プチ 断食 方法。 断食効果は絶大だった!断食のメリットや方法を徹底解説!

プチ断食のデトックス効果がスゴい!4つの嬉しい効果とやり方

プチ 断食 方法

1日に食べ無い時間を作る 男性なら 14〜16時間、女性であれば 12〜14時間ほど1日に食べない時間を作ります。 これはトータルではなく 連続する時間です。 最初の1〜2週間は辛いと思いますが、そこを過ぎると身体が慣れていき、お腹が空かなくなって行きます。 面倒なカロリー制限をせずに時間の管理だけでできます。 ちなみに私の場合は、仕事のお昼が12時なので、12時〜21時までを食べる時間、21時から昼の12時までを食べない時間に設定しています。 簡単に言うと朝食は抜いて夜9時以降は何も食べないと言うことです。 食べていい時間は食事制限をしなくてもいいので、ケーキやお菓子などを食べてもOKです。 (とはいえ暴飲暴食はやめましょう) 食べない日を作る これは全く食べないのではなく低カロリーと普通の食事と1日おきに行うプチ断食です。 正直、この断食方法は辛いので、あまりお勧めはしません(笑)例えば今日は1日500カロリーの軽食にして、明日は2000カロリーを摂取というように、 低カロリーと高カロリーを交互に取る方法です。 お勧めは1日に食べない時間を作るプチ断食 これは先ほども説明した通り、時間の管理だけでカロリー計算はしなくていいし、継続して続けやすく身体も食欲を抑制してくので辛くなくなります。 改めて時間を見ていきます 男性14〜16時間 女性12〜14時間 食べない時間を作って行ってください。 ではこのプチ断食を行う事によりダイエット以外にどんな効果が現れるのかを詳しくみて行きましょう!きっと明日から始めたくなりますよ! プチ断食の7つ効果 1血液がサラサラになる ダイエット効果以外に身体に良い効果を表すプチ断食ですが、一つ目として血液がサラサラになる効果があります。 私もこのプチ断食を実戦しているのですが、始めた時は血管年齢も30代だったのですが、20歳まで戻りました!嘘のような本当の話です!プチ断食により中性脂肪や血糖値が低下した 血管や体内の油をいい状態にしてくれます。 2睡眠効果 プチ断食により 睡眠の質が上がります。 寝ている間に起きてしまう事ありませんか?夜に目が覚めてしまう事が減り、朝の目覚めもスッキリする効果もあります。 3老化防止 1日中食事をしていると、体内では1日中消化活動が行われます。 消化は物を溶かすわけですから、常にその状態が続いているという事は、体内への負担が大きいという事です。 それが続くと体内が炎症していきます。 消化活動時間を短くしてあげたほうが身体の負担は軽減される訳です。 プチ断食により食べない時間を作ると、 炎症が抑えられ老化も食い止められます。 1に3食は老化の元とも言われています。 4風邪を引かなくなる プチ断食をする事により、身体に適度なストレスがかかります。 そうすると身体は、それを補おうと頑張り活性化していきます。 活性化する事により 免疫が高まり風邪をひきにくくなると言われています。 5美肌効果 通販で高い化粧水や乳液を買って、ケアしている方に朗報!化粧品を使うよりもプチ断食をしたほうが、肌が綺麗になるという報告もあります。 先ほども説明しましたが、プチ断食により適度なストレスがかかるため、身体がいい状態を保とうと頑張り、 肌のコラーゲン量が増え保湿効果がアップします。 プチ断食は美容効果に適しています。 6頭が良くなる プチ断食をすると脳の神経の炎症が和らぐ効果が確認されています。 これはマウス実験によるものなんですが、プチ断食を行ったマウスは、 記憶力や学習能力が向上したという研究結果が出ています。 7メンタルの改善 脳の炎症を抑えるという事で、鬱病などは脳の炎症から来ていると言われていますので、効果が見込めると思います。 実際に実験でプチ断食を行なった男性は、緊張感や怒りなどの ネガティブな感情が抑えられ、活力アップなどの ポジティブな感情が現れるという研究結果も出ています。 メンタルが弱い方やネガティブ思考な方もチャレンジしてみても良いと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? プチ断食を行う事により良い効果がたくさん現れます!私も初めてもう1ヶ月以上経ちますが、身体も慣れて全然辛くないです。 以前よりもやる気に満ち溢れるというか、身体の調子もいいです!何より周りの人から肌を褒められたり、いつも若いねと言われるようになりました!ぜひ皆さんもプチ断食やってみてください! カテゴリー•

次の

プチ断食はダイエットに効果的? ファスティングの方法と注意点 [断食・ファスティング] All About

プチ 断食 方法

こんにちは、meganetaroです。 今回は肉体改造編ですが、 テーマは プチ断食です。 ) この壁を壊すために用いた方法がプチ断食です。 これは主に 内臓脂肪が減少したためかと思われます。 内臓脂肪は つきやすいが落ちやすい特徴があります。 一方、 皮下脂肪は つきにくいが落ちにくい特徴があります。 その時に、落ちにくいのであれば、 徹底的に脂肪をエネルギーに変換 してやろうと考えたのが、 プチ断食です。 何故断食なのか エネルギーが必要な時に、 体内にエネルギー源となる糖質などの食物が体内にあると、 脂肪を変換してまでエネルギーを生成しようと身体は考えません。 (内臓脂肪はエネルギーとして活用してくれていたようですが) そのため、少し筋力アップの考え方とは逆行しますが、 一気に体脂肪を減らすため、プチ断食を決行したという訳です。 プチ断食の方法 断食と聞くと、何日も食べないのか?と思いますが、プチです。 毎日食事は食べますが、時間で区切ります。 これがポイントです。 食事を摂取して良い時間は 11時~19時の8時間として、 残りの16時間は食事を全く食べないというものです。 仕事などの都合で時間は様々変更して良いですが、 基本的に18~19時以降に食事をとらないようにすれば、 寝ている間にもエネルギーは必要となるので、 脂肪は燃焼されていきます。 また、効果的なのは朝の空腹の時間に有酸素運動などを行うと、 さらにエネルギーを必要とするので、脂肪変換スピードを 加速することができます。 ただ、 激しい運動をしてしまうと低血糖などを起こす可能性があるので、 控えめな運動としておきましょう。 なんとなく辛いように感じるかもしれませんが、 早寝すれば朝起きてもそこまで空腹感は感じませんので、 慣れると全く問題ありません。 また、食事摂取可能な時間は、活動時間でもあるので、 自由に食べてもエネルギーとして活用されるため、 脂肪にもなりにくいです。 夜型の人には不向き ただ、夜遅くまで起きている人は、空腹感が襲ってくるため、 我慢との闘いになるので、時間の調整が必要かと思います。 夜型の人は不規則な生活に加え、 夜食を摂る=脂肪の蓄積という悪循環にもつながります。 大事なのは、 食べる時間は8時間、 食べない時間は16時間 と設定することかと思います。 運動とバランスの良い食事だけでなく、 食事の時間にも配慮するのもいかがでしょうか。

次の

初心者も◎ 簡単なファスティングのやり方・断食ダイエット方法 [断食・ファスティング] All About

プチ 断食 方法

その日に食べた朝食と昼食の分を消費できていないところで夕食までたっぷり食べてしまったら、体脂肪蓄積まっしぐらです。 1日2食で夕食を抜くか、1日3食食べるけれど夕方18時以降は飲み物以外何も口にしない。 どちらかを実践することで、夜に活発になる脂肪蓄積を抑えられます。 食べ過ぎた翌日は、1日主食を断食 食べ放題やビュッフェに出かけて予定外に食べ過ぎてしまったときは、翌日1日かけてリセットしましょう。 食べ過ぎても、翌日でしっかりリセットできれば脂肪の蓄積を抑えれるので、食べ過ぎたからと言って諦めるのはもったいないことです。 翌日は主食とお菓子を抜いて、他のおかずだけで食事を取りましょう。 以前の記事で、、を書いておりますのでぜひこちらも参考にしてください。 肉料理などのたんぱく質、野菜料理、スープなどの汁物は食べても良いので、1日だけ主食を抜く程度ならストレスにもならないでしょう。 主食を3食抜くだけでも、普段の食事より700~800kcal少なくなります。 毎日適切量を食べている人なら1日に摂取するカロリーの半分近くを抑えることになるので、かなりのカロリーカットとなります。 さらに、体内の糖質が枯渇することで体脂肪が積極的に燃焼されるので、前日のリセット+積極的な脂肪燃焼を期待できます。 お酒を飲みすぎた翌日は、朝・昼断食+温浴 飲みすぎた翌日はアルコールがまだ体内に残っていて、食欲がわくどころか心身ともにだるい状態になる人が多いでしょう。 飲みすぎた時は大抵夜遅くまで飲食を続けていることが多いため内臓も疲れています。 内臓を休ませてあげるために、朝食と昼食は控えておきましょう。 アルコールを抜くために水分補給は忘れてはいけません。 空腹に耐えられないようなら、果物・野菜ジュースがおすすめです。 飲みに行くと、どうしても脂っこい料理が増えがちで、野菜や果物などから摂取できる新鮮なビタミンやミネラルが不足してしまいます。 飲みに行った翌日は、野菜や果物を生で摂取できる手作りジュースが良いでしょう。 夜の食事をするまでには完全にアルコールが抜けるように、岩盤浴や半身浴、サウナ等で汗をしっかり流すのも、飲みすぎをリセットできる良い方法です。 ただし、温浴中の水分補給は忘れないように気をつけましょう。 夕食は普段通りの食事で構いませんが、低脂質を意識して、就寝の5時間前までは食事を終わらせましょう。 平日多忙な人は、週末断食+リラックス リラックスする時間を適度に持つことはダイエットにおいても大切な事! 平日は朝早くから遅い時間まで仕事で、食事にも気を使えず運動もできないという忙しい人は、週 末2日間かけて1週間分のリセットを図りましょう。 忙しい人は、サンドイッチや総菜パン、麺類、丼ものなど簡単に食べられる食事が多く、炭水化物中心の食事で済ませてしまう傾向にあります。 炭水化物に偏った食事を続けていると、血糖値の変動が激しくなって気分が安定しなくなり、さらに興奮作用のあるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されることでイライラしやすくなります。 気持ちの浮き沈みも激しくなり、それがうつ病を発症する引き金になることもあるので、その予防のためにも1週間に1回は断食で体をリセットしましょう。 断食により血糖値の変動がなくなるので気分も安定してきます。 断食と言っても、何も食べないわけではありません。 酵素ドリンクや栄養満点のダイエット食品で1日1~2食置き換えたり、野菜・果物ジュースで3食置き換えたり、主食を3食抜くだけでも十分です。 食事量をいつもより少なくすることで血糖値の変動を抑えられるので気持ちも安定してきます。 プチ断食中の空腹感はどうすればいい? 空腹感に耐えてプチ断食を成功させるために、断食中は趣味の時間やアロママッサージを受けるなど心身をリラックスさせる時間を充実させるのが効果的です。 1週間のうち2日間プチ断食をするだけでも十分平日の過食をリセットできるので、体重を増やさずに維持できるようになります。 食べる「プチ断食」を取り入れた朝食のレシピ ファスティングやプチ断食は、ただ食べられずに我慢して痩せるという意味ではなく、カラダに負担がなく、栄養成分をたっぷり摂取する食事を摂ることです。 そこで必要になるのが、野菜と果物です。 ・野菜350g(旬の野菜、日頃食べていない野菜。 ) ・果物200g(旬の果物や、日頃食べていない果物。 ) 野菜350gと果物200gは国が推奨している摂取量で、美容と健康に良い目安として知られている数字です。 実際の食事では野菜の摂取量がとても少ないので、食べるファスティングの時には、たっぷり食べて体内に栄養を充満させて体内機能を活性化させましょう。 まず、朝は、生の果物と野菜を使ってミキサーでジュースを作ります。 ポイントは食物繊維を摂ることなので、食物繊維を取り除いてしまうジューサーではなく、繊維ごと砕いてくれるミキサーがおすすめです。 野菜の種類によって苦味が気になる場合は、はちみつやバナナを入れると甘みが出て飲みやすくなります。 食べる「プチ断食」を取り入れた昼食と夕食のレシピ 昼と夜は、朝食の残りの野菜を使って野菜スープを作りましょう。 味付けはクリーム系以外がオススメで、コンソメ、トマト、味噌、キムチなど、お好みの味で作ってみてください。 ボリュームが足りない時は、たんぱく質の食材を加えると満足度が高まります。 ただし、脂肪を多く含むお肉ばかりでたんぱく質を摂るのは本末転倒。 高たんぱく低脂肪な鶏のささ身や胸肉、植物性たんぱく質の豆腐などでも取り入れましょう。 なお、夕食は、遅くても寝る5時間前までには終えたいですが、スープ類なら夜食でも罪悪感を感じずに済みますね。 簡単ファスティングの効果とは 上記の方法を1~2日実践すると、体重を素早くリセットできます。 デトックス効果や内臓を休ませて体内機能を活性化させることもできるので、体重が戻るだけではなく、むくみも取れて顔もすっきり、肌質もキレイになるなど嬉しい効果を実感できるでしょう。 ストレスのない食べるファスティングならすぐに実践できるので、体重が増えやすい旅行や外食中も体重を気にせず食事を楽しめますね。 いかがでしたか? 何も食べない断食を続けるよりも、状況に合わせてリセットをかねた断食をする方がストレスなく習慣化できますよ。 1つのダイエット法を何日間も続けるよりも、その時々の状況に合わせていろんなダイエット法を組み合わせて行った方が代謝を維持できるので痩せ体質を作れるようになります。 状況に合わせたプチ断食で生涯の体重維持を目指しましょう。 【関連記事】•

次の