アドセンス 審査。 アドセンス審査にプロフィール(運営者情報)は必要?作り方を解説!

AdSense へのお申し込み

アドセンス 審査

Twitter上で、「コロナの影響によりGoogleアドセンスの審査ができない」といった情報が見かけられます。 現状、Google公式のアナウンスでは審査作業を停止しているという情報は見つかりませんでした。 しかし、2020年4月8日時点で、Googleは新型コロナウイルスの影響により、業務にいつもより遅延が生まれているという状況も見受けられます。 添付写真は広告エディターヘルプなのですが、対応に時間を要している事が明記されています。 (出典:) Google広告エディターヘルプ (2020年4月8日18:25時点) ただし、Googleアドセンスヘルプには記載されていません。 一方で、4月に入ってからアドセンス審査を通過した方もいるようです。 当ブログの見解としては、Googleアドセンスの審査はサイトの質によって、審査の優先順位に差が生まれており、相対的に品質が低いサイトについては、いつもより審査に時間がかかっているのではないか?ということです。 これから審査に臨む方は、本記事の最後にある10のチェックリストに対して、YESと答えられる準備をしてから審査に臨むことをおすすめします。 また、個人的には、アドセンス審査が遅いからといって記事執筆の頻度などは落とさないほうがいいと思います。 やれることをやっていきましょう。 禁止コンテンツの例 違法なコンテンツ 違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ 知的財産権の侵害 著作権の侵害に当たるコンテンツ。 偽造品の販売または販売促進を目的とするコンテンツ。 絶滅危惧種 絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツ 例: トラ、サメのヒレ、象牙、トラの皮、サイの角、イルカ油の販売 危険または中傷的なコンテンツ 組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ 強要による他者への搾取を目的とするコンテンツ 例: 略奪、リベンジポルノ、恐喝 ユーザーの誤解を招くコンテンツ 例: パスポート、卒業証書、認可状などの偽造、学期末レポートの販売または配布、代筆や身代わり受験、薬物検査対策の情報や商品 不適切な表示に関連するコンテンツ サイト運営者様の身分や、提供するコンテンツまたはウェブ プロパティの主な目的について、不適切な表示や虚偽表示、適切な情報の隠蔽をしている 露骨な性的描写を含むコンテンツ 性的なテキスト、画像、音声、動画、ゲームを含むコンテンツ 国際結婚の斡旋 外国人との結婚を促進するコンテンツ 例: 国際結婚斡旋、婚活ツアー 禁止されている表示方法の例 誤クリックの回避 ・誤クリックの誘導 Google 広告をクリックするようユーザーに促す行為は、どのような方法であっても認められません。 ・広告の不自然なアピール Google 広告を不必要または不自然にアピールすることは禁止されています。 ・画像と広告の並列配置 サイトに表示される個々の広告に特定の画像を関連付けて配置することは禁止されています。 ・報酬の提供 広告のクリックに対して報酬や見返りを提供する行為は固く禁止されています。 適切な広告配置 ・価値の高い広告枠 広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くならないようにします。 ・自動更新広告 ユーザーが更新をリクエストしない限り、ページやページの要素を更新することはできません。 ・手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載 コンテンツを含まないページ(手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページなど)に広告を掲載することは許可されません。

次の

【必見】アドセンス審査落ちまくる方へ!21回落ちてから合格した方法! | ノマドの樹|ライフワークを主軸に発信するブログ

アドセンス 審査

合格までの状況 まず、私が10回も落とされた理由、 コロナの影響です。 何回このメールが届いたことか。 (10回) 初めて来たときは普通に 「まじかよ・・・」って状態でした。 コロナのせいで外に出れない生活が始まったので、ブログを始めたのに。 まさか ブログ活動ですら影響出てるのかよ?!って。 で、1ヶ月の間で10回これと同じ理由で落とされました。 落とされたというより、 審査すらされなかったという形ですかね、このメールの内容だと。 もうメールが来るたびに 「ですよね~。 」ってなってました。 ただ同じ時期にブログを始めた人たちがどんどん審査結果が返ってき始めたんですよ。 いくら落とされているからといっても、個人的には 「審査されてるだけいいなぁ・・・」と焦り始めていました。 誰かのツイートで、 「審査に落とされている人と合格している人のブログをみると、落ちている人はやっぱりまだ合格ラインに達してない方が多いようにみえるな~」的なツイートを読んで、 くっそおおおお!! 悔しすぎる。 と、ひとりでもがいてました。 悔しいので作業するしかない、と。 アドセンスの偉大さを知ったわ。 ブログデザインにこだわる ブログデザインは本気でこだわり抜きました。 このドメインの中身はなつみのサイトですッ!!! ってアピールしまくってます。 (笑) ん、日本語おかしい・・・? オシャレでかっこいい落ち着いたベージュやモノクロベースのブログも憧れるんですが、 やっぱ続けるには自分のどタイプのデザインが良いかな、と思いまして。 私の趣味を全力でぶつけた結果このようなピンクのサイトが出来上がりました。

次の

アドセンス審査にプロフィール(運営者情報)は必要?作り方を解説!

アドセンス 審査

最新のアドセンス申請で審査に通るブログの作り方について解説します。 Googleアドセンスの広告をブログに載せて、そこから広告を収入を得るようにするには、まずはアドセンス申請して審査に通らないといけないです。 そのためにはアドセンス審査に申請するブログの• 記事数• 文字数• 画像の扱い など知っておくべきポイントがいくつかあります。 アドセンス申請では、• アドセンス広告を載せたいブログを用意する。 ブログの審査を受ける。 承認される。 とブログに広告を載せることができるようになります。 単にブログだけを用意すれば良いというわけではなく、ブログには記事が書かれていないと審査を受けても承認されないです。 では、 アドセンス申請に向けて 一体どういった記事を書いていけば良いのか? ということについて詳しく解説していきます。 一度審査に落ちてしまっても再審査を受けることもできますが、できるだけ一度の審査でパスしておきたいものですので、審査に一度で通るためのポイントをしっかりと押さえてブログ記事を書いていきましょう。 Googleアドセンスのやり方やブログの作り方は、こちらの記事で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。 アドセンスの審査に通るための7つのポイント アドセンスの審査に通るにはいくつかの大事なポイントがあります。 それは、• 記事数• 記事内容• 文字数• アクセス数• 問い合わせ先• 既存の広告を外す• 独自ドメイン の7つです。 ブログを作ったばかりの状態は、この7つのポイントがまだ1つも満たされていない状態です。 その状態でアドセンス申請して審査を受けたとしても、ほぼ100%審査には通らないです。 ですので、ブログを作ったらまずはこの7つのポイントを満たしていきましょう。 ポイント1:記事数 ブログに記事が全く無い状態だとそもそも審査すべきものがないので、そのまま不承認となってしまいます。 また記事数が数記事程度と極端に少なくても同様で審査には通りにくいです。 ブログとしてしっかりと記事が入っている状態として、記事数は 20〜30記事位は書いていきます。 できれば30記事はあった方が良いです。 30記事ほどの記事が書かれていれば、ブログのコンテンツ量として不足と捉えられることもないです。 ポイント2:記事内容 記事を30記事といっても数行の内容の無い記事だと審査には通りにくいです。 ですので、 内容のある記事を書いていくようにします。 とはいっても、あまり深く考える必要は無く、自分が知っている豆知識や体験記などでもブログを訪れて記事を読んでくれる人にいい情報提供できる記事になります。 例えば、どこかに出かけたことの記事を書くとしたら、単に出かけたことをだけを書いて終わってしまったら個人の日記のようになってしまいます。 そうなると、その記事を読んだ人に役に立つ内容にはならないです。 でもそこにプラスして、• 出かけた場所の詳しい情報• そこでのオススメ• 行き方 など記事を読んだ人にとって、その場所についての役に立つ情報が分かる記事なっていれば、その記事は訪問者にとって価値のある記事になります。 このように記事を書くときは、• 記事を読んだ人にとって分かりやすい• 何か気づきや得るものがある記事内容 になっていると良い記事、内容のある記事になっていきます。 今日作った料理が上手く出来たことを書くとしたら、• その料理のレシピ• 注意点• うまくいったポイント• 失敗したこと などは、その記事を読んだ人が「自分も作ってみようかな?」と思った時にすごく役立つ記事になります。 単に料理を作ったことを日記的に書いただけでは、読む人も読み流して終わりになってしまいます。 記事を書くときは、常にその記事を読んでくれる 「 人」を意識して、その 「 人」に分かりやすく教えてあげるイメージで書くと良い記事になりますし書きやすいです。 自分の体験をレポートを書くようにわかりやすく書くイメージです。 話し言葉のように短く切るのではなく、会社に出すレポートや新聞記事のような書き方で書くと良いです。 ブログを書いたことがない最初のうちは難しく感じてしまうかもしれませんが、何記事か書いているうちに徐々にコツを掴んでいけるものですので、記事を書くときはこのポイントを気にかけながら書いてみてください。 「役立つ」というのも抽象的なので難しいですが、自分でその記事を読んだ時に『何か得られるものがあった』と感じられるようなものにしていきましょう。 記事を書く時の注意点としては、Googleのに該当するような記事の内容にはしないように注意していきます。 ポイント3:文字数 記事を書くときは記事の文字数も大事になってきます。 これは「ポイント2:記事内容」にも関わることですが、文字数が少ないと内容の濃い記事にはなりにくいからです。 記事の文字数は 1000文字以上で書いていくようにしましょう。 文字数のカウントはこちらのサイトが使いやすいです。 文字数が少ない記事はすぐに読み終えてしまうので、ページの滞在時間が短い傾向があります。 それに対して1000文字以上の記事は、ボリュームもあるので記事ページの滞在時間も長くなります。 滞在時間が長いとそれだけしっかりと読み込まれている記事ということになりますので、そういった記事で構成されているブログに対するGoogleからの評価も高くなります。 そして アドセンスの審査でも承認されるブログとなるわけです。 ポイント4:アクセス数 アクセスがまったくないブログの場合は、審査自体がなかなか始まらないということもあります。 ですので、アドセンスの申請は 1日100PVくらいのアクセス数になってからにしていきましょう。 記事数が少ないとアクセス数も少ないですが、10記事、20記事と記事数が増えていくとアクセス数も増えていきます。 もし30記事あってもアクセス数が1日10PV以下などの場合は、さらに記事数を増やしてアクセス数が増えてからアドセンス申請したほうが最初の審査で通りやすいです。 アクセスが少ないサイトに広告を配信しても広告主の負担になるだけなので、それは避けたいということが考えられるのがアクセス数があったほうがいい理由です。 ポイント5:問い合わせ先 アドセンス申請して審査を受けるブログには問い合わせ先を載せておきます。 ブログを訪問した人が連絡をすることができるようにするためです。 ブログにメールアドレスを記載しておくか、もしくは問い合わせフォームを設置しておきます。 ワードプレスの場合は問い合わせフォームを設置します。 アドセンスの審査のことなど質問にもどんどお答えしていきますので、心配なことや分からないことは気軽に何でも聞いてくださいね! 分かりやすいと好評の期間限定マニュアルも特別にプレゼント中ですので、ぜひこちらも手に入れて活用してください。 アドセンス申請の際のQ&A アドセンス申請に際して、よく質問を頂くのですが、その中で特に多いものについてシェアします。 記事のカテゴリー分けはしたほうがいいでしょうか? 記事を何もカテゴリー分けしないと「 未分類」となってしまうことがあります。 「未分類」はブログ記事のカテゴリーとしてあまり適切ではないので、1つ以上のカテゴリーを作成して、記事はカテゴリー分けしておいたほうが良いです。 カテゴリーを作成して記事を割り当てる場合、 カテゴリー内の記事数は5記事以上にしていきましょう。 カテゴリー内の記事数が1,2記事と少ない場合は、カテゴリーページがコンテンツ不足と捉えられる可能性があります。 カテゴリーページとは、そのカテゴリー内の記事が一覧されるページです。 カテゴリー内の記事数1,2記事と少ない場合は、この一覧ページに1,2記事の一覧しか表示されないので、それがコンテンツ不足の原因になってしまいます。 ですので、カテゴリーを作る場合は、そのカテゴリーには5記事以上割り当てていきましょう。 画像(写真)は入れても良いでしょうか? 自分で撮影した画像であれば写真を載せることもできますので、そうした画像もあると記事が分かりやすくなって良いです。 自分で撮影した写真や著作権に問題の無い画像を使っていきましょう。 記事には見出しも入れたほうがいいでしょうか? 改行や見出しも無く、単に文字が続いているだけの記事の場合は、読んでいてすごく読みにくい記事になってしまいます。 ですので、記事の文章には適度に改行や見出しを入れてみて、読んで読みやすい文章を目指していきましょう。 見出しがあれば、見出しを見だだけで、どこに何が書いてあるが訪問者にとって分かりやすくなります。 また、見出しを付けることで書く内容を整理できますし、簡単に整理できて詳しい記事を書くことができます。 記事を書いた後に自分で読み返してみて、躓くこと無く読める読みやすい感じになっているか客観的に見直して見ると良いです。 ページの表示スピードは審査に影響しますでしょうか? まったく影響しないとは言えないので、ページの表示スピードは遅いよりは速い方が望ましいです。 ページの表示スピードのチェックと改善方法についてこちらで詳しく解説しています。 アドセンスの審査期間はどのくらいでしょうか? アドセンスの審査は長いと1ヶ月くらいかかることもあります。 記事が更新されることで審査が開始されることもありますので、アドセンス審査中も記事は数日おきくらいにいれたほうがいいです。 から問い合わせをすることもできます。 アドセンスの審査に通らないのですがどうすれば良いでしょうか? アドセンスの審査に通らない場合は、アドセンス審査用ブログがこの記事で解説している7つのポイントを満たしているか確認してみましょう。 記事数• 記事内容• 文字数• アクセス数• 問い合わせ先• 既存の広告を外す• 独自ドメイン こちらのポイントに沿ってアドセンス審査用ブログを作ることで審査に通るようになります。 アドセンスの審査結果が来ないのですが? アドセンス申請して早いと2,3日で審査結果が来ることもありますが、長いと1ヶ月くらいしてから審査結果が来ます。 記事数が多いほうが早くて、少ないと遅いといったことではなく、審査結果が来るまでが早いか遅いかはGoogleの審査次第になります。 ですので、アドセンス申請したら、記事の更新をしながら待つようにしましょう。 アドセンス審査でアフィリエイト広告が貼ってあるのはだめでしょうか? アドセンスの審査に通る7つのポイントの1つ 「既存の広告を外す」に当たりますので、アドセンス審査用ブログからはアフィリエイトリンクやアフィリエイト広告は外しておきましょう。 余計な広告は貼らずに記事のみで申請していきます。 まとめ Googleアドセンスの審査は、ここで書いたポイントをしっかりと押さえたブログを用意することで、簡単に審査にパスすることができます。 逆にこれらのポイントから外れたブログやサイトで申請しても審査には通りにくいです。 審査が難しくなった、基準値が上がったという話もありますが、そもそもアドセンスの審査に通ったあとにアドセンスで稼いでいくには、ブログをきちんとアクセスが集まる媒体に育てていく必要があります。 その意味でアドセンス申請の段階で、その土台となるブログを作っていくことは、アドセンスの審査に通ったあとも無駄なくアドセンス向けのブログを作っていくことにも繋がり効率的です。 ですので、アドセンス審査に向けては審査にパスするブログをじっくりを作ってみてください。

次の