白玉粉 お 菓子。 【みんなが作ってる】 白玉粉 お菓子のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

白玉団子にとどまらない!白玉粉の食感を活かした和洋スイーツ♪

白玉粉 お 菓子

白玉粉に比べてちょっと固めの食感になってしまう上新粉で、やわらかいお団子ができます。 冷めてもやわらかいままなので小さいお子様やお年寄りでも食べやすいです。 いつも固くなってしまうとお悩みの方、是非お試しください。 材料(6-7本分)• 上新粉 200g• 砂糖 30g• 水 190g• フライパンに塗る油 少々 やわらかいみたらし団子の作り方• 耐熱ボウルやどんぶりなどに上新粉と水を入れ、菜箸でかき混ぜたら600Wのレンジで1分加熱。 取り出し、箸でかき混ぜて更に砂糖を入れて混ぜ、再度600Wで1分加熱。 取り出しぐるぐるかき混ぜて、手で触れる位に冷めたら手を水で濡らし、団子を作る。 竹串に刺したらフライパンで焼き目を付け、たれをかけて完成です。 秋の夜長をまったりと味わってみて下さい。 お団子が入っているので腹持ちも良い一品です。 材料 2人分• 上新粉 100g• 水 80ml• 茄子 1個• 人参 10cm• 大根 10cm• オクラ 3-4本• うす揚げ 1枚• 豚肉(何でも)100g• 味噌 大さじ3• サラダ油 大さじ1• 麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ1• だしの素 少々• 水カップ 5 かぼちゃの白玉すいとんの作り方• 人参と大根は短冊切りに、茄子は縦半分に切って乱切りに、オクラは縦半分に切って乱切りにしておく。 豚肉は食べやすい大きさに切り、うす揚げは縦半分に切って5ミリくらいの幅に切っておく。 かぼちゃはラップのまま電子レンジで2分温め、軟らかくなったら種とワタを取って大きめに切っておく。 鍋に油をひいて豚肉を炒め、うす揚げとかぼちゃ以外の野菜を炒めて加熱し、水とだしの素を加える。 上新粉は水を入れてこね、12等分にして丸めておく。 材料に火が通ったら、かぼちゃとうす揚げを加える。 味噌を入れた汁に団子を入れて、浮いて来たら出来上がり。 味を見て、麺つゆで味を整えます。 表面はカリカリ、中はもっちり食感のケーキができます。 材料を全て混ぜ込んでオーブンで焼くだけなので簡単です。 トッピングはお好みでどうぞ。 材料 マフィンカップ5個分• 卵 1個• 砂糖 40〜50g• ココナッツミルク 100cc• 溶かしバター 無塩 15g• もち粉 100g• 桜の花の塩漬け、甘納豆等好みで適宜(略可) もち粉のマフィンの作り方• バターをレンジで溶かしておく。 ボウルに卵をほぐし、砂糖、ココナツミルク、溶かしバターの順で加えながらその都度混ぜる。 粉類を2度に分けて加え混ぜる。 生地を型に流し入れて表面を平らにならす。 トッピングをする場合はここで。 180度の予熱が完了したオーブンに入れて約30分焼成したら完成です。 ブラジル生まれのチーズパン、ポンデケージョ。 材料はなんとたったの3つだけです。 お豆腐を使ったヘルシーなポンデケージョです。 少ない材料でさっとできる上に、お豆腐ともち粉の力でモチモチして美味しいですよ。 材料 8個分• もち粉 50g• 絹ごし豆腐 約70g• 粉チーズ 20g ポンデケージョの作り方• 豆腐は軽く水切りしてブレンダーでクリーム状にする。 (もちろんすり鉢などで潰してもok。 ボウルにもち粉と粉チーズを合わせて混ぜ、クリーム状にした豆腐に加えて手でこねながら耳タブより少し柔らかい生地を作る。 材料をお箸で混ぜてレンジで発酵させて焼くだけの簡単レシピです。 白玉粉は米粉で代用できますのでおうちにある材料で作ってみてくださいね。 材料 6個分• ぬるま湯 40度 140ml• A ホットケーキミックス 100g• A ドライイースト 小さじ1• A 白玉粉または米粉 上新粉 100g• A 砂糖 ラカントs代用可 大さじ1• B ブラウンシュガー 70g• B シナモンパウダー 小さじ半分• シナモンシュガーで代用するとき 小さじ2• B ピーナッツ みじん切り 省略可 10-20g• 焼く時用の油 たっぷり ホットックの作り方• 耐熱容器にAの材料を全部を入れて混ぜ、箸で混ぜながらぬるま湯を入れる。 生地がまとまってきたらゴムべらでまとめる。 ラップをしてレンジの弱で30秒チンする。 そのまま10分間レンジの中に放置し、生地が少しふくらんだら1次発酵完了。 生地に、Bを混ぜて作ったジャムミックスを加えて混ぜる。 たっぷり油を入れて熱したフライパンで焼きます。 白玉粉がなくても代用品を上手に利用しましょう.

次の

【楽天市場】お菓子・パン作りの材料 > 和菓子材料 > 粉類 > 白玉粉:プロフーズ

白玉粉 お 菓子

白玉粉・上新粉・もち粉の違い、ご存じですか? 和菓子で使う粉の種類はたくさんあります。 その中でもよく使われるのが、白玉粉・上新粉・もち粉。 この三つの粉の違いをご存じでしょうか? 和菓子に挑戦しようと思っても、どのお菓子にどの粉を使ったらいいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで、今回はそれぞれの粉の特徴などを詳しく解説。 白玉粉を使ったもちもちワッフルの作り方もご紹介します。 白玉粉・上新粉・もち粉の特徴 白玉粉・上新粉・もち粉の原料は米。 米の種類や製法が異なるため、3種類の粉に分類されます。 白玉粉 白玉粉はもち米を精白・水洗いし、石臼で水びきして沈殿物を乾燥させたもの。 *水びき…米を水ごとひいてすりつぶすこと。 昔は厳寒期に作られたため、別名「寒ざらし粉」と呼ばれます。 白玉粉・上新粉・もち粉の3種類の中では、ご家庭で一番使われていてなじみのある粉ではないでしょうか。 白玉粉の食感はもちもちとしていて、やわらかくなめらか。 主に「白玉団子」や「大福」に使われます。 おすすめのアイテム 白玉粉ともち粉を比較 白玉粉ともち粉は製法が異なりますが、もとの原料はどちらももち米。 それぞれ代用はできるのでしょうか。 白玉粉ともち粉の食感や作業性などの違いについて、検証してみました。 白玉団子を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに水を加えて丸め、沸騰したお湯でゆでて水に取る。 結果 白玉粉• 伸びがあってなめらか• 表面がつるんとしている もち粉• 弾力があってもちもち• もち米の味を感じる 大福の求肥を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに砂糖と水を加えて混ぜ、レンジで加熱して生地を作る。 結果 白玉粉• やわらかくて伸びる• 薄く伸びるのであんを包みやすい• 翌日もやわらかい もち粉• もちもちしているが、あまり伸びない大福らしい生地• あまり伸びないので、若干あんが包みにくい• かたくなりやすいので、当日中に食べるのが良い まとめ もち粉のほうが市販の大福に近く、白玉粉のほうがやわらかく伸びのよい大福に。 白玉粉ともち粉、どちらでもおいしい大福を作ることができますが、食感が多少異なります。 白玉粉を使う大福のレシピが多いのは、• 家庭で作る場合は白玉粉のほうが手に入れやすい• 伸びが良いため素人でもあんを包みやすい• かたくなりにくい という理由が挙げられるのではないかと思いました。 生地に混ぜるともちもちとした食感になるので、洋菓子に使うのもおすすめ。 今回はもちもちワッフルのレシピをご紹介します。 材料 4個分• 白玉粉…30g• 牛乳…100ml• 卵…1個 50g• 砂糖…25g• 薄力粉…70g• ベーキングパウダー…3g• 太白ごま油…25g おすすめのアイテム 下準備• 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 作り方• ボウルに白玉粉を入れて手でつぶし、溶けやすいようにサラサラにする。 牛乳を少しずつ入れて白玉粉を溶かしていく。 溶きほぐした卵を加えてよく混ぜる。 砂糖も加えてよく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる。 太白ごま油を加えて混ぜ、とろりとしたなめらかな生地になったらOK。 予熱しておいたワッフルメーカーにオイルスプレーをして、生地を流す。 ふたをして3〜4分間焼く。 お好みで白玉・黒蜜・きなこをトッピングして、出来上がり! 「白玉粉使用もちもちワッフル」の詳しいレシピページは。 チャイミー様 コメントありがとうございます。 韓国ソルギの作り方は詳しくないのですが、米粉ともち粉を使うレシピで美味しく作れたことがあります。 多少詰まりやすいですが、ふるいでこすこともできました。 米粉は製菓用の米粉(ミズホチカラ)を使用しました。 上新粉のみ、製菓用米粉のみでも作れると思いますが、それぞれ食感が異なってくると思います。 本場のものを食べたことがないので、どの粉で作るのが一番近いのかはわからないのですが、いろいろ試してお好みの食感を探してみてください。 翌日もかたくならないレシピではなく申し訳ないのですが、参考にしていただければと思います。

次の

米粉、上新粉、もち粉、白玉粉の違いは……?製菓用米粉はどう違うの?!

白玉粉 お 菓子

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の