なおざり おざなり 違い。 【おざなり】と【なおざり】の違いは?漢字や使い方・例文に覚え方紹介! | コトバの意味紹介サイト

「おざなり」と「なおざり」の意味と使い方・違い・例文・覚え方

なおざり おざなり 違い

「なおざり」は平安時代にできた言葉で、やらなければならないことに取り組まずに放置している状態を指します。 一方、「おざなり」は江戸時代にできた言葉で、やらなければならないことに取り組んではいるものの、その取り組みが真剣ではないという状態を指します。 「なおざり」の意味をもっと詳しく 「なおざり」は、10世紀の平安時代にうまれた言葉です。 「猶去り なおさり 」という言葉が語源といわれています。 平安時代の語源からわかるように、「なおざり」は、やらなければならないことに着手せずにそのままにしておくことを指すのです。 また、その定義が転じて、人や物を大事にしないという意味もあります。 なお、「なおざり」は、現在では漢字で「等閑」と書きます。 「なおざり」の使い方の例 「準備をなおざりにする」は、準備に取りかからずにいる状態を意味します。 やらなければならないことに手をつけてもいないという定義に当てはまっていますね。 また、「友人をなおざりにする」は、友達のことを大事にしていない状態を表す文です。 「なおざり」の2つ目の意味を用いた例です。 それでは、「なおざりな対応をする」という文はどうでしょうか。 「なおざり」は、やらなければならない行動をしていない様子を指します。 このように、 「なおざりな行動をする」「なおざりに行動する」といった文は成立しませんから、注意しましょう。 「おざなり」の意味をもっと詳しく 「おざなり」は、19世紀の江戸時代にうまれた言葉です。 この時代、座敷で行われる宴会では、参加者たちの機嫌をとったり、自ら芸を披露したりする男性が働いていました。 幇間の職につく男たちは、お金持ちの客が宴会を催すときには一生懸命働きました。 しかし、お金持ちではない客が宴会を開く際には、いい加減に働いていたのです。 客の身分によって態度を変える幇間たちを見て、人々は、彼らのことを陰で「御座敷成り おざしきなり 」と呼ぶようになりました。 「御座敷成り」には、座敷でその場しのぎのように働く幇間を揶揄 やゆ する意味が込められています。 この隠語の発音が変形してうまれたのが「おざなり」という言葉です。 現在でも「おざなり」を漢字で「御座成り」と書くことから、「御座敷成り」の名残があることがわかります。 江戸時代からの由来を見てわかるように、「おざなり」は、やらなければならないことに着手してはいるものの、真剣に取り組んでいないことを指すのです。 時がたつにつれて、幇間ではない人の行動であっても、いい加減であれば「おざなり」と表されるようになったのです。 「おざなり」の使い方の例 「おざなりな仕事をする」という文は、仕事には取り掛かってはいても、真剣に行動していないがために全く成果が出ていない状態を表しています。 また、「おざなりを言う」という表現もあります。 これは、相手に対して真摯に向き合わずに、その場しのぎの言葉を相手に伝えてしまうということです。 まとめ 以上、この記事では、「なおざり」と「おざなり」の違いについて解説しました。 最後に、両者の違いを表でおさらいしましょう。 なおざり おざなり 発祥 平安時代 江戸時代 意味 課題に着手すらしていない 課題に着手はしているが、いい加減 「試験勉強をなおざりにする」という文と、「試験勉強をおざなりにする」という文は、一見よく似ているように見えます。 前者は試験勉強に全く手をつけていないことを意味するのに対して、後者は試験勉強に取り組んでいるものの、真剣には勉強していないことを意味します。 このように、「なおざり」と「おざなり」を混同して使ってしまうと、相手に意図が正しく伝わりません。 話を聞くほうも、両者の相違点をわかっていなければ、相手の話を誤解してしまいますね。 間違えやすい2つの言葉ですが、意味の違いを理解して正しく使い分けられるようにしましょう。

次の

「なおざり」と「おざなり」の意味の違い|例文で使い方を解説

なおざり おざなり 違い

まず、それぞれの語源について見てみましょう。 「おざなり」は、「御座(敷)の形<なり>」を縮めたものです。 このことばは19世紀初めには使われ始めていますが、宴会の席(御座敷)などで表面的に形ばかりを取り繕った言動のことを指したものと推測されます。 いっぽう「なおざり」はもう少し歴史の古いことばで、10世紀には使用例が見られます。 このことばの語源にはいくつか説があるのですが、その1つに「なほ(直・猶)+さり(去)」というものがあります。 「なほ」は「そのまま何もせずにいること」、「去り」は「遠ざける」という意味がありますから、ここから想像すると「なおざり」は「何もしないで距離を置いておく(放っておく)」というのが出発点だった、と言えるかもしれません。 次に、現代語での話として考えてみましょう。 教育を[おざなり/なおざり]にする。 「おざなり」の場合は、いい加減ではあってもひとまず教育をする、という意味になります。 いっぽう「なおざり」の場合は、教育らしきことはほとんど何もしない、という意味になります。 また、文の形を少し変えるとどうなるでしょうか。 この文の場合、前者は「いい加減な教育を施す」ということで問題はありませんが、後者は「何もしないという教育を施す」ということになってしまい、意味が通りません。 このような日本語の区別は、どうか「おざなり」にも、「なおざり」にもしないでくださいね。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

「なおざり」と「おざなり」の意味の違いは?それぞれの正しい使い方を解説

なおざり おざなり 違い

Contents• 「おざなり」や「なおざり」はどちらも「いいかげん」なのです。 では どこがどう「いいかげん」なのかそれによって意味の違い、使い方の違いがでてきます。 では違いを語源からみていきたいと思います。 「おざなり」語源・漢字 「おざなり」の語源は、 「御座(敷)の形なり」を縮めたものです。 この言葉は、もともと江戸時代の後期 19世紀初め頃に 芸者などが客によって扱いを変えたり、 宴会の席であるお座敷での表面上の形ばかりの体裁を繕ったときに使われた始めた隠語です。 そういった語源からきている「おざなり」の意味は、 いいかげんに物事をすませることといった意味や その場だけの間に合わせといった意味になります。 ですので、 「おざなり」を漢字で書くと 「御座なり」「お座なり」になります。 「なおざり」語源・漢字 また、 「なおざり」の語源は、もう少し歴史の古い時代にさかのぼります。 「なおざり」という言葉は、 10世紀には使用例が見られます。 この「なおざり」の語源にはいくつかの説があります。 そのひとつは、 「なほ(直・猶)+ざり」というものです。 「なほ」は「そのまま 何もせず以前の状態を引き続いていること」、 「ざり」は、係助詞「そ」に動詞がついた「あり」の「ぞあり」 となります。 また、「ざり」を「去り」「避り」だとして、 「遠ざける」「 手を打たず避けてほっておく」という意味があります。 いくつかの諸説はありますが、 どちらにしても「なおざり」は 「 何もしないで距離を置いておく、 ほっておく」といった意味があります。 そもそもの意味の「 たいして気にもとめない」といった意味が転じて「本当に 気にしていない」「 おろそかにする」といった意味になって「いい加減にしておく」「 真剣でない」といったニュアンスがでています。 「なおざり」の漢字は、 「等閑」ですがこれは 同義語の漢語「とうかん」をあてたものです。 現代語として考えた場合、両方に共通している部分は、「いい加減な対応だ」ということでしたが、 「おざなり」「なおざり」違いの部分をわかりやすく整理すると、 「おざなり」意味は、 いい加減に物事をすること、その場のがれで誠意のないさま 「なおざり」意味は、 あまり注意を払わないさま、いい加減にするさま、おろそか です。 どちらも「いい加減」という意味ではあるが、 「おざなり」は、 「その場に合わせた対応、間に合わせのことをする」 といったニュアンスがあり、 「投げやりで 不十分に物事を行うこと。 」を表します。 「なおざり」は、 「そもそも物事を軽くみていたり、興味がそもそもないので なにもせずに放っておく。 」 といった違いがあります。 「おざなり」の意味のポイントは 「いい加減ではあるにせよ、何らかの対応をする」 といったなんだかの着手、行動をとっているかといった点 そして、 「なおざり」の意味のポイントは 「いい加減だし、何の対応もしない」 着手や行動もとっていないといった点 になります。 「おざなり」と「なおざり」の使い方・例文 スポンサードリンク では、「おざなり」「なおざり」使い方や例文をみていきます。 作業を おざなりにする• 作業を なおざりにする こういった使い方をしますね。 この意味は、さきほどからみてきたように 「おざなり」の場合は、 いい加減ではあってもひとまず作業をする、という意味です。 そして「なおざり」の場合は、 作業はほとんどしないという意味になります。 ですので、 「 おざなりな教育をする。 」 のように「いい加減な教育を施す」といった意味の使い方ができますが、 「なおざりな教育をする。 」 といった言い方は、 「そもそも何もしないという教育を施す」ということになってしまいますのでそのような 使い方はできません。 こういったことで意味の違いがしっかりわかれば 使い方もよくわかると思います。 」 「上司に相談に行ったが、おざなりなことを言うばかりで話にならない。 」 「正社員でないからとおざなりな報告で済まさない。 」 「たとえ窮状を訴えても役所はおざなりのことしか言わない。 」 「彼は遅刻しても理由もなおざりにしたままです。 」 「彼は謝罪もなおざりだ。 」 こんな感じでこれまでの意味の違いを考えていくつか文を考えてみてもいいですね。 「おざなり」と「なおざり」の類語 「おざなり」の類語は、 「場当たり」、「その場限り」、「一時凌ぎ」、「出たとこ勝負」 、「成り行きまかせ」、「急場凌ぎ」 「なおざり」の類語は、 「不履行」、「怠る」、「疎かにする」、「ぞんざいな」 、「不行使」、「ないがしろ」 それぞれそのような言葉があります。 ま と め 「おざなり」と「なおざり」意味の違いとは?や使い方例文と漢字・類語などをお伝えしました。 「おざなり」と「なおざり」の共通の意味は、どちらも「いい加減」という意味があるということです。 そして、 「おざなり」はいい加減だが何かしらの行動はしているということ 「なおざり」はいい加減であるし、そもそも何もしないということです。 今までなんとなく、使っていた「おざなり」と「なおざり」ですが、語源も違いました。 語源と「御座なり(おざなり)」「等閑(なおざり)」と漢字をセットで覚える方が意味の違いをわすれずに覚えられると思います。 共通の意味もあるので混同しやすいですが、意味の違いもしっかりわかったうえで使い分けれるようにしたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の