靴下 名前 書き。 靴下の名前つけはどうするのがベスト?おすすめの方法や場所を伝授|mamagirl [ママガール]

黒や紺の靴下の名前つけに最適なのは?アイロンやネームペンはもう不要!?

靴下 名前 書き

ご訪問ありがとうございます 横浜市港北区で3児の母をやっております。 このブログでは働きながらの育児にまつわるあれこれを書いております。 保育園の名前つけ、今回は最も名前が書きにくいグッズの一つ、 靴下の名前付けについてです! まず、靴下ということで洋服のように広い記名スペースもなく、書く場所に迷うママが多数。 そして、伸び縮みする素材ということで油性ペンで書きにくい!という悩み。 さらには、靴や床とこすれて記名が消えるのでは・・・消えない・消えにくい名前の位置おすすめってどこ?? 他にも色んなお悩みありますが・・・ 今回は 「靴下の名前つけを油性ペンでやりたいけど、書く場所などコツが知りたい」とお悩みのママに向けて解説していきたいと思います。 走り回る子供の足に履くものですし、汚れたら手洗いなどもするため、名前つけも消えにくいかどうかは気になりますよね。 名前つけの便利グッズと言えばアイロンで貼るお名前シールやフロッキーがありますし、刺繍のような「絶対消えない」方法もあります。 靴下って左右あるし、一つ一つアイロンやら刺繍やらなんてやってられない! 家にある油性ペンで手軽に楽に終わらせたい!!! というのも多くのママの思う所だと思います。 確かに洗濯し続けるので記名が薄くはなってはきます。 子供が汚す確率も比較的高い衣類で、そのたびにもみ洗いなどもしますしね。 履いてしまえば記名が気にならないので、外側に名前を書きたくない!という場合にもおすすめの場所ですね。 特に、土踏まずのあたりというのが比較的擦れることが少なくて、名前も長持ちする傾向にあるようです。 ただし、赤ちゃんソックスなどの場合、足裏に滑り止めが付いていることが多く、スペースの問題でいまいち書きにくいということもあります。

次の

【画像付き】子どもの靴下の名前、どこに書く?安く済ませたいならこの方法がおすすめ!

靴下 名前 書き

保育園や幼稚園、「持ち物全部に記名」って本当に悩むところで無理が有るモノも多いですよね。 そして、御質問の件ですが。 皆さん御回答なさっているように、市販の子供服なら洗濯タグや品質表示ネーム部分に 油性マジック等で記名するのが一般的な様子ですね。 恐らく、一般的に細字の油性マーカーなどが多いのでしょう。 100円均一などでも「おなまえペン」などとうたった細めの2~3本セットの油性ペンを良く見かけます。 しかし、タグの素材によっては、字が滲んでしまったり、潰れてしまったりする事もしばしば 汗 しかも洗濯頻度の高い子供服です、アイロン転写も回数が増せば剥がれて来ることが有りますね。 当家はセーターや肌着なども私の趣味でハンドメイドものが多く、洗濯タグや品質表示ネームなども 付けて無いことが多いので質問者様と似た悩みを抱えていました。 他のかたも御回答なさっているように布用スタンプで名前を押してみたり、 アイロンしてゼッケンにも使える布を小さく切って服の裾に貼ってみたりしましたが、 結局、自家製 笑 と言うことで、後付けで引っ掛けられるタグを縫いつけていました。 伸縮性のある生地 靴下や肌着など は、デザイン上も「タグ取り付け」は難しく、 更に裁縫が有る程度好き 苦痛でない、と言うかた でなければ意外に面倒ですよね~。 「くるくるリサイクル おなまえテープとアイロンワッペンセット」 と言う名前の品です。 改良してヤフオクに出品されているかたも居たので似た感じの品を自分で作ってみました。 私はアメリカンスナップ:ベビー服の股などに付いてるスナップ釦です:で代用しました。 3歳の子供も面白がって取り付けを手伝ってくれますよ。 長くなりましたが、御参考になれば幸いです。。。

次の

保育園ママに支持される靴下のお名前つけ方法4選[比べてみました]

靴下 名前 書き

なので多少面倒ではありますが、最初にしっかりアイロンでくっつけるのをおすすめ。 おすすめの2タイプのうち「 ラバータイプ」はテープ自体が伸び縮みに強く、靴下のような伸縮の激しい衣類に適したお名前シールです。 ラバータイプでないアイロンテープより若干値段は高い傾向にありますが、伸縮に弱いテープを貼ってしまうと着脱の繰り返しで傷み、すぐにはがれる原因にも。 文字だけがぷっくりと浮き出るような見た目に仕上がり、こちらも伸び縮みに強いです。 靴下の名前付けは色々試したけど、結局このフロッキータイプが最強だった、というママも多い、人気の名前付け方法ですね。 ちゃんとしたメーカーの物を選んで正しく貼れれば 「3年経ってもはがれてこない!」なんて口コミも散見されます。 (まあ靴下の場合は3年も使う前にダメになるかサイズアウトするとは思いますが・・・) 保育園入園準備 靴下の名前シール洗濯で取れないコツ 上で靴下名前付けにおすすめのアイロン接着「ラバータイプ」と「フロッキータイプ」のそれぞれについて、 「じゃあ洗濯でできるだけ取れないように付けるコツって何かある?」というところを書いていきます。 まずは「ラバータイプ」のアイロンテープの場合。 四隅が角ばっているとそこからちょっとずつはがれてきやすいです。 最初から角が丸く加工されているものは良いのですが、そうでない場合は、接着前にはさみで丸くカットした方がはがれにくくなります! アイロン接着するときは四隅のあたりを特に念入りに。 お名前シールを購入するといくつかサイズが組み合わさっていたりすることも多いですが、その中でもできるだけ小さいものを選んで靴下に貼ってみてください。 例えば濁点だったり、「え」の一画目や「お」の三画目などの点の部分。 それと小文字(小さい「っ」など)なんかもはがれやすい傾向にあるようです。 なので、こういったはがれやすい部分は十分に圧着するように気を付けるのが一つ。 それと当て布をして接着するとはがれやすいようですので、当て布はなしで。 こちらのフロッキー、楽天でもかなり口コミが集まっていて評価も良いです。 スポンサーリンク 保育園の靴下名前つけ 洗濯で取れにくい位置は? 靴下は履いているときも頻繁に擦れる上に、汚れやすくてこすり洗いもよくする衣類。 どうしても洗濯による記名部分へのダメージも大きくなります。 そんな靴下でも比較的記名の取れにくい場所は• 足裏の土踏まずのあたり• 履き口のゴムの裏部分• 足裏のつま先のあたり と言われています。 ちなみに我が家の子どもたちの靴下は履き口のゴム裏にしています。 この部分だと履いてしまえば名前が完全に見えなくなるので見た目への影響がないのも良いですね。 ですが、保育園によってはパッと見て見える場所に記名してください!という園もありますので、 裏側はNGと言われて書き直しになる場合もあるようです。 入園前の説明会で名前付けについても説明があると思いますが、その時に在園の皆さんがどんな場所に名前付けしているか聞いておくと安心ですね。 足の裏だと土踏まずのあたりがこすれにくくて名前も消えにくい場所なんですが、滑り止めのある靴下の場合はアイロンで溶けてしまうので、その場合はつま先のあたりに貼るのが良いです。 足首の表側のあたりに貼る人もたまにいますが、アイロンもしやすくて貼りやすい場所ではあるのですが、あまりにも我が子の名前がわかりやすすぎるのも防犯面で心配ですよね。 保育園用の靴下だとしても、お散歩中に良からぬ人間に名前を覚えられてしまうこともあり得ます。

次の