いい ね 光源氏 くん ドラマ 感想。 『いいね!光源氏くん』8話(最終回)のネタバレ感想!中ちゃんどうなった?続編・スピンオフ希望殺到!

『いいね!光源氏くん』8話(最終回)のネタバレ感想!中ちゃんどうなった?続編・スピンオフ希望殺到!

いい ね 光源氏 くん ドラマ 感想

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

いいね!光源氏くん 最終回8話ネタバレあらすじと感想、皆の評判! ~光は平安時代に戻ってしまう?|ドラマ情報サイトのドラマイル

いい ね 光源氏 くん ドラマ 感想

光源氏は中将と酒を飲むと、ミュージアムの年表に自分の名前が書いてなくて自分の存在が判らないと中将が言う。 本当は源氏物語の原作では中将は太政大臣まで出世する秀才エリートなのに光源氏との現代での恋愛レースでは負けたと思ってしまい落ち込んだのは笑えた。 光源氏に、どう生きたかが大切だ、何者かは些細なことで今を楽しめば良いと刹那的な人生観の光源氏に慰められたのは中将にとっては救いだったかも知れない。 光源氏は一人の女性だけを幸せにしようと思い直したと中将に言う。 ところかまわず女性に手を出して浮気していた光源氏が本当の愛に目覚めたようだ。 光源氏は沙織と一生いたいと言う。 しかし沙織は一緒に暮らせない、嫌いだと言う。 誠の心か、自分の目を見て答えてくれと言って手を握っても、出て行ってくれと言う。 まさかの展開だった。 所詮、光源氏は食品サンプルで見てくれは優雅だが食えない、ゲテモノだったようだ。 デートで沙織はハワイの看板が見える場所に行くと、アメリカ人が2人追いかけて来てハラハラすると、沙織は車にひかれそうになり光源氏が助けようと飛び出すと消えた。 ところが沙織と一緒に見たいと言っていた花火大会にいつのまに光源氏が戻ってきたのはびっくりだ。 こうなったら、もう2人は結婚するしかない。 光源氏は芸能人として現代に生きるしかない。 優雅な平安貴族と平凡なOLとのミスマッチが愉快なドラマだった。 【5段階評価-5. 面白い】 今クールで一番好きなドラマだったので、今日で最終回というのは寂し過ぎます。 千葉雄大さんの烏帽子姿が見られなくなってしまうと、私も伊藤沙莉さんと同じくらい、落ち込んでしまいそうです。 続編は難しいかもしれませんが、スペシャルでも良いので、また会いたいです。 【5段階評価-5. 面白い】 『いいね!光源氏くん』あらすじ 藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜 くぐ って昔の衣装をまとった男(千葉雄大)が現れる。 男はさも自分が光源氏と言わんばかりに沙織に抱きつき、カップルの痴話喧嘩 げんか と思い込んだ警察は退去。 沙織は、ただのコスプレーヤーだと思う男が「事情があって帰るところもない」と聞き、人助けのつもりでしばらく住まわせることにする。 ところが、妹の詩織(入山杏奈)にこの同棲を知られたり、やがて源氏物語で光のライバル?の中将(桐山漣)も出現し・・・ 【出典:】 『いいね!光源氏くん』CAST&STAFF 千葉雄大 1989年3月9日 宮城県出身 ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 yudaichibaofficial - Instagram 主な作品 テレビドラマ 『天装戦隊ゴセイジャー』 『白戸修の事件簿』 『きょうは会社休みます。 』 『家売るオンナ』 『わろてんか』 『おっさんずラブ-in the sky-』 映画 『アオハライド』 『黒崎くんの言いなりになんてならない』 『殿、利息でござる! 突然現代にやってきても平安時代テンポで 立ち居振る舞いが優雅な光源氏くんに癒される。 そうよね。

次の

ドラマ『いいね!光源氏くん』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 千葉雄大)

いい ね 光源氏 くん ドラマ 感想

『いいね!光源氏くん』1話のあらすじネタバレ 朧月夜とのスキャンダルが発覚、従者(中嶋ベン)を従え光源氏(千葉雄大)は、都から退去、須磨へと向かいます。 一方、現代では、仕事を終え一週間の疲れを癒そうと、メーカー勤務のOL・藤原沙織(伊藤沙莉)がバリ土産の簾を窓に掛け香を焚いて寛いでいました。 すると、平安貴族の衣装を着た見知らぬいけめん(光源氏:千葉雄大)が、突如、簾をくぐり現れ、沙織は悲鳴を上げ部屋から逃げ出します。 廊下で金属バットを見かけ、沙織は部屋に戻り金属バットでいけめんを撃退、警察に通報します。 意識を失っていたいけめんが目覚め、駆けつけた警官2人(しずる:村上純・池田一真)から住所を問われ「二条院」と答えます。 沙織は自身が殴った所為で、頭がおかしくなったと思い込みます。 当初、警官に面識がないと言っていた沙織でしたが、平安貴族のいけめんから光源氏を連想、警察に何故か知っていると言ってしまったのです。 翌朝、沙織が目覚めると光源氏は脱衣所で、沙織の下着に埋もれて寝ていました。 昨夜、警察には男女の痴話喧嘩だと思われ、沙織は光源氏を部屋に泊める羽目になったのでした。 レースのカーテンを開け窓から見える都会の街並みに、光源氏は驚きます。 再び警察に連れて行こうとする沙織でしたが、拒む光源氏のつぶらな瞳にまいってしまい追い返せません。 取り敢えず、沙織は、光源氏の洋服を買いに行くことにします。 沙織はショップで、光源氏の服を適当に見繕います。 試着を終えた光源氏に、女性店員(宮島はるか)が魅了されます。 帰りに、ふたりはカフェに立ち寄り、光源氏は初めて抹茶カフェフロートを経験。 あまりの美味しさに、突如、歌を詠み一筋の涙を流します。 「若草のにほへる春や抹茶てふ恋しきものぞ我はけふ知る」 沙織はスマホで、光源氏の泣き顔を写真に撮ったのでした。 京都行きの新幹線の最終時刻が近づき、ソファーで寛ぐ光源氏に沙織は帰宅を勧めます。 しかし、帰れないと言う光源氏に、殴った罪悪感もあってか強くは言えず、沙織は結局、光源氏を泊めることにします。 毛布を持って来た沙織は、動きの遅い光源氏にキビキビ動けないか注文をつけます。 ところが、光源氏は二条院のように広くない沙織の部屋では無理だと言い、頭にきた沙織はカフェで撮った泣き顔をSNSに投稿しようとします。 この時、沙織は思い立ち、光源氏にSNSをさせることにします。 もう1台あった沙織のスマホを光源氏に提供し、沙織は、光源氏に練習ついでに歌をフリック入力させます。 そして、沙織が泣き顔の写真と共に投稿、すると光源氏は寝てしまいました。 寝室で寝る準備をしていた沙織は、稀代のプレイボーイ・光源氏を警戒しつつ、リビングの様子をうかがいます。 窓から都会の夜の街並みを眺め、光源氏は黄昏れていました。 沙織に気づいた光源氏は立ち上がり、ふたりは見つめ合います。 すると突如、スマホの通知音が立て続けに鳴り響き、ふたりは驚きます。 投稿した歌に、「いいね」が大量についていたのです。 沙織は光源氏を知っている人が見つかるかもしれないと、歌をつぶやくことを光源氏に勧めます。 翌朝、沙織は出社、沙織の妹・詩織(入山杏奈)が沙織の部屋に現れ光源氏に驚きます。 会議中、メッセージと共に驚いた光源氏の写真が詩織から送られ、「げっ」と沙織は声を発するのでした。 スポンサーリンク 『いいね!光源氏くん』1話のネタバレ感想 よくイジりで「平安時代だったら」なんていうのがありますが、光源氏は現代でも『いけめん』だったようです。 いけめんに、あんなつぶらな瞳で見つめられれば、男でも、そう簡単には断れません。 部屋に泊めてしまいます。 ただ、ジャージに烏帽子姿では、流石に街行く女性も見惚れませんでした。 現代の街中を光源氏が颯爽と歩き、女性が振り返るシーンが早く見てみたいものです。 和歌はあまり好きではなかったのですが、本編中で抹茶カフェフロートを詠んだ歌は面白かったです。 学生時代にこんなドラマに出会っていれば、進路が違ったかもしれません。 千葉雄大(ボケ)と伊藤沙莉(ツッコミ)がベストマッチで面白い! 千葉くん激ハマりでした……. 沙織のツッコミもなかなかいい感じです。 また来週も視聴決定💕 — 酒粕 hempens 光源氏扮する千葉雄大さんと藤原沙織扮する伊藤沙莉さんの2人が絶妙な雰囲気を醸していて、「ナイスキャスティング!」と思わずにはいられませんでした。 ネットでも同じように感じた人が多くいたようで、光源氏のボケ(本人は大マジ)に対する、沙織のツッコミが最高!面白い!と高評価。 2人の掛け合に今後も笑わされそうですね。 それにしても、千葉雄大さんの平安貴族姿は似合いすぎ! 原作とは違う可愛らしい光源氏ですが、千葉雄大さん嵌まり役ですね。 『いいね!光源氏くん』2話のあらすじ 公式サイトが発表している『いいね!光源氏くん』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 沙織(伊藤沙莉)が会社に行ってる間に妹の詩織(入山杏奈)が家にやって来て光源氏(千葉雄大)と遭遇する。 光は驚愕(がく)するが、彼女が沙織の妹だとわかり光は詩織に誘われて街に出かける。 仕事が終わるや否や速攻帰宅する沙織。 光がいないので心配するが詩織と共に帰ってきた二人にプリクラ写真を見せられて、あぜんとする。 nhk. html スポンサーリンク.

次の