劇団四季 2020。 劇団四季「キャッツ」2020年3月/東京 払戻情報:チケットぴあ

劇団四季が、活動継続のためのクラウドファンディング開始!8,000万円突破!1億円を目指す|株式会社MotionGalleryのプレスリリース

劇団四季 2020

劇団四季のクラウドファンディングの内容 「劇団四季」と言えば日本国内各所に劇団四季専用の劇場を持ち、お芝居やミュージカルなどの公演を行う、誰もが知る演劇集団です。 「ライオンキング」「キャッツ」をはじめ、有名な演目が多数あり、今までの総公演回数は3,000回を超えています。 所属する俳優陣、それから舞台を支える技術スタッフや経営スタッフは計約1,400人にもなる大きな団体が今、困難の局面に立たされています。 そこで劇団四季に関わる方々、および劇団活動をこれからも続けていくための資金としてクラウドファンディングを通じて、支援金が彼らの活動資金として活用されるようになっています。 クラウドファンディングの内容ですが、支援金の額には 1,000円から100,000円と幅広いコースがありますので、非常に支援しやすい形になっています。 受けられるリターンもコースによって異なりますので、お好きな金額やコースが選べるのは嬉しいところですね。 リターンには劇団四季オリジナルのグッズや公演のチケット購入に使えるコードがあります。 チケット購入に使えるコードはそれぞれに支援する金額に合わせて異なり、支援した半分の額がコードとしてリターンされます。 申し込み後に劇団四季よりURLが送られてくる仕組みになっています。 金額やリターンのコースについて 金額の細かい内容ですが、幅広い金額設定がされているので支援しやすい内容になっています。 劇団四季クラウドファンディングの申し込み方法 劇団四季のクラウドファンディングは(モーションギャラリー)のクラウドファンディングサイトから申し込みができます。 まずへ新規登録をします。 新規登録にはメールアドレス、氏名の入力(ニックネームの設定もできます)、パスワード設定が必要です。 ログインしてから「このプロジェクトを応援」ボタンをクリックするか、「リターンを選ぶ」からお好きなコースをクリックし、決済情報の入力すれば申し込みが完了します。 外食業界をはじめ、演劇、劇団などのエンターテインメント業界は今新型コロナウイルスの影響で本当に深刻な局面を迎えています。 私たちがこれまで生活に潤いをもたらしてくれるこれらの業種にどれだけお世話になっていたのかを改めて感じさせられる機会でもあると言えるのではないでしょうか。 ようやく緊急事態宣言が解除された今だからこそ、劇団四季の灯が消えてしまわないよう、私たちが、応援・支援をしていきたいですね。

次の

劇団四季、創立記念日7月14日より各地で公演を再開(2020年7月14日)|ウーマンエキサイト(2/2)

劇団四季 2020

今後も全国の皆様に演劇の感動をお届けするため、ぜひ、応援ください。 本プロジェクト キービジュアル• 新型コロナウイルス感染症の影響により、劇団四季はかつてない危機に直面しています 演劇を通して「人生の喜び」「生きる感動」を届けることをモットーに、日本全国で活動する劇団四季は、1953年、10名の学生によりスタートし、以来60年以上にわたり着実に公演活動を積み重ね、現在では、世界的に見ても最大規模の演劇集団となっています。 日本国内に専用劇場を持ち、ストレートプレイ(芝居)、オリジナルミュージカル、海外ミュージカル、ファミリーミュージカルなど、幅広いレパートリーを上演し、近年の年間の総公演回数は3,000回以上、総観客数は300万人を超え、所属している約1,400名の俳優・技術スタッフ・経営スタッフが、一丸となってお客様に演劇の感動を届けています。 「演劇だけで生計を立てる」ことを活動の根幹のひとつに据え、これまで演劇一本で発展と拡大を進めてきていましたが、この度の新型コロナウイルス感染症の発生・拡大により、非常に大きな困難と損失に直面することとなりました。 今年2月末に、公演活動を中止以降、6月末までの4ヵ月間だけでも、中止となった公演は約1,000公演。 これは劇団四季の 年間総公演の3分の1にあたります。 公演中止はそれだけに収まらず、7月中旬まで続き、緊急事態宣言が解除となったのちも、これまで通りに公演を行うことが困難な状況です。 現在、公演再開に向け、上演の方法を試行錯誤している段階ですが、以前のように連日満席のお客様に観劇をお楽しみいただける環境までには少し時間がかかり、新型コロナウイルス感染症が収束するまで、大きな経営ダメージを受け続ける見込みです。 これまでに経験のない、劇団始まって以来の危機にさらされています。 社会全体がこれまでにない危機的状況に陥り、誰もが先行きの見えない不安な毎日を送っている中、日々、たくさんのお客様から励ましのメッセージが届き、この危機をなんとか乗り越え、これから先も日本全国の皆様に演劇の感動をお届けしたいという強い思いから、本プロジェクトの実施となりました。 新型コロナウイルス感染症対応のため中止となったのは、年間総公演の3分の1にあたる1,000公演 劇団四季は、東京、名古屋、大阪に計8つの専用劇場を持つほか、京都・福岡などをはじめ、全国の劇場で数多くの公演を実施。 大都市に限らず、各地公演を積極的に行っています。 これまで劇団四季が公演に訪れた都市は、北は北海道・利尻島から、南は沖縄・石垣島、宮古島まで、700ヵ所以上。 首都圏のみならず全国各地に舞台の感動を届けることで、文化の一極集中を是正し、演劇をもっと身近に感じられる社会を実現することが、劇団四季の大きな理念の一つであるからです。 しかし、6月現在、すべての公演が新型コロナウイルス感染症対応のため中止となっています。 公演活動を支えているのは、横浜市にある劇団四季の拠点・四季芸術センター。 大中小10の稽古場をはじめ、個人レッスンを積むことができる研究室、トレーニングジムなどを完備しています。 質の高い舞台をお届けするため、平時では俳優たちが日々レッスンや稽古に励み、活気に満ちた施設ですが、現在は新型コロナウイルス感染症対応のため、規模を縮小して運営しています。 公演回数 四季芸術センターでのレッスンの様子 2020年2月以前に撮影• 再開後の新たな取り組みと、ご来場者数に関する影響 緊急事態宣言が解除されたことを受け、お客様を劇団四季の公演にしっかり迎えられるよう、感染防止策を検討し、再開の準備を進めることとなりました。 先日、公益社団法人全国公立文化施設協会より「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」が発表されたことを受け、同ガイドラインを取り入れ、お客様同士の間隔を十分にとることを念頭に置いた安全対策を実施します。 このような状況で、これまでのように客席いっぱいにお客様をお迎えすることは困難です。 また、新型コロナウイルス感染症の収束については見通しが完全に不透明なため、安全対策は当面の間、実施が継続される見込みです。 今年ばかりでなく、来年以降もご来場者数に大きな影響が出ることが懸念されています。 いただいた支援について 本プロジェクトによる支援金は、劇団活動の維持のため、中止公演の損失補填および今後の活動資金に充てられます。 関係企業・機関からも支援をいただき、公的な支援についても、最大限活用する予定ですが、今回の事態で受けた損失は非常に巨額であり、補填できる目処は立っていません。 収益悪化の一途をたどる最悪の状況を想定しながら、劇団内でも様々な施策を行い、劇団一丸となって今のこの危機を乗り越えようとしています。 大きな痛手を抱え、未来の見通しが立たない状況が続いていますが、お客様とともに作り出す「演劇」の時間と空間を愛し、守ることを決して諦めず、一歩一歩、開幕まで進み続けます。 発起人:劇団四季よりメッセージ 新型コロナウイルス感染症は、社会全体にこれまでにない困難や不安をもたらしました。 今はこの厳しい状況を耐えるときですが、私たちはそれでもこれからの演劇活動に希望を持ち続け、前を向いて、目の前の困難に全力で取り組んでまいります。 今後、新型コロナウイルス感染症をめぐる社会の状況が変化し、政府や地方自治体から特別な要請があった場合、公演を再度中止せざるを得ない場合も十分予想されます。 劇団経営のさらなる悪化に予断を許さないなか、今、私たちができることは、「演劇の感動の灯をともし続ける」という祈りを強く持ち、活動に全力で取り組むことです。 これまでのような日常が戻ったときには、また客席いっぱいのお客様に感動をお届けしたい。 そのために、この危機を何とか乗り越えていきたい。 その祈りにご賛同くださる皆様と、ともに未来に向けて歩んでいけたら、と心より願っております。 劇団四季にどうぞ温かいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 2020年6月17日更新• ーーーーー MOTION GALLERYは、みんなの共感をパワーに、社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現するクラウドファンディング・プラットフォームです。

次の

劇団四季クラウドファンディングの金額とリターンのコースと申込方法!

劇団四季 2020

翌7月15日には、東京・汐留の電通四季劇場[海]で『アラジン』東京公演が、大井町のキャッツ・シアターで『キャッツ』東京公演が再開する。 『アラジン』は、ディズニーの同名アニメ映画を基にした作品で、2015年に日本初演が開幕して以来5年間、常に何ヶ月も先までチケットが完売するほどの高い人気を誇っているミュージカルだ。 『キャッツ』は、1983年、東京・西新宿に建てられた仮設専用劇場キャッツ・シアターで初演され、日本演劇史上初となる1年間のロングランを達成。 それ以後、全国9都市で上演を重ね、劇団を長く支えてきた、四季にとっては大切なレパートリーのひとつと言える。 首都圏以外では、同じく15日、名古屋四季劇場で『ライオンキング』名古屋公演も再開に漕ぎつけた。 新型コロナの影響で開幕が危ぶまれる中、予定通り3月26日に、14年ぶりとなる名古屋での公演が初日を迎えたものの、直後に中止となっていた公演で、名古屋の四季ファンには嬉しいニュースだろう。 15日には、大阪四季劇場でも、ディズニーの『リトルマーメイド』大阪公演が再び幕を開ける。 関西では初となる公演が開幕したのは2018年10月。 以来、連日観客が詰めかける盛況が続き、再開が待たれていた公演だ。 文:原田順子.

次の