測定するツール」だと思ってもらって問題ありません。 もう少し掘り下げてお話をすると、 PingはICMPという通信プロトコルを使用して、通信元から通信先に対してパケット(echo request)を流し、通信先からパケット(echo reply)を受け取り、ネットワークの到達性を確認します。 例えば、急にサイトにアクセスできなくなったなどの問題が発生した場合に、該当のサーバに対してPingを打ち、正常に応答が返ってくることでネットワークの疎通確認 をして問題の切り分けをしたりするのです。 Ping値・応答速度・msの意味は同じ? Pingの概要はおわかりいただけましたでしょうか? では「Ping値」とは一体なんでしょうか? Ping値とは・・・ ・通信元から通信先に対してメッセージを流して返ってきた応答速度のことをいいます。 応答速度とは・・・ ・モニター画面上の色の移り変わる速度を指したりもしますが、本記事ではメッセージの応答速度であるPing値のことを応答速度として表わします。 msとは・・・ ・Ping値(応答速度)の単位を指し「10ms」などといったように、ミリ秒(ms)単位で表します。 値が少なければ少ないほど応答速度が速いといえます。 もしPing値が大きいと次のようなことが起きてしまいます。 FPSなどのオンラインゲームの場合・・・ ・こちら側の攻撃が遅れて当たる。 ・相手側の動きがカクカクしたり、瞬間移動する。 ・サーバーとの通信が出来なくなり、プレイが中断される。 ・アイテムをとっても、反応が遅い。 Skype(音声通話)の場合・・・ ・音声が相手側に遅れて聞こえる。 Ping値が大きい、つまりは、応答速度が遅いとタイムラグが大きくなり上記のように快適な利用ができません。 リアルタイムに通信のやりとりをする場合は、Ping値が小さいとタイムラグが発生しないため快適に利用できるのです。 ただし、どちらか片方でもPing値が大きいとタイムラグが発生し、お互いの整合性がとれずに、処理の遅れなどが起こってしまいますので、双方のPing値が低いことが必要となってきます。 Ping値(応答速度)と同時に重要な速度 FPSなどのオンラインゲームや、音声通話を快適に利用するために必要な要素として、Ping値のほかに、ネットワーク回線の通信速度があげられます。 通信速度には上り(アップロード)と下り(ダウンロード)がありますが、 必要となるケースが多く重要なのは下り(ダウンロード)となります。 下記を使用するにあたって、下り(ダウンロード)は10Mbps~30Mbpsあれば問題ないでしょう。 上り(アップロード) ・メール送信 ・SNSへの画像や動画のアップロード 下り(ダウンロード) ・メール受信 ・SNSでの画像や動画のダウンロード ・音楽のストリーミング再生 ・FPSなどのオンラインゲーム なお、高画質動画(4K)のストリーミング再生では、30Mbps以上が必要な通信速度の目安となります。 Ping値(応答速度)の目安は? 下記を使用するにあたって、快適に使用できるPing値の目安は30ms程度となります。 LINEやSkypeなどのチャットツール ネットワークブラウザでのサイト閲覧 YoutubeやAmazonPrimeなどの動画再生 これらは、応答速度よりも安定した通信のやりとりが必要になってくるため、Ping値以上に「回線の安定性」が重要となってきます。 Ping値が重要となってくるのはオンラインゲームが代表的です。 オンラインゲームではジャンルによって必要となるPing値が変わってきます。 FPSなどのタイミングがシビアなジャンルは、Ping値が大きいとタイムラグが起きて快適なプレイができません。 FPSではPing値が重要な要素であるため、ゲーム内でPing値を確認できるタイトルも多くありますので、ぜひチェックしてみてください。 オンラインゲームでのPing値の目安は下記を参考にしてください。 また、その他スピードテストは「」で詳しく解説しています。 ゲーム以外のインターネット全般(動画やネットサーフィン)は上記でわかります。 Ping値(応答速度)のおすすめ測定サイト4選 Ping値のオススメ測定サイトを紹介します。 まずはWebブラウザで使用できるオススメサイトはこちらです。 SPEEDTEST SPEEDTESTはシンプルな画面操作でPing値を計測することが出来ます。 使いやすいためオススメです。 通信先サーバを選択することができるのも特徴のひとつです。 計測できる項目は下記となります。 SourceForge Speed Test SourceForge Speed Testは英語サイトとなりますので、最初は慣れが必要になるかもしれませんが、様々な項目が計測可能です。 SPEEDTESTよりも詳細な情報を知りたい場合は、オススメのサイトとなります。 計測できる項目は下記となります。 パケットロスとは、通信中にパケットが消失してしまうことを指します。 パケットロスの起こる頻度をパケット・ロス率といって、単位は回(Times)で表します。 値が少なければ少ないほど通信が安定しているといえます。 Jitter(ジッター)とは、通信の応答にかかる遅延時間(レイテンシ)の揺らぎを指します。 単位はミリ秒(ms)で表します。 Ping値にばらつきがあると通信が安定していないということになりますので、パケットロス同様に、値が少なければ少ないほど通信が安定しているといえます。 Bufferbloat(バッファ ブロート)とは、過剰な送信パケットにより生じる遅延を指します。 単位はミリ秒(ms)で表します。 値が大きいと、端末間のスループットが大きく低下し、通信品質が悪くなる要因となります。 Jitter(ジッター)同様に、値が少なければ少ないほど通信が安定しているといえます。 スマートフォンなどで使用できるオススメアプリはこちらです。 Speedtest. net GooglePlay AppleStore SPEEDTESTのアプリ版となります。 Webブラウザと同様にシンプルな操作性となっています。 また、サイトやアプリ以外でのPing値測定も可能です。 PC上で確認できますので参考にしてみてください。 コマンドプロンプトを起動します。 下記コマンドを入力し、enterボタンを押下します。 ping www. google. jp 3. Ping値を確認します。 もし見つからない場合は、メニュー右上の虫めがねアイコン(Spotlight検索)から検索することもできます。 ネットワークユーティリティを起動します。 Pingタブをクリックします。 PINGコマンドを送信するネットワークアドレスを入力してください。 の欄に「www. google. jp」と入力します。 送信回数の欄に「10」と入力します。 (デフォルト値) 5. Pingボタンをクリックします。 Ping値を確認します。 XXXms) Ping値(応答速度)の測定手順 「SPEEDTEST」を例にしてPing値の測定手順を解説します。 ブラウザから下記サイトにアクセスします。 GOボタンをクリックします。 下記の例では、Ping値が7ms、ダウンロードが23. 50Mbps、アップロードが23. 32Mbpsとなりました。 Ping値(応答速度)を改善する方法7選 Ping値を改善する方法を7つご紹介します。 上から順に試しやすい方法をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。 1.ルーター、モデム、端末本体の再起動 ルーター、モデム、PCなどの端末を再起動してみましょう。 通信速度に関わる設定がリセットされますので、Ping値が改善する場合があります。 2.無線LANから有線LANに変更 無線LAN接続は、ノイズの影響を受けやすい傾向があります。 通信の安定性や速度を求めるのであれば、無線LANから有線LANに変更することをオススメします。 3.無線LANの中継器や設置場所の変更 もし、宅内環境が無線LANしか使用できない場合は、無線LANの中継器を設置すると 電波強度が増しますので、Ping値が改善する場合があります。 また、無線LANルーターを適切な場所に設置することも重要です。 電子レンジなどの電子機器の近くに設置していると、ノイズの影響で通信に影響が出る場合があります。 古い無線LANルーターを使っていないかも合わせて確認しましょう。 もし、WiFiの通信規格が「IEEE802. 11b」だと最大で11Mbpsしか速度が出ないため、それ以上の性能がある無線LANルーターに交換しましょう。 4.使用時間帯の見直し 同じ宅内のネットワークで他の方が大量データをダウンロードしていたり すると通信が不安定になる場合があります。 また、マンションプランなどの契約をしている場合、回線の混雑状況によって通信速度が変わる場合がありますので、使用する時間帯を変更することもひとつの改善策となります。 5.回線業者とプロバイダーの変更 「auひかり」や「NURO光」などの光回線がオススメです。 最大通信速度はGbps単位で、Ping値も安定しています。 6.LANケーブルの交換 LANケーブルの通信規格が古い場合、通信速度に影響を与えている場合があります。 「Cat6a」や「Cat7」の高性能なLANケーブルを使用することをオススメします。 7.ゲーミング用の製品を使用する (モニター、ルーター) ゲーミング用の製品はPing値を考慮した製品が多く発売されています。 特にFPSなどのオンラインゲームでは、モニターの重要性が高いです。 BenQやASUS、IO-DATAなどから発売されているPing値(応答速度)が1ms以下のゲーミングモニターがオススメです。 下記は、BenQから発売されているe-sports専用のモニターとなります。 東芝からは、映像遅延時間が0. 83msに短縮されるゲームモードを搭載したテレビも発売されていますので、ぜひ参考にしてみてください。 東芝REGZA Z810X SERIES ゲーミング用のWiFi無線ルーターに交換することもオススメです。 次世代WiFi6(802. 11ax)の技術で通信速度は1000Mbps以上、タイムラグを減らすAiMesh機能を搭載していたりとオンラインゲームに特化したルーターがASUSから発売されています。 ASUS ゲーミングルーター まとめ ・FPSなどのオンラインゲームはPing値(応答速度)が重要です。 (快適に利用できる目安は10ms〜30ms) ・Ping値を測定して、現在の通信状況を知りましょう。 遅いようであれば、本記事の改善策を参考に環境を見直しましょう!.

次の

【Ping値】ネット回線の「応答速度(ms)」を測定する方法とスコアの目安は?おすすめの良レスポンス光回線など。

スピードテスト ping 測定

Privacy Policy This HTML5 Speedtest server is configured with telemetry enabled. What data we collect At the end of the test, the following data is collected and stored:• Test ID• Time of testing• Test results download and upload speed, ping and jitter• IP address• ISP information• Approximate location inferred from IP address, not GPS• User agent and browser locale• Test log contains no personal information How we use the data Data collected through this service is used to:• Allow sharing of test results sharable image for forums, etc. To improve the service offered to you for instance, to detect problems on our side No personal information is disclosed to third parties. Your consent By starting the test, you consent to the terms of this privacy policy. Data removal If you want to have your information deleted, you need to provide either the ID of the test or your IP address. Contact this email address for all deletion requests:. 下り速度とは インターネット上からデータをパソコン等の端末にダウンロードする際の通信速度。 下り速度の値が高いほどメール受信やWebサイト・動画サイトの視聴が快適になり、ソフトやファイルのダウンロード時間が短くなります。 上り・下りの記載が無く インターネット速度だけ書かれていた場合は下りを指す場合が多い。 上り速度とは パソコン等の端末からインターネット上へデータをアップロードする際の通信速度。 上り速度の値が高いほどメールやSNSのメッセージ送信、ブログに写真や動画をアップロードする際に掛かる時間が短くなります。 Ping(ピン)値とは サーバーからの応答速度のことです。 Ping値が低いほど応答速度が速いということになります。 Ping値が高いと ビデオ通話で遅れが発生したり、 オンラインゲームでラグが発生し快適に遊べなくなってしまいます。 同様にサーバーからの応答速度を表す言葉には レイテンシ、RTTなどがあります。 Jitter(ジッター)とは Pingの最大値と最小値のブレ幅のことです。 ブレ幅は小さい方が良いため、Jitterは低いほど安定した通信であることを示します。 Jitterの値が高いと ビデオ通話やオンラインゲームなどで音声や映像が乱れやすくなります。

次の