エポス インビテーション。 【切り替え?】エポスゴールドカードのインビテーション(無料招待)がなぜか届いた|あとうマネーブログ

エポスカードのプラチナインビテーションを貰うための条件

エポス インビテーション

そして、次招待が来たら作ろうと思っていたらなかなか届かない・・・ しかも1ヵ月間エポスカードを全く使わなかったお買い物が0円の月もあったりしてこれは当分届かないかと思いましたけど、前回の招待から1年以上経って招待が届きました! 今回は登録しているメールアドレスに「 年会費永年無料でエポスゴールドカードへご招待!」という件名で届きました! 申し込み期限もあるのでその期間以内に申し込みしないといけません。 といっても2カ月程度の期間があります。 エポスゴールドカード申し込み画面 メールアドレスに書かれているURLでも、エポスカードからログインしても招待されている方はエポスゴールドカード招待の画面が表示されると思います。 そこのページにはゴールドカードの特典などの内容が記載されています。 注意点として「ゴールドカードにお切替えいただくとカード番号が変わります。 」など規約や条件なども書かれていて、さらに進むとすでに登録されている住所や年収などの内容の確認があります。 そして、追加で記入などして申し込み完了です。 一応審査があるということですが、年収などそれほど大きく変わっていなければ問題ないのではないでしょうか。 すぐに発送発想の手続きに入りました。 そして、数日で自宅に到着! エポスゴールドカードのインビテーションが届く条件 よく50万円程度とか20万~30万円くらいでもエポスゴールドカードのインビテーションが届くということが言われていますけど、僕の経験からすると実際難易度が高くなく届くと思います。 では私の今まで7回届いた経験からの条件を紹介したいと思います。 まず2019年12月にエポスゴールドカードのインビテーションが届きました。 利用月 利用金額 利用回数 2019年6月 約77,000円 1回 2019年7月 約77,000円 1回 2019年8月 0円 0回 2019年9月 90,998円 8回 2019年10月 68,946円 21回 2019年11月 66,928円 14回 2019年12月にエポスゴールドカードのインビテーションが届く といった形になります。 ここで 2019年7月までは実は家賃をエポスカードで支払っていました。 これまで2019年7月までは家賃の支払い あと火災保険くらい にしか使っていなくてそれ以外の普通にお買い物とかには使っていませんでした。 それでもこれまで6回インビテーションが届いていました。 なのでここでわかることはインビテーションが届く条件が変わっていなければ家賃の支払いだけでもインビテーションが届くということです。 家賃は約77,000円くらいだったので毎月の支払は基本変わりません。 それから引っ越しをして僕のミスでエポスカードでの8月の支払いは0円になってしまいました。 ここからエポスゴールドカードにするべく通常でも利用するようにしました。 そこから普通のお買い物で利用するようになってわずか3カ月でエポスゴールドカードのインビテーションが届きました。 家賃での支払いの場合は1年半おきくらいにインビテーションが届いていた感じだったので普通にお買い物する方が届きやすいかもしれません。 もしかしたら利用金額意外にも利用回数も関係しているかもしれません。 個人的には利用金額もそうですが、推測になりますが 利用回数も結構関係しているのではと思っています。 僕がエポスゴールドカードのインビテーションが届くように意識したことはいろいろな使い方をしようと思いました。 海外でも使いましたし、ネットショッピングでもスーパーでも使いました。 使い方が関係しているのかはわかりませんが 使い方が関係しているのかは不明ですが、僕がインビテーションが届くのに関係している条件だと思っているのは.

次の

エポスプラチナカードはコスパが良い?インビテーションと申込の違い、評判

エポス インビテーション

エポスプラチナカードのインビテーションとは? エポスプラチナカードは、の最上位カードとなりますが、エポスカードには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」の3種類のクレジットカードがあります。 そこで、エポスカードの一般カードとゴールドカードは、直接申し込みを行うことで取得することができますが、エポスカードのプラチナカードを取得するには、エポスカード側からの招待(インビテーション)がなければ取得することができません。 また、エポスゴールドカードは、直接申し込みで取得することはできますが、直接申し込みで取得した場合には、エポスゴールドカードの年会費がかかるようになります。 しかし、エポスカード側からのインビテーションでエポスゴールドカードを取得すると、ゴールドカードの年会費が永年無料になります。 そのため、エポスゴールドカードの取得についても、エポスカード側からインビテーションがあってから、エポスゴールドカードを取得するほうがお得なのです。 エポスカードのインビテーションは、いくつかの条件を満たすことで、ほぼどなたでもインビテーションをもらうことができますので、招待条件や招待基準を満たすことが重要なのです。 エポスプラチナカードのインビテーション条件・招待基準は? エポスプラチナカードのインビテーション条件や招待基準は、エポスカード側から正式な公表がありませんので、正確な条件や基準は不明です。 しかし、これまでのエポスプラチナカードのインビテーション状況から、下記に該当する場合にエポスプラチナカードのインビテーションが届くようになります。 エポスプラチナカードのインビテーション条件 エポスゴールドカード会員であること ゴールドカード会員として1年以上が経過していること 年間のカード利用が100万円以上であること 返済の遅れや延滞がないこと まず、エポスプラチナカードは、であることが絶対条件です。 会員以外には、エポスプラチナカードのインビテーションは届きませんので、エポスカード会員であることが条件となります。 また、エポスプラチナカードのインビテーションは、エポスゴールドカードを利用している会員の中から、条件を満たしている会員向けにインビテーションを送付しています。 そのため、エポスプラチナカードのインビテーションをもらうには、エポスゴールドカード会員として「年間100万円以上のカード利用」と「エポスゴールドカード会員として1年以上の利用」「支払いの延滞や遅れがないこと」が重要となります。 特に、エポスプラチナカードのインビテーションは、過去にエポスカードで支払いの遅れや延滞があると、ほぼインビテーションをもらうことができなくなりますので、決められた期日にきちんと支払いをしていることが絶対条件です。 マルイの利用はインビテーションに影響する? エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードを持っている会員の方で、尚且つ「年間のカード利用が100万円以上」「会員として最低1年以上が経過していること」「延滞や遅れがないこと」の3つの条件を満たしていれば、ほぼ間違いなくエポスプラチナカードのインビテーションが届くようになります。 そこで、エポスプラチナカードのインビテーションに、マルイの利用が必要かどうかについては、特にマルイの買い物は必須ではありません。 エポスカードは、マルイのクレジットカードではありますが、エポスプラチナカードのインビテーション条件には影響しませんので、仮に1年間に1度もマルイで買い物をしなかった場合でも、先ほどの3つの条件を満たしていれば、通常どおりエポスプラチナカードのインビテーションを受け取ることができます。 ただ、にはマルコとマルオの7日間やポイント優待など、マルイ関連の様々な特典が用意されていますので、他の店舗やお店で買い物をするよりもマルイで買い物をするほうがお得です。 エポスプラチナカードを最短で取得するには? エポスプラチナカードの最短取得は、エポスゴールドカードを取得してから1年2ヶ月後が最短となります。 エポスゴールドカードは、カード取得後の1年間に100万円以上の買い物をすると、1年2ヶ月後にボーナスポイントが付与されます。 エポスゴールドカードのボーナスポイント(10000ポイント)は、ポイントが付与された時点で「年間100万円以上のカード利用」の条件を満たしたこととなりますので、ポイントが付与された日から数日以内に、会員ページにエポスプラチナカードのインビテーションが表示されます。 その後、1週間ほどでエポスプラチナカードのインビテーションが届きます。 そのため、エポスプラチナカードを最短で取得できるのは、エポスゴールドカードを取得してから1年2ヶ月後が最短の取得になります。 また、からエポスゴールドカードの取得までは、おおむね1年ほどの期間が必要となりますので、エポスカードからエポスプラチナカードの取得までにかかる期間は、最短で2年2ヶ月となります。 ただ、エポスゴールドカードを直接申し込みで取得すると、通常どおり年会費がかかりますので、無駄な料金を支払わなければならなくなります。 エポスゴールドカードは、エポスカード側からのインビテーションで取得することで、年会費が永久無料になるゴールドカードです。 しかも、エポスゴールドカードに直接申し込みを行うと、ゴールドカードの審査を受けることになりますので、場合によってはカード審査に落ちてしまうこともあります。 確実にエポスゴールドカードを取得するためにも、直接申し込みではなく、からのインビテーションによる取得をおすすめします。

次の

【体験談】エポスプラチナカードのインビテーションの条件は?手に入れるまでの最短ルートは?

エポス インビテーション

目次 タップできます• ただし、大前提として 同じ行動をすればゴールドになれる保証はありません。 人それぞれのクレジットカードの使用金額&使用頻度が異なります。 1つだけ言えるのは、現金払いをできる限りやめましょう。 少額でもいいので、クレジットカードをコツコツ利用しましょう。 何事も継続が大事です。 通常版のエポスカード(マルイクレジットカード)を発行 まず一般会員(通常)の【】を申請します。 年会費や更新料は無料です。 審査から発行までには1~2週間程度かかりました。 クレジットカードの審査条件は顧客に公表されていませんが、一定収入が継続してある方は早めに現金主義からキャッシュレス生活に移りましょう。 早めに申請する理由は カードの利用期間のためです。 利用1ヶ月でゴールドカードの案内は来ないので、エポスユーザーとして認知されるためにもコツコツ利用していきましょう。 エポスカードをメインのクレジットカードで使用 【エポスカードの活用場面】は以下の通りです。 日常でのショッピング(スーパーやコンビニなど)• インターネット通販• どんなに少額であってもクレジットカードの一括払いで使用しました。 分割やリボ払いの選択はしていません。 使用金額も高級なブランド品を買ったわけでもなく、一人暮らしの家計におさまる食費&生活費&雑費や通信費の積み重ねです。 毎月のエポスカードの引き落としで大きく占めたのは 固定費です。 電気代• ガス代• 水道代• 家賃 自分の場合は家賃もエポスカード経由にしてます。 選んだ賃貸物件が、たまたまルームID対応物件だったので家賃もクレジットカード経由の口座引き落としが可能でした。 ルームID対応物件ならエポスカード支払いでエポスポイントも貯まります。 200円で1ポイント貯まるので、家賃6万円なら毎月300ポイント貯まっていきます。 賃貸の保証人探しが面倒な人は、体験談を参考にしてみてください。 エポスカードの支払い遅延なし(インビテーションに悪影響)• エポスカードをメインカードで使用• 現金の支払いをできるかぎりカードに変更• 支払い遅延なし 3つの事をコツコツ継続した結果、 エポスゴールドカードへの招待(インビテーション)が届きました。 無料招待が郵送されてくるまでにかかった期間は半年~1年以内でした。 唯一のデメリットをあげるとしたら、固定費の支払いをクレジットカード払いに変更した事です。 キャッシュレス決済のポイント還元• 現金よりも使いすぎる傾向 使用回数や金額が多ければゴールドカードへの昇格に近づく一方で、通帳の残高を気にする頻度も増えます。 心配な方は事前に2つの対策がおすすめです。 【対策方法(スマホでも)】• マルイの公式アプリ 『エポスカード公式アプリ』をダウンロードしておきましょう。 アプリ内の『お支払い照会』で今回お支払い分の閲覧ができます。 利用明細も確認できるので、スマホをもっている人は必須なアプリです。 クレジットカードは使いわけがお得になります。 以下は体験談です。 【お得情報】『エポスカード公式アプリ』でコツコツとポイントを貯める方法 意外と見落としがちなので、ご参考までに。 買い物をしなくてもエポスポイントを貯めることができます。 また ゴールドカードにランクアップすれば貯めた ポイントの有効期限もなくなります。 今から準備しておくことをおすすめします。 アプリ内のポイントの貯め方は主に2つです アプリの『ゲーム』でエポスポイントを貯める トランプの数字のハイ(大きい)&ロー(小さい)を選ぶゲームです 1日1回のみですが最大3ポイントまで貯められます。 他にもエポスカード優先予約イベントなどもあるので、アプリを開いた際にはついでにチェックするとよいかもしれません。

次の