電話番号。 海外での電話のかけ方・受け方

国際電話のかけ方!固定電話からでも携帯電話からでもかけられる [日常英会話] All About

電話番号

あなたは今、無料で使い捨ての電話番号を作れるサービスをお探しではないでしょうか? TwitterなどのSNSでは、電話番号を使ったSMS認証が必要です。 しかし、格安SIMを使っていて電話番号を持っていない方やサブアカウントを利用したい方は、電話番号が必要になり、困ってしまいますよね。 このページでは、 ばっちりSMS認証ができる電話番号登録サービスについて、お伝えします。 また、それぞれのサービスの使い方についても紹介しています。 お困りの方はぜひ参考にしてみてください。 日本で使える!無料で作れる使い捨て電話番号サービス一覧 日本で使える使い捨て電話番号が、気軽に取得できるサービスには• ブラステル• FUSION IP-Phone SMART があります。 その中でも特におすすめのサービスは、ブラステルです。 このサービスでは、アプリから簡単に電話番号が取得できるようになっています。 また、FUSION IP-Phone SMARTというサービスも、無料でアプリから電話番号が取得できるため、使い捨て電話番号として優秀です。 有料でもいいから、たくさんの電話番号を取得したいという方には、「Hushed」がおすすめです。 日本だけでなく、海外も含めてたくさんの電話番号の中から自由に選べます。 さらに利用期間まで選択できるので、複数の使い捨て電話番号を取得したい人におすすめです。 では、以下で詳しい特徴と使い方を説明していきます。 しかもアプリからの通話と、プリペイドSIMの2つから選べます。 ブラステルの特徴 ・アプリとSIMの2つから選べる ・ブラステル同士で使うと通話料が無料 ブラステルで取得できるのは、050から始まる電話番号です。 アプリ版に関しては、海外への通話ができるだけでなく、通話料が安いのも特徴になります。 また ブラステル利用者同士で通話すると、無料になるのも魅力的でしょう。 ちなみに、SIM契約のサービスもあり、データ容量のプランを1. 5GBと3GBから選べます。 もちろん4G・LTEの通信ができるので、ストレスなくインターネットが利用可能です。 使い方 ブラステルも気軽に始められるサービスなので、使い方は簡単です。 これからブラステルを使おうと思っている方は、次の流れで利用を開始してみましょう。 アプリをダウンロード 2. サインインする 3. 電話番号を取得する 4. テスト通話 このように、 スマホですべて準備できるので、気軽に通話が始められます。 アプリをダウンロード まずはアプリをダウンロードしましょう。 iOSはApple Storeから、AndroidはGoogle Playからダウンロードしてください。 アプリをタップしてトップページが表示されたら、自由にIDとパスワードを入力して、サインインしてください。 すると、ダイヤルの画面が表示されます。 ちなみにこの時点で、設定の許可などのシステムが表示されるはずです。 忘れずにすべて「許可」をタップしておきましょう。 電話番号を取得する 次に右下の「My Account」をタップし、下のメニューが表示されたら、「050番号」を選択してください。 下の画面のようにユーザーIDとPIN番号の入力画面が、表示されているはずです。 入力方法は、以下のように2つのパターンに分かれるので注意しましょう。 プラステルカードを持っている人 ブラステルカードのPIN番号 下4ケタ)を除いたアクセスコードをユーザーID欄に入力 プラステルカードを持っていない人 1. ユーザーID欄に「new」と入力してSign Inボタンをタップ 2. 簡単設定・新規登録をタップ 3. 必要事項を入力 ここまで入力できれば、画面の右上の「My 050」という部分の色が変わっているはずです。 色が変わっていれば、ここまでの作業は順調にクリアできています。 ダイヤルボタンを押して通話 ダイヤルの画面を見ればわかるように、右と左のマークに違いがあるはずです。 左の緑のボタンは、IP電話を利用する方法。 右の黄色のボタンは、従来の携帯電話の回線を利用した方法です。 アプリ名は「SMARTalk」といい、こちらからダウンロードできます。 FUSION IP-Phone SMARTの特徴 ・初期費用や月額料金が無料 ・初期設定が簡単ですぐ利用できる このサービスの大きな特徴は、気軽さ! 初期費用や月額料金が無料になっており、料金が発生するのは通話時のみになります。 初期設定も簡単で、アプリを導入後はすぐに使えます。 ちなみに050から始まる番号となっており、 登録すれば別の端末からも同じ番号が利用可能です。 使い方 気軽に使えるFUSION IP-Phone SMARTの使い方について、詳しく確認してみましょう。 大まかな流れは以下のようになります。 仮登録 2. 本登録 3. アプリダウンロード 4. ログイン これらの流れをひとつずつご紹介するので、参考にしてみてください。 仮登録 最初はをクリックし、メールアドレスを入力します。 ちなみにこのメールアドレスが、FUSION IP-Phone SMARTのアカウントとなるので、 メールアドレスが複数あるという方は、どれを登録したかメモしておきましょう。 その仮登録したメールアドレス宛に、FUSION IP-Phone SMARTからメールを受信すれば、仮登録が完了になります。 本登録 仮登録後に送られてきたメールから、本登録が開始できます。 本登録では個人情報などを登録し、クレジットカードの登録もしなければいけません。 ちなみに クレジットカード決済以外の申込みはしていないので、注意しましょう。 また1つのクレジットカードに対して、複数の電話番号を登録すると、番号発行手数料が500円発生します。 これらに注意しながら本登録が完了すれば、次の2つが手に入ります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらの2つは以下で行うログインに使うので、メモするなどして忘れないようにしてください。 万が一忘れたとしても、 FUSION IP-Phone SMARTのサイトにある「マイページ」から確認ができます。 アプリダウンロード ここまでできれば、残すはアプリをダウンロードして、ログインすれば通話ができるようになります。 iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、それぞれダウンロード可能です。 ログイン時には先ほど取得した、次のものが必要になります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらを入力すれば、通話ができるようになります。 ダイヤルをタップして通話 上記の2つを正しく入力し、ログインできれば取得した電話番号が、次のOSに合わせて色が変わります。 iOS 白 Android 緑 この色になったら、下に表示されたダイヤルをタップして、通話をしてみてください。 今までの携帯電話と同じように使えるはずです。 もともと外国で作られたものだけに、 日本だけでなく、海外の電話番号も作れてしまいます。 Hushedの特徴 ・電話番号の取得が簡単 ・指定した期間内だけ利用ができる 上記のサービスとの大きな違いは、自分で利用期間を指定して、その期間分の料金を支払う仕組みです。 また使い方に関してもかなり簡単なので、どのように取得するのか見てみましょう。 使い方 使い方としてはかなりシンプルです。 次のような流れで、使い捨て電話番号を取得してしまいましょう。 サインアップしてアカウント作成 2. 電話番号を取得したい国を選択 3. 購入して電話番号を取得 これだけで各国の電話番号が手に入ってしまいます。 サインアップしてアカウント作成 トップページを開くと次のような画面が表示されますが、そのままGet Startedというボタンをタップして、画面を進めましょう。 するとSign Inのページが出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力してください。 たくさんの画面が表示されますが、それらを画面の通りにタップして進めると、次のような画面が表示されます。 電話番号を取得したい国を選択 この画面が表示されれば、左下の「Get New Number」というボタンをタップしましょう。 これは新しい電話番号を取得するという意味です。 このようにたくさんの国の国旗が表示されるので、取得したい国を選んでください。 購入して電話番号を取得 国を選択後、電話番号を選ぶと、料金についての画面が表示されます。 利用できる期間によって、料金に違いがあるので注意しましょう。 ちなみに購入の場合は、iOSであればApple Storeに登録された、クレジットカードから引き落としになるようです。 つまり選択すれば、すぐに支払いが完了されるので、今すぐに電話番号を取得したい人も安心です。 その他の方法 上記で紹介した方法が、無難に使い捨ての電話番号を取得する方法です。 これらのサービス以外でも電話番号を気軽に取得したいのなら、次の方法も試してみましょう。 AirSIMを利用する Air SIMとは、名前のとおりSIMカードを使ったサービスです。 一見よくあるサービスと思えるでしょうが、 実は指定されたゲームで遊ぶと、利用料金が無料になるというメリットがあります。 SIMカードなので、もちろん今使っている端末はそのままで、気軽に電話番号が変えられるでしょう。 SMSも利用できるので、さまざまな使い方ができます。 なおかつ、ドコモの回線を利用しているので、繋がりやすい点も大きな魅力です。 格安simの普及率は、まだスマホユーザーの15%程度だと言われています。 引用元: 格安SIMのユーザーは、まだそれほど多くないようですが、使ってみると案外、通常のスマホと変わらず使えるので、試してみてください。 まとめ 以下の文献にもあるように、本来SMS認証はセキュリティ対策のために行われるものですが、 それによって利用したいサービスに登録できないとなると、元も子もありませんよね。 サービス提供者は誰でも見ることができる場所に暗号化キーを掲示するといった方法で はなく、SMS(Short Message Service)で暗号化キーを個別に送信したり、暗号化キーを定期的 に変更したりするなど、盗聴への抑止効果が期待できる提供方法の工夫が求められる。 引用元: SMS認証で困っている方は、使い捨てができる電話番号サービスを利用してみてください。 特に初めに紹介したブラステルは、アプリから簡単に電話番号を取得することができておすすめですよ。

次の

電話番号に付ける日本の「国コード」の書き方は? 携帯電話の番号にはどうやって表記するの?

電話番号

国際化している現在、海外にいる人に国際電話をかける必要が出てくることもあります。 いざ国際電話をかけるときに、海外の電話番号にはどのように電話をかければいいのかを実はよく知らないと戸惑う人もいるでしょう。 海外に電話をかけるときには、国内に電話をかけるときとは違って、知っておかなければいけない国際電話のかけ方のルールがあります。 海外に電話をかけるときには、どのような電話番号で書ければよいのか、日本国内にかける場合と何が同じで何が違うのかなどを知っておく必要があります。 固定電話からかける場合と携帯電話でかける場合でかけ方も違ってきます。 具体的にどのような違いがあるのか、かけ方をそれぞれ見ていきましょう。 海外の電話番号にかけるときには、国内に電話をかけるかけ方では、相手の国へ国際電話をかけることはできません。 例えば固定電話で海外に国際電話をかけるには、海外にかけられる国際通話を扱っている電話会社をまず選ぶ必要があります。 その場合、マイラインに登録しているかしていないかで、かけ方が変わってきます。 国際電話で海外の電話番号にかけるには、海外のそれぞれの国を識別する国番号をそれぞれの電話番号につける必要があります。 そのうえで、国内の電話番号とは違った国番号をつけた海外の電話番号にかける必要もあります。 携帯電話で海外の電話番号に国際電話をかける場合には、携帯電話会社をそれぞれ経由することになるので、固定電話とはかけ方が変わってくる場合があります。 固定電話から海外の電話番号へ国際電話をかける場合、まず、使いたい国際通話電話会社を選ぶ必要があります。 国際電話を扱っている会社には、KDDIやNTTコミュニケーションズなどがあります。 マイラインで国際電話会社を登録している場合は、各電話会社の識別番号を最初に押さない限り、マイラインで登録した会社に自動的に接続になります。 マイラインに登録がない場合は、電話会社の識別番号、例えばKDDIなら「001」NTTコミュニケーションズなら「0033」を押す必要があります。 国際通話の電話会社を選択し番号を押したら、続けて国際電話識別番号の「010」を押して、国際電話をかけます。 「010」が日本で国際電話をかけるときに必要な番号です。 その後に続けて、国番号と電話番号を押します。 携帯電話から海外の電話番号に国際電話をかけるには、固定電話とは入力する電話番号が違います。 携帯電話で国際電話をかける場合、携帯電話会社を経由して国際電話をかけるので、固定電話のように国際電話会社を選ぶ必要はありません。 ただし、携帯電話会社ごとに海外の電話番号の入力方法が異なる場合もあるので、注意が必要です。 国際電話をかける際の基本的な認識としては、固定電話と同じです。 国際電話を認識する番号を電話番号につける必要があります。 契約している携帯電話会社ごとに入力方法が違うので注意しましょう。 マイラインの登録がない場合の国際電話のかけ方 (国際通話の電話会社の番号)(010)(国番号)(相手の電話番号) マイラインの登録がある場合の国際電話のかけ方 (010)(国番号)(相手の電話番号) 具体的に見てみましょう。 マイラインに登録がなくKDDIでドイツの電話番号(0123)456789にかけるときの電話番号はこうなります。 (001)(010)(49)(123456789) マイラインに登録があれば「001」は必要ありません。 「010」からかけられます。 ドイツの国番号は「49」です。 国番号は国ごとに違います。 例えばアメリカの国番号は「1」、中国は「86」、イギリスは「44」などそれぞれ違います。 電話番号の最初の「0」は、国内の電話番号にかけるときの番号である場合が多いです。 通常国際電話をかけるときは、国番号に続けて相手の電話番号の「0」を除いた番号を続けて押します。 続けて相手の国番号と電話番号を入力します。 入力したら通話ボタンを押します。 日本から海外へ国際電話をかけるのには、相手の電話番号の他にその国の電話番号が必要です。 事前に相手の国の国番号を知っておかなければ、国際電話をかけることができません。 国際電話をかけるのは、日本から海外にいる相手にかけるときだけではありません。 海外に出張に行ったり、旅行に行ったりした場合に、例えば滞在しているホテルの電話から日本にかける場合には海外から国際電話をかけることになります。 日本から持っていった携帯電話を現地でそのまま使う場合は、日本の携帯電話会社が電話料金も払ってくれるので国際電話を使う必要はありません。 もし携帯電話がなく、現地の国際電話を使って、ホテルや海外の友人の固定電話から日本にかける場合は、日本に国際電話をかけることになります。 その場合には日本の電話番号をそのままではかけられません。 日本の携帯電話を現地に持っていけば、いつも登録している番号に日本の携帯電話からそのままかけられるので、国際電話の必要はありません。 もし、日本から持っていった携帯電話が壊れてしまったり、日本の携帯電話が使えなくなってしまったら、国際電話をかけるしかありません。 海外で何かあったときのために、日本への国際電話のかけ方も知っておきましょう。 海外から日本へ電話をするときには、まず、各国の国際電話識別番号を押してから次に日本の国番号を押します。 各国の国際電話識別番号は日本での「010」に当たる番号です。 滞在国の国際電話の識別番号やかけ方がどうなのかは、旅行用のガイドブックやインターネットで調べておきましょう。 日本の国番号は「81」です。 海外から日本の相手へかける場合のかけ方 (国際電話識別番号)(81)(「0」を除いた相手の電話番号) 海外に転勤や引越しになった人の海外の電話番号や、海外にいる外国人の友人などの海外の電話番号を教えてもらったりしたときに、どのように入力すればよいのかわからない人もいます。 海外への国際電話をかけるときに使う「+」の記号は、スマホや携帯電話で数字「0」のボタンを長押しすると表示される機種が多いです。 海外にいる相手の電話番号を教わったら「0」を長押しして「+」を表示させて、まず「+」の後に相手の国番号を入れましょう。 国番号に続いて「0」を除いた電話番号を連絡先に入れておけば、携帯から海外にいる相手の電話番号にショートメッセージを送ったり、電話をかけるときに便利です。 電話番号の桁数は固定電話でも携帯でも日本ではほぼ桁数が決まっています。 海外でも同じような桁数だと思う人もいるでしょう。 海外での電話番号の長さは、日本とは同じとは限りません。 その国ごとに決まりは違います。 固定の電話番号が日本よりも短めの国があったり、携帯電話の電話番号が日本よりもずっと長い国などもあります。 海外の電話番号は長かったり短かったりしますが、ひとつでも番号を間違えたら、間違い電話になってしまいます。 海外の電話番号は、国際識別番号や国番号を始め長くなることが多いので、押し間違いに気をつけましょう。 国際電話に自信がない人は、オペレーターを通した国際電話番号にかけるという選択肢もあります。 海外の電話番号は、海外の電話会社と契約すれば、海外の電話番号を取得可能です。 現地に住所がない場合は登録できない会社や国もあります。 プリペイドカードのSIMカードなど、滞在先住所で登録できたりするものもあります。 仕事で頻繁に海外に訪れる場合、その国のSIMカードを現地の携帯会社で取得しておけば海外の電話番号を持つことができます、海外出張や旅行で現地に入国するたびに、現地のSIMカードをSIMフリー携帯に入れ替えれば、現地の海外の電話番号を現地でそのまま使用することが可能です。 SIMカードだけでなく安い現地の携帯電話をひとつ持っておけば、SIMを入れ替えることなく、海外での通話を現地の通話料金だけでそのまま使用することもできます。 海外への電話番号に通話する際に特に気をつけなければならないのが、通話時間です。 国際電話料金は各電話会社ごとに異なりますが、国際電話料金は日本国内へかけるよりも高額なのが通常です。 久しぶりに話す友人など、海外の遠くにいる人と思わず話し込んでしまってあっという間に時間がすぎてしまうようなことが合ったら要注意です。 あとから驚くような金額の請求がくることになってしまいかねません。 国際電話の料金は国ごとに異なります。 相手先への通話料金が1分いくらなのかを事前に把握しておく必要があります。 電話会社によっては、かける時間帯によって料金が変わる場合もあります。 海外へ国際電話をかける際には、通話時間に気をつけながら通話をする必要があります。 日本の携帯電話は、海外でも国内そのままの電話番号が使えることが多く、国際電話も楽に使えます。 日本にいる家族からの連絡も同じ番号にそのままかけてもらえれば良いので、便利です。 気をつけなければならないのが、海外での通話料金です。 海外で自分から日本に国際電話をする際の通話料金はもちろんですが、日本の携帯電話をそのまま使う場合、日本からの電話を受信して話すと受信料が通話料とは別にかかります。 日本では通常電話を受信しても相手が通話料を払うだけで、受ける側は受信料は払わないのが普通です。 海外で日本の携帯電話を使用した場合、電話を受信するだけで、受信した側も受信料を払う場合がほとんどです。 海外での通話料には、発信だけでなく受信にも気をつけましょう。 海外の電話番号に通話をする機会が最近は増えたという人も近頃は少なくないでしょう。 海外の電話番号にかけることはもちろん、海外から日本に電話をかける機会が増えているという人も少なくありません。 旅行や出張で便利な海外でそのまま使える携帯電話も含めていろいろな方法もありますが、気をつけなければ海外との通話は高額になることも多くあります。 海外にいる取引先や、家族や友人に緊急で伝えたいことがあったり、インターネットや携帯電話が使えなくなった場合にも、正しい国際電話のかけ方を知っておくことが有効になります。 海外の電話番号との通話は、まず正しい国際電話の知識と方法を知ることが必要です。 海外の電話番号への通話の正しい知識と方法を知って、快適に賢く国際電話を使いましょう。

次の

総務省|電気通信番号制度|電気通信番号指定状況

電話番号

あなたは今、無料で使い捨ての電話番号を作れるサービスをお探しではないでしょうか? TwitterなどのSNSでは、電話番号を使ったSMS認証が必要です。 しかし、格安SIMを使っていて電話番号を持っていない方やサブアカウントを利用したい方は、電話番号が必要になり、困ってしまいますよね。 このページでは、 ばっちりSMS認証ができる電話番号登録サービスについて、お伝えします。 また、それぞれのサービスの使い方についても紹介しています。 お困りの方はぜひ参考にしてみてください。 日本で使える!無料で作れる使い捨て電話番号サービス一覧 日本で使える使い捨て電話番号が、気軽に取得できるサービスには• ブラステル• FUSION IP-Phone SMART があります。 その中でも特におすすめのサービスは、ブラステルです。 このサービスでは、アプリから簡単に電話番号が取得できるようになっています。 また、FUSION IP-Phone SMARTというサービスも、無料でアプリから電話番号が取得できるため、使い捨て電話番号として優秀です。 有料でもいいから、たくさんの電話番号を取得したいという方には、「Hushed」がおすすめです。 日本だけでなく、海外も含めてたくさんの電話番号の中から自由に選べます。 さらに利用期間まで選択できるので、複数の使い捨て電話番号を取得したい人におすすめです。 では、以下で詳しい特徴と使い方を説明していきます。 しかもアプリからの通話と、プリペイドSIMの2つから選べます。 ブラステルの特徴 ・アプリとSIMの2つから選べる ・ブラステル同士で使うと通話料が無料 ブラステルで取得できるのは、050から始まる電話番号です。 アプリ版に関しては、海外への通話ができるだけでなく、通話料が安いのも特徴になります。 また ブラステル利用者同士で通話すると、無料になるのも魅力的でしょう。 ちなみに、SIM契約のサービスもあり、データ容量のプランを1. 5GBと3GBから選べます。 もちろん4G・LTEの通信ができるので、ストレスなくインターネットが利用可能です。 使い方 ブラステルも気軽に始められるサービスなので、使い方は簡単です。 これからブラステルを使おうと思っている方は、次の流れで利用を開始してみましょう。 アプリをダウンロード 2. サインインする 3. 電話番号を取得する 4. テスト通話 このように、 スマホですべて準備できるので、気軽に通話が始められます。 アプリをダウンロード まずはアプリをダウンロードしましょう。 iOSはApple Storeから、AndroidはGoogle Playからダウンロードしてください。 アプリをタップしてトップページが表示されたら、自由にIDとパスワードを入力して、サインインしてください。 すると、ダイヤルの画面が表示されます。 ちなみにこの時点で、設定の許可などのシステムが表示されるはずです。 忘れずにすべて「許可」をタップしておきましょう。 電話番号を取得する 次に右下の「My Account」をタップし、下のメニューが表示されたら、「050番号」を選択してください。 下の画面のようにユーザーIDとPIN番号の入力画面が、表示されているはずです。 入力方法は、以下のように2つのパターンに分かれるので注意しましょう。 プラステルカードを持っている人 ブラステルカードのPIN番号 下4ケタ)を除いたアクセスコードをユーザーID欄に入力 プラステルカードを持っていない人 1. ユーザーID欄に「new」と入力してSign Inボタンをタップ 2. 簡単設定・新規登録をタップ 3. 必要事項を入力 ここまで入力できれば、画面の右上の「My 050」という部分の色が変わっているはずです。 色が変わっていれば、ここまでの作業は順調にクリアできています。 ダイヤルボタンを押して通話 ダイヤルの画面を見ればわかるように、右と左のマークに違いがあるはずです。 左の緑のボタンは、IP電話を利用する方法。 右の黄色のボタンは、従来の携帯電話の回線を利用した方法です。 アプリ名は「SMARTalk」といい、こちらからダウンロードできます。 FUSION IP-Phone SMARTの特徴 ・初期費用や月額料金が無料 ・初期設定が簡単ですぐ利用できる このサービスの大きな特徴は、気軽さ! 初期費用や月額料金が無料になっており、料金が発生するのは通話時のみになります。 初期設定も簡単で、アプリを導入後はすぐに使えます。 ちなみに050から始まる番号となっており、 登録すれば別の端末からも同じ番号が利用可能です。 使い方 気軽に使えるFUSION IP-Phone SMARTの使い方について、詳しく確認してみましょう。 大まかな流れは以下のようになります。 仮登録 2. 本登録 3. アプリダウンロード 4. ログイン これらの流れをひとつずつご紹介するので、参考にしてみてください。 仮登録 最初はをクリックし、メールアドレスを入力します。 ちなみにこのメールアドレスが、FUSION IP-Phone SMARTのアカウントとなるので、 メールアドレスが複数あるという方は、どれを登録したかメモしておきましょう。 その仮登録したメールアドレス宛に、FUSION IP-Phone SMARTからメールを受信すれば、仮登録が完了になります。 本登録 仮登録後に送られてきたメールから、本登録が開始できます。 本登録では個人情報などを登録し、クレジットカードの登録もしなければいけません。 ちなみに クレジットカード決済以外の申込みはしていないので、注意しましょう。 また1つのクレジットカードに対して、複数の電話番号を登録すると、番号発行手数料が500円発生します。 これらに注意しながら本登録が完了すれば、次の2つが手に入ります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらの2つは以下で行うログインに使うので、メモするなどして忘れないようにしてください。 万が一忘れたとしても、 FUSION IP-Phone SMARTのサイトにある「マイページ」から確認ができます。 アプリダウンロード ここまでできれば、残すはアプリをダウンロードして、ログインすれば通話ができるようになります。 iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playで、それぞれダウンロード可能です。 ログイン時には先ほど取得した、次のものが必要になります。 ・SIPアカウント ・パスワード これらを入力すれば、通話ができるようになります。 ダイヤルをタップして通話 上記の2つを正しく入力し、ログインできれば取得した電話番号が、次のOSに合わせて色が変わります。 iOS 白 Android 緑 この色になったら、下に表示されたダイヤルをタップして、通話をしてみてください。 今までの携帯電話と同じように使えるはずです。 もともと外国で作られたものだけに、 日本だけでなく、海外の電話番号も作れてしまいます。 Hushedの特徴 ・電話番号の取得が簡単 ・指定した期間内だけ利用ができる 上記のサービスとの大きな違いは、自分で利用期間を指定して、その期間分の料金を支払う仕組みです。 また使い方に関してもかなり簡単なので、どのように取得するのか見てみましょう。 使い方 使い方としてはかなりシンプルです。 次のような流れで、使い捨て電話番号を取得してしまいましょう。 サインアップしてアカウント作成 2. 電話番号を取得したい国を選択 3. 購入して電話番号を取得 これだけで各国の電話番号が手に入ってしまいます。 サインアップしてアカウント作成 トップページを開くと次のような画面が表示されますが、そのままGet Startedというボタンをタップして、画面を進めましょう。 するとSign Inのページが出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力してください。 たくさんの画面が表示されますが、それらを画面の通りにタップして進めると、次のような画面が表示されます。 電話番号を取得したい国を選択 この画面が表示されれば、左下の「Get New Number」というボタンをタップしましょう。 これは新しい電話番号を取得するという意味です。 このようにたくさんの国の国旗が表示されるので、取得したい国を選んでください。 購入して電話番号を取得 国を選択後、電話番号を選ぶと、料金についての画面が表示されます。 利用できる期間によって、料金に違いがあるので注意しましょう。 ちなみに購入の場合は、iOSであればApple Storeに登録された、クレジットカードから引き落としになるようです。 つまり選択すれば、すぐに支払いが完了されるので、今すぐに電話番号を取得したい人も安心です。 その他の方法 上記で紹介した方法が、無難に使い捨ての電話番号を取得する方法です。 これらのサービス以外でも電話番号を気軽に取得したいのなら、次の方法も試してみましょう。 AirSIMを利用する Air SIMとは、名前のとおりSIMカードを使ったサービスです。 一見よくあるサービスと思えるでしょうが、 実は指定されたゲームで遊ぶと、利用料金が無料になるというメリットがあります。 SIMカードなので、もちろん今使っている端末はそのままで、気軽に電話番号が変えられるでしょう。 SMSも利用できるので、さまざまな使い方ができます。 なおかつ、ドコモの回線を利用しているので、繋がりやすい点も大きな魅力です。 格安simの普及率は、まだスマホユーザーの15%程度だと言われています。 引用元: 格安SIMのユーザーは、まだそれほど多くないようですが、使ってみると案外、通常のスマホと変わらず使えるので、試してみてください。 まとめ 以下の文献にもあるように、本来SMS認証はセキュリティ対策のために行われるものですが、 それによって利用したいサービスに登録できないとなると、元も子もありませんよね。 サービス提供者は誰でも見ることができる場所に暗号化キーを掲示するといった方法で はなく、SMS(Short Message Service)で暗号化キーを個別に送信したり、暗号化キーを定期的 に変更したりするなど、盗聴への抑止効果が期待できる提供方法の工夫が求められる。 引用元: SMS認証で困っている方は、使い捨てができる電話番号サービスを利用してみてください。 特に初めに紹介したブラステルは、アプリから簡単に電話番号を取得することができておすすめですよ。

次の