ジスロマック 性病。 淋病にも効くジスロマック

尿道炎治療のNG特集

ジスロマック 性病

肺炎・性病にジスロマック ジスロマックは、特に細菌が原因となって発症するタイプの感染症に対して、すぐれた効果がある医薬品で、風邪で病院にかかる際にもよく処方されている抗生物質の一種です。 ウイルスが原因となる風邪の場合、実はジスロマックには直接的な効果がありません。 風邪で体力が落ちた状態では、細菌が原因となる他の感染症にもかかりやすくなるため、事前にこうした感染症を予防する意味で処方されることも多く、そのために抗生物質としては比較的ポピュラーなもののひとつです。 このジスロマックには、細菌の細胞壁の合成を妨げることで効果を発揮するペニシリン系(アンピシリンなど)の他の抗生物質にはない長所があります。 例えば、細胞壁がない小型のマイコプラズマや、通常の細菌が細胞壁にもっているはずの一部の物質を欠いている クラミジアなど、ペニシリン系の抗生物質が効かない特殊な細菌にも効果を発揮するという点です。 マイコプラズマは、痰のないから咳が長引くのが特徴で、学校や会社などで大発生することもあるマイコプラズマ性肺炎を引き起こします。 クラミジアは、結膜炎などの目の病気を引き起こすほかにも、性交渉によって感染し、尿道炎や子宮頸管炎などをもたらす性病の一種・クラミジア感染症の原因となります。 ジスロマックは、こうした特殊な肺炎や性病の治療にも有効であることから、幅広く支持を集めています。 ただし、ジスロマックは処方箋薬となっているため、国内では通販などは行われておらず、薬局で買う場合も医師の処方箋が必要です。 例外的に、海外からの個人輸入であれば、通販とほぼ同様、簡単に少量を個人輸入することは可能となっております。 最近では通販サイトを模した個人輸入のサポートサイトなどもネット上にはいくつかみられます。 反面、国内通販と違って通関の手続きなどがあるため、多少郵送されるまでに時間がかかることもあります。 ジスロマックは長期間体内に留まる ジスロマックというのは、細菌が原因となって起きる感染症の治療に有効な、マクロライド系と呼ばれる種類の抗生物質です。 このジスロマックは、病気の原因である細菌のタンパク質合成を阻害することで増殖を抑える効果があり、さらに高濃度では細菌を死滅させることも可能です。 ウイルスが原因の風邪には効果がありませんが、細菌による二次感染で体調が悪化することを防ぐために処方されることがあります。 また、皮膚感染症や呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎などの細菌が原因となって起こる感染症の治療にも幅広く用いられています。 さらに、ペニシリン系などの他の種類の 抗生物質では効果がなかったクラミジアのような性感染症にも効果があることがわかっています。 最近では、として認知されているケースが少なくありません。 このジスロマックの特徴として、体の組織内にひじょうに長く留まることができ、作用時間も長いといったことが挙げられます。 抗生物質は体内で一定の濃度が保たれなければ意味をなさないため、他の種類の抗生物質では、1週間かそれ以上といった長い期間、継続的に服用する必要があり、飲み忘れなどがあると効果が激減してしまいます。 いっぽう、ジスロマックであれば、1日1回、3日間服用するだけで、1週間から2週間程度効果が持続するとされていますので、感染症治療にはたいへん有効です。 大人から子供まで使用できる抗生物質 病原性の細菌などが原因となっている感染症に対しては、こうした細菌を殺菌するはたらきのある抗生物質を投与するのが有効です。 さまざまな種類があるため、一般には医師の適切な診断を受け、用法・用量をよく守って服用することが求められています。 ジスロマックは、マクロライド系と呼ばれる種類のものであり、病原菌のタンパク質合成を妨害して、体内での増殖を抑えるはたらきを持っています。 抗生物質は一般的には効き目が強力ですが、このジスロマックは小児用のものも発売されていますので、大人から子供まで服用が可能です。 特に、風邪のような症状であっても、マイコプラズマと呼ばれる特殊な細菌による肺炎が疑われる場合には、子供に対してもよく 処方されています。 但し、病原細菌に対して有効ですが、腸内に生息しているビフィズス菌などの善玉菌までも殺菌してしまうことがあるため、腹痛や下痢などの副作用を生じやすいという欠点もあります。 また、あまりにも頻繁に服用していると、耐性菌と呼ばれる強力な病原菌が体内で勢力を拡大してしまい、特定の医薬品の効き目がなくなってしまうといったやっかいな現象も生じてしまいます。

次の

クラミジアにも使用!抗菌薬『ジスロマック』の効果・副作用などについて

ジスロマック 性病

観覧数: 17901 Views• 更新日: 2016年05月25日 歯周病治療に使われる抗菌薬「ジスロマック」とは? 歯科医院で処方されるお薬には、主に鎮痛剤(痛み止め)と抗生物質があります。 ロキソニンなどの痛み止めは薬局でも購入できるため馴染みがありますが、抗菌薬は基本的に処方でしか手に入れることができないため、疑問点が多いという方も少なくないのではないでしょうか。 歯科医院での治療においては、歯周病の患者さんに対し 「ジスロマック」という抗生物質を処方されることがあります。 今回は ジスロマックとはどんな薬なのか、歯周病への効果や副作用の有無について詳しく解説していきます。 ジスロマックとはどんな薬?効果は? ジスロマックは、 細菌の発育を阻害する抗生物質です。 「ジスロマック」というのは、という製薬会社から発売されている販売名であり、成分による一般名は 「アジスロマイシン水和物」といいます。 ジスロマックには錠剤の他に、シロップ剤やカプセル剤、小児用の細粒剤などのタイプがあります。 ジスロマックの効果 ジスロマックは、細菌による感染症の 歯周病に対して効果を発揮します。 歯周病には 歯肉炎と 歯周炎があります。 歯肉炎は歯肉が赤く腫れる病気で、進行すると歯周炎となり、歯肉が腫れて、さらに歯を支える歯槽骨という骨が溶けてしまいます。 どちらも、歯肉溝および歯周ポケットに潜む 歯周病菌が起こします。 歯周溝と歯周ポケットの違いは? 歯と歯肉の間の深さが2mmまでである場合は「歯肉溝」、3mm以上になると「歯周ポケット」と呼ばれます。 つまり、歯肉炎では歯肉溝、歯周炎では歯周ポケットといいます。 口腔内の細菌は、 歯垢(プラーク)という白くネバネバした細菌の塊を形成し、さらに歯周病菌は歯肉溝・歯周ポケット内に バイオフィルムというヌルヌルした細菌の巣を作ります。 歯垢中の歯周病菌は、代謝産物として 外毒素という毒物を放出して歯周組織を破壊し、歯周病菌の残骸から放出される 内毒素も、歯肉に炎症を引き起こします。 歯周病を食い止めるためには、これらの 炎症や組織破壊を引き起こす歯周病菌を減らす必要があるのです。 ジスロマックは局所投与の薬です 歯周病の薬には、歯肉に直接ペースト状の薬液を注入する 局所投与と、口から飲んで全身に効かせる 全身投与がありますが、ジスロマックは後者になります。 ジスロマックを服用すると全身の血管に薬物がまわり、歯肉の毛細血管にも届きます。 ジスロマックは歯周病菌の中の「リボソーム」というタンパク質を作る器官に作用し、 タンパク質の生成を阻害して、細菌の増殖や成長を防ぎます。 ジスロマックは歯周病以外の治療にも用いられています ジスロマックは、歯周病だけに特化した薬ではありません。 喉が痛くなる リンパ節炎・咽頭炎・扁桃炎、膿んだ鼻水が止まらない 副鼻腔炎、咳や痰が多くなる 気管支炎、 インフルエンザなど、細菌性の炎症に対して幅広く使用されており、耳鼻咽喉科でも処方されることが多い薬です。 ジスロマックは歯周病の急性発作に効果的 人間の口腔内には常在菌として歯周病菌が存在していますが、正しい方法で歯磨きを毎日行い、適切なプラークコントロールがなされていれば、歯周病はほとんど起こりません。 しかし、 プラークコントロールの不足によって、バイオフィルム中の細菌や細菌の塊である歯垢が溜まっていると、気づかないうちに歯周病になっていきます。 慢性の歯周病は日頃から少しずつ進行し、 無症状であることが多いのです。 これこそが、歯周病が「サイレントディジーズ(静かなる病気)」と呼ばれる所以です。 抗菌薬を日常的に使用すると耐性菌ができてしまうため、軽度の歯周病では抗菌薬が処方されることは少なく、歯科医院での歯磨き指導や本人のプラークコントロールをメインにして、歯周病菌を減らす治療がすすめられます。 ただし、 スケーリング・ルートプレーニング(SRP)を行った直後や、 感染性心内膜炎・人工弁を入れている方には、細菌が血液内に入り込んでしまう菌血症を予防する目的として、ジスロマックを処方されることがあります。 一方、プラークコントロールが不足している上に、さらに疲れや過剰なストレスによって免疫による抵抗力が落ちると、歯周病菌がより活発に活動します。 このとき、歯には強い痛みや膿が出ることがあり、これを 急性発作(歯周膿瘍)といいます。 急性の歯周病では症状が強い分、炎症部位に対し、抗菌薬が非常に効果的に作用します。 ジスロマックの副作用と注意点 他の抗菌薬に比べると、ジスロマックは副作用やアレルギー症状が少ない薬とされていますが、より安全に服用するためにも、リスクと注意点を知っておきましょう。 ジスロマックの使用を避けるべき人は? ジスロマックは マクロライド系の抗菌薬です。 マクロライド系抗菌薬は、一般的に肝臓に対して副作用を与えることがあります。 肝炎や肝硬変など、肝障害のある方は病状を悪化させる恐れがあるため、使用を避ける場合があります。 心疾患を持つ方も、不整脈を引き起こすことがあるため注意が必要です。 また、お腹が痛くなる、下痢をする、嘔吐するといった副作用も見られますので、小さな子供は特に注意が必要です。 症状が治らなければ、歯科医院ではなく内科へ行きましょう。 さらに、過去にジスロマックの成分である アジスロマイシンに対しアレルギー症状のあった方は使用を避けましょう。 アジスロマイシンを成分とする薬には「トーワ」「CHM」「タカタ」などがあります。 妊娠中の使用も、お腹の赤ちゃんに影響を与えることがあるため、処方される前に先生に妊娠中であることを必ず伝えておきましょう。 ジスロマックの用法・用量は必ず守りましょう ジスロマックに関わらず、抗菌薬の服用を途中で止めると、中途半端に作用したせいで薬剤耐性菌が発生したり、細菌が逆に増えてしまったりして、薬の効果がなくなってしまう可能性があります。 ジスロマックを服用する際には、 医師から指示された用法・用量を必ず守ること、また、 処方された薬は飲み切ることを心掛けましょう。 ジスロマックを飲み忘れてしまった場合は、 二回分を一度に飲んではいけません。 忘れた分はなるべく早く飲みましょう。 ただし、その次の分を飲む時間が近づいている場合には、1回分をとばして次の時間に1回分を飲みましょう。 ちなみに、ジスロマックには飲み忘れがないように、シートに「1日目」「2日目」「3日目」と記載されているものもあります。 ジスロマックだけで歯周病を治すことは不可能? 歯ブラシやデンタルフロスによる物理的な清掃で、歯垢やバイオフィルムをしっかりと除去する習慣を身に付けなければ、歯周病はいずれ再発してしまいます。 急性の歯周病にしろ、慢性の歯周病にしろ、 「ジスロマックの服用さえ行っていれば歯周病が治る」というわけではないのです。 基本的に、歯周病になった方はプラークコントロールが正しく行えていないということを意味しています。 自分でオーラルケアの見直し。 改善を行うことももちろん大事なことではありますが、やはり一番よいのは 歯科医院に行って適切なプラークコントロールの方法を教えてもらうことです。 歯周病を悪化させない・再発させないためにも、「歯科医師に治療してもらった後はそれで終わり…」ではなく、歯周病予防の専門家である歯科衛生士による 定期検診に通い、自分の口腔ケア方法が正しく行えているかチェックしてもらいましょう。

次の

ジスロマックとは?効果・効果時間・副作用など

ジスロマック 性病

本記事ではインド製の抗生物質であるアジーについてまとめていきます。 アジーは、淋病やクラミジアの治療に使用されることの多い抗生剤であるジスロマックのジェネリック医薬品です。 インド製ということもあり、国内ではいまだ認可されていません。 海外通販サイトから個人輸入することで、Amazonや楽天で商品を買うようにアジーを手にすることができます。 ジスロマックのように クリニックに出向いて医師の診察を受け、処方せんをもらう手間を省くことができます。 ジェネリックなので価格も半額程度に抑えられます。 「手間とコストを抑えてジスロマックを手にしたい」 このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーです。 アジーとは? アジーはインドの製薬会社であるシプラ社が開発・販売する抗生物質です。 ジスロマックという先発薬のジェネリック医薬品となります。 ジスロマックは大手製薬会社であるファイザー社によるマクロライド系抗生物質です。 歯周病や膀胱炎、喉の炎症などさまざま感染症の治療に用いられる医薬品です。 なかでもジスロマックは、 淋病やクラミジアに効果がある抗生物質として知られています。 言うまでもなくクラミジアは日本で最もメジャーな性感染症(STD)です。 日本国内だけで100万人以上の人がクラミジアに感染しているとされています。 パートナーとのセックスが感染経路である場合がほとんどです。 クラミジアは症状の自覚が難しく若年層の女性を中心に広まっています。 決して珍しいものではないということですね。 一方、 淋病は男性に多い性感染症です。 患者数としてはクラミジアの半分ぐらいの規模のようです。 20代の若い男性層を中心に淋病は広まっています。 最近では特定のパートナー以外ともセックスをする若者が増えており、それにともない淋病に感染する人も多くなっているとのことです。 クラミジア同様、淋病も決して他人事とは言えない性感染症となっています。 このような日本国内で猛威を振るっているクラミジアと淋病という2つの性感染症に効果を発揮するのがジスロマックであり、そのジェネリック医薬品のアジーです。 クラミジアか淋病のいずれかの性感染症に悩んでいる方は、ぜひとアジーの服用を考えてみて下さいね。 アジーの効果 ジスロマックのジェネリック医薬品である アジーに含まれる有効成分は、もちろんジスロマックと同じアジスロマイシン水和物となります。 この有効成分が抗生物質として体内で作用します。 アジスロマイシンは、体内で細菌のたんぱく質を合成する器官に結合します。 その結果、細菌は細胞分裂することが出来なくなり、増殖することも出来なくなってしまいます。 クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌に感染することによって、淋病は淋菌という細菌に感染することによって発症する性感染症です。 そのため、治療法としては、このそれぞれの原因となる細菌の増殖を抑えることが第一になります。 ここで役に立つのが、ジスロマックやアジーの有効成分である抗生物質のアジスロマイシン水和物となるわけです。 クラミジア・トラコマティスや淋菌の繁殖を防ぎ、死滅させる効果があります。 アジーの特徴 アジーの特徴は、何と言っても、その入手の手軽さにあります。 アジーの先発薬のジスロマックは医療用医薬品であり、医師に処方せんを書いてもらうことなしには入手できないものです。 そのため、ジスロマックを手にするためには、クリニックに出向き、医師の診察を受け、処方せんを受けとり、薬局で処方してもらうという手間をかける必要があります。 仕事や家事に忙しい人からしたらなかなかに面倒ですよね。 一方、アジーの入手方法としては、海外通販サイトを利用しての個人輸入になります。 そのため、 Amazonや楽天で買い物をするかのようにアジーを手にすることができます。 また、ジェネリック医薬品であるために 価格も先発薬のジスロマックの半額程度となっています。 「手間とお金を省いてジスロマックと同じ効果を手にしたい」 このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーとなります。

次の