アンドリュー サル クス。 絶滅種/アンドリューサルクス

史上最大の陸棲肉食獣

アンドリュー サル クス

(メソニクス目メソニクス科) 初期 - 初期 : : : : : : : :? 階級なし : Cete? 階級なし : メソニクス目 Mesonychia , Acreodi メソニクス目• メソニクス目(めそにくすもく、 Mesonychia)は、の絶滅した系統で、中型から大型のである。 無肉歯目(むにくしもく、 Acreodi)とも呼ぶ。 ただし、メソニクス目に近縁な可能性のあるなどを加えた群を無肉歯類としてメソニクス目と区別することもある が、それらは実際は近縁でない可能性が高い。 系統的には、おそらく鯨類と近縁である。 これを類鯨目としてその中に鯨亜目と メソニクス亜目を置くこともある。 概要 [ ] メソニクス目はの初めに出現したが、その数はの終わりには先細りになってゆき、の初期における Mongolestes 属の消滅を以って絶滅した。 この目の起源はおそらくであり、メソニクス目の中で最も原始的な種である (暁新世初期)の化石もアジアで見つかっている。 彼らはアジアで多様化し、暁新世のの中で主要な位置を占めた。 やといった他の肉食動物がまだ居なかった(もしくはごく少数しか居なかった)ころには、メソニクス目は大型者のを占めていたと思われる。 という属は暁新世の初めのころにはヨーロッパと北アメリカに広がることに成功していた。 Dissacus は大の肉食獣で、北半球の全域から発掘されている。 しかしその子孫と思われる属 (暁新世初期 - 中期のに分布)はもっと大きく、ほどのサイズがあった。 後代に現れた 属は始新世の序盤には既に北アメリカに入っており、その地で Ankalagon を凌ぐ巨体に進化した。 メソニクス目は、暁新世初期から始新世中期にかけての北アメリカ大陸においては、最大の捕食性哺乳動物であった。 特徴 [ ] メソニクス目の( Sinonyx jiashanensis)の骨格標本。 の展示。 メソニクス目の動物は表面的にはによく似ている。 初期のメソニクス目は五本の指を持ち、おそらくはであった。 しかし後期型になると指は四本で、なおかつ各指先は小さなとなっており、走行に適した形態であった。 偶蹄目の走者たちと同様、彼ら( Pachyaena など)は蹄行性だったのである。 これらの「蹄を持った狼たち」は暁新世の後半および始新世のヨーロッパ(当時そこは多島海であった)、アジア(島大陸であった)、北アメリカの生態系で最も重要な捕食者(もしくは腐肉食者)であった。 歯は、肉や骨を齧るようには出来ていたが、真のは備えていなかった。 多くの種が魚食性だったと推測されており、最大の種たるも捕食性ではなく腐肉食性だったと考えられている。 系統と進化 [ ] かつては、メソニクス目はの一部、もしくは、の一部 のメソニクス亜科と考えられたこともある。 ただし、鯨偶蹄目に近縁であるものの含まれない可能性もある。 3つの(Mesonychidae, Hapalodectidae, Triisodontidae)を内包する。 メソニクス目に属するほぼ全ての動物が、同時代の肉歯目やミアキス上科()の肉食獣より大きかった。 古い資料では 無肉歯目(Acreodi)との呼称もある。 メソニクス目の臼歯は三角形の特異なもので、のそれと類似していた。 とりわけ(頭骨の構造やその他の形態学的特徴からも)との類似性が強い。 そのことから、メソニクス類を鯨目の直接の祖先だする説が長らく信じられていた。 しかし古代クジラ類のよく保存された骨が発見されたこと、そして近年の的な分析 によって、今日では、鯨目はメソニクス目よりも寧ろを始めとするに近縁であることが示された。 この説は的な知見とも一致する。 クジラ類がメソニクス目の子孫であるという考えに、2007年現在ではほとんどの古生物学者が疑問を呈し、代わりにクジラ類はアントラコテリウム科 ()の子孫もしくはそれと共通祖先を持つものであるとの説が浮上してきている。 ただし、クジラとカバをメソニクス目の生きた子孫だとする研究者がいなくなったわけではない。 未確認動物学 [ ] メソニクス目は漸新世の初期には絶滅した。 しかし、の中には猫もしくは犬に似た有蹄獣がいるかもしれない。 有名なものとしてが挙げられる。 これの目撃者の中には、問題の獣を「足先が蹄のようになった巨大な狼」と表現した者もいた。 関連項目 [ ]• 出典・脚注 [ ]• ただし、Mesonychia Matthew, 1937 としている資料もあり。 Tabuce, R. ; et al. ; et al. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. 出典:O'Learya, Maureen A. , Spencer G. Lucas, and Thomas E. Williamson 2000. "A New Specimen of Ankalagon Mammalia, Mesonychia and Evidence of Sexual Dimorphism in Mesonychians". Journal of Vertebrate Paleontology 20 2 : 387—393. doi:10. CO;2. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. Zhou, Xiaoyuan; et al. 1995 , Journal of Vertebrate Paleontology 15 2 : 387—400,• 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2003. "Morphological support for a close relationship between hippos and whales". Journal of Vertebrate Paleontology 23: 991—996. doi:10. 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2005. "Phylogenetic relationships of extinct cetartiodactyls: results of simultaneous analyses of molecular, morphological, and stratigraphic data". Journal of Mammalian Evolution 12 1 and 2 : 145—160. doi:10. 出典:Boisserie, J. , Lihoreau, F. , and Brunet, M. 2005. "The position of Hippopotamidae within Cetartiodactyla". Proceedings of the National Academy of Sciences 102: 1537—1541. doi:10. 0409518102. 出典:Gatesy, J. , Hayashi, C. , Cronin, A. , and Arctander, P. 1996. "Evidence from milk casein genes that cetaceans are close relatives of hippopotamid artiodactyls". Molecular Biology and Evolution 13: 954—963. 脚注:アントラコテリウム科 - 半水棲の偶蹄類で、カバの祖先。 出典:Hall, Jamie 2007. 外部リンク [ ]•

次の

実在した巨大生物!絶滅してよかった怖い動物・古生物たち!│ジャングルタイムズ

アンドリュー サル クス

地球に生を受けた数多くの動物達。 その歴史は、 誕生から進化そして絶滅の繰り返しとされています。 何と、これまでに誕生した生物の 90パーセント以上が絶滅をしていると言うのです。 その数は、 50億種から500億種ともされています。 絶滅してしまった種の中には、その時代で 生態系の頂点に君臨した恐ろしい肉食獣も含まれています。 もしも、今の時代にもその頂点を極めた恐ろしい肉食獣が生存していたら・・・。 考えただけでも、怖くなってしまいますね。 今回は、そのような絶滅してよかったと思う恐ろしい動物達をご紹介いたします。 題して「 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」。 果たしてどのような動物がランクインするのでしょうか。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10の考え方 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」を考えるにあたり、その選考基準次第では様々なランキングの結果が考えられます。 今回は、もしその動物が現代にも生存していた場合に、 「私達人類の日常生活を脅かす。 」このことに着眼して考えてまいります。 従って、 水生生物よりも陸生生物の方がやや有利になってしまうかも知れません。 その点は予めご了承ください。 それでは、早速ランキングにまいりましょう。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第10位から第5位 まずは、「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」の 第10位から第5位となる下位ランキングをご紹介しましょう。 下位ランキングと言っても、絶滅した50億種から500億種の中のランキングですので、 非常に恐ろしい動物であったことに変わりません。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第10位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第10位は「メガロドン」です。 種 類 サメ• 生息地 世界中の海• 大きさ 13から20メートル• 備 考 咬む力は20トン以上 史上最強の魚類 このメガロドンの第10位ですが、古代の魚類に精通されている方からはお叱りを受けてしまうかも知れません。 何と言ってもメガロドンは、 体長が13から20メートルにもおよび咬む力も20トンと言うモンスター級のサメなのです。 多くの魚類研究者が口をそろえて「 メガロドンは魚類史上最強」と言っているのですから、如何に凄まじいかはお分かりいただけるでしょう。 今から1800万年から150万年前(2600万年から600万年前など他説あり)、メガロドンはその大きな体と強力な顎の力そして大きく鋭い歯を武器に、 世界中の海で生態系の頂点に君臨していたと考えられています。 大きさだけ見ても、現代のジンベイザメやマコウクジラと同等の大きさなのです。 近縁種となるのがホホジロザメですので、 マコウクジラクラスの大きさを誇るホホジロザメを想像していただくと分かり易いですね。 このモンスター級のサメは、主には クジラ類を捕食していました。 一時代を築いたメガロドンですが、環境の変化(海水温の低下など)についていくことが出来ずに絶滅の道を歩むことになります。 もしも現代にもこのメガロドンが生息をしていたら、 海における危険は今の何十倍にもなっているでしょう。 しかし、その危険は海水浴や釣りなどのレジャーまたは漁師さんなど海上での仕事をされる方などに 限定化されてしまいます。 勿論それでも恐怖には変わりありませんが、このことから今回は第10位とさせていただきました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第9位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第9位は「ティタノボア」です。 種 類 ヘビ• 生息地 南米(コロンビア)• 大きさ 12から15メートル• 備 考 ワニを捕食する史上最大のヘビ ティタノボアは、6000万年前に生息していた 史上最大のヘビで、その全長は12から15メートルにもなるのです。 体重は1トンを超え、最も太い部分においては 直径1メートル以上にもなる桁外れの大きさを誇ります。 ティタノボアの名前(巨大なボアの意味)からもお分かりのように、 現存するボアやアナコンダの祖先筋にあたり ワニなどを丸呑みにしていたと考えられています。 対応調節が出来ないことから、 気候変動についていけずに絶滅したとされるティタノボアですが、仮に現代に生きていたらどうなるでしょうか。 近縁となる現代のオオアナコンダは、ワニは勿論ですが人間や牛に馬、ジャガーなども捕食対象としているのです。 このことからも、仮にティタノボアが現代に生存していたら、私達人間にとっては 非常に驚異の存在となることは間違いありません。 地域住民を恐怖に陥れることでしょう。 しかし、オオアナコンダには体が重く動きが遅いという欠点があり、捕食対象であるワニやジャガーから反対に捕食されてしまうこともしばしばあります。 そうなると、 ティタノボアの動きはもっと鈍いとも考えられますので、少しは付け入る隙がありそうですね。 この付け入る隙を考慮して、今回は第9位としました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第8位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第8位は「サルコスクス」です。 種 類 ワニ• 生息地 アフリカ大陸(サハラ砂漠で発見)• 大きさ 11から12メートル• 備 考 咬む力は8トン(ティラノサウルスの2倍) サルコスクスは白亜紀前期(1億4550万年前から1億年前)に アフリカに生息していた巨大なワニになります。 つまり恐竜と同じ時代に生きた 大型爬虫類ですね。 生息域は現代のワニと同様に川などで、水を飲みに来た 恐竜を捕食していたと考えられています。 サルコスクスは、その体長が 11から12メートルと非常に大型のワニでした。 しかも 咬む力は8トンにもおよぶのです。 これはあの ティラノサウルスの倍にもなる数値ですので、咬みつかれた恐竜はなすすべもなく水中へと引きずり込まれていったでしょう。 実は、サルコスクスなどの登場前には 水生の恐竜もいたようですが、これら巨大ワニの登場で姿を消してしまったようです。 生態系をも変化させて 淡水の頂点へと昇り詰めた実力は、驚愕そして驚異ですね。 もしも、このサルコスクスが現代にも生存していたとしたらどうでしょう。 サルコスクスの生息地は、人間の 生活において欠かすことの出来ない「川」です。 地域住民の 不安は極限へと達してしまうでしょう。 しかし、 危険域が水辺近くと限定されることから今回は第8位としました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第7位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第7位は「アンドリューサルクス」です。 種 類 哺乳類(現存しないメソニクス目)• 生息地 ユーラシア大陸東部(現モンゴル)• 大きさ 4から6メートル程度• 備 考 史上最大の陸棲肉食獣 アンドリューサルクスは、4500万年から3600万年程前に、 今のモンゴルに生息していたとされる史上最大の陸生肉食獣です。 分類としては、 現在では存在しないメソニクス目の哺乳類になります。 因みに、現代における 最大の肉食獣はホッキョクグマでその体長は3メートル程度ですから、 その倍にもなるアンドリューサルクスが如何に大きな肉食獣となるかは容易に想像がつきますね。 しかし、このアンドリューサルクスの 肉食獣説には少々懐疑的な見方もあるようです。 元々は、 捕食性の高いオオカミやハイエナのような体型の大型獣として語られてきました。 しかし、最近では 腐肉食か雑食として語られることの方が多くなってきているのです。 これは「歯の形状から、 攻撃的に獲物を狩るというよりも固い獲物を嚙み砕く方が適している」こと。 さらには「巨体ゆえに 素早く動くことが出来ず、狩りには向いていない」ことからそのように考えられています。 そうなってきますと、この 第7位というランキングの雲行きも怪しくなってまいりますが、現状ではまだ捕食性の高い肉食獣の可能性を残してこの順位のままにしておきます。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第6位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第6位は「スミロドン」です。 種 類 サーベルタイガー(大型ネコ科)• 生息地 南北アメリカ大陸• 大きさ 2メートル程度• 備 考 史上最強にして最大の牙を持つネコ科生物 スミロドンという名前にあまりピンと来ないかもしれませんが 「サーベルタイガーの一種」と聞けばお分かりいただけるかもしれませんね。 スミロドンは、サーベルタイガーの中でも 最後に現れた最も大型で最強の種になります。 スミロドンが生息していたのは、250万年から1万年前の アメリカ大陸で、 狩りでマンモスを襲う史上最強のネコ科動物と言われています。 サーベルタイガーの名前からも分かるように、スミロドンはサーベルのような 長く発達した牙(犬歯)を持ちます。 その長さは 24センチメートル程度と驚異的な長さなのです。 また、形状も楕円形で後部が鋸状と 鋭利さと強度を兼ね備えています。 この 犬歯を相手の喉元に食い込ませて仕留めていたようです。 また、身体の骨格から 前肢の筋肉が異常に発達していて、獲物をがっちりと押さえ込むことが出来たようです。 しかしその一方で、後ろ肢が非常に短く速く走るには適していなかったともされています。 地球が寒冷化して、草食獣が数を減らし始めると速く走ることが出来ないスミロドンは、絶滅へと向かってしまいました。 そう考えると、「スミロドンが現代にいてもそれほど脅威ではないのでは?」とも思われるかも知れません。 しかし、もし現代にスミロドンが生息していれば、彼らの ターゲットは足の速い草食獣ではなく動きの遅い動物になります。 それには、 勿論人間が含まれることは容易に想像がつきますね。 トラやライオン、ヒョウなど現代の大型ネコ科動物には私達人間が獲物として認識されることはあまりありません。 しかし、スミロドンが生息していれば、そ の狩りのターゲットとして人間に牙を向けることになり得るのです。 実際に 生息当時にも人類がスミロドンの狩りの対象となっていたとされています。 そうなれば、非常に驚異ですね。 これらから、今回はスミロドンを第6位としました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第5位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 」第5位は「ショートフェイスベア」です。 種 類 クマ• 生息地 アメリカ大陸• 大きさ 4メートル程度• 備 考 最大かつ最強のクマ ショートフェイスベアは、180万年前から1万年程前に生息をしていた 史上最大にして最強のクマの種になります。 実は、このショートフェイスベアは謎と言いますか、 新たな発見も多くありまだ定まり切っていないのです。 以前までは、 北米大陸にのみ生息ともされていましたが、 南米に生息していたショートフェイスベアの一種である「アルクトテリウム・アングスティデンス」の発見で大きく変わったのです。 この種は、 体重が1.6トンとこれまでの1.1トンを大きく更新したのです。 いずれにしても、現代のホッキョクグマよりも大きくて強い、史上最大かつ最強のクマと言うことに変わりはありません。 ショートフェイスベアは、 四肢が長く非常に俊敏に動くことが出来たとされています。 現代のクマと言うよりは 大型のネコ科動物に近かったと考えられているのです。 鋭い牙と爪そしてパワーにスピードを兼ね備えた最強のハンターだったようですね。 獲物は大型の草食動物で、マンモスなどもその対象としていました。 仮にこのショートフェイスベアが現代にも生存していたらどうなるのでしょう。 現代のクマは生存競争の過程で 肉食から雑食へと進化をしています。 純粋な肉食は人間との距離が充分に保たれたホッキョクグマだけですね。 ところが、この ショートフェイスベアは、人間と距離が近い純粋な肉食獣です。 しかも、クマの中でも最大かつ最強の恐ろしい猛獣なのです。 勿論、 人間を獲物と認識し狩りの対象とするでしょう。 第6位のスミロドンと同様に人間にとって脅威以外の何物でもありません。 しかも、俊敏性も兼ね備えているのですから、 スミロドンよりもその脅威は大きいですね。 そのことから、ショートフェイスベアは第5位としました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10上位ランキング ここまでに「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」第10位から第5位をご紹介いたしました。 いずれも その時代に生態系の頂点に君臨した猛者達です。 しかし、ここまでの発表で疑問を感じる方もいるかもしれませんね。 「あれ 恐竜が出てこない?」 そうなんです。 恐竜を全て含めてしまうと、その スケールの大きさからランキングを独占してしまうのです。 このことから、 陸生肉食恐竜と海生肉食恐竜(爬虫類)はそれぞれ2種ずつのエントリーにしました。 それでも やはりTOP4を恐竜が独占してしまいました。 ここからは、その恐竜が登場する上位ランキングになります。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第4位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第4位は「ティロサウルス」です。 種 類 海生爬虫類• 生息地 北米大陸やオセアニアを中心に幅広い範囲に分布• 大きさ 15メートル程度• 備 考 最大級の海生爬虫類 ティロサウルスは、白亜紀後期の 8500万年から7800万年程前に生息した海の王者です。 分類としては「有隣目、トカゲ亜目、モササウルス科、ティロサウルス属」に属する 獰猛な海生爬虫類になります。 モササウルスの仲間(モササウルス科)としては、比較的後半に進化を遂げて登場した大型種です。 同じ仲間の モササウルス(モササウルス属)と並び、最大級の海生爬虫類とされています。 ティロサウルスは古代の海では最も恐れられた獰猛な肉食獣の一つで、 自分よりも小さいまたは同等の獲物には見境なく襲い掛かったようです。 非常に 強力な顎には鋭い歯が並び、これで 獲物を仕留めて丸呑みにしていたと考えられています。 胃の内容物からこの丸呑みの様子が伺えるようですね。 その捕食対象は 魚が主ではありますが、海鳥やサメ、プレシオサウルスや他の種の小さめなモササウルス類などの仲間も構わず襲っていたことも分かっています。 化石には、ほとんどの個体に戦いによってついたとされる傷跡が見られることから、 非常に好戦的で獰猛な性格だったことも伺えます。 ティロサウルスは、正確には海生爬虫類なので恐竜ではありませんが、 恐竜と同時期を生き抜き海の王者として君臨していたのです。 もし、仮にこのティロサウルスが、現代にも生存していたらどうでしょう。 私達 人間が、このティロサウルスの獲物となるのは火を見るよりも明らかです。 近くで海水浴などをしようものなら、あっという間に飲み込まれてしまうでしょう。 前述でメ ガロドンを海の生物なので第10位としましたが、 それをも凌駕するほどの迫力を持つティロサウルスは堂々の第4位にさせていただきます。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第3位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第3位は「モササウルス」です。 種 類 海生爬虫類• 生息地 欧米、アジアなど• 大きさ 17メートル程度• 備 考 最大級の海生爬虫類 モササウルスは、白亜紀後期の 7900万年から6500万年程前に生息した恐ろしい海生爬虫類で当時の海の生態系の頂点に君臨していました。 分類としては「有隣目、トカゲ亜目、モササウルス科、モササウルス属」に属する獰猛な海生爬虫類で 第4位のティロサウルスとは非常に近い仲間になります。 ティロサウルスとは入れ替わるように登場する形になりますので、その進化系かも知れませんね。 全てにおいて、ティロサウルスをより強く大きくした印象となるのがこのモササウルスなのです。 クジラにも負けない 大きな体格と、強力な顎に鋭い歯、獰猛かつ好戦的な性格と全てが兼ね備わった海の最強の王者なのです。 実は、多くの専門家がこの モササウルスを史上最強の海洋生物としてその名前をあげているのです。 また、モササウルス最強説を後押しするのが、映画「ジェラシックワールド」で描かれた強烈なシーンです。 インドミナス・レックスを一飲みしてしまうあのシーンは多くの方々の脳裏に焼き付いているのではないでしょうか。 勿論、映画の中での話ではありますが、あながち間違いとも言えないようです。 また、このモササウルスの生息地にアジアとありますが、実は 日本でも北海道に大阪、和歌山などでモササウルスの化石が見つかっているのです。 その昔には、 日本の近海にこのモササウルスがいたというのですから驚きですね。 では、このモササウルスが仮に現代に生存していたらどうなるのでしょうか。 第4位とした ティロサウルス以上に脅威になるのは間違いありません。 そのことから、モササウルスは第3位とさせていただきました。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第2位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第2位は「スピノサウルス」です。 種 類 恐竜• 生息地 アフリカ大陸• 大きさ 15から17メートル• 備 考 史上最大級の肉食恐竜 スピノサウルスは、白亜紀の前期から中期、 1億2500万年から1憶年ほど前に生息した史上最大級の肉食恐竜です。 スピノサウルスの最大の特徴は 水陸両用の恐竜だったことです。 基本的には、水の中でサメやエイなどを捕食していたとされています。 陸上では、4本肢歩行だったようですね。 このスピノサウルスは、 化石が紛失してしまったため、なかなか世間に出てこなかった恐竜です。 映画「ジェラシックパーク」でティラノサウルスを撃破して一躍有名になりましたが、 実際にはティラノサウルスを倒すことは難しいようです。 そうは言っても、 肉食恐竜としては最大となる大きさを誇るのですから、強く恐ろしい部類に入る恐竜であったことは間違いありません。 今回のランキングでは、スピノサウルスを第2位としました。 もし、仮に現代にスピノサウルスが生存していたとしたら、 私達人間は立派な捕食対象となりいとも容易く狩ることが出来るでしょう。 そして 水陸両用となることから陸上でも水中でも襲われる危険性があります。 これらがこの第2位と言う高順位の理由です。 私達人間を狩るのには、ティラノサウルスを倒すほどの実力は必要ありません。 この スピノサウルスの持つスペックで充分なのです。 水中でも陸上でも襲われる危険性があるというのも非常に厄介ですね。 スピノサウルスの今回の第2位と言う結果は至極妥当ではないでしょうか。 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10 第1位 「絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10」 第1位は「ティラノサウルス」です。 種 類 恐竜• 生息地 北米大陸• 大きさ 11から13メートル• 備 考 史上最強の肉食恐竜 ティラノサウルスは白亜紀後期の 6850万年から6550万年程前に北米大陸に生息した史上最強の肉食恐竜になります。 恐竜の最後に登場した 最も進化を遂げたスーパー恐竜ですので、この最強説も納得ですね。 それまでに登場した多くの恐竜の中でも、 断トツの知名度と人気を誇ります。 その気性の荒さは名前の「暴君トカゲ」からも伝わってきます。 また、第2位となったスピノサウルスの登場で最大の肉食恐竜の座は奪われてしまいましたが、それでも 13メートルの体長に6トン以上となる体重は驚異的です。 さらに、 ずば抜けた身体能力に桁外れの顎の力と鋭い歯、優れた嗅覚・聴覚・視覚・知能と狩りに必要なすべてを兼ね備えているのです。 この時代の他の生物全てが、この ティラノサウルスには恐れおののいていたことでしょう。 このティラノサウルスに匹敵するような強さを持つ恐竜は、今のところ確認されていません。 まさに、 史上最強の肉食恐竜になります。 仮に、ティラノサウルスが現代にも生存をしていたら、どうなってしまうのでしょうか。 生息地域の住民は片っ端から食べられてしまうでしょう。 考えただけでも恐ろしいですよね。 ティラノサウルスの第1位は誰もが納得の順位ではないでしょうか。 まとめ 絶滅してよかったと思う怖い動物ランキングTOP10をご紹介いたしました。 やはりティラノサウルスの第1位は、断トツかも知れませんね。 実は、これは裏を返すと見てみたい動物と言うことでもあります。 怖いと思いながらも実は、見てみたい。 まさに怖いもの見たさがそこにあるような気がします。 今回のランキングを考えるにあたり、気付いたことがありました。 地球の歴史の中で、これまでに絶滅をしたのは50億種から500億種とされています。 1万年以上前の化石時代までは絶滅する種の数は、平均すると1年で100万種につき1種という割合でした。 しかし、時代と共にそのスピードは格段に速くなっています。 現代に至っては、熱帯雨林では森林の消失により、1日あたり74種もの生物が絶滅しているとされているのです。 これには、私達人間の責任が重くのしかかっています。 まさに、恐竜などが絶滅した以上の大量絶滅を我々の手で行っているのです。 このことは決して見過ごしてはいけませんね。

次の

アンドリューサルクスとは

アンドリュー サル クス

史上最大の陸棲肉食獣 体長:3. 8m 新生代第三紀始新世後期 4000万年前 今まで地球上に現れた 陸棲の肉食獣の中で最も大きかったのが、このアンドリューサルクスだ。 か節類のメソニクス科 Mesonychidae に属するこの動物の大きな頭骨が1923年、モンゴルで見つかった。 当初はその巨大さからの1種と考えられた。 現在ニューヨークのアメリカ自然史博物館で見ることができるこの 頭骨は長さ83cm、幅56cmもあって、現存のクマやライオンをはるかに凌駕している。 メソニクス アンドリューサルクス 頭骨の長さ 279mm 834mm 肩 高 576mm 1. 9m 体 長 1278mm 3. 8m アンドリューサルクスの化石はこの1点しか見つかっていないので、全体のプロポーションははっきりしないが、Henry Osborn 1924 はメソニクス Mesonyx obtusidens との比較から体長3. 8mと推定している。 しかし最近では頭がやけに大きなグロテスクなスタイルでかなり無理のある復元になっている。 大きな歯を持つ顎は強力で、また顎を動かす筋肉は相当発達していたようで、骨や貝殻を噛み砕くことができた。 アンドリューサルクスの生態はよくわからないが、雑食性だったと思われる。 おそらく腐肉食でもあっただろうし、機会があれば他の動物も襲った。 ハイエナのような生活をしていたのかもしれない。 しかしライオンやトラのように自分より大きな動物を捕えることができたとは考え難い。 死体漁りが主だった可能性もある。 サルカストドン Sarkastodon mongoliensis 体長:3m? 新生代第三紀始新世後期 3700万年前 食肉類(イヌ・ネコ・イタチ・クマなどのなかま とは別のグループ 肉歯類のオキシアエナ科 Oxyaenidae の サルカストドンはアンドリューサルクスより少し新しく3700万年ほど前に、やはりモンゴルに住んでいた。 不完全な頭骨しか見つかっていないので、こちらも全体像ははっきりしない。 よく見かけるサルカストドンの復元された姿は尾の長いクマのようだ。 強くて重々しい歯を持ち、雑食性だったと考えられているが、機会があれば大型草食獣を襲ったかもしれない。 サルカストドンの一部が欠けた頭骨は、アメリカ自然史博物館の中央アジア探検隊によって、1930年にモンゴルで発見された。 一説に長さ90cm近くもあるといわれていた(今泉吉典、1991)。 これでもアラスカヒグマの最大の頭骨より大きいが、アンドリューサルクスはもちろん、メギストテリウムよりも小さい。 オキシアエナ科の代表者、5000万年前の オキシアエナ Oxyaena lupina は体長1mくらい、イタチのように細長い体をしていた。 犬歯は大きく、今日のクズリのような生態で、相当に凶猛残忍であったらしい(鹿間、1979)。 肉歯類はヒアエノドンとオキシアエナに代表されるが、これはどちらも獰猛・貪欲でどうしようもない存在だった。 イヌほどの大きさの原始的な有蹄類を手当たりしだい殺しまくっていた(絶滅巨大獣の百科)。 だいぶ過激な表現が並んだが、両者はドールやクズリ並の脅威を周囲に与えていたのだろう。 オキシアエナの進化したタイプといえる大型の パトリオフェリス Patriofelis ferox ともなると、トラのような生態であったろう(鹿間、1979)といわれる。 始新世中期、4500万年前の北アメリカの代表的な猛獣だった。 体長175cm、肩高70cm、頭骨の長さ35cm。 足の幅が広くそれ故走るのはあまり速くなかったかもしれないが、指はよく開き、泳ぎはたくみだったとされる。 今日のジャガーは川でカメを捕らえることがある。 パトリオフェリスの化石が出ているワイオミングの Bridger 湖にはカメも多かった。 パトリオフェリスもカメを捕食したかもしれない。 カメの甲羅の破片を含んだ糞の化石が Bridger 湖から見つかっている。 先祖のオキシアエナは木登りが巧みだったが、パトリオフェリスは樹木よりも水を好んだようだ。 カワウソのような習性を持っていたかもしれない。 メギストテリウム Megistotherium osteothlastes 肉歯類ヒアエノドン科 Hyaenodontidae での最大の代表は、 メギストテリウムで中新世にリビアに生息していた。 頭骨の長さが65cmもあり、体長3m、体重は500kgと推定されている。 エジプトやパキスタンでもメギストテリウム属の化石が見つかっているが種名を確定するまでには至っていないようだ。 ブリストル大学の Robert Savage 教授によれば 1mを超す頭骨があるという。 もしこれが確認されたものならメギストテリウムこそが古今を通じて最大の陸生肉食獣ということになるのだが。 ヒアエノドン科はユーラシア、アフリカ、北アメリカから多くの種が知られている。 今日のネコ科とハイエナ科が占めているのと同様の生態的地位(ニッチェ)にあった。 四肢が長く、敏速に動き回ることができた。 頭骨は体の割に非常に大きく、終生成長し続けていたという。 強大な犬歯や裂肉歯の存在はこの恐ろしい動物がたいへん強力だったことを示している。 1〜1. 4m、頭骨が28cmほどあった。 肉歯類としては特殊化が進みハイエナ的となった。 しかしその歯はハイエナよりずっと鋭く、おもに有蹄類を狩っていたようである。 ケニアのビクトリア湖ルジンガ島で発見された ヒアイナイロウロス Hyainailouros sulzeri もまたヒアエノドン科の巨大な肉食獣でその頭骨は約60cmもあった。 ナミビアでは大型のクマイヌ・と一緒に発見されている。 メギストテリウムはこのヒアイナイロウロス属に含まれる可能性があるという。 歯列の形からこれらの巨大な肉歯類が捕食者であり、かつ腐肉食者でもあったことを示唆している(アラン・ターナー、2004)。

次の