千 と 千尋 の 神隠し リン。 千と千尋の神隠しの考察!ハク・リン・カオナシの正体とは?

千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?正体が人間なのか考察した!

千 と 千尋 の 神隠し リン

C スタジオジブリ 性別 女 年齢 14歳(外見年齢) 正体 白狐 仕事 湯女 声優 玉井夕海 それではリンのそれぞれの項目について解説していきます。 リンの見た目・性格 リンの見た目は油屋に勤務する他の湯女のような麻呂眉毛にといった容姿ではなく、千尋と同じ普通の人間のような容姿をしています。 また、リンと同じような見た目をしてる湯女は他にもおり、リンと同じ仕事をしている湯女が該当すると言えます。 年齢に関しては14歳とされていますが、あくまでもこれは見た目の年齢が14歳であるだけで、ちゃんとした年齢については明かされていません。 サバサバした男勝りな性格で口調も荒っぽく、一人称は「おれ」もしくは「アタイ」と言っています。 千尋をの元へ連れていくときに出会った蛙男を撒くために使用したイモリの黒焼きは「お姉さま方に頼まれている」という言い訳をしていることから、自分よりも先輩の湯女のことは「お姉さま」と慕っていることが分かります。 また、普段の湯女としての仕事中の他の従業員とのやり取りや、気を良くしたが油屋の従業員に金を振りまいているときに他の湯女に誘われて金を貰いに行くシーンなど、裏表のない性格から男女問わず慕われていると分かる場面もあります。 自分よりも年下の千尋に対して面倒見のいい一面があります。 リンよりも年下なのが千尋しかいないからなのか、先輩として厳しいながらも優しくしっかり仕事を教えています。 リンの仕事・職業 リンの仕事は湯女として床の雑巾がけを始めとする油屋全体の掃除はもちろん、浴場の清掃を主に担当しています。 どちらかというと、お客様対応がンではなく営業中も空いた浴場の清掃を行い、次のお客様が入浴するまでに準備を完了させるという体力メインな仕事内容で、千尋とともに大浴場の掃除を任されている場面を見ると一通りの仕事は出来ることが分かります。 同じ部屋で生活している湯女たちもリンと同じピンクの狩衣を着ていることから、先輩後輩関係なく同じ部屋割りであるようです。 リンと千尋の関係性 リンと千尋は姉妹みたいな関係性です。 2人とも近い年齢と言うこともあり、千尋が油屋の中でも特に気の許せる相手だと言えます。 もちろん仕事のときは先輩後輩としての上下関係がしっかりありますが、大湯での仕事の途中で千尋の分の朝ごはんを持ってくるシーンやオクサレ神の正体を見抜いたシーンでは、お姉さんのように千尋をサポートしています。 ずっとリンに対して敬語だった千尋が物語の終盤では砕けた口調になっており、「おまえのことどんくさいって言ったけど取り消すぞ」というやり取りだけで、リンが千尋に対する信頼と千尋がリンに対する信頼がしっかり築かれていることが分かります。 リンの正体 リンの正体はおそらく白狐だと言われています。 作中では明かされていませんが、設定資料として白狐のイメージ画が描かれていたため、そうではないかという噂が元となっています。 また、人間である千尋に対して始めは嫌そうな反応を見せたもののすぐに優しく接したこと、自分が油屋で働いていることが嫌だという話から、動物ではなく元々人間なのではないかという噂もありました。 しかし、あくまでも噂程度の話であるため真偽は明らかになっていないことと、リンのキリッとした目元や他の湯女とは違う顔立ちから考えても白狐説が有力であると言えます。 リンの声優 リンの声優を担当したのが、玉井夕海さんです。 大学生のときに受講した宮崎駿監督が主催の「東小金井村塾2」というアニメーション講習に参加したことがきっかけとなり「千と千尋の神隠し」のリン役に選ばれました。 その後は声優としての活動はあまり行っておらず、歌手活動をメインとしながら、他にも女優や脚本家などマルチに活動をしています。 声優初挑戦とは思えないほど違和感のない堂々とした演技で、ハスキーボイスが特徴的なカッコよくも優しいリンを見事に演じ切っています。 リンの名シーン・名セリフ リンの名シーンや名セリフについて解説していきます。 姉御肌なリンは男っぽい喋り方ですが、そっけない喋り方でも千尋のことを一番に気にかけているリンの優しさが伝わってくるセリフを紹介していきます。 おまえトロイからさ、心配してたんだ。 油断するなよ、わかんないことはおれに聞け?な?.

次の

【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千 と 千尋 の 神隠し リン

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 千と千尋の神隠しでリンが優しいのには秘密や理由がある? 油屋(湯屋)に迷い込んだ千尋をエレベーターに乗せてあげたり、気にかけて面倒を見てあげたりと、リンは千尋にとても優しいです。 千尋がいなくなって少し寂しいリン 【千と千尋の神隠し】 — つっく🍙 tukku727 言動は少々荒っぽいですが、千尋をいちいち心配してくれて千尋への優しさが伝わってきます。 リンがいなければ千尋は湯婆婆にも会えなかったし、油屋(湯屋)での生活もまともに出来なかったでしょう。 人間である千尋は油屋(湯屋)の中では煙たがられていますが、リンは千尋を見下したりすることもなく面倒を見てくれています。 みんなが千尋を厄介者扱いする中で、リンはどうして千尋に優しかったのでしょうか? リンが千尋に対して優しい理由についてちょっとまとめてみました。 ・リンは手下を欲しがっていた ・千尋と気が合う ・リンの元々の性格が優しい 映画での物語を観ている範囲で考えられるのはこんなもんでしょうか。 では上記を少し深堀りしてみてみましょう。 関連: 関連: リンは手下を欲しがっていた ハクがリンに「手下を欲しがっていたな」的なことを言っていたのを覚えていますか? ハクのこの言葉から分かるように、リンは使い勝手の良い手下を探していたようです。 念願の手下ということで、千尋を大事に扱っていた可能性はあります。 ・・・いや、ないかな?w 手下を欲しがっていた割には、リンは千尋のことを対等に扱っていたように感じます。 手下というよりはかわいい子分って感じで、優しく接してくれたのかもしれません。 最終的には 妹を心配するお姉さんって感じでしたねw 千尋を好きになった リンが単純に千尋を好きになり、千尋に対して優しくなったということも考えられます。 名のある川の主を浄化したり、ハクや海の向こうの街のことなど話したりすることで2人の距離はかなり縮まっています。 リンは千尋と共に過ごすことで千尋を好きになったのかもしれません。 ただこれはリンだけではなく、ハクや坊、釜爺やカオナシなども該当するため、そもそも 千尋が他人に好かれやすい体質なんでしょう。 千尋に好意を抱いた登場人物は例外なく千尋に優しいです。 ハクがエレベーター内で千尋に冷たくするシーンもありますが、それは恐らくわけありでしょう。 関連: 関連: 関連: リンの元々の性格が優しい まぁ、1番はここでしょうねw リンって口は悪いけど相当優しい性格のような気がします。 千尋が最上階の湯婆婆のところへ行ったときも心配していたし、働く契約をしたときも喜んでくれていました。 また、具合が悪くなった千尋を心配したり、ご飯を率先して取りに行ってあげたりと、リンは本当に良いやつです。 恐らく根っからの性格が優しくて、それが千尋への対応にも表れているんでしょうね~。 元々の性格が優しいので、ふとした瞬間の言動に滲み出ている可能性も十分にありますね! モデルになった動物やリンの正体や設定 リンが優しい理由を考えて上述しました。 しかし、リンが千尋に優しいのにはもっと 別の理由や秘密があるようです。 それはリンのモデルになった動物やリンの正体にヒントがありました。 油屋(湯屋)に登場する労働者達は、男性がカエル、女性がナメクジをモチーフにされているとのこと。 で、人間に近い容姿のリンは狐をモチーフにしているようです。 リンのほかにも人間に近い容姿の女性は多いですが、それらも狐をモチーフにしていると言われているようです。 ネットの情報では男性の従業員はカエル、着物を着て接客する面長の女性がナメクジ、清掃などの裏方担当が狐という設定みたいです。 とは言いつつ、りん以外の清掃員たちに狐っぽい女性はいない感じなので、ほかの女性は狐以外の動物をモチーフにしている可能性も高そうです。 そう言えばリンはどことなく狐顔ですが、まさかこのような裏設定があろうとは驚きですね~。 公には公開していない情報のようですが、宮崎駿監督の原画みたいなイラストでリンが白狐であることが書かれているようです。 で、白狐について調べたらこのようなことが分かりました。 これを踏まえて考えると、リンは人間である千尋にとって有益な存在であり、リンからすれば 千尋は守るべき存在であったことが分かります。 リンが千尋に優しいのは千尋との関係や元々の性格もあるんでしょうが、このような裏設定が影響している可能性も十分に考えられますね! リンの名前は本名なのか リンの正体を調べて気になったのがリンの本名です。 ということは、白狐であるリンも本名を湯婆婆に取られている可能性もあります。 ですが、どうやらリンの本名は決まっていないみたいです。 リンも「油屋(湯屋)を辞めて海の向こうの街に行く」的な発言をしているので、釜爺同様に湯婆婆に完全に支配されていない気がします。 名前を完璧に支配されるとハクのように操られてしまいますから、リンという名前が偽名の可能性も十分に考えられます。 まぁ、ハクの場合は自ら湯婆婆の弟子になり、あやつり虫も仕込まれていましたから、リンとはまた立場が違うのかもしれませんね。 関連: まとめ リンが千尋に優しい理由はリンの正体に秘密があったことが考えられます。 もちろん元々リンが優しいといったこともあるんでしょうが、白狐について調べれば調べれほど、優しい理由に納得できます。 豚になった両親を当てることが出来たのも案外リンのおかげだったりして?w 関連:.

次の

千と千尋の神隠し都市伝説のエンディングとは?ハク・リン・だるまの話が怖い!

千 と 千尋 の 神隠し リン

ここがポイント!• リンの正体はまさかの… 千尋は不思議な世界に入ってすぐに親が 豚に変えられてしまう。 その後、両親を元の姿に戻す為に湯婆婆の元で働くことになる。 そこで仲間の リンに出会うのである。 自分のことを「オレ」と呼ぶサバサバした性格の持ち主。 彼女は見た目こそ人間だが、ここで働く者に 基本ヒトはいないのである。 では、リンは一体何者なのか? 実は、千と千尋の神隠しの彼女のラフ画には「リン( 白狐)」と書かれていた。 初期設定でそうしているので、狐が人間に変化して働いているようだ。 狐はトカゲなどを食する…リンが窯爺からもらったイモリを喜んで食べていたので納得である。 また、千が眠る部屋で働く仲間も登場するが、リンと同様人間の様な姿だ。 おそらくリンと同じ狐なのかもしれない。 都市伝説では 14歳前後の年齢だと言われている。 ハクが幼い頃に湯婆婆の所に来た話をしているので、若い頃からここに居ることが分かる。 千が帰れた本当の理由とは? 最後は無事ハクにトンネルまで連れられて元の世界に戻ることができる。 だが、都市伝説では戻れた理由が他にもある。 それは、最初に湯婆婆と契約を交わす時に書いた名が「 荻野千尋」ではなくて、火の部分が「 犬」になっていたこと。 Sponsored Link ここでもし本当の名前で書いていたら、帰れなかったとも言われているのだ。 それもそのはず、ハクから「 湯婆婆に絶対に名を知られてはいけない」と警告されていたから。 もしかすると千尋は、わざと間違えて書いたのかもしれない。 そしてラストシーンで豚の中から両親を探して答えろと言われて、「 この中にはいない」と見事に正解し契約が解かれるのである。 もしも本当の名前を書いていたら、名を取り返す事は出来なかったかもしれない。 ハクは湯婆婆と話をつけて弟子を辞め、ここを出ると話している。 この世界では掟が絶対だが、千を救う手助けをする際に湯婆婆に「 八つ裂きにする」と同然の忠告を受けていた。 しかし本人はこれを運命と受け入れた為、都市伝説ではハクは亡くなったと言われている。 千と千尋の神隠しは「もののけ姫」の続編だった!? 都市伝説では「千と千尋の神隠し」と「 もののけ姫」にある繋がりがあるらしいが、こちらも紹介しよう。 千と千尋の神隠しに登場するハクの本当の名前は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」と言う。 実はこの名前、「古事記」「日本書紀」に記されているニギハヤヒの尊に由来すると言われている。 ちなみに、彼は神武東征で大和の地域を治めていたとされる人物。 また、もののけ姫のアシタカは村人から最初「 アシタカヒコ」と呼ばれていた。 朝廷に敗れて東に移住した古の民の子孫が「足高彦」とすれば、大和朝廷と争った狩猟民族の長ナガスネビコを元に名付けたと言ってもおかしくはない。 さらにナガスネビコの祖先である神は「ニギハヤミ」なので、 アシタカの先祖だと言う都市伝説も納得がいく。 まさか 「もののけ姫」とリンクしていたとは…驚きである。 一言メモ しかしながらジブリの脚本と監督を務める宮崎駿について、関係者はこう語っていた。 「彼は物事を深く考える人物ではない」と。 だがこの様な都市伝説を見ても、彼のシリーズが 深い意味を持つことは事実だ。 千と千尋の神隠しの都市伝説が未だに語られるのも、リピーターが多く人気だということを如実に表している。

次の