クラウドファンディング ミカド。 “伝説のゲーセン”「ミカド」 存亡危機乗り越え「出禁解除」に向けて準備着々― スポニチ Sponichi Annex 社会

高田馬場の「ゲーセンミカド」、66日ぶり営業再開 「お前ら全員、出禁解除」

クラウドファンディング ミカド

deleted 高田馬場にあるゲームセンターミカドが5月9日〜5月10日かけて24時間生放送を行った。 「ゲーセンミカド24時間配信〜金はミカドを救う〜」という演目で配信内容はレトロゲームのゲーム配信を行うというもの。 これを行いながら、スパチャやクラウドファンディングによる募金を募るという企画が行われた。 クラウドファンディングには「CAMPFIRE」が使われ総支援額が3585万円以上、支援者が3513人となった。 中でも一番高い支援は100万円の支援で、その返礼は支援者の名前が高田馬場店・池袋店・白鳥店の各店に掲示されるというもの。 支援者は地方在住のゲーセンミカドファンのゲームオタク。 月収は手取り17万円だという。 この人物は最近SNSやYouTubeをやるようになった底辺労働者で配信も行っているという。 本人曰く「世界で自分を除いて2人しかいないから3人目になる。 掲示されたら東京まで見に行くでやんす」とのことだ。 続けて「100万つっこんだ理由本当の理由は……」と真面目なトーンで語り出し「コロナでいま世界がこんなになっていて、 いつ何が起きるかわからん世の中だから使い道の分からない小銭をためこむより、鬱気味だった自分の心の隙間を 埋めてくれていたミカドのゲーム配信に対しての感謝の気持ちで支援しました」と語った。 それほど多くの人から支持されているゲームセンターミカド。 無くなっては困る人が多いようだ。 ゲームセンターミカドは漫画家の押切蓮介やマツコ・デラックスも通っているゲームセンター。 今回コロナの影響でやばくなり、今回の企画を立ち上げたという。 ところがどっこい思いのほか反響があったから驚き。 案の定貧乏人が100万円支援してしまうほどだ。 検索: 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ゲーセンミカド

クラウドファンディング ミカド

プロジェクト本文 ご挨拶 はじめまして。 弊社は、レトロアーケードゲームを中心に営業をしております『ゲーセンミカド』です。 ゲーム業界では大手に引けを取らない知名度を有しており、通称「ミカド勢」と言われる顧客を国内外問わず抱えております。 現在は、高田馬場店を本店に、池袋店、白鳥店(高田馬場)の3店舗を営業しております。 社長兼高田馬場店長、池田 稔を中心に、ゲーム業界を盛り上げています。 実現の際は、同店既存ラインナップを一新、「80年代テーブル筐体」「エレメカ」「レトロパチスロ」をメインコンテンツとし「アーケードゲーム第二の聖地」を東京高田馬場に創造します。 高田馬場ゲーセンミカドと一線を画すラインナップのため、大会、配信等のコンテンツ拡大を図り、さらに多くのお客様に楽しんでいただけるサービスを提供いたします。 場所は守秘義務のため現在は明かせませんが、中部地方と北陸地方で現在営業中のゲームセンター内となります。 既存コラボ店のメイン客層であるコアゲーマー以外のファミリー客層に対応したラインナップ、企画を実施し、全国に存在するゲーセンミカドファン及び、その家族たちにもアーケードゲームの魅力を波及させる「空間」を提供します。 同書の内容は現在のeスポーツ、プロゲーマーの出現を予見させる内容となります。 現在入手困難な状態にある同書と大塚ギチ氏の功績を未来に残すプロジェクトと位置付けし、付帯する様々な企画を実現予定。 Net P-ras MULTI バージョン3筐体の設備投資計画> 高田馬場ゲーセンミカドの経営危機を何度も救済してくれたアーケード対戦格闘ゲーム「ギルティギアシリーズ」。 同タイトルのプレイヤー、コミュニティのために2020年春に登場する新作に向け、ALL. Net P-ras MULTI バージョン3筐体増設を計画しておりました。 実現の際は最低10台の筐体設置を約束いたします。 喫煙ブース設置が実現すれば、2020年4月以降20歳未満が入場できないフロアである「高田馬場ゲーセンミカド2階」と「池袋ゲーセンミカド地下1階、2階」への未成年者の入場が可能となり、以前のように親子連れや学生がアーケードゲームを楽しめる空間を提供することができます。 この状況が今後数ヶ月続くと仮定した場合、数か月以内にゲーセンミカドは必要経費を確保ができず、閉店を余儀なくされます。 そこで弊社としましては、誰もが予測不能であった当問題を良い意味で受け止め、志し半ばで諦め、指をくわえて閉店を待つよりも、できる事に積極的にチャレンジする道を選択します。 本来であれば自己資金でお店を維持し、事業を進めるのが当たり前の話なのですが、残念ながら弊社のような中小企業の資金力では、もはや耐え忍ぶこともままならない状態です。 以上を踏まえ、計画実現と店舗存続のため、我々は資金2000万円のクラウドファンディングを実施させて頂きます。 金額は500円~1,000,000円です。 実施スケジュール 新型コロナ問題が状況をみて、計画を順次実施致します。 最後に ゲームセンター文化の未来、そして事態が収束した先にある、お客様の笑顔のために、誠に勝手かつ、わがままなお願いとなり大変恐縮ではございますが何卒ご支援、ご協力のほどよろしくお願い致します。 目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 Q:支援にCAMPFIREの会員登録は必須ですか? A:必須ではございません。 但し、支援状況の確認や住所変更などいくつかの機能が制限されますので、会員登録をお勧め致します。 会員登録はから行えます。 その他決済に関しての詳細はをご確認ください。 Q:キャンセルは可能ですか? A:原則キャンセルはお受けすることが出来ませんので予めご了承ください。 また、ご支援時に決済ボタンを連打する、処理が完了する前にページを移動するなど行いますと、決済が正常に行われず、重複したご支援やご支援自体の失敗が引き起こされてしまいます。 ご支援が正しく行われたかは、後述の項目でご確認ください。 Q:領収書は発行できますか? A:発行することはできませんのでご了承くださいませ。 Q:一人で複数回支援することは可能ですか? A:同一の方による複数のご支援は可能です。 一度のご支援で複数のコースをまとめてのご支援や、限定数の無いコースは一つのコースを複数口同時に支援することも可能です。 支援画面にて支援金額を変更する「上乗せ支援」も可能です。 Q:リターン品の到着日の指定はできますか? A:誠に恐れ入りますが、到着日の指定は出来かねます。 Q:自分が支援したコースは確認できますか? A:ご支援状況の確認にはCAMPFIREユーザー登録が必要です。 支援できている場合「マイページ(右上〇アイコン)>支援したプロジェクト」に表示されます。 また、ご支援時に登録アドレスへメールが届きます。 ログインを行わない支援(ゲスト支援)時に、完了画面が表示されたにもかかわらずメールが届かない場合は、受信拒否をされているか、登録アドレスに不備がある場合がございます。 その場合はへお問い合わせください。 Q:リターンの商品に別途消費税、送料はかかりますか? A:リターンの価格は消費税、送料込みとなります。 Q:支援後に配送先の住所変更はできますか? A:配送先の住所変更にはCAMPFIREユーザー登録が必要です。 「マイページ(右上〇アイコン)>支援したプロジェクト>右へスクロールしたお届け先>確認する」で行うことができます。 引っ越しなどやむを得ずクラウドファンディング終了日以降に住所変更がある場合は、本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」から直接ご連絡ください。 その他、プロジェクト内容に関してはプロジェクトオーナーへサイトメッセージにてお問い合わせください。 Q:備考欄に記載した内容を変更できますか? A:備考欄の変更にはCAMPFIREユーザー登録が必要です。 「マイページ(右上〇アイコン)>支援したプロジェクト>右へスクロールした備考欄>確認する」で行うことができます。 備考欄変更の受付はクラウドファンディングが終了日までとさせていただきます。 その他、プロジェクト内容に関してはプロジェクトオーナーへサイトメッセージにてお問い合わせください。 Q:完売したコースの在庫追加はありますか? A:在庫の追加はありませんが、後払い手法を選んだご支援者様が、期限までにお支払い頂けなかった場合は、その分の在庫が復活します。 在庫の復活に関してこちらからアナウンスは行いませんので予めご了承ください。 JR高田馬場早稲田口駅前にあるゲームセンター「ゲームin白鳥プラザ」を「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」としてリニューアルオープンを計画。 同店既存ラインナップを一新、「アーケードゲーム第二の聖地」を東京高田馬場に創造します。 JR高田馬場早稲田口駅前にあるゲームセンター「ゲームin白鳥プラザ」を「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」としてリニューアルオープンを計画。 同店既存ラインナップを一新、「アーケードゲーム第二の聖地」を東京高田馬場に創造します。 +池田店長からのお礼動画 (ファイル便等でお送り致します。 残り:7人まで (限定10名様) ゲーセンミカドでは「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」を開店させる為に、スポンサー枠を設けました。 ゲーセンミカドのスポンサーになりませんか? 返礼:池田店長自らスポンサー様に会いに伺います。 スポンサー様のお名前及びお好みの画像と共に、高 田馬場店・池袋店・白鳥店の各店に掲示させて頂き ます。 OUT OF STOCK 50名限定! イケダミノロックトークLive!!その1 ファン必見の限定トークLiveを実施します。 限定50名の早い者勝ちです。 休業中の出来事からクラウドファンディングを始めるに至った経緯など、盛沢山の内容で、皆様を楽しませてくれます。 ・新宿Naked Loftで実施の場合は、1ドリンクは実費でお願い致します。 ・高田馬場ゲーセンミカドで開催される場合は、アルコールの持込・提供はできません。 ・招待券は全てナンバーリング管理していますので、複製は無効です。 ・招待券の譲渡はNGとさせて頂きます。 ・当日、写真撮影はOKですが、動画撮影及び録音はNGとさせて頂きます。 OUT OF STOCK 50名限定! イケダミノロックトークLive!!その2 ファン必見の限定トークLiveを実施します。 限定50名の早い者勝ちです。 休業中の出来事からクラウドファンディングを始めるに至った経緯など、盛沢山の内容で、皆様を楽しませてくれます。 ・新宿Naked Loftで実施の場合は、1ドリンクは実費でお願い致します。 ・高田馬場ゲーセンミカドで開催される場合は、アルコールの持込・提供はできません。 ・招待券は全てナンバーリング管理していますので、複製は無効です。 ・招待券の譲渡はNGとさせて頂きます。 ・当日、写真撮影はOKですが、動画撮影及び録音はNGとさせて頂きます。 OUT OF STOCK (限定4名様) ゲーセンミカドでは「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」を開店させる為に、スポンサー枠を設けました。 ゲーセンミカドのスポンサーになりませんか? 返礼:「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」に、スポンサ ー様専用筐体を設置します。 支援者:4人 お届け予定:2020年11月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

存亡の危機を乗り越え「前を向いて進む!」。ゲーセンミカド、CF終了まであとわずか

クラウドファンディング ミカド

高田馬場のゲームセンター「高田馬場ゲーセンミカド」(新宿区高田馬場4)が、4月10日に開始したクラウドファンディング「ゲーセンミカド ~存亡の危機を乗り越え『前を向いて進む!』~」の目標金額2,000万円を11日に達成した。 「高田馬場ゲーセンミカド」は、2009(平成21)年にオープン。 主にアーケードゲームを展開し、1階=約60坪、2階=約100坪に200台以上のゲーム機を設置している。 2018(平成30)年には「池袋ゲーセンミカド」(豊島区)をオープン。 今年の1月には高田馬場駅前の「ゲームin白鳥プラザ」(高田馬場4)の営業権利を取得し、5月をめどに「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」としてリニューアルオープン予定だった。 [広告] 「ゲーセンミカド」の各店舗では、3月下旬まで新型コロナウイルス感染拡大の影響はなかったが、小池都知事が週末の外出自粛を強く呼び掛けた3月25日の会見で状況が一変し、売り上げが約6割減少。 その後も営業を継続していたが、国が緊急事態宣言を出した場合、休業か営業時間の短縮をすると予告していた。 6日の緊急事態宣言を受け、都の自粛要請の業種が発表される前に、4月8日~5月6日の臨時休業を7日発表した。 臨時休業に際して「お前ら全員、明日から約一ヶ月間、出禁!! 」と告知し、ツイッター上のファンの間で話題に。 ゲーセンミカドの池田稔社長は「『出禁』はゲームセンターファンなら誰でも知っているスラング。 不謹慎かもしれないが、こんなご時世だからこそ、明るく楽しく告知したかった」と話す。 池田さん自身も「出禁」に思い入れがあり、今年の書き初めで「出禁」を書いたり、キーホルダーにしたりしている。 クラウドファンディングでは「今の状況が数カ月続くと必要経費を確保できず閉店を余儀なくされる」としつつ、その上で「誰もが予測不能であったこの問題を良い意味で受け止め、志半ばで諦め、指をくわえて閉店を待つよりも、できることに積極的にチャレンジする道を選択する」と宣言。 クラウドファンディングの目標金額2,000万円は、「ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」のオープンや大阪・広島のゲームセンターとのコラボレーションコーナーのオープンなどに充てる。 クラウドファンディンは、開始から約1時間で400万円を超え、翌日14時30分ごろには目標金額の2,000万円を突破した。 4月13日時点で、2273人が2,400万円超を支援している。 ツイッター上では「ゲーセンミカド」へ支援したと多数のツイートも。 目標金額を達成直後にツイッターで公式アカウントが「【謝辞】皆様のご支援ご協力、ゲーセン文化の未来へのBETに感謝しております。 目標金額達成致しました。 クラウドファンディングはまだ続きますが、まずは支援者の皆様にお礼申し上げます、誠にありがとうございました!」(原文ママ)とツイート。 池田さんは「お客さんを新型コロナウイルスから守るために臨時休業することにした。 これまでさまざまなことに取り組んできたが、僕たちはまだまだやり残りしたことが多い。 ゲームセンター業界を盛り上げていく新しい企画にどんどん取り組んでいきたいと考えている。 今回の取り組みに共感していただける方がいれば、引き続き支援をお願いできれば」と呼び掛ける。 「ゲーセンミカド」では臨時休業中もユーチューブチャンネルでゲームの対戦動画などを毎日配信していく。 クラウドファンディングは5月10日まで継続しており、目標金額を超えて集まった支援金は、会社の未来への投資に充てる予定という。

次の