スナイデル サッカー。 不倫でいろいろあったサッカー選手20選、その1

スナイデルがガラタサライで指導者キャリアをスタートか【超ワールドサッカー】

スナイデル サッカー

かつて長友佑都とともにインテルでプレーした元オランダ代表MFヴェスリー・スナイデル。 オランダ代表史上最多キャップ記録(134試合出場)を持つレジェンドだ。 彼の発言がまた話題になっている。 『gianlucadimarzio. com』に対して、こう述べたそう。 ヴェスリー・スナイデル 「俺はメッシやロナウドのようになれた。 ただ単に気が向かなかっただけだ」 「俺は自分の人生を楽しんだ。 ディナーではワインを呷っただろう。 レオやクリスティアーノは違う、彼らは多大な犠牲を払っている。 自分はそれでいい。 それでもなお、俺のキャリアはすごかったぜ」 昨年末にも同様の発言をしたスナイデル。 2大巨頭のようにストイックにサッカーを極めるのではなく、飲酒を含めて現役中もそれなりに楽しんだということだろうか。 そのスナイデルがアヤックス時代からいかに凄かったのかが分かるスーパープレーがこれ(以下動画2分35秒~)。

次の

スナイデルが自身のキャリアを回想「メッシやロナウドのように…」

スナイデル サッカー

元オランダ代表MFヴェスレイ・ 36 に現役復帰する可能性があるようだ。 実兄であるジェフリー氏のコメントを引用してイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 昨年8月に現役を退いたスナイデル。 現役時代にはオランダ代表として最多の134試合に出場し、アヤックス、レアル・マドリー、インテル、ガラタサライなどでプレーし、スター選手として活躍した。 そのスナイデルは故郷のユトレヒトで現役復帰する可能性があるようだ。 ユトレヒト・アマチュアチームのテクニカルスタッフの一員であるジェフリー氏はスナイデルの近況について「ヴェスレイは減量しようとしている。 もう一度プレーができるかもしれないと言っていたんだ。 しばらくプレーから離れていたけど、今はフィールドに戻ってきてサッカーの感覚を取り戻しているところだ」とコメント。 オランダでは先日、代表のチームメートだったFWアリエン・ロッベンが故郷のフローニンヘンで現役復帰していたが、スナイデルも続くことになるのだろうか。 外部サイト.

次の

スナイデルが激太り?引退後2週間でどうなったのかを画像で比較!

スナイデル サッカー

先日、引退試合を終えたMF アルガラファ が、元チームメイトでベストイレブンを選出した。 これまでアヤックスやレアル・マドリー、インテルなどでプレーしてきたスナイデル。 インテルではUEFAチャンピオンズリーグ制覇を含む3冠を達成するなど、各クラブでタイトル獲得に貢献した。 また、2003年4月にデビューを果たしたオランダ代表では、2010年南アフリカ・ワールドカップ W杯 で準優勝を経験。 今月の引退試合まで同国歴代最多の134試合に出場し、31ゴールを記録した。 そんなスナイデルが今回ベストイレブンを選出。 メンバーは元チームメイトで構成したが、インテルで3冠を経験したメンバーが多く選ばれた。 アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどに在籍したファン・ペルシーは、1つ年下のスナイデルと所属クラブが同じだったことはないが、デビューを果たした2005年6月以降はオランダ代表でチームメイトだった。 だが、今回のベストイレブンにファン・ペルシーの名前はなかった。 同紙によると、2人には不仲説があった模様。 EURO2008でFKのキッカーの座を巡って口論になったことが始まりと伝えられている。 当時、スナイデルがキッカーに指定されていたが、ファン・ペルシーは「キッカーが彼だけというのはナンセンスだ」と公言していた。 今回、スナイデルがファン・ペルシーを選ばなかったことで、同紙は「彼のことを完全に許していないことを示唆している」と伝えている。

次の