拝啓 敬具 位置。 「敬具・拝啓・以上・記」の位置・縦書き・横書きの場合|ビジネス

手紙の基本形式:手紙の基本構成、頭語・結語・前文などの書き方と文例「年賀状・暑中見舞いドットコム」

拝啓 敬具 位置

「謹啓」や「敬具」はこの後の項でも説明しますが、「手紙の挨拶」として使われる言葉です。 これは言い換えると、「おはよう」や「おやすみ」と同じような言葉であるということができます。 「おはようございます」と声をかけた後に、「良い夢を」という言葉が続いたり、「おやすみなさい」と言った後に「いい朝ですね」と言ったりしないのと同じように、「謹啓」や「敬具」にも、それぞれ「謹啓」・「敬具」を使ったときにはこの言葉と一緒に使うと決まっている、ペアになる言葉があります。 実は「謹啓」という言葉は手紙の最初に書く挨拶であり、「敬具」という言葉は手紙の最後に書く挨拶ですが、この点において「謹啓」と「敬具」を同じ手紙の中で使うのは誤りです。 これは「謹啓」には「敬具」とは別の、「敬具」には「謹啓」とは別のペアになる言葉があるからといえます。 「謹啓」と「敬具」は同じ手紙の中では使わないようにしましょう。 「謹啓」は前の項でも説明したように、「頭語」にあたる言葉なので、冒頭に挨拶として書きます。 「謹啓」とは「心を込めてうやうやしく言わせてもらいます」といった意味の言葉です。 手紙を送った相手に対して、敬意を示す言葉であるといえるでしょう。 この「謹啓」で始まった文章は、「謹言」や「謹白」で結ぶのが決まりとなっています。 丁度、「謹啓」と反対の意味を持つ言葉であるといえます。 「敬具」は前の項でもお話ししたように「結語」にあたる言葉です。 したがって、手紙の本文の最後に書く言葉だということができます。 「敬具」で終わる手紙は、「拝啓」で始まるという決まりになっています。 「拝啓」は「拝」という字が「お辞儀する」という漢字で、「啓」という字が「申し上げる」という意味なので、「へりくだって言わせてもらいます」という意味の言葉です。 「敬具」と「拝啓」は、かしこまった手紙を書くときに使う頻度の非常に多い、「頭語」と「結語」です。

次の

「拝啓」と「敬具」の使い方!例文(ビジネス・お礼状)で位置や書き方を覚えよう!

拝啓 敬具 位置

確かに、「拝啓・敬具」はメールなどで簡易的にコミュニケーションがとれる現代のビジネスシーンでは、以前より使われるケースは少なくなってきていると感じます。 そのため、若い方やあまり外部とコミュニケーションをとらない職種の方であれば、入社後数年にわたって「一度も使ったことが無い」ということもあるでしょうね。 しかし、全く使われないというわけでもありません。 対外的なビジネス文書では、いまもこういった頭語・結語を入れるのが当然のマナーです。 特に役職が上がるにつれて、文書でのやり取りが増えます。 いくら仕事で成果を出してしかるべき立場になったとしても、このような当たり前のマナーがなっていないと、いざというときに使えないと大きな恥をかきます。 (余談ですが、以前若くして部長に昇進した方が、名刺交換ができないという場面に出くわしたこともあります。 ) 覚えるべきは「拝啓-敬具」「謹啓-敬白」の使い分けくらいですから、今後のためにも今のうちにしっかりと身に着けておいてほしいですね。 拝啓の意味は「おじぎ」 拝啓・敬具のより丁寧な表現として「謹啓」や「敬白」があります。 「敬白」という単語を使う場合、拝啓より丁寧な「謹啓」と結ぶことが一般的です。 ただ何となく敬具を使っていた人も、この違いを理解して使い分けられると良いでしょう。 「前略」や「早々」はビジネスでは使用しない 手紙で使う挨拶の言葉に、「前略」や「草々」のような表現もあります。 これは、「拝啓」「敬具」と同じ意味ではありません。 「前略」は「取り急ぎ用件から入ります」の意味、「草々」は「粗略な様子」の意味があります。 時候の挨拶や感謝の言葉を書くことが面倒であるため、普段使いの手紙やはがきの書き方として一般化したのが、「前略-草々」です。 そのため、仕事上のお付き合いのあるお相手に手紙を送る際には、拝啓と敬具を使うようにしましょう。 日常的な手紙であれば、「前略」「草々」は失礼にはなりません。 拝啓と敬具を手紙につける意味.

次の

「拝啓」と「敬具」の意味と使い方とは?ビジネス文書の例文、英語表現も紹介

拝啓 敬具 位置

今回取り上げた「謹啓」と「敬具」は、それぞれ頭語と結語の1つです。 「謹啓」と「敬具」以外にも、頭語と結語にあたる言葉はあります。 「拝啓」は、〔つつしんで申し上げる、の意〕書簡の冒頭に記して相手に敬意を表す語。 〔対応する結語には「敬具」をとるのが一般的〕とあります。 また、「謹白」は、つつしんで申しのべること。 手紙・文書の結びに用いて、相手に敬意を表す語。 とあります。 このように、頭語には「謹啓」の他に「拝啓」という言葉があること、結語には「敬具」の他に「謹白」という言葉があることが分かります。 つつしんで申しのべること。 手紙・文書の結びに用いて、相手に敬意を表す語。 〔つつしんで申し上げる、の意〕書簡の冒頭に記して相手に敬意を表す語。 〔対応する結語には「敬具」をとるのが一般的〕 「謹啓」「敬具」とは何がちがうの? 「謹啓」と「拝啓」、「敬具」と「謹白」は、それぞれの大まかな意味は同じですが、漢字が違うように、それぞれ意味が少し違っています。 「謹啓」や「謹白」には、「謹」という字が使われています。 「謹む」は、うやうやしくかしこまるという意味です。 つまり、丁寧で礼儀正しい様子のことをいいます。 また、「拝啓」に使われている「拝む」という字については、「見る」の謙譲語が意味の1つとしてあります。 謙譲語は、自分を下げることで相手を立てる言葉です。 このように、漢字の意味から考えてみると、「拝啓」は、「謹啓」よりも敬意の度合いが低いことが分かります。 そのため、手紙などの一般的な文書で使います。 一方、「謹啓」は、改まった文書で、相手により丁寧な印象を与えたいときに使います。 うやうやしくかしこまる 「見る」の謙譲語。 「謹啓」と「敬具」の組み合わせは間違い? 頭語と結語は、どちらか1つのみで使うことはなく、必ず2つセットで使います。 そして、頭語と結語にはいくつか言葉がありますが、組み合わせが決まっているので、気をつけましょう。 今回取り上げている「謹啓」は、対応する結語には「敬白」をとることが多いが、「敬具」でも差し支えないということです。 また、「敬具」に使われている「敬」という字の意味を調べると、他人をうやまうこと。 謹んで物事を行うこと。 とあります。 そのため、「謹啓」と「敬具」は組み合わせは間違いではないことが分かります。 しかし、「謹啓」は丁寧な文書で使う頭語なので、結語は「謹白」とした方が、より丁寧な印象になるのではないでしょうか。 対応する結語には「敬白」をとることが多いが、「敬具」でも差し支えない 他人をうやまうこと。 謹んで物事を行うこと。 結語の後、別記として、日時・開始時間・場所といった要件の詳細を記載します。 前項で、頭語は1マス空けず書きはじめ、結語は最後の文から改行して書くとご紹介しました。 頭語と結語だけでなく、本文や末文についても、1マス空けて書くという決まりがあるので、覚えておきましょう。 以上を踏まえ、「謹啓」と「敬具」を使った例文をご紹介します。 相手からの返信が必要なので、別記の最後に、返信の締切日を記載するようにしましょう。 招待状では、末文として今後の健康や繁栄を祈る言葉はなくても問題ありません。 しかし、頭語に対する結語は、忘れずに書くようにしましょう。 また、招待状を書くときには、封筒やはがきに相手の名前を記載するため、文書中に相手の名前は入れなくて良いとされています。 縁起のよい日。 祝い事など、何か事をするのによいとされる日。 吉日とは、縁起のよい日。 祝い事など、何か事をするのによいとされる日。 のことをいいます。 しかし、一般的な文書では、日付を明記する必要がない場合も多く、詳細な日付をぼやかすことができるので、「吉日」という言葉が便利に使われています。 以上を踏まえ、下記に例文をご紹介します。 既に入籍している場合、主文に入籍した日付を入れるのも良いでしょう。 慶事では、文章中に句読点を使わず、スペースを代用して文章を区切るので、注意しましょう。 日付には「吉日」と添え、縁起を担ぎます。 また、差出人の名前は新郎・新婦2人の名前を書きます。 以上を踏まえ、下記に例文をご紹介します。 社内文書は、自社の中での連絡や報告に使われる文書のことをいいます。 また、社外文書は、取引先など外部への連絡に使われる文書のことをいいます。 社外文書は、自社の代表として文書を出すため、丁寧で礼儀正しく、失礼のない文書になるように作成することが大切です。 そのため、頭語やそれに続く時候のあいさつ、末文や結語が必要になりますが、社内文書では必要ありません。 ここでは、頭語と結語が必要である社外文書の書き方をご紹介します。 社外文書の書き方 連絡目的で出す文書や、取引先などとコミュニケーションを図る目的で出す社交文書では、頭語を「拝啓」、結語を「敬具」として文書を作成することも多いです。 しかし、より丁寧な「謹啓」を頭語としても、間違いではありません。 社外文書では、文章の基本的な構成に加えて、文書を管理する番号である文書番号、文章の内容を端的に示した表題をつける必要があります。 文書番号は、一般的には社交文書の場合はつけません。 また、日付は元号を用いるのが一般的です。 ビジネス文書では、文書番号の後、後付にあたる日付、差出人の名前、相手の名前を記載した後、表題、前文・主文・末文と続きます。 社外文書の例文を以下にご紹介します。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、〜〜〜。 敬具 お詫びをするときの使い方 ミスやトラブルがあったとき、まずはすぐに電話で謝罪します。 そして、改めてお詫びの気持ちを伝えるため、詫び状を速やかに出しましょう。 お詫びをするときは、頭語は必ず「謹啓」を使用し、より丁寧な文書にする必要があります。 結語は、「敬具」としても問題はないですが、「謹白」とした方がより丁寧で印象が良いのではないでしょうか。 文面も、頭語と結語の使い方も、誠実な対応で、相手の不信感を和らげることができるようにしましょう。 詫び状では、前項でご紹介した社外文書の書き方と少し異なります。 後付にあたる日付、相手の名前、差出人の名前を記載した後、前文・主文・末文と続けます。 詫び状の例文を以下にご紹介します。 敬具 頭語と結語を正しく使ってスマートに!.

次の