日経平均株価 予想 明日。 日経平均株価 (100000018) : 個人投資家の株価予想 [日経平均]

【↓】日経平均 大引け| 反落、新型コロナの感染者数増加を警戒し売り優勢 (7月16日)

日経平均株価 予想 明日

A ベストアンサー 大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。 このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。 「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。 事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。 ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。 そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。 結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。 よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。 (これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります) そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。 ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。 (2月14日夜間もそうだったんですね) で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。 なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。 そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。 そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。 少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。 さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。 その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。 大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。 まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。 なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。 だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。 SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が... Q 2つほど質問があります 1、先物取引が危険と言われるのはどうしてですか? 先物の定義としては、「将来の一定の期間に、現時点で取り決めた価格で取引する」ことだと思います。 あらかじめ価格は決めているはずなので、安全な気がするのですが・・・。 yahoo. 2、先物取引とオプション取引って同じものですか?それとも違うものですか?意味を調べると、あらかじめ定められた期間にあらかじめ定められた価格で取引する点で同じなのですが・・・。 A ベストアンサー 4のi536です、下記に答えていないので追記します。 最終的に現物を買い取ればいいわけですから。 上記以外での先物取引は、10日後の天気が晴れか雨かだれも正確に予測できないのに、 そのいずれか一方に大金を賭けるようなものです。 したがって危険なんです。 実際、穀物の先物取引は自分でほとんど知る方法がない世界中の天気に大きく影響されます。 同様にいつ地震・戦争・事故がおきるか予測できるひとはいません、 金・銀・石油等の先物取引はこれらに大きく影響されます。 予測できない事件を無視してこのままの状態がつづく方に先物取引では大金を賭けます、 これが危険なんです。 もちろん、危険といっても、 本人がそこまで納得ずみでやる分には危険なことではありません。 A ベストアンサー 商品先物の少ない枚数で遊んでる初心者ですが、 私の場合のコツというか注意点です。 ・損切り額、仕切り額を決める ここまで損をしたらやめる、ここまで儲かったらやめるというラインをきっちり決めます。 そしてそのラインを超えてしまったらどうあれ一旦手仕舞いします。 その後相場がさらに加速して「手仕舞いしなかったら倍になってたなー」と感じるときもありますが、 これをきっちり守ることでリスク計算が相当楽になります。 ・両建 やるまでは「利が乗ったときにとりあえずりをかためるのにいいじゃん」 と思っていましたが実際やると抜け出せなくなります。 両建ははずすタイミングが本当に難しいものです。 慣れている投資家の方で使っている方もいらっしゃいますが、 その手際のよさは私からすると神の領域です。 両建をされたこともあるかもしれませんが、 両建をするくらいなら仕切ってしまうほうが 精神的に余裕が出る分よろしいかと思います。 ・資金の余裕 極端な話をすればどぶに捨てるつもりで。 というと本当に投資ではなくギャンブルですが、 相場は生き物です。 安定しているような銘柄でも、 ストップの連続ではずせなくなる事態はいつ起こるかわかりません。 先物に投じるお金はそれがなくなっても生活に支障をきたさないレベルの投資金額であることが大事だと思います。 相場テクニックなどについては、 まだまだ人に教えられるレベルではないので、 注意している点と言えば上記のようなところです。 jinvestor. ・損切り額、仕切り額を決める ここまで損をしたらやめる、ここまで儲かったらやめるというラインをきっちり決めます。 そしてそのラインを超えてしまったらどうあれ一旦手仕舞いします。 その後相場がさらに加速して「手仕舞いしなかったら倍になってたなー」と感じるときもありますが、 これをきっちり守ることでリスク計算が相当楽になります。 ・両建 やるまでは「利が乗ったときにとりあえずりをかためるのに... Q ど初心者な質問ですいません。 最近FXの口座を開いたのですが、 為替のブログやニュースでの「上昇、反落、戻り売り」等の用語の使われ方が、よく解かりません。 {株の記事中はわかります。 } ドル円相場上昇=円安 戻り 売り=円買い との理解で良いのでしょうか? 私の読解力が無い為か、下記の2つの記事では、反対の使われ方をしているように思えるのですが・・。 nikkei. aspx? searchina. cgi? shtml 日経の記事は、NY市場だからでしょうか? おバカな質問ですが、どなたかご教示ください。 また、気のせいかもしれませんが、昔の為替のニュースでは、上昇、下降等の用語は使わなかった記憶が有るような、無いような・・。 そのあたりもご存知の方教えてください。 ど初心者な質問ですいません。 最近FXの口座を開いたのですが、 為替のブログやニュースでの「上昇、反落、戻り売り」等の用語の使われ方が、よく解かりません。 {株の記事中はわかります。 } ドル円相場上昇=円安 戻り 売り=円買い との理解で良いのでしょうか? 私の読解力が無い為か、下記の2つの記事では、反対の使われ方をしているように思えるのですが・・。 nikkei. aspx? A ベストアンサー そもそも、外国人と違って、日本人は博打を打ちにくい人種です。 株や、先物、オプション、コモディティ、FXで自分の予想と同じようにトレンド推移する事が100%無いからです。 私はチャイナショックまでかなりの利益を株、コモディティ、TOPIXで稼ぎました。 しかし、多数の何とかショックで4億以上の損失を出しました。 決め手はリーマンショック。 それでダウで上場していた、自社株を全てバークレイズに売却し現金化して会社を譲渡した為。 現在はNYでぬくぬくと遊んで暮らしています。 一生遊んで暮らせるだけの金があるから。 投資に目が行かない?私の経験から言うと、単に自己満足。 私もそうだったから。 確実に稼ぐのであれば、私は日経225よりもオフショア口座で毎月1千万づつ入金をします。 そっちの方が気楽で神経を使わず、確実に儲かるから。 >配信サインで淡々と続けてきた結果 とは、どっかの分析情報サイトのことでしょうか?私は全くその様な事を必要にしませんよ。 投資の基本は「お金が無くなってもこの会社にお金を出資して頑張ってもらって、利益が出れば私に配分を下さいね」と言うのが投資で現に借用書の代わりに株券を発行する。 これが投資です。 貴方がおっしゃっているのは、ただの投機です。 要するに「買った値段よりも売った値段よりもキャピタリル・アゲインがあれば利喰いをして利益を得る」という方法です。 意味はかなり違いますよ。 その事で利益を得たいのであれば、ファンタメンタル分析やテクニカル分析を完全にマスターすれば情報に頼らなくても9割は勝てます。 私の経験上。 私から言いますと、厳しい意見ですがこの様な板は成金の自己満足のように感じます。 そもそも、投資と言うのは「私の個人資産が無くなっても良いからこの会社に頑張ってもらいたい」と言うもので、私もその思いもあり、会社の運転資金を得る為にリーマンに自社株を担保に入れて借り入れを起こしていたものです。 もし、この不況の中、私が投資する事は絶対にありません。 なぜならば、世界がどの様に動くか、どこで底打ちをするか不透明だからです。 多少の小遣い程度ではあるかと思いますが、今は、気分が乗らないから、私は絶対にしませんよ。 そもそも、外国人と違って、日本人は博打を打ちにくい人種です。 株や、先物、オプション、コモディティ、FXで自分の予想と同じようにトレンド推移する事が100%無いからです。 私はチャイナショックまでかなりの利益を株、コモディティ、TOPIXで稼ぎました。 しかし、多数の何とかショックで4億以上の損失を出しました。 決め手はリーマンショック。 それでダウで上場していた、自社株を全てバークレイズに売却し現金化して会社を譲渡した為。 現在はNYでぬくぬくと遊んで暮らしています。 一生遊んで暮ら... A ベストアンサー ティックは1さんの回答の通りです。 1000円が1010円になったら1ティック。 1000円のネクストプライスが1020円でも1ティック。 1回値動きする(価格成立する)たびに刻んでゆくチャートです。 10秒値動きがなければ10秒動かないし3分値動きが無ければ3分動かない。 1秒に3回値動きがあれば1秒に3回刻む。 時間軸が関係無いチャートです。 hi-ho. html これですか? 異銘柄の価格差のチャートですよ。 基本的には鞘取り(スプレッド取引・アービトラージ取引)に使うやつです。 信用売りしない人には意味が無いと思う。 「1上がればそのままチャートになる」という意味が よくわかりません。 もしかすると違う物のことを言ってるかもしれない。 初心者はまずローソク足に慣れた方がいいと思います。 Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

次の

日経平均株価 (100000018) : 株価/予想・目標株価 [日経平均]

日経平均株価 予想 明日

日経平均はどうなる? ~ 日経平均株価の予想の仕方~ バス男 「はー。 株式投資を初めてみたものの、まったく勝てないなぁ。 利益どころか、損失ばかりが増えていくよ。 どうしてなのかなぁ?やっぱり、銘柄選びが良くても、日経平均株価の予想が出来ないと、デイトレードでもスイングトレードも長期投資でも、勝ちにくいのかなぁ?」 バス子 「あら、バス男さんは仙人の【日経平均株価の予想の仕方】の話、まだ聞いていないの?」 バス男 「仙人様の【日経平均株価の予想の仕方~「主要プレーヤーの動向を探る」がコツ!~】の話?」 バス子 「うん。 多くの資金をもった集団・・仕手筋は、株式市場という大きな手の平の中で、その状況(相場全体のトレンド)に応じて立ち回り、利益を上げていく。 仕手筋に目をつけられた銘柄(仕手株)は、それまで安値圏で株価は推移していたのに、突如として急騰し始める。 「仕手株」が、上がるか下がるかは、仕手筋次第・・。 そして、株式市場自体が、仕手なんだ。 日本の、株式相場自体が、仕手なんだ・・。 かなり偏って見方であるし、間違っている見方でもあるのかもしれませんし・・{頭の柔軟体操}程度に、軽く聞き流してくだされば幸いでございます。 さて、株式市場を見ていると、株価というのは、様々なニュースや材料によって動くように思えます。 しかし、別の見方をすると、株価というのは需要と供給によって決まっていく側面もあり、「株を買いたい!」という需要と「値下がりが恐いから株を売りたい!」という供給は、投資家達の【心理(心理状態)】でも、左右される側面もあるようです。 そのため、特別、材料はないのに、投資家達の心理状態の変化と、需要と供給のアンバランスが組み合わさることで、日経平均株価は200円も300円も、乱高下することがあるようです。 だからこそ。 仕手株では、たいした材料やニュースはないのに、もしくは、材料やニュースに便乗する形で、仕手筋が大量の資金を投入することによって需要と供給のバランスが崩れ、株価は突如として急騰し始めることとなり・・ その株価の動きを見た個人投資家たちは、「すごい急騰だ!もっと上がるのではないか?株を買いたい!」という【心理(心理状態)】となり、値上がった仕手株を買い始める場合もあるようです。 そして2011年11月。 それまで、8500円~9000円台の安値圏で推移していた日経平均株価は、<政権交代>という材料に便乗する形で、外国勢(仕手筋)が大量の資金を、日本の株式市場に投入し始めたことによって需要と供給のバランスが崩れ、日経平均株価は突如として急騰し始め・・たった2~3ヶ月で、約3000円も値上がりすることになり、その日経平均株価の動きを見た個人投資家たちは、「すごい急騰だ!もっと上がるのではないか?株を買いたい!」という【心理(心理状態)】となり、値上がった日本の株式市場の株(仕手株)を買い始めることになったようです。 ・・・・・・・ 【仕手化した市場】とは、多くの資金を持った国際的投機集団が、意図的に価格を操作し差益を稼ぐために、選んだ市場のことである。 多くの資金をもった集団・・ヘッジファンド(仕手筋)は、世界市場という大きな手の平の中で、その状況(世界経済全体のトレンド)に応じて立ち回り、利益を上げていく。 ヘッジファンド(仕手筋)に目をつけられた市場(仕手株)は、それまで価格が嘘のように、突如として急騰し始める。 それは、石油でも金でも、為替でも、債権でも、どこかの国の株式市場でも・・。 「仕手化した市場」が、上がるか下がるかは、ヘッジファンド(仕手筋)次第。 世界経済、世界の市場自体が、仕手なんだ。 2011年11月、ヘッジファンド(仕手筋)に目をつけられた市場(仕手株)が、日本の株式市場だったんだ。 資金を持ったヘッジファンドグループが、世界経済という大きな手の平の中で、世界経済のトレンドに応じて立ち回り、為替を動かし、為替との連動で株でも儲ける・・そういったことが、行われている側面も、あるのかもしれませんし、ないのかもしれません。 イングランド銀行に勝った!とも言われているくらいであるため、材料に便乗し、膨大な資金を投下し、為替を動かしていき、株でも利益を出していく・・そういったことも、ありえるのかもしれませんし、ありえないのかもしれません。 2011年11月からの、日本株式市場の急騰。 それらは、多額の資金をもった国際的投資集団による、日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}という世界経済全体のトレンドを利用した、「円売り&日本株買い」であったのかもしれません。 仕手筋が、株式市場自体を操るほどの力がないのと同じく。 ヘッジファンドも、世界経済の、トレンド自体を操るほどの力はなさそうです。 ヘッジファンドは、世界経済のトレンド(時代の大いなる流れ)に応じて、立ち回っているだけなのでしょう。 そして今回は、丁度、世界を見渡してみても、仕掛けやすかった日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}というトレンドを利用し、円売り&日本株買いを、行うことになったのかもしれません。 一般的には、2011年11月~12月からの、日本の株式市場の急騰は、政権交代にともなう、自民党政権による政策期待である!と、されており・・自民党政権の、一連の経済政策に対して与えられた通称である<アベノミクス>によって、日本の株価は上がったことに、なっているようです。 しかし、ヘッジファンドが、円安ードル高を見据えて投資したのは、日本の政治に期待して・・だけでは、ないのかもしれません。 ヘッジファンドの彼らは、「政権交代によって、日本に復活して欲しい!日本経済が好転し、日本人の皆に幸福が訪れて欲しい!」と願ってくれていることでしょう。 ヘッジファンドは、丁度、世界を見渡してみても、仕掛けやすかった日本の{いきすぎた円高&貿易赤字&責務超過&財政出動}と、アメリカの{シェールガスによる復活}というトレンド(時代の大きな流れ)を利用し、円売り&日本株買いを、行うことになったのかもしれません。 しかし本質は、別のところにも、あるのかもしれません。 たとえ政治家が、いろいろと言おうとも、政策を出そうとも、アメリカの経済が危険な状態にあれば、ヘッジファンド達は円を買い続け、円高は継続されることになるのかもしれません。 そうなれば、日本の株式市場の主な買い手である海外勢が日本株を買うことがなく、日経平均株価は上がらないことでしょう。 需要と供給によって株価は上がったり下がったりするため、日本の株式市場の主な買い手である海外勢が日本株を買わなければ、政治家が、いろいろと言おうとも、政策を出そうとも、日経平均株価は上がらないのかもしれません。 仮に、株式投資をゲームに例えるならば。 別の見方をすれば。 株式市場全体のトレンドや、各企業の業績や材料などは、さすがの仕手筋にもコントロール出来ないが、そういった影響の少ない平穏な相場環境では、、、相場環境が、想定内の流れであるうちは、仕手筋の意向次第で、仕手筋のシナリオに近い形で、仕手株の株価は動く・・。 そのため、仕手株の売買を行う場合は、仕手筋の動向を注意深く見守る必要があるそうです。 「日本の株式市場」が、上がるか下がるかは、海外勢やヘッジファンド次第。 その莫大なマネーを動かしている大元の意向や動向を、注意深く見守り、彼らの視点や彼らの立場になったつもりで考え、、、今後は、その莫大なマネーがどう動いていくか?を、推測しながら投資を行っていくのも、悪くはないのかもしれません。 そのため、日本の株式市場がホットでも、日本の株式市場よりも、他国の株式市場がもっとホットであれば、世界をさ迷っている莫大なマネーは、日本株には向かってこない・・そういったことも、ありえるのかもしれません。 また、日本円が、さほど魅力がなくても、他国の通貨がもっと魅力がなければ、世界をさ迷っている莫大なマネーは、日本円に向かってくる・・そういったことも、ありえるのかもしれません。 2012年2月、「円安に大きく賭けた米ヘッジファンド、ソロス氏は10億ドル近い利益」というニュースが市場に出回ったのでした。 では、なぜ、この時期に、ヘッジファンドは、自らのポジションをリークし表のニュースとして公開したのでしょうか。 今までは、ひそかに利益を出し続けていたのに・・。 売り抜けようとしているのでしょうか。 それとも、更に資金を集めようとしているのでしょうか。 それとも、もっと他に理由があるのでしょうか。 ただし、その限りではない。 相場に過熱感があるときは、日経平均株価にも調整が入りやすい。 また、個人投資家に人気のある銘柄群(みずほ銀行など)から、個人投資家の様子を、海外勢に売買されやすい時価総額の大きい銘柄群から海外勢の様子を、チェックする。 海外勢が買いにきているならば、日経平均株価は上がりやすく、個人投資家が元気ならば、材料のある中小株が買われやすい。 」 バス子 「その時間で、海外勢の売買動向を、チェックするようにしたら?」 仙人 「未来を予想する場合は、過去の経験則がものをいう場合も多いようじゃからのぉ。

次の

明日の日経平均株価は上がる?下がる? 知って得する日経平均株価の予想の仕方とは

日経平均株価 予想 明日

株式投資をしようとする際、 「明日の相場が上がるのか下がるのか、どうなるのかが分かればいいのにな」 と思ったことはありませんか? 実際に「明日の相場がどうなるのか」というのは、分かるはずはないのですが、実はある程度であれば予想することはできます。 さすがに個別株が上がるのか下がるのかを予想するのは難しいです。 しかし、実は日本の相場が上がるのか下がるのかぐらいであれば予想することができるのです。 日本の相場がどうなるのかを予想する、つまり「日経平均株価」を予想するのです。 当然、ただ勘だけで予想していては、なかなかうまくいきません。 「日経平均株価が明日上がるのか、それとも下がるのか」が予想できれば(必ず当たるわけではありませんが)、株式投資に役立ちますよね。 今回は、日経平均の予想の仕方を解説していきます。 全ての材料が必ず予想に役立つわけではありません。 ただ、様々な材料を複合的に考慮することで、ある程度の確度になると思います。 それでは、明日の日経平均株価の予想に使える様々な材料を一つずつ見ていきましょう。 これは、アメリカの主要企業から30銘柄を選出し、指数化したもので、日本では• 「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」• 「ニューヨークダウ」• 「ニューヨーク平均株価」 などと呼ばれています。 日経平均株価が225銘柄から構成される指数であることを考えると、30銘柄は少ないと感じる方もいるでしょう。 NYダウを構成する具体的な銘柄を挙げるとすると、マクドナルドやアップル、コカ・コーラやマイクロソフトなどが入っています。 30社の中には聞いたことのある銘柄が相当数あると思います。 一度は名前を聞いたことがある大企業ばかりで構成されているNYダウは、世界中で常に注目されている代表的な指標です。 NYダウと日経平均株価は連動している!? 一般的にNYダウと日経平均株価は相関性がある(連動性がある)と言われています。 では、なぜNYダウと日経平均株価は似たような値動きをするのでしょうか。 いくつか理由はあると思いますが、3つ挙げるとするならば以下の通りです。 NYダウが上昇すれば市場に楽観的な観測が広がり、翌日の日経平均株価は上昇して始まりやすい その反対で• NYダウが下落すれば、悲観的な観測で翌日の日経平均株価は下落して始まりやすい ということを頭に入れておけば、日経平均株価を予想する手がかりになるでしょう。 NYダウと日経平均株価の動きの関係性は薄れてきている!? ただ気を付けなければならないのが、NYダウと日経平均株価の相関性は最近薄れてきているということです。 その理由はいくつか考えられますが、次に紹介する中国経済の影響と日米それぞれの経済構造の変化が原因であると考えられます。 中国経済の影響は後述しますが、日米それぞれの経済構造の変化というのは、つまり経済構造が昔と比較して格段にグローバル化しているからです。 お互いの貿易依存度が低下すればするほど、両国の経済の関係性は希薄になります。 それはつまり、両国の株価(NYダウと日経平均株価)の関係性も希薄になることにつながるのです。 中国経済の動向 近年、世界経済に多大な影響を与える国はアメリカよりも中国であると言われています。 良い意味でも悪い意味でも注目されている中国市場ですが、日経平均株価にも当然大きな影響を与えています。 世界経済への影響力は世界一 中国経済は、莫大な人口と通貨安(人民元安)を背景に急激な成長を実現し、今や世界経済に与える影響はとてつもなく大きなものになっています。 「アメリカがくしゃみをすると日本は風邪をひく」などと言われますが、今や「中国がくしゃみをすると世界中が風邪をひく」と言っても過言ではありません。 それほど中国経済のスケールは大きくなっています。 金融市場でも中国の存在感は大きくなってきています。 2009年には、中国の上海・深センA株市場の売買代金は、すでに東京証券取引所を上回りました。 中国の株式市場は米国に次ぐ規模となっているのです。 世界の投資家が監視している「上海総合指数」 そんな中国ですが、中国にも株式市場があり、いくつかの代表的な株価指数も存在します。 その中の一つが「上海総合指数」です。 「上海総合指数」とは、• 上海証券取引所に上場する全銘柄を時価総額加重平均して算出する 中国本土の平均株価指数で上海証券取引所が公表しています。 時価総額加重平均で算出しているので日経平均株価というよりは、TOPIXに似ている指数です。 中国経済を見る上でのバロメーター的指標であり、日経平均と連動性があるとまでは言いませんが、与える影響は大きいと言えます。 日本株の取引時間中に影響するので注意が必要 上海証券取引所の取引時間は、• 前場 09:30~11:30(日本時間10:30~12:30)• 後場 13:00~15:00(同14:00~16:00) となっています。 そのため、寄付(よりつき)から調子が良かった日経平均株価が10:30頃を境に急変するということも起こります。 日本の現物株は11:30~12:30までは昼休みのために売買はおこなわれていませんが、上海証券取引所が開いているので、その間に何かあれば、後場の寄付(よりつき)にも影響します。 日経平均株価を予想する上においては、上海総合指数をチェックすることは重要です。 上海総合指数の特徴を知っておこう! 上海総合指数は非常に癖のある指数です。 というのも、いくつかの変わった特徴があります。 その特徴を理解した上で日経平均の予想に役立てないと、予想が全く的外れになるというとになりかねません。 上海総合指数の特徴を3つ挙げて説明していきます。 構成銘柄の30%超を金融業が占めている まず構成銘柄に関する特徴ですが、銀行や保険などの金融業が占める割合が高い傾向にあります。 金融業界というのは、景気動向がシンプルに株価に影響しやすい業種です。 そのため、指数のトレンドが発生した時などは長続きする特徴があります。 投資主体は個人投資家が7~8割を占めている 上海総合指数の最も大きな特徴は投資主体にあります。 この投資主体の違いを理解していないと判断を誤る可能性がありますので、ぜひとも知っておいてください。 上海総合指数は、上海証券取引所に上場する全銘柄を時価総額加重平均であると説明しましたが、上海証券取引所では• 「上海A株」• 「上海B株」 という市場に分けられています。 「上海A株」 中国本土投資家向けの人民元建ての市場• 「上海B株」 海外投資家向けの米ドル建ての市場 特に「上海A株市場」は、今でこそ機関投資家や海外投資家(香港市場経由で)も参加できるようになりましたが、そもそも中国本土の人しか参加できない市場として設立された市場です。 そのため、7~8割は個人投資家が占めています。 証券取引所としての歴史も浅く、現在の上海証券取引所が設立されたのは1990年です。 投資家の多くが初心者 2014年末から新規市場参加者が急増しているのですが、これは中国政府の思惑と中国国民の経済事情が一致した結果です。 中国政府が株式市場の活性化を狙ったのと、国民の所得が増え、中流家庭が増えた結果、口座開設数が記録的な勢いで増えました。 そして、あろうことか新規市場参加者の多くがクレジットカードで資金を用立てたり、銀行から借金して、信用取引で株式を売買しているのです。 市場参加者をイメージしておく 上海総合指数は非常に値動きが荒い指数です。 そのため、急騰や急落が結構な頻度で起こります。 その際に、 「個人が7~8割を占めており、その個人の中には借金をして信用取引をしている初心者の投資家が相当いる」 という投資家像イメージしながら、上海総合指数の動きが日経平均に与える影響を想定するようにしましょう。 つまり、本当に重大な材料で値動きをしているのか、それとも個人が勢いだけで買い上がっている、もしくは投げ売りをしているのかを判断することが大事となってくるということです。 CME日経平均先物(シカゴ日経平均先物) 「CME日経平均先物」という指数があります。 知っている人は知っている指数なのですが、これを知っている人と知らない人では、結構差があります。 内容は難しいかもしれませんが、一番簡単に日経平均を予想できるのが、「CME日経平均先物」なので。 ぜひ覚えておいてください。 CMEとは? CMEとは「シカゴ・マーカンタイル取引所」のことです。 つまり「CME日経平均先物」とは、アメリカのシカゴにある先物市場である「シカゴ・マーカンタイル取引所」で取引されている日経平均の先物のことであり、「シカゴ(日経平均)先物」などとも呼ばれます。 日経平均先物は、大阪証券取引所とシンガポール証券取引所でも取り扱っています。 ただ、シカゴの日経平均先物の取引終了時間が• 日本時間の朝6:15 である為、日本の株式市場が開く• 日本時間の朝9:00 に一番近い日経平均先物の終値(清算値)がわかります。 日経平均先物とは 日経平均先物をできるだけわかりやすく説明していきたいと思います。 日経平均先物とは、日経平均株価の指数を対象とした株価指数先物取引です。 先物取引とは将来一定条件で、決済することを約束する取引のことです。 「 将来一定条件で」 というところが重要で、将来の日経平均株価を売買しているようなものであると理解しておいてください。 CME日経平均先物は日本市場が閉まった後も動いている 日経平均株価は、 取引開始の9:00~取引終了の朝15:00までの間 に取引をもとに算出されるので、15:00以降、翌日の9:00までは動くことはありません。 しかし、CME日経平均先物は、円建てで日本時間の7:00~6:00となり、終値(清算値)は、日本時間の朝6:00になります。 CME日経平均先物は、日経平均株価の取引が終わった後も値動きをしているので、アメリカのNYダウや夜中のニュースなども材料として織り込みます。 そのため、日経平均株価の寄付(始値)の値に大きく影響を与えるのです。 日経平均株価の寄付値はCME日経平均先物の終値に近くなる CME日経平均先物の値は、どれぐらい日経平均株価に影響を与えるのでしょうか。 実は、日経平均株価の寄付(始値)は、シカゴ日経平均先物(円建て)の終値(清算値)に近づいていくことがほとんどです。 非常に大きな影響を与えていることが分かります。 これによって、日経平均株価の寄付が、前日の終値と比べて、どの程度上がるのか、下がるのかが予想できるので、その日の日経平均株価の予想に大きく役立ちます。 日経平均株価を予想する上で、CME日経平均先物がどのような値動きをしたかが重要になってきますので、ぜひとも参考にしていただきたい指標です。 SQ(特別清算指数) 聞きなれない言葉かもしれませんが、最後にSQについて説明しておきます。 先物取引やオプション取引の決済に関係する用語なのですが、こちらもできるだけわかりやすく説明していきたいと思います。 SQとは? SQとは、「Special Quotation」の略で「特別清算指数」と呼ばれます。 CME日経平均先物のところでも少し説明しましたが、株価指数先物取引やオプション取引には、決済期日というものが決められています。 現物株式のように、何年も保有するという事はできません。 そのため、満期日前までに反対売買を行わなければならないのですが、反対売買を行わない場合には• SQ=特別清算指数 で強制的に決済されることになります。 その満期日に清算するための価格のことを SQ 値と呼びます。 メジャーSQとマイナーSQ 株価指数先物取引やオプション取引は「満期日前までに反対売買を行わなければならず、反対売買を行わない場合は強制的にはSQ値で決済される」と説明しました。 SQ値が算出されるタイミングは具体的には、株価指数先物取引では3月、6月、9月、12月の第二金曜日の寄付時に算出され、オプション取引では毎月の第二金曜日に算出されます。 3月、6月、9月、12月の第二金曜日は、株価指数先物取引のSQとオプション取引のSQが重なることもあり、 メジャーSQと言われています。 その他の第二金曜日はマイナーSQやオプションSQと言われています。 SQの日は現物市場でどんな事が起こるのか SQは先物取引での用語であることは分かったと思いますが、そのSQが実際に現物株市場にどのように影響するのでしょうか。 一般的にSQの日に起こりがちであると言われていることを簡単に把握しておきましょう。 日経平均株価採用銘柄の出来高が大幅に増える 日経平均株価に採用されている225銘柄の売買が増え、出来高も大幅に増えます。 その理由は、主に2つ(思惑による売買と裁定取引の解消)ありますが、ここでは思惑による売買について説明します。 ヘッジファンドの思惑が交錯する SQが近くなるとヘッジファンドなどが大量の資金を使って相場を崩しにくることがあります。 ではなぜ相場を崩しにくるのでしょうか。 先物取引やオプション取引では、• SQ値が上がる事で利益が出る投資家• SQ値が下がる事で利益が出る投資家 の2つの立場が混在しています。 SQ値はSQ日の日経平均採用銘柄の寄付値をもとに算出するため、指数を上げようとする投資家と下げようとする投資家の双方がせめぎ合うことになります。 よって、寄付前はそれぞれの思惑が入交じり、気配値が乱高下します。 SQ週の中日は荒れる SQ日もそうですが、SQを控えた1週間は要注意であると言えます。 SQを待たずにSQに向けてヘッジファンドが動き出すことも頻繁にあります。 特にSQがある週の中日は荒れやすいと言われています。 ヘッジファンドによる大きな売りと買いがぶつかり、チャートを無視した動きとなりやすい為、動きの予測がつきません。 一般投資家は手控えムードが広がる 一つ目と逆説にはなってしまいますが、SQの日は相場が荒れるという風潮がある為、消極的な投資家や一般投資家は様子見ムードが強くなります。 要するに、ヘッジファンド次第であるということです。 SQと現物市場 SQを知ることでは、日経平均株価を予測することができません。 なぜ最後にSQを説明したのかというと、「日経平均が予測不能な動きをするということを予測する為」です。 先物取引やオプション取引をしない投資家の方でも、SQについて最低限の知識は備えておくべきだと考えます。 日経平均予想のまとめ これらはあくまでも判断材料で、必ず予想が当たるというわけではありません。 しかし、なんとなくの勘だけで予想するよりは当たる確率が高くなるでしょう。 また、こういった指標などを継続してチェックしていると、おのずと世界全体の相場の流れが見えてきます。 「明日の日経平均株価が上がるのか、それとも下がるのか」 の予想方法を自分なりに確率できれば、必ず株式投資に役立ちます。 今回説明した点に注目しながら、毎日予想してみてください。 SQについては、先物・オプションなども理解する必要があるため、完全に理解するのは難しいと思います。 先物の取引はしていないから自分には関係ないと考えている投資家の方もいるかもしれません。 しかし、先物市場が現物市場に与える影響まで考慮しておかなければ、相場の理解不能な動きに振り回されかねません。 今回のテーマをまとめると、• NYダウ• 中国経済の動向• CME日経平均先物 を手掛かりに日経平均株価の方向性を予想できますが 、• SQ(特にメジャーSQ) には注意しましょう。 ということです。 一度実践してみてください。 日経平均を予想するだけで資産運用ができる 日経平均を予想する方法については、さんざん解説をしてきましたが、実際には個別株の取引をされている方が多いのではなしでしょうか。 個別株への投資は、銘柄分析や配当金などの楽しみも多いです。 しかし、• 個別株へ投資してもなかなか上手くいかない• 個別銘柄まで分析している時間がない• そもそも個別株分析の知識がない という方は、日経平均の株価に連動する上場投資信託に投資してみるのもいいかもしれません。 日経平均連動型のETF(上場投資信託) 上場投資信託(ETF)とは、名前に投資信託とついていますが、証券取引所に上場していて株のようにリアルタイムで取引ができます。 このETFを利用することで、個別株ではなく、指数に対して投資することができるのです。 このETFの種類の中に、日経平均連動型ETFがあります。 日経平均が上がっても下がっても利益を取れる 日経平均連動型ETFの何よりのメリットは、日経平均が上がっても下がっても利益を狙いに行ける点です。 個別株投資では、信用取引を行わない限り、ショートポジション(株が下がったら利益が出るポジション)を取ることができません。 つまり、現物株の投資だけを行っている場合、上げ相場の際は市場に参加し、下げ相場では傍観するしかないのです。 ところが、日経平均連動型ETFの場合、• 日経平均が上がれば利益が出るETF ブル型• 日経平均が下がれば利益が出るETF ベア型 の2種類があるのです。 レバレッジもかけられる 日経平均連動型ETFの中には、• ブル2倍型(レバレッジ型)• ベア2倍型(インバース型) というものがあります。 これらは、日経平均の2倍の動きをする指数に連動して組成されてるため、日経平均が上がった分の約2倍の動きをします。 指数の値動きは、個別株に比べて小さいので、指数への投資(ETF)には興味が無いと考えている方は間違いです。 ETFはレバレッジをかけることで、株よりも値幅も大きく狙うこともできます。 ETFの注意点 ETF(上場投資信託)は株のように取引可能ですが、あくまでも投資信託です。 そのため、売買手数料の他に「信託報酬」がかかります。 いわゆるファンドマネージャーに対する報酬ともいえる費用です。 直接支払う費用ではなく、基準価格(株でいう株価)から信託報酬分が差し引かれています。 ETFの種類によって違いますが、大体0. 短期売買をする際には、信託報酬はそれほど気にする額ではありません。 しかし、長期で日経平均ETFに投資をすると考えた場合には、信託報酬の安いETFを選んだ方がいいでしょう。 手数料が安い証券会社を選ぶのも大切 日経平均ETFに投資をする場合、長期投資もありですが、やはりレバレッジをかけた短期売買の方がメリットが大きいと思います。 そうすると、必然的に売買回数が多くなるので、売買手数料がいくらかかるのかは大事になってきます。 もし、現在取引している証券会社の手数料が少し高いなと感じる方は、手数料が安い証券会社で新たに口座開設をすることも検討してみてもいいかもしれません。 手数料が安い証券会社を2社紹介! 参考までに手数料の安い証券会社を紹介しておきます。 ぜひ、現在取引している証券会社の手数料が自分の取引スタイルと合っているかを確認する材料にしてみてください。 もしかすると、ぐっと手数料が安くなるかもしれませんよ。 松井証券 松井証券は、手数用の安さを強みとした証券会社です。 何より、手数料が 無料になるケースがいくつもあります。 現物株取引の場合 1日の約定代金が10万円までの場合、 手数料無料• 一日信用取引 約定代金制限無しで「 手数料無料」、1約定あたり300万円以上で「 金利無料」 日経ETFの投資を検討する際にも、• 少額でしか投資を考えていない方• 一日信用取引でデイトレードしてみたい方 以上のような方には、松井証券はおすすめです。 GMOクリック証券 GMOクリック証券も手数料が安いことで有名な証券会社です。 先ほどの松井証券は「少額投資」と「一日信用取引」に限っては、手数料無料ですが、他の取引手数料は特段安くありません。 一方で、GMOクリック証券は、全体的な手数料の安さに強みを持っています。 どのような取引に対しても安めの手数料が設定されている為、取引の種類ごとに手数料を気にしなくてもコストを抑えることができる証券会社です。 制度信用金利 制度信用買方金利 年率2. ちなみに、株主優待をフル活用していることで有名なあの方も「GMOクリック証券」ユーザーだと言われています。 株主優待目的での投資もそうですが、日経平均ETFへの投資も同じく、取引コストをいかに抑えるかが大事になってきます。 さいごに 日経平均株価は色々な要因で上がったり下がったりするんですが、自分なりに日経平均の予想の仕方を確立することは大切です。 日経平均株価を予想できるようになれば、個別株の投資や先ほど説明した日経平均ETFへの投資に役立つと思います。 何より経済全体の流れを読むことができるようになります。 特に日経平均の予想方法を活用して、日経平均連動型ETFへの投資はおすすめです。 初心者の方でもわかりやすく始めることができると思います。 その際には、手数料の安い証券会社を利用することも忘れないでおきましょう。

次の