かぶの料理。 かぶき 本店

かぶ!人気レシピ16選【殿堂1位は?】つくれぽ1000超え

かぶの料理

かぶは、春の七草の「スズナ」にあたり、日本に昔から馴染みのある野菜です。 品種によって多少の違いはありますが、基本的に晩秋から冬に旬を迎えます。 寒くなると甘みがより増しておすすめですよ。 かぶは皮も食べられますが、中かぶや大かぶなど大きめのものは、皮を厚めに剥いたほうが食感良く仕上がります。 茹でる際は、火の通りが早いので茹ですぎに注意しましょう。 厚めに剥いた皮はきんぴらなどの炒め物にすると無駄なく食べられます。 小かぶは煮崩れしやので皮ごと調理してくださいね。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 かぶをトロトロになるまで煮て味を染み込ませた一品です。 作り方は、油を熱したフライパンで鶏ひき肉をほぐしながら炒めたら、皮を剥いて食べやすい大きさに切ったかぶを入れて軽く炒めます。 水、和風だし、酒、砂糖を入れて5分ほど煮たら醤油とみりんを加えて柔らかくなるまで煮て、塩で味を調えます。 仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。 ご飯にもよく合う、中華味で仕上げた一品です。 作り方は、油を熱したフライパンで、皮を剥いてくし形に切った小かぶを焼き色がつくまで炒めます。 水を加えて中まで火を通したら葉の部分を加え、水、ポン酢、ウェイパー、片栗粉を混ぜ合わせたものを入れます。 混ぜながら加熱して、とろみが出たら出来上がりです。 かぶは煮崩れしやすいので優しく混ぜてください。

次の

かぶ(カブ)だけですぐできるレシピ(作り方)

かぶの料理

生が一番栄養が高い!かぶの食べ方! かぶは生で食べる方がオススメ! それはなぜかと言うと、 ビタミンCですね。 とにかくビタミンCは熱に弱い。 人間にとってとても大切な栄養素なのに熱に弱い。 なのでビタミンCが豊富な野菜は生で食べるか、あまり火を通さずに食べるのがいい。 ということになります。 あと、 春(3~5月頃)に旬を迎えるかぶは甘みがあり、皮が薄くてやわらかいんですよね。 旬の物だから値段も安くておいしいので、いいところだらけです! ちなみにかぶの旬は年に2回あり、 秋(10~1月頃)に出回るかぶはさらに甘みが増し、これもまたおいしいです。 かぶは葉っぱが大事! 大根やにんじんと違い、かぶって葉っぱが必ずついていますよね。 かぶは葉っぱも込みの食材なのかなと思っています。 使わないともったいないですしね。 そのまま捨てるなんてダメ絶対! そして、さらにさらに、実は かぶは葉っぱの方が栄養があるんです。 ビタミンAやB、Cや鉄、ミネラル、カルシウムなど、葉の方が沢山入っています。 アクもないので、使いやすいですよ。 もちろんそのまま食べられますし! もうこれは かぶの葉っぱも使うしかない! というわけで、今回は生で食べられるサラダと、さっと炒める料理を、かぶの葉も一緒に使いながら紹介したいなと思います。 ぜひ作ってみてください! 「かぶとホタテの梅肉和えサラダ」 生で食べるといい!ということで、ホタテと合わせたサラダを作ってみました。 かぶはあっさりしているので、梅肉で和えました。 もちろん葉っぱも使ったレシピです。 かぶは皮を剥き、半分に切り薄切りにする。 かぶの葉はザク切り、ホタテは水平に半分に切る。 梅は種をとり、よくつぶしておく。 かぶとかぶの葉、ほたてをAと良くまぜ、お皿に盛りつけたら完成! 「かぶと豚肉炒めの作り置き」 続いて、かぶと豚肉の作り置きを紹介します! かぶはビタミンCが豊富なので、鉄分が豊富な豚肉と合わせると、鉄分がより吸収されやすい状態になります。 この炒め物は沢山作って保存してもいいですが、ご飯がすすむのであしからず!.

次の

かぶを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここから始めよう

かぶの料理

生が一番栄養が高い!かぶの食べ方! かぶは生で食べる方がオススメ! それはなぜかと言うと、 ビタミンCですね。 とにかくビタミンCは熱に弱い。 人間にとってとても大切な栄養素なのに熱に弱い。 なのでビタミンCが豊富な野菜は生で食べるか、あまり火を通さずに食べるのがいい。 ということになります。 あと、 春(3~5月頃)に旬を迎えるかぶは甘みがあり、皮が薄くてやわらかいんですよね。 旬の物だから値段も安くておいしいので、いいところだらけです! ちなみにかぶの旬は年に2回あり、 秋(10~1月頃)に出回るかぶはさらに甘みが増し、これもまたおいしいです。 かぶは葉っぱが大事! 大根やにんじんと違い、かぶって葉っぱが必ずついていますよね。 かぶは葉っぱも込みの食材なのかなと思っています。 使わないともったいないですしね。 そのまま捨てるなんてダメ絶対! そして、さらにさらに、実は かぶは葉っぱの方が栄養があるんです。 ビタミンAやB、Cや鉄、ミネラル、カルシウムなど、葉の方が沢山入っています。 アクもないので、使いやすいですよ。 もちろんそのまま食べられますし! もうこれは かぶの葉っぱも使うしかない! というわけで、今回は生で食べられるサラダと、さっと炒める料理を、かぶの葉も一緒に使いながら紹介したいなと思います。 ぜひ作ってみてください! 「かぶとホタテの梅肉和えサラダ」 生で食べるといい!ということで、ホタテと合わせたサラダを作ってみました。 かぶはあっさりしているので、梅肉で和えました。 もちろん葉っぱも使ったレシピです。 かぶは皮を剥き、半分に切り薄切りにする。 かぶの葉はザク切り、ホタテは水平に半分に切る。 梅は種をとり、よくつぶしておく。 かぶとかぶの葉、ほたてをAと良くまぜ、お皿に盛りつけたら完成! 「かぶと豚肉炒めの作り置き」 続いて、かぶと豚肉の作り置きを紹介します! かぶはビタミンCが豊富なので、鉄分が豊富な豚肉と合わせると、鉄分がより吸収されやすい状態になります。 この炒め物は沢山作って保存してもいいですが、ご飯がすすむのであしからず!.

次の