夢 グループ マスク 大丈夫。 寄付マスク12万5000枚「捨てられるかも」 夢グループ社長が主張も埼玉県は否定: J

寄付マスク12万5000枚「捨てられるかも」 夢グループ社長が主張も埼玉県は否定: J

夢 グループ マスク 大丈夫

芸能人のマネジメントや通信販売を手がける「夢グループ」(東京都文京区)は2020年6月12日、ツイッターで 「私どもが寄付したマスク125,000枚が、一ヶ月経った今も一枚も配られずに今日まで保管され、全部捨てられてしまうかもしれないそうです」と石田重廣社長名義で投稿した。 以降のツイートによれば、事情はこうだ。 同社は5月12日、埼玉県にマスク12万5000枚を寄付したものの、 6月11日に県から「配るための人員や費用が足りない」ため、すべてのマスクを返却したいと申し出があった。 石田氏は申し出を断ったといい、「もっと早く『とてもじゃないが配ることが出来ない』と教えていただければ、 即刻引き上げてマスクが無くてお困りの他の県に125,000枚のマスクをお渡ししていました」「まさかの結果に残念な気持ちでいっぱいです」と県の対応を非難する。 石田氏は17日、J-CASTニュースの取材に、6月11日に県からいきなり呼び出され、寄付したマスクが活用されていないと知らされたという。 埼玉県以外の自治体にもマスクを寄付していたが、このような対応は初めてだと明かす。 その場で県の担当者に「今になって戻すと言われても戻す必要はありません。 それをたらい回しに他のところに寄付するのも失礼だし、好きにしてください」との旨を伝えると、 担当者からは「それでは捨てるということですか」と返事があり、石田氏が「(そちらで)決めていいですよ」と言って話は立ち消えになったという。 県の新型コロナウイルス対策本部物資部は17日の取材に「事実とは異なる部分があります」と困惑気味に話す。 現在までに配布できなかった理由は「人員や費用が足りない」ためではなかった。 この説明は、マスク配布に遅滞が生じる場合の一般論として伝えたという。 真の理由は「県民から(同社のマスクについて)多数の苦情を受けているというのが寄付を受けた後に判明し、 消費生活課が調査をしていたので、受け入れ先の伺いなど内部の事務処理をいったん停止し、状況を注視していた」ためだという。 県消費生活課は6月11日、夢グループが販売するマスク「やわらか立体マスク30枚セット」「立体マスク30枚セット」の広告で、 価格や販売期間を誤認させる表示をしていたとして、景品表示法違反(有利誤認)で措置命令を出している。 発表によれば、販売価格が3600円のように表示していたものの、実際は手数料300円と送料500円を上乗せして支払わなければならなかった。 また、販売期間を限定していないにもかかわらず「本日の広告でお一人様3セットまで」「本日の広告の有効期限5日間」とうたっていた。 同課の担当者によれば、3~6月に県の消費生活センターや情報提供窓口に、「送料や手数料の字が小さくて高齢者が騙されてしまうのではないか」などと40件の相談があったという。 県消費生活課によると、夢グループは3月13日~4月26日にかけて、 新聞広告や折り込みチラシ、ハガキにおいて「やわらか立体マスク 30枚セット」と「立体マスク30枚セット」を宣伝。 その中で、マスクの価格を 「3600円(税抜)」と大きく表示する一方で、手数料300円と送料500円(税抜)を 小さく記載していた。 また、「本日の広告でお一人様3セットまで」、 「本日の広告の有効期限5日間」などと表示しながら、 実際は販売期間が限定されていなかった。

次の

【ぼったくり】夢グループの高額マスクは詐欺?30枚セットで3600円+送料手数料で実質5000円 │ 黒白ニュース

夢 グループ マスク 大丈夫

皆さんは夢グループがマスクを販売していたのはご存知でしょうか? このチラシですね。 世界中でコロナウイルスが騒がれている中、マスクが全国各地で不足している中、普段はマスクを扱わないメーカー、販売店でもマスク販売が目立ちはじめました。 別の記事にてそのマスクの機能性やお値段などをご説明したのですが、まあ当時の相場からいって皆さん感覚がマヒしているかもしれませんが、一般的にマスクって安い商品なんです。 はっきりいって、、、このマスクが法外な価格であることは間違いないです。 表示価格は3600円 そんな中、しょうがないと思いマスクを購入後、使用していたんですね。 まあ、もったいないので、アルコール消毒しながらあまり人にあわなかった日などは再利用しようと心がけていました。 そんな中、このニュースをみつけてしまいました。 夢グループがマスクを寄付。 県はうけとらない。 ?? どういうことか、よく意味がわかりません。 そこで、この記事をよんでいたところ、驚くべき2つの事実が浮き彫りになりました。 どちらかといえば、タイトルよりこの話題のほうが重要視されても良いくらいです。 まず1つ目 夢グループのマスクが景品表示法違反にて県に指導をうけていた という点。 この部分を抜粋しますね。 以下参照 県消費生活課は6月11日、夢グループが販売するマスク「やわらか立体マスク30枚セット」「立体マスク30枚セット」の広告で、価格や販売期間を誤認させる表示をしていたとして、景品表示法違反(有利誤認)で措置命令を出している。 発表によれば、販売価格が3600円のように表示していたものの、実際は手数料300円と送料500円を上乗せして支払わなければならなかった。 また、販売期間を限定していないにもかかわらず「本日の広告でお一人様3セットまで」「本日の広告の有効期限5日間」とうたっていた。 同課の担当者によれば、3~6月に県の消費生活センターや情報提供窓口に、「送料や手数料の字が小さくて高齢者が騙されてしまうのではないか」などと40件の相談があったという。 なお、石田氏は措置命令に納得できず、不服申し立てをするとしている。 前から気にはなっていたのですが、ついに突っ込まれたようです。 そうです。 夢グループさんの広告は こんなふうに値段を大きく表示して、あたかもこの価格で購入できるような錯覚をうけてしまうのです。 以前も購入したのですが、この表示価格に加えてさらに代引き手数料と、送料が発生します。 これが大きくはっきりと書かれていればよいのですが、広告宣伝ではまったくもって触れられていません。 おや?よく見るとしたの方に小さく書かれていましたね。。。。 みますか???これ。 夢グループの商品を注文するのはおそらく年金生活をしているシニア層です。 ここで、この金額を確認することは当然のこととして、この時点でそれならいりません。 と断れるか??? といういえばどうでしょうか? お客さんは買おうと思って電話したわけです。 いわば買う気満々。 そこで、さらに値段が加算されます。 まあしょうがないと思う人もいるかもしれませんが、皆さん、こう思いませんかね? ここで、やっぱりいらない。 といえば、せっかく電話したのが無駄になる。 また少々の小銭を気にするお金のない人、ケチくさい人に思われないだろうか?? まあしぶしぶ条件をのんで注文するのですね。 ところが、埼玉県には、表示価格と実売価格が大きく違うという苦情が40件よせられているとのこと。 特に通販に慣れ親しんだ方であれば、Amazonは送料がしっかりと表示されている。 同業者のジャパネットは送料も提示している。 このイメージでお買い物するわけです。 夢グループさんはもう少しお年寄りには良心的な販売をしてほしいと思います。 そして驚いたこと2点目。 マスクの寄付はいいとして、マスクの価格の下落です。 私が購入したときは、3980円。 その後、2980円に値下がり、 現在価格はなんと驚きの1000円です。 2980円も値下がりしてしまいました。 ほんの1か月でです。 実は注文をして、2週間ほど待ちました。 家にマスクが届くときには、すでに広告の値段は2980円に値下がりしていました。 値下げが悪いとか良いとかではなく、この相場にあわせた価格変動は、お届けがおそいお店がやるとそれだけ不信感がつのります。 届いていないのに販売価格が下がる。 かった時の高い値段で自分はてに入れるわけですから。 ましては、希少価値の高いマスクだからこそです。 なんとも足元みられたな。。。 と思わざるを得ません。 マスクの返品交渉 マスクはすでに使用中だったので、返品はできないとの電話口の回答。 私は、上記の2点を理由に返品してくれと交渉しました。 社員から正確な連絡をするということで翌日にまた電話交渉をしました。 結果的に、1000円の価格で販売したということになり、 差額は返金するということに。 ここに、返金という形で、このマスクの返品交渉を終えることができました。 ただし、高かったときは材料価格も高騰していたということをご理解くださいとのことでしたが。。。

次の

夢グループのマスクが届かない!評判は?ぼったくり?

夢 グループ マスク 大丈夫

「まさかの結果に残念な気持ち」 芸能人のマネジメントや通信販売を手がける「夢グループ」(東京都文京区)は2020年6月12日、ツイッターで「私どもが寄付したマスク125,000枚が、一ヶ月経った今も一枚も配られずに今日まで保管され、全部捨てられてしまうかもしれないそうです」と石田重廣社長名義で投稿した。 以降のツイートによれば、事情はこうだ。 同社は5月12日、埼玉県にマスク12万5000枚を寄付したものの、6月11日に県から「配るための人員や費用が足りない」ため、すべてのマスクを返却したいと申し出があった。 石田氏は申し出を断ったといい、「もっと早く『とてもじゃないが配ることが出来ない』と教えていただければ、即刻引き上げてマスクが無くてお困りの他の県に125,000枚のマスクをお渡ししていました」「まさかの結果に残念な気持ちでいっぱいです」と県の対応を非難する。 その上で、「マスク全部が捨てられるかもしれないそうです」「まだ処分されていなければ埼玉県庁にあると思いますので、お問い合わせされてみては」と呼びかけた。 石田氏は17日、J-CASTニュースの取材に、6月11日に県からいきなり呼び出され、寄付したマスクが活用されていないと知らされたという。 埼玉県以外の自治体にもマスクを寄付していたが、このような対応は初めてだと明かす。 その場で県の担当者に「今になって戻すと言われても戻す必要はありません。 それをたらい回しに他のところに寄付するのも失礼だし、好きにしてください」との旨を伝えると、担当者からは「それでは捨てるということですか」と返事があり、石田氏が「(そちらで)決めていいですよ」と言って話は立ち消えになったという。 県は夢グループに措置命令 県の新型コロナウイルス対策本部物資部は17日の取材に「事実とは異なる部分があります」と困惑気味に話す。 担当者によれば、夢グループからは4月中に電話で申し出があり、5月に一般用マスク12万5000枚を受け取った。 しかし、現在までに配布できなかった理由は「人員や費用が足りない」ためではなかった。 この説明は、マスク配布に遅滞が生じる場合の一般論として伝えたという。 真の理由は「県民から(同社のマスクについて)多数の苦情を受けているというのが寄付を受けた後に判明し、消費生活課が調査をしていたので、受け入れ先の伺いなど内部の事務処理をいったん停止し、状況を注視していた」ためだという。 県消費生活課は6月11日、夢グループが販売するマスク「やわらか立体マスク30枚セット」「立体マスク30枚セット」の広告で、価格や販売期間を誤認させる表示をしていたとして、景品表示法違反(有利誤認)で措置命令を出している。 発表によれば、販売価格が3600円のように表示していたものの、実際は手数料300円と送料500円を上乗せして支払わなければならなかった。 また、販売期間を限定していないにもかかわらず「本日の広告でお一人様3セットまで」「本日の広告の有効期限5日間」とうたっていた。 同課の担当者によれば、3~6月に県の消費生活センターや情報提供窓口に、「送料や手数料の字が小さくて高齢者が騙されてしまうのではないか」などと40件の相談があったという。 なお、石田氏は措置命令に納得できず、不服申し立てをするとしている。 12万超のマスクの"行方"はどうなるのか。 物資部の担当者は、返却を申し出たのは事実としつつ、石田氏から「引き取らないので処分してほしい」と言われ、「マスク自体の価値は行政処分によって変わるわけではないので、しかるべき時に使わせていただこうと検討しています」と話した。

次の