街コン 20代。 街コンの女性の服装|6つのNGとおすすめコーデ全21パターンを紹介

東京の20代の街コン一覧

街コン 20代

感想1:20代前半から中盤ぐらいの人が多い 僕が街コンに初めて参加したときは21歳でした。 20代限定の街コンに参加していましたが、9割は年上でした。 ちなみに、街コンに参加できる年齢はお酒が飲める20歳からです。 同い年や年下の女性は1組ぐらいしかいなかったです。 21歳のときは僕が老け顔ということもあって、自分の年齢を言うと「思ったよりも若いね」とか「落ち着いているね」と言われることが多かったです。 ただ、包容力や頼りがいがある男性を好む女性が多いからか、年齢を言ったとたん、女性から相手にされなくなっていたような気がします。 もちろん、僕の人柄の問題だったかもしれませんが、20代前半の男性だと年上の女性が多いので難易度は高いかもしれません。 感想2:話慣れていない人が多い 街コンに参加している男性も女性も話慣れていない人が多い気がします。 特に異性と 「どうして街コンに来たのか」というのが話題になるんですが、大学を卒業した人や仕事に慣れてプライベートに余裕が出来た人が多い気がします。 また、街コンに参加している人の大半の人は就職してから出会いが減ったと口を揃えて言います。 普段は会うことがない異性と急に話すことになるわけですから、緊張してしまうのは仕方ないと思います。 僕も街コンに参加したてのころはとても緊張していましたが、参加回数が増えるごとに慣れてきました。 慣れてきたのは、どんな会話が多いか感覚的に理解できたからです。 でも、皆さんに50回も街コンに参加して欲しいなんてみじんも思いません。 お金がとても飛んでいくから 街コンに参加するまでに全員が話しやすい話題や盛り上がりそうな話題を考えておくのが良いと思います。 感想3:街コン中にLINE交換は余裕だけど 街コンの席替えの5分前に必ずLINE交換をするようにしています。 断れたことはたったの一度だけです。 とてもこだわりが強く、変わった女性だった 街コンに参加した日の夜に、気になる女性だけLINEを送るようにしています。 しかし、LINEを送った後に「ありがとうございました!」という社交辞令が届くか既読スルーは当たり前に起きます。 きっと、自分ことを覚えてないとか恋愛対象外と判定されているからだと思います。 一回話せるのが20分前後なので、この短い時間でどれくらい自分のことを知ってもらえるかが勝負どころです。 特に可愛い女性を狙いたいなら見た目はもちろん、会話など上手にこなす必要があるでしょう。 僕の経験上、街コン後にLINEで2、3通やりとりが続くならご飯に誘えるチャンスです。 感想4:街コンの参加費は会社の飲み会よりも高い 正直、街コンの参加費は高すぎです。 安くても会社の飲み会と同じくらいの値段はしますし、高いとその2倍なんてこともあります。 実は街コンは色んな会社が主催者となって募集をしているので、その主催者やパーティーの内容によって値段が大きく変わることがあります。 街コンの値段を少しでも下げたいなら、食べ物の提供がない街コンがおすすめです。 どれくらい違うか相場を調べてみました!• 食べ物の提供がある街コン:5900~9900円• 食べ物の提供がない街コン:5000~6500円 食べ物の提供がある街コンで安いところは人気があって、 すぐに定員になる可能性があるので、出来れば2週間前から申込みしておいた方が安心です。 参加費が安い街コンを探すなら掲載数が日本で一番多いがおすすめです! 参加費をお得にしたいなら「」を読んでみてください! 感想5. 付き合うことができた 色んな街コンに参加して5人の女性と付き合うことができました。 最初は女性と話すことが苦手だったんですが、参加していくうちにどんな話をすれば楽しんでもらえるか掴むことができました。 街コンで出会った女性とデートしたり、お付き合いしたいならそれなりにトークスキルが必要だと思います。 20代限定の街コンに参加した感想 20代限定の街コンと他の街コンの違いは年齢制限ぐらいです。 一般的な街コンと同じようにテーブルに座って会話しながらお酒やご飯を楽しめます。 感想1. 20代しかいないので話しやすい 20代限定の街コンに参加して一番良かったと思ったのは、同性代しかいないので話しやすかったことです。 20代限定の街コン以外に参加した時は30代の人もいたりします。 10歳も年齢が離れていれば話題が合わないこともあります。 20代限定の街コンは23歳から26歳ぐらいの人が多いので、歳の差も少なく好きな音楽やドラマの話などで盛り上がることもあります。 感想2. 他の街コンより参加者が多い 30代より20代の方が結婚している人が少なく、他の街コンより参加者が多いです。 付き合うなら同世代が良いという人が多いからではないでしょうか? 多い時だと2階建ての会場を埋め尽くすほどの参加者が集まります。 感想3. お酒を飲んでテンション高い 若い人が多いのでお酒を飲んでテンションが高くなっている人が多いです。 街コンは昼間と夕方から夜にかけて開催されるんですが、昼間の街コンはお酒を飲む人は少なく夕方以降の街コンはお酒を飲みに来ている人が多いです。 チャラついている人は夜の方が多い気がします。 大人しい人が良いとかチャラい人が嫌なら昼間の街コンに参加すると良いと思います。 感想4. 付き合うことができた 僕は街コンで知り合った女性5人と付き合ったことがあるんですが、そのうち4人は20代限定の街コンで知り合いました。 感想5. たまに20代以外の人もいる 会場の入り口で身分証明書を見せる必要があるんですが、20代限定の街コンに30歳過ぎの人が参加していたことがありました 本人が呟いていた 50回参加して一度しかなかったので、相当レアなケースだったと思います。 20代ではないのに、20代限定の街コンに参加すると規約違反で参加できない可能性もあるので辞めておいた方が良いでしょう。 20代限定の街コンを探し方 街コンのサイトはたくさんあるんですが、20代限定の街コンを探すなら街コンジャパンがおすすめです! 街コンジャパンがおすすめな理由は• 20代向けの街コン特集がある• 上場企業が運営している• 参加者が多い 上場企業ともあって街コンへの力の入れようは一番だと思います。 下のボタンをタップすると20代向けの街コン特集を見ることができるんですけど、上の方に表示される街コンほど参加人数が多いので要チェックです!.

次の

街コンに20代男が参加した感想【女性と付き合った経験あり】

街コン 20代

この記事の目次• 街コンとは? 街コンとは、簡単に言うと街ぐるみで開催される超大型の合コンのことです。 一般的に合コンというと、男女各1グループずつが、1つのお店でお酒を飲んだり食事をしたりしながら、会話を楽しみ、出会いを求めるものですよね。 でも、 街コンは数十名~数千名の規模で行われる合コンなんです。 同性同士2名以上のグループになって、 その街の「街コンに参加している」お店を回りながら、街コンに参加している異性のグループと一緒に食事や会話を楽しんで、出会いを求めるのが街コンです。 街コン参加者はリストバンド着用などでお互いが「街コンに参加している」ことがわかるように工夫されています。 また、1つのお店だけでなく、いろいろなお店を回ることで、1グループだけでなく複数の異性のグループと知り合える機会があります。 そのため、普通の合コンよりも出会いの数が多いんですね。 街コンは男女が出会えるというだけでなく、街の活性化にも一役買っています。 街コンが開催されるのは、土曜日か日曜日の午後であることが多いです。 関連記事 ・ ・ 街コンでの女性のNG服装のポイント 街コンでの女性のおすすめの服装をご紹介する前に、まずは街コンでの女性のNG服装の服装のポイントを見ていきましょう。 露出が多い服 街コンでは露出が多い服装はNGです。 別に、ドレスコードがあって、露出が多い服装を禁止されているというわけではないのですが、露出が多い服装はおすすめしません。 確かに、露出が多いセクシー系の服装をしていると、男性にチヤホヤされると思います。 でも、街コンの場合、 露出が高い服装をしている女性は、「ヤリ目的」で来ていると勘違いされますし、ヤリモクの男しか近寄ってこないことが多いです。 真面目で誠実な男性は、露出が多い服装の女性を見ると、「俺にはハードルが高い」と思って引くことが多いので、本気でステキな出会いを求めるなら、露出が多い服装は避けたほうが無難です。 ゴージャスすぎる服 街コンではゴージャスすぎる服装も避けたほうが良いでしょう。 街コンは、土曜日や日曜日の午後に開催されることが多いので、夜のパーティーに行くようなゴージャスな服装をしてしまうと、周囲の雰囲気から浮いてしまいます。 また、街コンは街歩きをしながら出会いを楽しむので、屋内で行われるような 婚活パーティーよりもカジュアルな服装が似合います。 だから、婚活パーティーに行くような服装で参加すると、「張り切って参加しました!」という感じになってしまいますので、ゴージャスすぎずに、ややカジュアル感を出しておくと良いでしょう。 ヒールが高すぎる靴 街コンの女性のNGの服装、次は、ヒールが高すぎる靴です。 ヒールが高い靴は、スタイルを良く見せてくれますので、ステキな出会いを求める時には、ヒールが高めのパンプスやブーツ、サンダルを選びたくなると思います。 でも、 街コンはいろいろなお店を回りながら、参加しますので、意外と歩きます。 だから、ヒールが高すぎる靴を履いていると、「足が痛くて歩けない。 」、「店を移動したくない」と思って、街コンを楽しめなくなってしまいます。 だから、ヒールが高すぎず、履きなれた歩きやすい靴で参加したほうが、街コンを楽しめると思います。 カジュアルすぎる服装 街コンでは、カジュアルすぎる服装もNGです。 婚活パーティーほど張り切って着飾る必要はないのですが、スウェットのような服装だったり、着古したTシャツに清潔感がないデニムを合わせるような「カジュアルすぎる服装」も街コンにはふさわしくありません。 なぜなら、街コンは男女の出会いの場だからです。 男女がお互いに出会いを求める場にスウェットはさすがにNGですよね。 だから、カジュアルすぎる服装はやめて、「男性の目を意識した服装」、「男ウケが良い服装」を選ぶようにしましょう。 ブランド物で固めるとドン引きされる 女性が街コンに参加する場合、ブランド物で固めるのはおすすめできません。 ブランド物で固めると、男性にドン引きされます。 「「いい女」に見られたいから、ブランド物で全身を固める」という気持ちもわかりますが、街コンというカジュアルな場で、女性がブランド物で固めてしまうと、男性はあなたを敬遠するはずです。 なぜなら、 「金がかかりそうな女」と思われるからです。 ブランド物が好きな女性と付き合うと、「お金がかかりそう」とか「高価なプレゼントをねだられたらどうしよう?」と思う男性は多いです。 そして、ブランド物をプレゼントするのを厭わないほどの経済力を持っている男性は、あまり街コンに参加しません。 街コンは「気軽に参加している」ような女性、フレンドリーな感じの女性の方が男性からの人気が高いですから、あまりブランド物で全身を固め過ぎないようにしましょう。 若作りはNG 30代の女性が街コンに参加する場合、「20代の若い子に負けたくない!」と思って、必死に若作りをして、20歳前後の子が着るような服装を選ぶことがあります。 でも、年齢に合った服装をすることが、あなたを一番輝かせるためには重要になります。 若作りをすると、「若々しく見えず、ただの痛々しいおばさん」になることが多いですし、若い子が着る服装をすると、安っぽく&貧乏くさく見えてしまうんですよね。 だから、 若い子に負けたくない気持ちはわかりますが、年相応の服装をしたほうが良いでしょう。 30代以上でも会話や気遣い、笑顔、雰囲気で、若い女の子以上の人気を集めることもたくさんありますから、心配しなくて大丈夫です! 街コンでおすすめの女性の服装 では、街コンでは女性はどんな服装をすれば良いのかを具体的に考えていきましょう。 街コンでの女性のおすすめの服装をワンピース、スカート、パンツの3つのスタイルに分けけてご紹介していきますね。 街コンでおすすめの服装~ワンピーススタイル~ まずは、ワンピーススタイルからです。 ワンピースは白やパステルカラーが良いですよね。 白のワンピースや花柄のワンピースは男ウケ抜群です! デニムのジャケットと合わせて、「張り切りすぎない」コディネートも街コンでは良いですね。 出典: 出典: 出典: 秋冬シーズンは、どうしても露出が少なく、ゆったりめのシルエットのコーディネートになりやすいので、女性らしくフェミニンさを出すためにも、ワンピースは断然おすすめです。 出典: 出典: 出典: 出典: ワンピーススタイルは男ウケが良いので、街コンでは一番おすすめの服装ですね。 スカートスタイル 女性が街コンに参加するなら、ワンピースではなく、スカートもおすすめです。 スカートだと、「張り切り過ぎず、でも女性らしく男ウケが良い」服装をコーディネートしやすいですね。 わかりやすく言えば、春や夏は白やパステルカラーのフェミニンなデザインのトップスに、ふんわり系のスカートを合わせるのが鉄板です。 このコーディネートは、男ウケ抜群ですから、街コンでも男性から声をかけてもらえる機会が多くなるでしょう。 出典: 出典: 出典: 出典: 街コンでのスカートスタイルのおすすめ秋冬コーディネートは、このような服装ですね。 出典: 出典: 出典: 出典: 秋冬はどうしてもダーク系の色の服装を選びたくなりますが、街コンではホワイト系の明るいコーディネートをおすすめします。 明るい色の服装は、あなたを女性らしく見せてくれますし、「話しかけやすい明るい女性」に見せてくれます。 また、レフ板効果がありますので、美肌で明るい表情に見えるんですね。 パンツスタイル 街コンはパンツスタイルで参加するものOKです。 ただ、あまりカジュアルすぎないように注意したほうが良いですね。 街コンにパンツスタイルで参加する時には、トップスはガーリーな物を選んだほうが、女性らしさが出るのでおすすめです。 また、スニーカーやペタンコのパンプスだと、カジュアルになり過ぎるので、ヒールの靴を合わせるようにしたほうが良いでしょう。 出典: 出典: 出典: 出典: ただ、冬になると、パンツスタイルでは女性らしさが出しにくく、体のラインが全く出なかったり、カジュアルすぎることになりかねません。 冬の街コンにパンツスタイルで参加すると、「男ウケが良い」服装になりにくいので、ちょっと難しいです。 こちらのコーディネートを参考にすると良いかもしれません。 出典: 出典: デコルテなどの露出をやや多めにしたり、細身のパンツにパンプスを合わせると、冬でもパンツスタイルで街コンにふさわしい女性らしい服装ができますよ。 街コンの女性の服装についてのまとめ.

次の

【20代で知りたかった30代の正解】「街コン」はもう古い!令和の出会い探しのトレンド3つ

街コン 20代

街コンジャパンのイベントに申し込む とは 日本最大級の街コンポータルサイトです。 全国各地で様々なイベントを開催しており、開催頻度とイベント数が膨大なので細かいニーズにも対応してくれるんですね。 例えば 「明日新宿で街コンとかあれば参加したいな~」 と急に思ったとしても、街コンジャパンなら比較的見つかりやすいです。 平日だろうと関係なく頻繁に開催しており、参加者もきちんと集まってるんですよね。 20代限定の街コンを探して参加 「僕と歳が近い20代の女性と出会えれば…」 という目的で街コン参加を決意したので、20代限定のイベントを探してみました。 僕は都内在住だったので、開催地を東京都内近郊で探したところ、選ぶのが大変なくらいの数がヒット。 値段やイベント内容を吟味して選びました。 中にはゲーム形式の街コンもあったのですが、僕は普通に多くの人と会話できるような、トーク重視の街コンを選びました。 特に理由はありませんが、ゲームに集中してしまうと出会いとかどうでもよくなりそうな気がしたので…(笑) 参加した街コンイベントについて 実際に僕が参加した街コンイベントはこんな感じでした。 街コンの詳細• 場所:新宿• 参加費:男性6,000円 女性1,500円• イベント内容:男女2対2で会話をしていき、5分間で別の組と交代(お酒あり)• 時間:1時間30分程度 男女の価格差については、街コン全体の相場的にもこんな感じだと思います。 やはり女性の集客ができるかどうかが重要なので、これくらい露骨な女性優遇っぷりが必要なんでしょう。 男女2対2というのは、友達同士で申し込んで2人で参加するイベントだったからです。 僕は3つ歳上の先輩に誘われて参加したので、その先輩と2時間コンビを組み続けることになります。 街コン当日の流れ 迎えた街コン当日、イベント会場は新宿の居酒屋で、やや狭かったです。 僕は前日の飲み会のせいで二日酔いという最悪なコンディションだったので、その日はお酒を飲めませんでしたが、参加者がズラリと座って待機しており、お酒と軽食をオーダーしていました。 お酒と料理のオーダーを済ませると、紙に名前と趣味を書いて胸に貼り付けるように指示を受けます。 適当に書いて胸に貼って待ってると、向かいの席に女性2人が登場。 なんと普通に可愛くて若い女子大生…まだ始まってもないの、僕と先輩は間違いなくテンションが最高潮に達してました。 参加者が揃い、それぞれ飲み物と料理のオーダーを済ませてイベントスタート。 まずは向かいに座った女子大生2人と会話をしていきます。 1組あたり5分の制限時間で、5分が終わると男性2人組がそれぞれ横の席にずれて、また向かいの女性2人と5分話す、という形式。 全部で20組くらいだったので、 10組(20人)くらいの女性と話すことができました。 街コンに参加していた女性たち 最初に話したのは女子大生2人組で、大学4年生で就活が終わって暇だし出会いがない、とのことでした。 2人とも普通に可愛かったので、「こういう女性が街コンに来るなら全然アリじゃないか!」となったのを覚えてます。 しかも最初だったのでテンションが上がってワクワクしてましたね。 でも、次からは年上女性が続きました。 25〜28歳の女性が多く、20代前半の僕からするとやや年上だなぁという感じ。 それでもイベント自体は20代の人しかいないので、そこまでノリが合わない的な問題はありません。 ただやはり、20代後半くらいの女性からはトーク内容もやや真剣な感じで、さすがに結婚を意識しての参加だけあって、しっかりと相手を見極めようという思いが強かったです。 もちろんそれは当然のことなのですが、「可愛い子いないかなぁ〜」的な軽い気持ち全開の僕と先輩は、会話の感じで見透かされてたかもしれません(笑) 同い年の可愛い子と仲良くなる 僕は女子ウケ最高の趣味である、ボルダリング好きであるアピールを胸に貼った紙に書いてました。 これはマッチングアプリでもリサーチ済みでして、ボルダリングに興味のある女性はかなり多いんです。 (ちなみに僕はボルダリングジムでアルバイトしてました) その作戦が見事にハマり、同い年のキレイ系女子と仲良くなることに成功。 ただし残念ながら会話時は2対2なので、僕がそのキレイ系の子と会話が盛り上がると、先輩にもう1人の人を押し付けることになってしまう…。 失礼ですが、その子の友達はあまり可愛くなくて…なんか合コンでよくありますよね、可愛い子とブサイクな子が仲良いパターンのそれです。 街コンが終わってから先輩に謝ると、「あの子可愛かったもんな!お前と同い年だし、羨ましいなぁ」と言ってくれました。 街コンは優しい先輩と行くに限るなぁとしみじみ思いましたね…(笑) 街コンに行ってみた感想 実際に街コンに行ってみて、良い部分と悪い部分があると感じたので、それをまとめてみます。 こういった出会いのイベントは向き不向きが如実に出ると思うので、以下の感想を見て自分に向いてるかどうか判断いただければと思います。 メリット・良かった点 年齢別や職業別で参加イベントを選べる 参加者の属性がある程度決まったイベントに絞って選べるのがとても便利だと感じました。 今回でいうと、同い年くらいの人がいいということで20代限定のイベントに参加。 年齢を気にしない人は、職業や年収といったステータスで絞り込みをかけているイベントを選ぶのいいですね。 経営者や医者しか参加できないイベントもあるみたいです。 1日で20人近くの女性と会話できる 街コンの圧倒的な魅力はここに尽きると思います。 ズバリ1日で出会える人数の多さであり、それだけ魅力的な異性と出会う機会が広がるということ。 今回の街コンのように、歳上でなんだか合わないなぁと感じる女性とトークしてても、5分後には別の女性と会話ができます。 次は年下の女性が来たりすれば、大してミスマッチも気になりませんよね。 出会いを求める女性がたくさん集まるイベントというのは、それだけでありがたい状況でもあるので、高い参加費を払う価値はあると思います。 LINEを簡単に交換できる 普段マッチングアプリを使う僕からしたら衝撃だったんですが、1回話した相手とは気兼ねなくLINE交換ができるという心理的な現象を味わいました。 5分会話しただけで、最後にLINE交換しましょうと聞くとすんなり交換できちゃいます。 実際にその日だけで20人と交換したので、友達数が爆増しました(笑) マッチングアプリだと3日間メッセージでやりとりしても、「LINEはちょっと無理です」と断られることもあるので、やはり会って話すのが最も近道な気がしました。 デメリット・悪かった点 参加費の割には運次第な部分が多い 今回は1〜2時間で6000円、街コンイベントによっては小一時間で1万円とかかかるものもありますが、その割には女性の参加者のレベルはピンキリです。 仕方のないことですが、話していて「早く終わらないかな」と思う人もいて、5分間ひたすら消化試合をする場面もありました。 容姿もありますが、会話の感じでノリが合わないと感じる人もいたので、そういう人と当たると消耗します。 単純に10組と話すのに疲れた これは僕が完全に悪いのですが、後半は疲れと飽きのせいで雑になり、先輩に怒られました。 10組の女性と話す時、当然ですが最初は自己紹介で同じやりとりをするので、それに疲れてしまったんですよね(笑) ただこれは僕が根気がないだけなので、そこまで気にすることはないと思います。 本気で出会いを求めるのであれば、きっと最後まで頑張れるはずです。 僕はそこまで本気じゃなかったせいかもしれません。 結論:街コンは出会いの可能性が広がる 最終的には、同い年のキレイ系女子とLINEでやりとりを続け、後日デートをしました。 残念ながらそれ以降は関係が発展することはなかったのですが、20人近くの女性と1日で会話をし、1人とデートする位の仲になったので、参加した意味はあったと思います。 20人とLINEを交換しても返事が来るのは5人くらいで、やりとりが続くのはさらに3人くらいに減りました。 その場でLINE交換だけはするけど、すぐにブロックとかもされてるのでしょう。 結論としては、1日で多くの異性と会話して出会いを増やしたい人は、街コンは結構オススメできます。 マッチングアプリのようにちまちまとメッセージが面倒だ、という人も多いと思うので、そういう人こそ街コンに参加してみてもいいかもしれませんね。 皆さんに素敵な出会いがあるよう祈っております。 それでは。

次の