ちゃん おく ちょん ドラマ 相関 図。 韓国ドラマ

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」キャスト

ちゃん おく ちょん ドラマ 相関 図

BSで放送予定のあらすじとネタバレ! チャン・オクチョン あらすじ 23~24話 放送予定 最終回までチャン・オクチョンをネタバレでお届けします! 最高視聴率11. 最高視聴率11. それでは「チャン・オクチョン」の23~24話 最終回 のあらすじ、相関図とキャスト情報などをご覧くださいね! Contents• だが母が両班チョ・サソク家の賤民であることが知られ、仕立ての依頼が途絶えてしまう。 一方、王宮では世子嬪選びが始まる。 世子イ・スンは偶然を装って世子嬪候補と出会うはずだったが、手違いで服の寸法を取りに来たオクチョンと出会ってしまう。 そんな中で王・顯宗 ヒョジョン が崩御し、スンが即位すると、大妃をはじめとする西人派と大王大妃率いる南人派の対立が激しさを増していく。 押され気味の大王大妃は甥チョ・サソクに対策を依頼する。 チョは美貌のオクチョンを使って王の心を取り込もうと目論み、オクチョンの叔父チャン・ヒョンもまた、彼女によって野望を達成しようとしていた。 こうして針房の女官として入宮したオクチョンはスンと再会、二人は急速に接近していく。 大妃の妨害をかわし、スンとオクチョンはついに想いを遂げる。 スンの寵愛を独占するオクチョンは次第に野心を膨らませていくが、同時に大きな不安を背負うことになり……。 チャン・オクチョンは張禧嬪(チャンヒビン)の実名。 何度もドラマ化され今回で9作品目となる。 ヒロインのチャン・オクチョンを演じるのは「マイ・プリンセス」以降2年ぶりのドラマ出演となるキム・テヒ。 ドラマ『トンイ』に描かれた淑嬪崔氏(スクピンチェシ)は賤民の子として生まれながら、掌楽院(チャンアゴン)の奴婢から監察府(カムチャルブ)の女官、そしてついには粛宗の側室にまで上り詰めるという、いわば朝鮮王朝のシンデレラだ。 逆境に負けない強さと周囲を癒す優しさを合わせ持った愛すべき女性である。 人前ではあくまでも控えめに、あどけない少女のように振る舞いながら、オクチョンだけに見せる眼光の鋭さはまさに小悪魔! アイドルグループKARAのメンバーとして知られるスンヨンが日ごろの愛くるしい笑顔から一転、グサリと突き刺さるとげのような表情で魅せる! ちなみに歴史上の淑嬪崔氏はトンイより、こちらに近いという説もあるという。 一方、チスはオクチョンが王宮内に留まったことに落胆する。 スンはヒジェの処遇を悩む一方、チェ氏はだんだんと本性を明らかにし始める。 チェ氏はイニョンが胸を押さえて苦しみだすのを見て、イニョンの健康に問題があることに気が付く。 そしてイニョンの侍女から病気の事を聞きだすのだった。 そしてオクチョンも王妃の証言などからチェ氏の正体に気付いた。 オクチョンは手放さざるを得なくなったユンのことが気になっていた。 遠くからユンの事を見つめるオクチョンの様子に気が付いたイニョンは、尚宮にユンをオクチョンの元に連れて行くよう命じたのだ。 スンはイニョンがユンとオクチョンが過ごす時間を作ってくれたことに感謝する。 そしてスンはイニョンと散策に出るが、そこでイニョンが倒れた事で病気の事を知ったのだ。 ユンが病に倒れ、スンは御医に万全の対策を指示する。 しかしユンの病状は悪化し、オクチョンはユンを救おうと祈祷師を呼ぶがチェ氏にそのことがばれてしまう。 しばらくしてユンは回復するが、王妃の病状は悪化し危篤状態に陥ってしまう。 王妃はオクチョンを呼ぶとスンに対する恋慕の情を打ち明けたのだ。 そしてオクチョンがスンの手を取り最後まで守ってあげて欲しいと頼んだのだ。 そこにやってきたスン。 イニョンは選択した路に後悔はないと言い残し息を引き取るのだった。 するとオクチョンは蟄居を命じられ、女官たちは拷問にかけられル。 スンはオクチョンにイニョン妃を呪ったのか尋ねるが、オクチョンはユンの病が治ることを祈ったと答える。 スンはオクチョンの言葉を信じ、オクチョンへの疑いを晴らすと告げるのだった。 しかし朝廷ではオクチョンにししを要求すると、学生や儒学者たちが座り込みを始めたのだ。 スンが悩んでいるのに気が付いたオクチョンは決心し、スンの元へ行くと自害を命じてほしいと告げる。 思い悩んでいたスンだったがオクチョンの言葉もあり、朝廷でオクチョンの自害を命じる決定を伝えたのだ。 そしてその執行はイニョン王妃の49日法要が済んでからにすると話す。 東平君はスンがオクチョンに自害するよう命じたことを知り、慌ててスンの元へ向かった。 撤回してほしいと言う東平君にオクチョンからの申し出だったことを伝えるスン。 イニョン王妃の49日の法要が行われる日がやってきた。 スンはオクチョンと最後に会うと、オクチョンの手を離した自分を許すなと言うのだった。 オクチョンは法要が行われる寺へと到着した。 しかしそこで気を失わされたオクチョンはチスに匿われたのだ。 オクチョンの代わりに母親が輿に乗り込み王宮へ戻って行く。 意識を取り戻したオクチョンは全てがスンの意向立ったことをオクチョンに話すが、オクチョンは今度は自分が王としてのスンを守りこれから王になるユンを守っていくとの決意を伝える。 オクチョンは自分の最期は王様の側で迎えたいと言った。 チスはオクチョンの望みをかなえることが自分の愛を守る方法だと、オクチョンの意思を受け入れることにする。 一方、王宮では賜薬が準備されていた。 東平君はオクチョンが戻ってきたことを知り、急いで駆け付ける。 そして東平君は自ら賜薬をオクチョンへ差し出したのだ。 オクチョンが毒薬を口にした。 スンは知らせを受けオクチョンの元に駆け付ける。 スンは苦しむオクチョンを抱きしめると、なぜ戻ってきたのか尋ねたのだ。 スンは王様との愛を守るために戻ってきたと答え、スンの胸で息を引き取るのだった。

次の

張禧嬪 (テレビドラマ)

ちゃん おく ちょん ドラマ 相関 図

『 張禧嬪』または『 チャン・ヒビン』(表記: 장희빈)ならびに『 チャン・オクチョン』(表記: 장옥정)は、第19代国王・の後宮(一時期正妃)であったこと 張禧嬪(チャン・ヒビン)の生涯を題材として製作されたである。 本稿においては以下の作品について述べる:• にて1971年に製作・放送されたテレビドラマ。 韓国MBCにて1981年に製作・放送されたテレビドラマ。 にて1995年に製作・放送され、日本では『 妖婦 張禧嬪』のタイトルで放送されたテレビドラマ。 にて2002年から2003年にかけて製作・放送されたテレビドラマ。 韓国SBSにて2013年に製作・放送され、日本では『 チャン・オクチョン-張禧嬪-』のタイトルで放送されたテレビドラマ(原題「張玉貞 愛に生きる」)。 1971年版 [ ] 張禧嬪 ジャンル 脚本 監督 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 7月18日 - 7月18日からの「日日連続劇」として放送された連続テレビドラマ。 主人公をが演じた。 スタッフ 1971年版 [ ]• 演出:• 脚本: キャスト 1971年版 [ ]• 張禧嬪役:• 役: 1981年版 [ ] 張禧嬪 ジャンル 脚本 監督 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 毎週・21時55分 MBC月火ドラマ枠でから翌まで放送された。 スタッフ 1981年版 [ ]• 演出:• 脚本: キャスト 1981年版 [ ]• 張禧嬪役:• 1995年版 妖婦 張禧嬪 [ ] 妖婦 張禧嬪 ジャンル 、 脚本 監督 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 , 放送期間 - 放送時間 毎週・21時55分 回数 63 SBS月火ドラマ()枠でから同年まで放送された。 張禧嬪役を、前年の1994年に映画『』でデビューしたが、粛宗役をが演じた。 この作品は脚本・出演イム・ホの父子の双方が携わっている作品のひとつである。 スタッフ 1995年版 [ ]• 演出:• 脚本: キャスト 1995年版 [ ]• 張禧嬪役:• 粛宗役:• 仁顕王后役:• 尹氏(禧嬪・希載兄妹の母親)役:• 呉尚宮役:• 千尚宮役:• 荘烈王后付尚宮役: 2002年版 [ ] チャン・ヒビン ジャンル 脚本 演出 出演者 エンディング イム・ウンギュ「 그대 향한 사랑」 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 毎週・21時55分 回数 100 枠で「KBS特別企画ドラマ 」としてから翌まで放送された。 キャスト 2002年版 [ ]• 張禧嬪 オクチョン 役:• 粛宗役:• 仁顕王后役:• 淑儀金氏役:• 淑嬪崔氏役:• 荘烈王后役:• 明聖王后役:• 沈氏役:• 粛宗の叔母 役:• の孫 :• (、)役:• 郡夫人申氏 東平君の母 役:• 張希載役:• 者斤阿只 希載の正室 役:• スクチョン役:• 尹氏 オクチョンの母 役:• 閔黯の息子 役:• 仁顕王后の父 役:• 府夫人 仁顕王后の母 役:• 仁顕王后の兄 役:• 金寿恒の息子 役:• 淑安公主の息子 役:• チェ・サンアン役:• パク・トゥギョン役:• イ内官役:• クォン尚宮役:• ハン尚宮役:• パク尚宮 粛宗付 役:• パク尚宮 チェ淑媛付 役:• オプトン 希載の子分 役: 2013年版 チャン・オクチョン-張禧嬪- [ ] チャン・オクチョン-張禧嬪- 張玉貞 愛に生きる ジャンル 、 脚本 チェ・ジョンミ 監督 出演者 ほか 製作 制作 SBS 放送 放送国・地域 放送期間 4月8日 - 6月25日 放送時間 毎週・22時 回数 24 チャン・オクチョン-張禧嬪- 各種表記 : 장옥정, 사랑에 살다 : 張玉貞, 사랑에 살다 : チャン・オクチョン サランエ サルダ 読み: ちゃん・おくちょん あいにいきる : Jang Ok-jung, Salang-e Salda 題: Jang Ok-jung, Living by Love SBS月火ドラマ枠にて4月8日から同年6月25日まで放送された連続テレビドラマ。 韓国での放送回数は24回 、日本での放送回数は35回。 チャン・オクチョン(張玉貞)は張禧嬪の本名である。 張禧嬪を従来の悪女像とは一線を画し、王を愛しすぎたが故に罰せられた悲運のヒロインとして描く。 一方、MBCドラマ『』(2010年)のヒロイン・(チェ・ムスリ)は本作品では悪役として登場する。 あらすじ 2013年版 [ ] 舞台は17世紀末の。 都のでは、独創的なを生み出すファッションデザイナー・ が女主人として経営するファッションサロン・芙蓉亭(プヨンジョン)で新作発表会が開かれていた。 ところが、発表会の最中、朝廷に仕える高官・ ()の夫人が押しかけてきて、オクチョンの母・ユン氏が賤民出身であると暴露したために芙蓉亭は取引先の多くを失う結果に陥る。 そこでオクチョンは叔父の ()に資金援助を求めるのだが、チャン・ヒョンは「一緒に国を乗っ取らないか?」と持ちかける。 朝鮮一の大富豪として知られていたチャン・ヒョンはかつて、娘のホンジュを女官として宮廷に送り込んだものの、王族の ()と色恋沙汰を起こして宮廷を揺るがす大スキャンダルを招いた過去を持っていたのだ。 しかし、オクチョンは「私は叔父上の野心の犠牲にはなりたくない」とその誘いを拒絶する。 一方、宮廷では第18代王・の息子・のお妃選びが行われることになり、スンはに属する ()の娘である ()を選ぶ。 当時、宮廷では西人派が権勢を振るっていたが、スンは西人派の首領でもある ()と対立しており、ミン・ユジュンの娘・には全く関心がなかった。 やがて、顕宗はこの世を去り、スンは第19代王・粛宗(スクチョン)として即位する。 顕宗の遺勅によって西人派はに政権の座を譲ることになる。 ところが、南人派の高官たちはなかなか自分たちの言いなりにならないスンを退けて福善君を玉座にまつり挙げるべくを企てるが、軍資金を提供していたチャン・ヒョンが土壇場で裏切ったために失敗に終わり、南人派に代わって西人派が政権に返り咲くことになる。 その直後、仁敬が疱瘡に倒れ、この世を去る。 スンの母・はミン・ユジュンと結託し、仁顕を新王妃にしようと企んでいたが、肝心のスンは芙蓉亭の再建を断念し、針房(チムバン)女官として宮廷入りしたオクチョンに心奪われ、彼女と結ばれることばかり考えていた。 実は2人は幼い頃から面識があり、成長してからも折に触れて顔を合わせることがあった。 一方、スンのいとこ叔父にあたる ()も密かにオクチョンに思いを寄せていた。 南人派嫌いの大妃金氏たちはあの手この手でオクチョンを迫害するなどして妨害を図り、ついには仁顕を新王妃としてスンに押し付ける。 しかし、南人派に属する王室の最長老・の策略によってオクチョンは宮廷に舞い戻ってくる。 これにはさすがの仁顕も抗しきれず、オクチョンを特別尚宮(側室格の女官)として迎え入れる羽目になる。 念願叶って宮廷で共に暮らすことになった2人は人目を憚らずに激しく愛し合う日々を過ごす。 そして、スンから就善堂(チソンダン)を贈られたオクチョンはスンの子供を宿すことになるが、またしても大妃金氏たちの妨害に遭い、子供は流れてしまう。 母親が悪巧みを犯したことに激怒したスンは西人派の魔の手からオクチョンを守るため、彼女に 禧嬪(ヒビン)の称号を授けると宣言し、「何としても息子を産め」とせがむ。 焦りを募らせた大妃金氏はオクチョンを側室として認める代わりに、オクチョンが息子を産めば仁顕に渡せと強要し、歯止めをかけようとする。 そしてついにオクチョンはスンの息子・を産む。 狂喜したスンは息子をに立てると宣言し、西人派の猛反発を押し切って世子冊立に踏み切る。 また、この世子冊立騒動でスンと対立した西人派は世子冊立を阻止するために謀反を企てた廉で政権を追われ、再び南人派が政権の座に返り咲く。 政権に返り咲いた南人派の大臣たちがミン・ユジュンの処刑を進言すると、スンは仁顕を王妃の座から追放すると大臣たちに宣告する。 大臣たちは罪のない王妃を追放するのは無理があると懸念を示すが、オクチョンの脅迫に屈してしまう。 かくして仁顕は嫉妬の罪を理由に王妃の座を追われ、代わってオクチョンが王妃の座に収まる。 時は流れ、南人派政権はなかなかスンの期待に応えられずにいた。 苛立つスンが西人派の復権を模索する中、病死したとされていた大妃金氏がチャン・ヒョンの計略によって毒殺されていた事実が発覚。 高官たちに賄賂を提供してきたとして逮捕されたチャン・ヒョンはスンを脅迫して国舅(クック)の地位を獲得するも、チャン・ヒョンに恨みを抱く政商ヒョン・チスの策略にはまって暗殺される。 南人派の黒幕として暗躍してきたチャン・ヒョンの暗殺と時を同じくして、朝廷では南人派が再び政権の座を追われ、西人派が三度政権に返り咲く。 無論、南人派出身のオクチョンは王妃の地位こそ失うものの、世子の母・母后(モフ)であることなどが考慮されて禧嬪への降格に留まり、仁顕が王妃として返り咲く。 しかし、政権に復帰した西人派は世子の母后であるオクチョンへの対応を巡ってとに分裂。 老論派寄りだったミン・ユジュンの急死も相まって、オクチョンに同情的な少論派が優勢となる。 派閥間の権力抗争が激しさを増す中、病に倒れた仁顕がこの世を去ると、西人派出身の側室・が仁顕が死んだのはオクチョンの呪詛によるものだと告発する。 オクチョンは疱瘡に倒れた世子の回復を願う祈祷をしただけだと弁解するが、淑媛崔氏によって捏造された「呪詛の証拠」が見つかったことで、オクチョンは絶体絶命の危機に立たされる。 愛しいスンと世子を守るために自ら死を選んだオクチョンはスンに自決を願い出る。 スンはオクチョンにと宣告し、その前に仁顕の49日法要を行って罪を悔い改めよと命じる。 老論派の大臣たちはオクチョンを密かに逃がし、世子に玉座を継がせることも厭わないスンの方針に猛反発するものの、結局はスンの決定に従うしかなかった。 しかし、退位を覚悟の上でオクチョンを守ろうとしたスンの抵抗もむなしく、彼女は毒薬をあおってしまう。 「なぜ戻ってきた?」と驚くスンに対し、オクチョンは「死ぬ時は王様のおそばで死にたかったのです」と言い残し、息絶えるのであった…。 キャスト 2013年版 [ ] 張玉貞 チャン・オクチョン、장옥정 演 - (幼少期: ()) 後の。 李焞 イ・スン、이 순 演 - (幼少期: ()) の第19代国王・。 イニョン王后〈ワンフ〉、인현왕후 演 - イ・スンの2番目の正室。 ヒョン・チス 현치수 演 - ()(幼少期: ()) カン氏夫人の息子。 () トンピョン君イ・ハン、동평군 이항 演 - ()(幼少期: ()) 王族の文人。 イ・スンのいとこ叔父。 南人派。 崔ムスリ チェ・ムスリ、최무수리 演 - 後の。 西人派。 () チャン・ヒョン、장현 演 - オクチョンの父の従兄弟。 南人派。 () ミン・ユジュン、민유중 演 - イ・ヒョジョン 仁顕王后の父。 西人派の首領。 チョン尚宮 チョン・サングン、천상궁 演 - () オクチョンの指導者。 カン氏夫人 강씨 부인 演 - () ヒョン・チスの母。 オクチョンの母ユン氏 옥정모 윤씨 演 - () 南人派。 ヤン・グン 양군 演 - () イ・スンの側近。 (ネシ)。 () ポクソン君、복선군 演 - 王族。 チャン・ヒジェ 장희재 演 - () オクチョンの兄。 南人派。 () インギョン王后〈ワンフ〉、인경왕후 演 - () イ・スンの第一正妃。 ヨンホン 연홍 演 - イ・ジャミン 明安 ミョンアン 公主 ミョンアン・コンジュ、명안공주 演 - イ・スンの姉。 プクチョンニョ 북촌녀 演 - () チェ尚宮 チェ・サングン、최상궁 演 - キム・ナンジュ 大妃金氏 大妃〈テビ〉キム氏、대비 김씨 演 - () イ・スンの母。。 西人派。 大王大妃趙氏 大王大妃〈テワンデビ〉チョ氏、대왕대비 조씨 演 - ()。 第16代王・の最後の継妃 であり、王室の最長老。 南人派。 ヒョンム 현무 演 - ペ・ジファン イ・スン直属の親衛隊の首長(かしら)。 () キム・マンギ、김만기 演 - () 仁敬王后の父。 () チョ・サソク、조사석 演 - () 大王大妃趙氏の甥。 南人派の首領。 チャギョン 자경 演 - ()(幼少期:キム・ミンハ) オクチョンのライバル。 ヒャンイ 향이 演 - ()(幼少期: ()) オクチョンの幼ななじみ。 ソルヒャン 설향 演 - パク・チウォン ヒョン・チスのの(ヘンス。 官妓の姉御)。 ソルビ 솔비 演 - ユ・サラ ホンジュ 홍주 演 - () チャン・ヒョンの娘。 의관 演 - キム・ユンチャン 医女 의녀 演 - チェ・イェジ 巫女オレ 무당 오례 演 - イ・セラン ホン尚宮 홍상궁 演 - イ・ミヨン カックン 까꿍 演 - ユン・ヨンミ チャンギョン 장경 演 - イム・スンデ 도승지 演 - チョ・ビョンゴン 脚注 [ ] []• NAVER. 2017年10月19日閲覧。 NAVER. 2017年10月19日閲覧。 4 16:36 UTC 閲覧 より。 allcinema. 2017年10月18日閲覧。 4 17:29 UTC 閲覧 より。 allcinema. 2017年10月18日閲覧。 KBS. 2017年10月18日閲覧。 Daum. 2017年10月18日閲覧。 原題の日本語訳• allcinema. 2017年10月18日閲覧。 Daum. 2017年10月18日閲覧。 Daum. 2017年10月18日閲覧。 두산백과. 2017年10月19日閲覧。 2017年10月19日閲覧。 Daum. 2017年10月19日閲覧。 (該当部分をクリックすると説明が表示される) 外部リンク [ ]• (朝鮮語)• (朝鮮語)• (日本語)• (日本語)• (日本語)• (朝鮮語)• - (英語).

次の

【韓国ドラマ】チャン・オクチョンキャストや相関図、ストーリーなどご紹介★|韓国ドラマmania

ちゃん おく ちょん ドラマ 相関 図

母を奴婢の身分を開放する日を夢見て針仕事で評判のオクチョン。 母の家の主のチョ・サンソクから王の側室になれば、母を自由にすると約束されたオクチョンは王宮に入ることを決心した。 王宮に入り、かつて出会っていた武官が王・粛宗だと知る。 その中の一人チャン・オクチョンにスポットを当てたドラマです。 チャン・オクチョンは,李王朝・第19代国王粛宗の側室となった女性です。 日本の江戸時代には士・農・工・商と身分制度があったように,李王朝時代にも両班(文班,武班)・中人(下級役人,技術官など)・常人(農民,商人,職人)・賎人(奴婢,白丁)の4つの身分階級がありました。 そんな厳しい身分制度の中,中人から王妃になった唯一の存在でもあります。 これまでのも様々な女優により演じられている役を,本作ではキム・テヒが演じております。 キム・テヒが日本で知られるようになったのは,人気ドラマ「天国の階段」からかと思われます。 日本における韓流ブームの火付け役となったドラマ「冬のソナタ」。 そのヒロインだったチェ・ジウをいびる義妹役で一躍有名になりました。 そのようなプロフィールが背景にあるため,天国の階段でのイビリ役はとても冷淡で強烈な印象でした。 張禧嬪が登場するドラマとしては,「宮廷女官チャングムの誓い」や「イ・サン」で有名なイ・ビョンフン監督作品「トンイ」が知られております。 トンイではイ・ソヨンが演じておりました。 イ・ソヨン版では,ヒロインの適役と言うこともあり,妖艶な悪女のイメージでしたが,キム・テヒが演じるオクチョンは聡明な女性としての印象が強く,王・肅宗を思うあまり破滅へと向かっていく,切なく悲しい純愛ストーリーとなっております。 管理人 王とその4人 正室と側室の戦い と 南人VS西人の勢力争いが主に描かれている。 もちろん、チャン・オクチョンと粛宗の愛についても描かれているが、どちらかと言えば、勢力争いの人間模様といった感じです。 東平君も度々出てくるのですが、年が変わらないのに叔父上と呼ぶところが、妙にへんな感じがしました。 日本でも数十年前は叔父の方が年下っていう関係はめずらしくない時代だったのですが、、 見どころは「愛」というよりも女の戦いではないしょうか?チャン・オクチョンVS仁顯 イニョン 王后ミン氏VS淑嬪 スクビン チェ氏VS仁敬 インギョン 王后キム氏で正室もころころ変わっていきます。 ほとんど禧嬪張氏は悪女で描かれていますが、この作品は主人公で「王を愛する禧嬪張」を描かれています。 ですので序盤、中盤までは視聴者も感情移入できるかも知れませんが、中盤以降は嫉妬や醜い部分が描かれていますので、善、悪、敵、味方がよくわからなくなってきます。 奇皇后のスンニャン キ・ヤン みたいな感じですかね。 視聴率がイマイチだったようですが、もう少し脚色してもよかったんじゃないでしょうか?もう少しひねりがあればもっと伸びた気がしますが。 東平君ももう少し深く恋バナに組み入れたほうが盛り上がった気がします。 見ていて楽しくなります。 オクチョンは「トンイ」にも出てきますが,両者を比べてみると面白いです。 「トンイ」では悪役だったオクチョンですが,彼女から見ると後にスクビンになるトンイはやはり悪女です。 同じ時代の同じ人物達のドラマなのにこんなにも感じ方が違ってくる。 両方見ると面白さ倍増です。 sk0124さん ユ・アインの魅力 王様役のアイン。 とても優しい性格かと思いきや、王様として皆を束ねていっているギャップに惚れました。 愛する人を最後まで思う一途さと、それを阻止しようとする周りに惑わされない真っ直ぐな所。 そんな役がピッタリのアインでした。 歯の白さも見どころです。 【スポンサーリンク】 【スポンサーリンク】 2020年第2回開催 2020年第2回開催 カテゴリー• 305• 108•

次の