宅 建 業法 試験。 宅建試験の試験科目について知ろう|宅建試験コラム

宅建業法[01]宅地建物取引業

宅 建 業法 試験

宅建業法の出題数と頻出分野 宅建業法は、宅建士試験で最も重要な科目となり、例年20問前後出題されます。 権利関係と宅建業法で全出題数の7割近くを占めているため、宅建業法で点が取れないと、合格できる可能性は低くなります。 宅建業法は全86条の法文ですが、その全ての事項から満遍なく出題されるわけではありません。 主に出題されるのは、ルールの根幹になる部分と、消費者保護に関する部分となります。 なお、ルールとなる部分が、「免許」「宅地建物取引士」「営業保証金」などにあたり、消費者保護の部分が「35条書面」「37条書面」「クーリングオフ」などです。 過去問を解くときも、その問題が何をテーマにしているのかを意識するだけでも、理解力が変わってきます。 たとえば、「クーリングオフ」であれば消費者保護のための規定となるため、「より消費者にとって有利であるべきだ」という判断基準を持つことができます。 答えに迷ったときは、このような判断基準が助けてくれることも少なくはありません。 頻出というより、毎年必ず出題されると考えておいたほうが良いでしょう。 宅建業法の35条が、重要事項説明について定めた規定となるため、このように35条書面と言われます。 なお、35条書面には、出題ポイントがいくつもあります。 書面交付の時期• 書面の記載内容• 説明義務者• 説明方法• 記名押印義務者 などがあります。 これら一つひとつが頻出問題のため、確実に覚えておく必要があります。 また、宅建業法は、ひねった問題よりも素直な暗記問題が多いのでコツコツした暗記が有効です。 そのため、宅建業法は真面目に勉強すればするだけ点が取れるので頑張りましょう。 37条では契約について規定されているので、37条書面と言われています。 なお、37条書面も、毎年必ず出題されると考えておくべきテーマです。 交付時期• 記載内容• 交付相手• 記名押印義務者 など、覚えることがたくさんあります。 また、35条書面とよく似ているので、似ているところを突いてくる問題も出題されます。 内容を何となくで覚えてしまっていると、そこで間違えてしまう恐れがあります。 そのため、37条書面の勉強をするときは、35条書面との違いを意識しながら勉強すると良いでしょう。 なお、表にして見比べてみると違いがわかり、覚えやすくなります。 35条書面同様、37条書面も実際の不動産取引での契約事項を定めているので、細かく具体的な規定になっています。 なぜそのような規定が必要なのか、実際の取引を想像しながら勉強を進めていくと良いでしょう。 宅建業者を制限するルールであるとともに、消費者保護のための規定でもあります。 そのため、取引の相手方が宅建業者であれば、制限にはかかりません。 この8種制限も、毎年出題されると考えておいたほうが良いポイントです。 なお、具体的な制限は以下の通りです。 自己所有でない物件の売買契約締結の制限• クーリングオフ制度• 損害賠償予定額と違約金の上限(合計が売買代金の2割まで)• 解約手付と手付金額の上限(売買金額の2割まで)• 買主に不利な契約不適合責任の特約無効• 手付金の保全• 割賦販売契約の解除制限• 所有権を留保した売買契約禁止、引き渡し後の譲渡担保禁止 これら8種の制限については、どれも重要な論点となるため、一つひとつ丁寧に覚えましょう。 また、宅建業者が自ら売り主となる場合の制限なので、一般消費者が売り主となるときにはこの制限は適用されません。 売主、買主が誰かによって制限のあり・なしが異なるので、問題文をよく読みましょう。 クーリングオフについては、過去問を解きながら正確に覚えることが必要です。 クーリングオフの問題には、細かな点を聞いてくる問題が多く、例えば、申し込みの場所などです。 宅建業者の事務所等以外で申し込みをすると、クーリングオフが可能です。 では、「事務所等以外」とは、どの場所を指すのでしょうか。 買主の自宅は事務所等以外に該当しますが、買主が希望して自宅で申し込みした際には、クーリングオフの適用外になります。 この場合、「自宅等に居座られて断り切れずに申し込みしてしまう」ということが考えにくいからです。 このように、クーリングオフの問題は、場合分けをして正確に覚える必要があります。 また、単に丸暗記するよりも、その理由を考えながら納得して覚えたほうが記憶の定着は良いでしょう。 そのため、常に「なぜ?」と考える癖を付けておきましょう。 宅建業法は満点を目指そう! 宅建業法は、宅建士試験で最も重要な科目です。 出題数も例年20問前後あり、この科目で点が取れなければ合格は難しくなってきます。 また、宅建士試験はだいたい7割以上の得点で合格することができます。 だからと言って、宅建業法も7割取れれば良いと考えるのは危険です。 権利関係の民法や不動産登記法の難易度が高いので、宅建業法は満点を狙うくらいの気持ちで勉強する必要があります。 また、宅建業法は出題数が多く、過去問の蓄積が豊富です。 出題される範囲も決まっているので、過去問で十分な対策が可能です。 問題は当てはめ問題ではなく、暗記で対応できるものが多いので、コツコツ勉強した人ほど点が取れる科目と言えます。 そして、暗記を嫌がらずに勉強すれば、宅建業法は満点を狙えます。 モチベーションとしては、満点を狙って最終的に9割程度取れると望ましいでしょう。 最初から、「7割、8割取れれば良い」という考え方だと、そのレベルを超えることはできません。 他の科目よりも、宅建業法には特に力を入れて万全の状態でのぞむようにしましょう。 宅建業法の過去問を見てみよう 宅建業法では、過去問を解くことで覚えるべきことが見えてくることがあります。 [問27] 平成29年度 改題 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法及び民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 ア 売買契約において、目的物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合にその不適合について買主が売主に通知すべき期間を引渡しの日から2年間とする特約を定めた場合、その特約は無効となる。 イ 売買契約において、売主の責めに帰すべき事由によって目的物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合のみ引渡しの日から1年間担保責任を負うという特約を定めた場合、その特約は無効となる。 ウ Aが目的物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合にその不適合について担保責任を負う期間内においては、損害賠償の請求をすることはできるが、契約を解除することはできないとする特約を定めた場合、その特約は有効である。 (1)一つ (2)二つ (3)三つ (4)なし これは、8種制限の典型的な問題です。 問題文に「自ら売主として」「宅地建物取引業者でない買主」とあるので、8種制限がかかる場面だということが分かります。 このように、問題文できちんと前提を確認することが大切です。 また、選択肢はどれも基本的な内容となります。 ただし、この問題は「いくつあるか問題」といって、全ての選択肢を判断しなければならないので、消去法では選べません。 そのため、過去問を解くときは何について聞かれているのかを意識しつつ、条文やテキストを思い出して解いていくと良いでしょう。 宅建業法の勉強法 宅建士試験だけに限らず、資格試験は過去問中心の繰り返し学習が合格への近道です。 なぜなら、重要論点は何度も繰り返し出題されるので、過去問は本試験の問題に直結しています。 それに加えて、宅建士の勉強は科目ごとにどこに意識を置くかも重要です。 たとえば、民法は当てはめ問題が多いので、問題文に即して考えることが必要です。 なんとなく過去問をしているだけでは、少し問題文が変わっただけで対応できなくなってしまうことがあります。 そのため、民法は「どの条文を、どの部分に当てはめて考えるべきか」ということを意識しながら勉強する必要があります。 一方、宅建業法は暗記が点数を大きく左右します。 これは、宅建業法が民法と比べて、より具体的なルールを定めた法律だからです。 期間や金額、割合など細かい数字も多いので、それらをしっかり暗記しましょう。 暗記したことは、すぐに忘れてしまいやすいものの、忘れるスピードに抵抗して問題演習で知識を定着させることが大切です。 まとめ 宅建業法は暗記しなければならない部分が多いので、面倒やつまらないと感じる人も多いかと思います。 しかし、実務に直結する法律なので、避けては通れません。 また、暗記すればするほど問題が解けるようになるので、そこをモチベーションにコツコツ暗記しましょう。

次の

令和2年度(2020)宅建試験日、申し込み日程と概要について【宅建 2020】

宅 建 業法 試験

満点を狙わない 宅建試験では,31~36点で推移しています。 そのため, 36点を目標に学習を進めていけば,十分合格を視野に入れることができます。 そして,過去問の焼き直しのような問題も多く出題され,実際に出題されるポイントが限られる宅建試験では,7割の得点を目指すことは,それほど難しいものではありません。 一方,例えば,9割である45点を目指そうとすると,頻出ではない分野についてもしっかりと学習しなければならなくなりますので,一気に勉強量が増加し,非常に効率が悪くなります。 何点で受かっても合格は合格です。 効率良く合格するためにも,満点ではなく7割の得点を目指して,学習しましょう。 点数を取りやすい科目から取る 7割の得点を目指すといっても,すべての科目で7割得点できるようにする必要はありません。 簡単な科目で8割を取れれば,難しい科目の得点率は6割でよいのです。 得点源にしたい科目は, 何といっても宅建業法です。 一方,権利関係は,民法,借地借家法,不動産登記法,区分所有法からの出題となります。 いずれの科目も本格的に学ぼうとすると,大変な労力がかかります。 また,税その他も範囲が広く,実務的な問題も多いため,点を取りにくい分野です。 科目 配点 目指す得点 権利関係 14点 7~8点 宅建業法 20点 16~17点 法令上の制限 8点 6点 税その他 8点 5~6点 合計 50点 36点 過去問演習の重要性 宅建試験では,過去問の焼き直しのような問題が多く出題され, 過去問からの出題が7割とも8割とも言われています。 そのため,過去問演習を学習の中心にして,取り組んでいくことになります。 過去問の中には,毎年のように出題される重要な問題も多いですが,いわゆる難問・奇問もあります。 難問・奇問は相手にする必要がありませんので,重要問題に注力して,これらが出題されたら確実に得点できるようしっかりと準備をしましょう。 また,過去問演習をする際には,出題形式にも着目しましょう。 例えば,テキストに書いてあることがそのまま肢になっているのか,その知識を事例の形に変形して聞いているのかによって,その問題の難易度は大きく変化します。 変形問題が出題される科目(権利関係等)では,解き方も身につけなければ,高得点は望めません。 科目ごとの学習方法 権利関係 内容そのものが難しい上に,範囲も膨大です。 しかも,テキストに書いてある言葉がそのまま問題になるのではなく,それを具体的な事例の形で聞いてくることもあります。 そのため,宅建受験生の多くが権利関係(特にその中心となる民法)に対して,大きな苦手意識を持っています。 攻略のコツは深入りせずに, 頻出の分野に絞って学習することと問題の解き方をマスターすることにあります。 分からないことがあってもあまり気にせずにどんどん先に進み,問題演習を積んでいくとともに,細かいことは思い切って捨ててしまうというスタンスで学習を進めていきましょう。 宅建業法 最も対策しやすい科目ですので,しっかりと学習しましょう。 内容もそれほど難しくないですし,過去問で問われた知識が繰り返し出題されているので,過去問を中心に周辺知識まで覚えて,ぜひとも得点源にしましょう。 法令上の制限 難しい言葉が出てきたり,多くの数字が出てくるので,混乱しやすい科目ですが,宅建業法と同様に出題パターンが限られているので, 用語と数字を意識して一度覚えてしまえば,安定した得点源になります。 最初は難しく感じるかもしれませんが覚えるべきポイントさえ分かってしまえば,様々な法律や制度と比較しながら覚えていくだけで点数が伸びていきます。 税その他 この科目では,税金に関する知識のほか,不動産鑑定評価や統計情報,景表法など,様々な分野から出題されます。 とても多くの分野から出題されるので,的が絞りにくく,覚える量も多くなりがちです。 そこで,短時間で要点のみを押さえるような学習方針をとって, 過去問で出題された問題以外は,手を広げないようにしましょう。 宅建試験 入門総合講義/入門総合カリキュラム• 概要:これから学習を開始して,宅建試験の合格を目指す方を対象とした講義/カリキュラムです。 対象:これから学習を開始して,宅建試験の合格を目指す方•

次の

「宅建業法」の出題内容と勉強法は?

宅 建 業法 試験

最新情報 6月29日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ほぼほぼアレルギーさん 《》 総投稿数:1 6月29日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ほぼほぼさん 《》 総投稿数:3 6月12日平成17年試験の解説が完成しました。 5月22日掲示板でのご要望を受けて、解説内の図解を一覧できるページを作成してみました。 4月2日権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 3月21日令和元年試験の解説が完成しました。 3月19日宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2月25日平成18年試験の解説が完成しました。 【2019年】 12月17日いつの間にか過去問道場の利用者が1,000人突破していました。 現時点で1,144人です。 12月5日令和元年の試験問題を追加しました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 10月7日平成19年試験の解説が完成しました。 市販過去問集並みの12年分の提供に達しました。 9月10日令和元年試験用の統計問題 問48 対策ページを公開しました。 6月6日平成21年試験の解説が完成しました。 ようやく10年分までアップできました。 3月13日平成22年試験の解説が完成しました。 2月28日平成30年試験の解説が完成しました。 1月22日平成23年試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月20日平成24年試験の解説をアップしました。 12月18日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月7日平成30年の試験問題を追加しました。 12月5日試験統計に平成30年のデータを追加しました。 11月30日平成25年試験の解説をアップしました。 10月19日平成26年試験の解説をアップしました。 10月15日平成28年試験の解説をアップしました。 10月3日平成27年試験の解説をアップしました。 8月6日平成29年試験の解説をアップしました。 7月30日宅建業法等の出題論点を7つの細目に分類しました。 7月25日平成15年から平成12年の過去問題200問を追加しました。 7月6日新しく宅建試験の過去問解説サイトを公開しました。 後発組ではありますが、今後、解説やシステムを充実させ宅建試験対策の決定版と呼ばれるWebサイトに育てていきたいと思っています。 )の規定によれば、正しいものはどれか。 なお、この問において一般媒介契約とは、専任媒介契約でない媒介契約をいう。 平成28年 問27 [宅地建物取引業法等]• AがBと一般媒介契約を締結した場合、当該一般媒介契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を、法第34条の2第1項に規定する書面に記載する必要はない。• AがBと専任媒介契約を締結した場合、当該宅地の売買契約が成立しても、当該宅地の引渡しが完了していなければ、売買契約が成立した旨を指定流通機構に通知する必要はない。• AがBと一般媒介契約を締結した場合、当該宅地の売買の媒介を担当するAの宅地建物取引士は、法第34条の2第1項に規定する書面に記名押印する必要はない。• Aは、Bとの間で締結した媒介契約が一般媒介契約であるか、専任媒介契約であるかを問わず、法第34条の2第1項に規定する書面に売買すべき価額を記載する必要はない。 媒介契約書面には、当該一般媒介契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かを、必ず記載する必要があります。 宅地建物取引業者は、指定流通機構への登録に係る宅地又は建物の売買又は交換の契約が成立した場合、その旨を指定流通機構へ遅滞なく通知しなければなりません( 宅建業法34条の2第7項)。 前項の宅地建物取引業者は、第五項の規定による登録に係る宅地又は建物の売買又は交換の契約が成立したときは、国土交通省令で定めるところにより、遅滞なく、その旨を当該登録に係る指定流通機構に通知しなければならない。 [正しい]。 34条書面への記名押印は、宅地建物取引士ではなく宅地建物取引業者が行います。 売買又は交換の媒介契約を締結したときは、遅滞なく書面を作成して記名押印し、依頼者にこれを交付する必要があります( 宅建業法34条の2第1項)。 宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買又は交換の媒介の契約(以下この条において「媒介契約」という。 )を締結したときは、遅滞なく、次に掲げる事項を記載した書面を作成して記名押印し、依頼者にこれを交付しなければならない。 一般媒介契約であるか、専任媒介契約であるかを問わず、34条書面には売買すべき価額を記載しなければなりません( 宅建業法34条の2第1項2号)。 当該宅地又は建物を売買すべき価額又はその評価額 したがって正しい記述は[3]です。

次の