えみちゃんねる 歴代アシスタント。 Wikizero

TOKYO MX * オンライン

えみちゃんねる 歴代アシスタント

概要 [ ] 司会は上沼恵美子と。 毎回数名のゲストと共にテーマ別のトークを行うバラエティ番組である。 最高視聴率は21. 当初は上沼とゲストが一対一でトークを行う内容であったが、2000年代以降は複数のゲストを呼んでトークを行う形式に変更された。 番組セットは正面から見て左側に司会、ゲストは右側に座る配置で『』とほぼ同じ配置となっている。 出演するゲストは多岐に及び、普段バラエティ番組に出演しない俳優がたびたび登場している。 若手芸人については上沼が『』の審査員を務めている関係から、同大会のファイナリストが出演することが多い。 例年 は2時間の「」を放送している。 2010年6月25日に番組初の生放送で90分SPを放送した。 本番組のネット状況の概況 [ ] 本番組は過去(月曜時代)に制作局と同時ネットとしたことのある遅れネット局もあるが、金曜に枠移動後、本番組の差し替えとなっているフジテレビの同時間帯の番組の同時ネットを離脱し、通常編成時には本番組の同時ネットに切り替える系列局が出ている 関東広域圏での放映権は系列キー局のが本番組開始から長らく有していなかったため、同広域圏では圏内の県域独立局の一部を通じて放送されており、直近では2014年4月5日 - 2019年2月2日にとTOKYO MX にてネットしていた。 2019年2月7日 - 22日に関東広域圏全域で系列キー局のフジテレビを通じて、『』枠(月 - 金曜日15時50分 - 16時50分)にて遅れ集中ネットを実施。 なお、フジテレビでのネット開始に伴う関東広域圏の放映権の関係から、フジテレビがネット期間中には関東広域圏内の独立局2局でのネットが不可となるが、フジテレビでのネット一旦終了後の同月23日にはテレビ埼玉・TOKYO MX でのネットを打ち切り前と同じ放送日時にて再開。 また、東海広域圏では在名系列局ので放送されていた時期があるも、現在では同局が本番組の放映権を有しておらず、同圏内の県域独立局全2局での放送となっている。 出演者 [ ] MC [ ]• レギュラー [ ] ナレーション [ ]• 過去のレギュラー [ ]• (番組開始当時のメンバー)• (番組開始当時のメンバー)• (番組開始当時のメンバー。 入社当時新人ながらの抜擢だった)• (元:ほっしゃん。 (準レギュラー、1997年 - 2004年6月28日)• ( (2015年1月 -2020年6月) エンディング曲 [ ]• 『笑顔を咲かせましょう』 唄:上沼恵美子、作詞・作曲:(月曜時代に次番組であるでゲストで出演したとき司会であるダウンタウンとのバトルを展開していた)• 『コスモス揺れて』 唄:上沼恵美子、作詞:、作曲:• 『泡盛心中』 唄:上沼恵美子、作詞:宮城常雄、作曲:宮城衛 主なスタッフ [ ] 2019年11月8日時点• 構成:二宮一泰、山下由香里、東江和佳子、根宜利彰、ゆじぇーろ• TD:横山和明(カンテレ、以前はCAM)• VE:松岡泰助(カンテレ)• CAM:西村武純(カンテレ)• MIX:赤澤和伸(カンテレ、以前はMA)• MA:野村理恵(カンテレ)• LD:中村貴志(カンテレ)• 音響・照明:大阪共立• 編集:清水慎恭(カンテレ)、阿部竜也• 美術制作:岡崎忠司(カンテレ)• デザイン:萩原英伸• 美術進行:磯本則和• 装置:• 装飾:萬浪隆史• 電飾:増本正寿• 衣装:田中由紀• メイク:パウダー• 効果:西原長治• タイトル:三波和子• スタイリスト:井谷祐子(シェル)• 編成:前洋平(カンテレ)• 宣伝:長谷川由紀(カンテレ)• CG:谷信之• イラスト:榎本よしたか、ひろぽん• 協力:、• 制作協力:• AD:小林潤也、西田墨、酒井椋平(カンテレ)、戸田千遥、平本拓也、片岡実優、水島陸• AP:清水美希(クラッチ. ディレクター:重信好輝(クラッチ. プロデューサー:梅田一路(カンテレ、以前はディレクター)、今橋叔子(クラッチ. 制作著作:関西テレビ 過去のスタッフ [ ]• 構成:純子ポッキー• TD:片山勝・朝倉康博(関西テレビ)• CAM:有本龍介・菊池幸雄・鈴木智雄・芳山貴勇(関西テレビ)、中山秀一(カンテレ)• VE:大須賀朋尚・山本倫久・松井勝正・帆足聡一郎・松浦洋輔(関西テレビ)、中島知晶(カンテレ)• MIX・MA:坂田常夫・長谷川周作・小野浩一・宮島雅俊(関西テレビ)• MIX:井田憲吾(関西テレビ)、寺島 嶋 紀雄(カンテレ、以前はMA)• LD:中島啓・大西祐輔(関西テレビ)、金子宗央(カンテレ)• 編集:岩佐周悟・伊部勇作・川合尉嗣・堀田秀治・沖野裕之・岡部真理子(関西テレビ)• MA:中島貴志(カンテレ)• 素材MA:衛藤恒明• 効果:芝原重來、三浦智子• 美術制作:古江薫・西川夏子・杉山茂光(関西テレビ)• 美術進行:喜多謙治、青木繁、吉田哲也• 装置:小橋健司(つむら工芸)• 装飾:秋丸弘美、中森正啓• 衣装:岡本忠治• 装花:山本幸一、山藤園芸• タイトル:西村厚、新開融、兵頭和也、広田真吾• スチル:安村のぞみ、テレビフォト工房• アシスタント:川端貴美子• 制作協力:(初回から2005年3月まで)、、オンタイム。 編成:中村道郎(関西テレビ)• 宣伝:川上翔子(関西テレビ)• AD:河西秀幸(関西テレビ)、奥村泰弘、吉川亮太(関西テレビ)、三浦未来、奥村奈美、吉田一世、江嶋ちほみ• ディレクター:・中澤健吾・乾充貴・泉雄介・植原脩(関西テレビ)、友岡伸介(カンテレ)、永峰修治・牧野直行(スタッフ21)、片平諭(オンタイム。 プロデューサー:喜多隆・旗啓祝・小川悦司・加藤雅也(関西テレビ)、水野伸宏(D-クラッチ. )、長谷川豊(エックスワン)• チーフプロデューサー:矢野浩之・堀切八郎(関西テレビ) ネット局 [ ]• ローカルセールス枠での放送のため、関西テレビでも、同時間帯にフジテレビの番組を臨時同時ネットや、自社制作のプロ野球・阪神タイガース戦中継放送時は休止となり、テレビ愛媛でも編成の都合で臨時非ネットとすることがある。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考 (KTV) 金曜 19:00 - 20:00 制作局 (EBC) 原則同時ネット (uhb) フジテレビ系列 土曜 13:00 - 13:58 遅れネット (ITC) 日曜 12:00 - 13:00 ・ (TSK) 土曜 14:00 - 15:00 (OHK) 土曜 16:00 - 17:00 (tss) 土曜 16:00 - 16:55 (KSS) 土曜 13:00 - 14:00 (TNC) 日曜 13:00 - 13:57 (KTN) 土曜 16:25 - 17:25 (TKU) 土曜 10:35 - 17:35 (TOS) フジテレビ系列 水曜 09:50 - 10:50 (UMK) フジテレビ系列 火曜 10:45 - 11:45 (KTS) フジテレビ系列 土曜 15:45 - 16:45 (TVS) 土曜 16:00 - 17:00 (MX) 土曜 15:00 - 15:55 (GBS) 水曜 20:00 - 20:57 (MTV) 木曜 20:54 - 21:50 土曜未明 (金曜深夜) 過去のネット局(不定期放送局も含む) [ ]• (1999. 4 - 9)• (2000. 4 - 2007. (2019. 7 - 2019. 22)• (開始時期不明 - 2009. (1998. 10 - 1999. (開始時期不明 - 2011. (2000. 4 - 不明)• (1999. 4 - 9ほか)• (2008. 4 - 9)(系列局)• (2001. - 2003.

次の

TOKYO MX * オンライン

えみちゃんねる 歴代アシスタント

(番組開始 - 2011年8月23日、初代メイン司会 ) 紳助と石坂はバランスでキャスティングされていた側面がある。 紳助はの取材に対し、博識で知られる石坂にどうしても出演してほしかったと語っており、石坂なしでは番組が成功しなかったのは、絶対的な事実と述べている。 紳助が資産管理などに詳しいなどあって購入金額の現在価値への換算や評価額・鑑定額について依頼人を煽る役割を担い、依頼人の表情を際立たせる。 石坂は自身がコレクターで絵画を描く趣味を持ち、知識と教養からコメントをすることで紳助とバランスを取っている。 衣装も同じく、紳助は番組開始以来スーツを着ずにラフな衣装で出演し(ただしスペシャルなど期首特番では他の番組と同様にスーツ衣装で出演する場合もある)、石坂はスーツ衣装、たまに和装姿を見せる。 2011年8月23日放送分終了直後、紳助が芸能界引退を発表したため、紳助が最後に出演した番組となった。 (番組開始 - まで) 2016年からまで派生番組『』()のメイン司会を務めた。 第2回の放送(1994年4月26日)では本名のとして依頼人としても登場。 19世紀のドイツ製大型オルゴールを出品し、1550万円で鑑定された。 また、2019年4月30日放送分「開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定 スペシャル」にもゲスト出演している。 アシスタント 2016年4月5日 - 9月27日の間は不在• (初代、1994年4月 - 9月)• (二代目、1994年10月11日 - ) - 2代目アシスタント 2015年7月21日放送回で「日本のテレビ番組の女性アシスタント最長記録」を更新した。 それまでの1位は『』のの20年9カ月だった。 コーナー• - 出張鑑定・司会• (2012年3月6日放送分にはゲスト依頼人として出演)• 遠峯ありさ(現・)• コンパニオン• 高梨もと子• 仲埜裕貴• 中島あき• 長戸よの• 山田明子(と結婚し、の名で活動)• 青木直子• 橋本かれん• 幻の逸品買いますリポーター• 伊藤雅• ほか 鑑定士 太字はレギュラー出演者。 なお、渡邉・安岡・岩崎は1994年の放送開始当初から出演していた。 (日本画) - 千葉県文化財保護協会評議員。 千葉県夷隅郡大多喜町に住み、自宅の「」はである。 収録の度に大多喜町の自宅から上京していた。 通称は「 鑑定士軍団の最長老」で、の弟子でもある。 番組の原型となった「EXテレビ」での企画から出演していた。 価値の低い品物に対して「 これはいけません」や、絵画の鑑定時に「 技術的に説明しますと…」というセリフが彼の代名詞だった。 1998年10月14日に死去。 番組のオープニングで追悼企画が放送され、画の渡邉のも披露された。 石坂も渡邉の逝去直後は「渡邉人形」を喪章代わりに付けていた。 (考古学・民芸品) - 民具の館「杢魄舎」館長。 番組では「 の」と紹介されていた。 に死去。 (西洋アンティーク)• (日本画) - 古旧堂店主 渡邉の高校教員時代の教え子で門下生だった。 (スポーツ用品) - スポーツグッズ店「流体力学」経営。 (漫画) - 漫画家、古書店「」社長。 柴田光男() - 元「刀剣柴田」会長、全国刀剣商業協同組合元会長。 番組で刀剣の鑑定と解説を行っていたが、に肺炎で死去。 現在は息子の柴田光隆が日本刀の鑑定を行っている。 (美術) - 美術評論家 に死去。 2010年6月1日放送の出張鑑定「第8回 名画鑑定大会」が最後の番組出演となった。 (鉱物) -「鉱物科学研究所」所長 死去。 西洋画・彫刻 -「永井画廊」代表取締役 ナレーター• (銀河の代役)• (冨永の産休中の代役)• (同上)• テレビ東京の再放送のみで実施しない日もある。 公式サイトではタイトルに「! 」が入っているが、タイトルロゴには描かれていない。 放送開始年月については、次の資料を参照。 一例として、2006年に元アメリカ海軍将校の家族が出品したのを、石坂が評価額の1000万円で購入し、呉のに寄贈した。 1996年当時の読売テレビ公式サイトでも、本番組が『EXテレビ』から生まれたことを示唆する記述が見られる。 テレビ東京系列2012年9月4日放送分ではゲスト依頼人も兼ねて出演。 ただし、依頼品がやの際は冨永が担当した。 一例として、テレビ北海道では『』(テレビ大阪制作)や『』(2010年3月レギュラー放送終了、現在は単発特番として放送)など週替わりでの再放送番組に変更。 なお、9月11日は通常は15時から放送される「」(テレビ大阪制作)をこの時間帯に移して放送していたが、これは当該時間帯に「」(テレビ愛知制作)の同時ネット(放送は愛知県・北海道ローカルとBSジャパンのみ)が組まれたため、一時休止となった本番組再放送の時間枠を使って放送されたものである。 テレビ北海道では2011年10月中は紳助謹慎時に放送された回(テレビ東京系列初回放送日で2004年11月16日 - 2005年1月18日の間に放送された回。 ただし、北海道では当時地上デジタル放送が始まっていなかったため地上デジタル放送としては実質初回放送扱い)を再放送し、2011年11月6日(同年8月30日初回放送分)から通常の2カ月前の再放送を再開。 当該回の遅れ放送ができなくなった回でも過去に放送された鑑定結果は番組のホームページから確認することができる。 当初は放送開始からこれまでの放送内容を確認できていたが、その後保存期間がテレビ東京系列初回放送日から1年間となっていたものの、現在はテレビ東京初回放送で2010年1月以降に放送された鑑定結果のデータを見ることができる。 一例として、系列外で唯一ゴールデンタイムで放送している宮崎放送では2011年8月25日は『』を、新潟総合テレビでは2011年8月27日に同年3月12日に放送予定だった『』幻の最終回スペシャル(フジテレビ)をそれぞれ放送した他、日本テレビ系列局ではほとんどの局が自系列番組の再放送を放送した。 そのため、テレビ東京と同時ネットする系列各局と系列外の岐阜放送、びわ湖放送、奈良テレビ、テレビ和歌山を除いて2週間から1カ月半(未開局であるテレビ北海道の帯広・網走・北見エリアでは試験放送を開始するまでの約2か月間)、BSジャパンでは約4か月半の間は本番組が視聴できない影響が生じた。 試験放送を開始したばかりのテレビ北海道の釧路送信所のエリアでは芸能界引退発表前に2011年8月21日(同年6月放送分)の再放送と8月23日の初回放送が試験放送中に放送されており、直接受信できる当該エリアでは奇遇にも本番組が視聴できなくなる影響は避けることができた。 特に遅れ日数が半年 - 1年遅れだった局では遅れ日数が最大1カ月程度と大幅に縮まり、ほとんどの局は十数日遅れの放送となっている。 静岡第一テレビでは、2011年8月28日に放送予定であった(同時ネット局での2011年7月26日放送分の)回における、地元で収録された「」のを避けるため、放送再開初回の2011年9月11日に、当該回の同コーナーのみを、過去に放送された静岡県内収録の同コーナー再放送と共に、同時ネット局での2011年8月30日放送分に続けて放送するという措置を取った。 地上波のレギュラー放送ではスポンサーは元々1枠だが、BSテレ東(旧・BSジャパン)では2010年頃から地上波番組の時差放送で珍しく前半・後半パートに分けている(もともと地上波レギュラー放送のスポンサー枠にあわせて編集されているため途中入れ替えのコメントはなし)。 それ以前はBSジャパンのスポンサー枠は地上波放送と同様1枠のみだった。 テレビ北海道とびわ湖放送とテレビ和歌山(テレビ和歌山は2019年10月から、過去にはテレビ大阪も)では、スポンサーがテレビ東京より多いため、出張鑑定の間に入るCM前の後提供のバック画面部分では表示を行わず(テレビ北海道とびわ湖放送とテレビ和歌山は撮影映像とBGMのみ、テレビ大阪は撮影映像とBGMをカットしてCM入り)、テレビ北海道では出張鑑定終了後のCMの間に独自の提供ベースで、テレビ大阪では出張鑑定終了後のCMの最後に独自の提供ベースで、びわ湖放送とテレビ和歌山では最終CM枠の最後にブルーバック画面で提供クレジットを出している。 これは出張鑑定の間に入るCM前の後提供が入るバック画面部分が出た時点でもスポンサーCMがすべて放送されていないため、この対応がとられている。 テレビ東京と同時ネットする局ではすべての地域が日曜日に再放送を行っている。 延長オプションを行使してから時間が余った(およそ20分以上)場合は穴埋め番組(阪神戦の名場面集など)を放送して対応。 延長放送の時間帯であっても試合が21:54の所定終了時間までに終われば、073chも途中から飛び乗りの形で放送することがあるが、この場合は野球中継からの流れでSD標準画質での放送となる。 (ただし雨天中止や、20:54までに試合が終わるなどして、結果的にマルチ編成を行わないことがある)。 なお放送ではマルチ編成を行わないので、定時通りスタートとなる• 開始当初は深夜枠での遅れネットだった。 番組開始当初は火曜19:00から遅れネットで放送。 なお、再放送を行ってる時間帯で午後1時から『TVQスーパースタジアム』が放送される場合は、通常より3時間繰り上げの11:54から放送となる。 2009年9月末までは、この日時での放送が本放送扱いとなっていた• 番組開始当初は土曜15:00から遅れネットで放送。 1994年10月から同時ネット化。 番組開始当初は土曜20:00から遅れネットで放送。 1994年10月からは火曜22:00から遅れネットで放送されていたが、のちに同時ネット化された。 開始当初から2003年6月までは(ATV。 TBS系列局)での放送(最終時は、木曜の18:55 - 19:54に放送。 本放送直後の時間帯に再放送を組むことが多く、2回連続で再放送することもあり約3時間連続で見られる場合もある。 再放送は中断と再開を繰り返しており、2016年10月4日より現在の時間で放送。 開始当初は『 はまつアワー 開運なんでも鑑定団』として火曜22:00から遅れネットで放送。 1996年4月から「はまつアワー」枠が『』前半セールス枠に移行した関係を受けて、日曜10:55 - 11:50に移動。 その後、1997年4月6日から9月28日までは、日曜13:00 - 13:55に再移動し、1997年10月5日からは現在の時間帯に移動。 一時期日曜 15:00 - 17:00の集中放送で遅れを取り戻していたが、全国で最も放送が遅れていた。 2012年10月8日から2015年2月2日まではテレビ東京系列局及び独立UHF局以外でゴールデンタイム(月曜 18:55 - 19:55 での放送を行っていた。 1994年7月2日に土曜16:00 - 17:00の枠にてネット開始。 その後土曜13:00 - 14:00に枠移動を経て 、現在の放送時間に移動。 この放送時間になる前は、月曜19:00 - の放送だった。 再放送に関して、2013年3月まで土曜 9:55 - 10:55だったが、2013年4月より土曜 9:55 - 10:25にフジテレビ制作の『』、 10:30 - 11:15に自社制作番組『8ッピーLive いしかわキッズ! 』を放送するため、土曜 12:00 - 13:00に移動。 2015年7月より先述のフジテレビ制作の番組は不定期放送に移行(同年10月より再開するが、2017年3月で打ち切り、2019年10月には同時ネットとして再開)、自社制作番組が土曜 15:30 - 16:15に枠移動したため(同番組は同年12月をもって終了)、土曜 9:55 - 10:55に戻ったが、2016年4月よりフジテレビ系列の改編に伴い、土曜 9:55 - 10:25に『』、10:30 - 11:30に『』が放送されるため、再び現在の時間に移動した。 2015年3月までは16:00 - 17:00の放送で概ね19日前後の遅れで推移していたが、『』の放送時間移動、の関係等で本放送は休止状態になりやすくなった(穴埋め策として土曜日の再放送時間に本放送を流す時期もあった)。 現在はカープ戦中継及びテレビ朝日の特別番組(ゴルフ中継等)が組み込まれない形で放送されているため放送時間としては定まっていない(場合により14:25 - 15:25での放送や14:25 - 16:25で2本立てで放送することもある)。 」と表示。 土曜日の遅れ放送のみ、2019年4月から字幕放送を行っている(再放送は字幕なし)。 例外として2015年10月4日はテレビ東京系列初回放送日の同年7月7日放送分が放送された。 また、2016年4月9日には13:00 - 14:00でテレビ東京系列初回放送日の同年3月8日放送分が放送された。 これらの回の出張鑑定の開催地が徳島県内であったため、テレビ東京系列が視聴できない視聴者に配慮したものと見られる。 一時期、13:00 - 15:00等の集中放送で遅れを取り戻していた。 2012年4月8日から2013年3月31日までは日曜 12:55 - 13:55。 2012年4月 - 再放送再開。 2012年6月23日までは土曜 12:00 - 13:00。 2012年3月25日までは日曜 9:54 - 10:55。 出張鑑定の開催地が長崎県内の場合は早く放送されることがある。 一時期、12:00 - 15:00の集中放送で遅れを取り戻していた。 以前は不定期に平日の9:55 - 10:55に『』の集中放送と隔週で放送していたが、2010年10月の番組改編により週1回の定期的な時間に再放送を行うようになった。 テレビ東京系列局及び独立局以外でゴールデンタイムでの放送。 開始当初から2003年6月まではで放送。 2018年9月まではBSジャパン。 2011年8月18日放送分(テレビ東京系列初回放送で2010年7月放送分)を最後に一旦打ち切り、2012年1月5日より放送再開。 同年1月中は今田が代理司会していた回をセレクション放送していたが、2012年2月2日放送分(テレビ東京系列初回放送で2011年8月30日放送分)から放送されており、BSジャパン開局当初のときに比べて遅れが大幅に縮まった。 例外として2012年3月15日はテレビ東京系列初回放送日の同年3月6日放送分が放送された。 であったためこれに配慮したものと見られる。 岐阜放送は『魅惑の中部イタリア 微笑みのトスカーナ紀行! 』、奈良テレビは『特別編 芸能人王』(20:00 - 21:54)、テレビ和歌山は『』にそれぞれ差し替え。 より、『テレビ東京・開運! なんでも鑑定団 番組メイキング(テレビコ)』内の情報を参照。 大和ミュージアム『』2014年7月18日、閲覧2015年9月19日• (インターネット・アーカイブ同31日付保存キャッシュ)より、『TVじゃん!! 』(月 - 木曜 夜11:30 - 深夜0:45)の紹介文を参照。 "「11PM」に代表される深夜番組を生み出した読売テレビが自信をもっておくる深夜番組の決定版! 現在大ヒットしている「なんでも鑑定団」は、この番組の前身「EXテレビ」から登場してきました。 "という記述あり(" "内は、リンク先より引用)。 夜に放送しない番販ネット局でも司会者が「 こんばんは」と言っている部分は編集されずに放送していた。 ただし2回だけ、鑑定額発表後に表示していた。 吉田の降板から片渕の就任までの間はこの紹介は割愛され、BGMだけが流れていた。 テレビ東京アナウンサー:片渕茜. 1 2016年10月1日. 2016年10月1日閲覧。 2011年8月25日 SANSPO. COM [ リンク切れ]• 井上公造 2016年2月2日. Yahoo! ニュース個人. 2016年2月6日閲覧。 2016年1月30日. 2016年1月30日閲覧。 (プロフィール含む。 地域によってはごくまれに評価額より下の場合でも何かしらのパフォーマンスが行われることもあった。 スポーツニッポン. 2011年9月13日. スポーツニッポン 2011年9月15日• - 静岡第一テレビ公式サイトより [ リンク切れ]• (インターネット・アーカイブ同18日付保存キャッシュ)• 2019年9月までは新潟総合テレビ。 北日本新聞 1994年7月2日付朝刊テレビ欄より• 北日本新聞 1994年12月17日付朝刊テレビ欄より• 2017年5月30日は世界卓球とテニスのの試合が重なったため当日になって放送休止。 (更新: 2010年8月9日15時20分)• 、(産経ニュース、2016年1月29日)• 『 関東版』2019年21号、 50頁。 ,Livedoor ニュース,2016年3月23日• 最も高い品物には1億2000万円の鑑定額が付き、単品でも歴代9位に相当。 J-CASTニュース、2016年12月21日• マイナビニュース 2016年12月20日. 2016年12月20日閲覧。 日本経済新聞. 2016年12月20日. 2016年12月20日閲覧。

次の

快傑えみちゃんねる

えみちゃんねる 歴代アシスタント

モヤさまは、さまぁ~ずの2人と女性アシスタントの3人が様々な街を歩きながら、街の人々と触れ合う街歩き番組で、今年5月をもって3代目アシスタントの福田典子アナが番組を卒業し、4代目アシスタントは誰になるのかと注目を集めていました。 そして、4代目アシスタントの登場は8月になることが6月2日放送回で発表され、番組に合流するまでの8週間は週替りで代打アシスタントが登場し、1週目は2代目アシスタントの狩野恵里アナ、2週目は元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナ、3週目はグラビアタレント・女優の筧美和子さん、4週目は女優・芳根京子さん、5週目はモデル・女優の水原希子さん、6週目は女優・安藤サクラさん、7週目はユニコーンのボーカル&ギター・奥田民生さん、ドラム・川西幸一さんが登場しました。 ラストの8週目には、初代アシスタントで視聴者から根強い人気の大江麻理子アナが登場し、番組では4代目アシスタントについて、 「4代目は新人アナウンサーです」「本人にはまだ就任を伝えていません」「ハワイで合流」とし、大江アナは 「ナチュラルな感じの人」「狩野ちゃんとは違うタイプ」というヒントも出しています。 今年テレビ東京へ入社したアナウンサーは、 田中瞳アナ(たなか・ひとみ 22歳)、池谷実悠アナ(いけたに・みゆ 22歳)、森香澄アナ(もり・かすみ 24歳)の3人で、この中の誰かが4代目アシスタントに就任となり、次回8月4日放送回で初登場となります。 森アナかな• 写真を見る限りでは森さんが合いそう• 田中アナだと思う• 田中ちゃん希望• 池谷やと思うわ• 池谷はないな 合わなそう• 代打をする時点でわかってたよ。 この代打期間でハードルあがりまくってるけど大丈夫かね• バラエティのノリとは言っても合う合わないはあるからなぁ。 いい意味でふざけた、はっちゃけた人のほうが合うんだろうけどどうだろう。 新人かあ。 いろんな人に頼んで、最後に新人アナに行き着いた。 嫌とは言えない立場だからなあ。 大江さん、良かったなぁ。。。 また大江さんアシスタントで出てほしい!• やっぱり大江ちゃん、良かったなぁ。 新人アナも自分の色を出して、早く番組に慣れてね などのコメントが寄せられています。 福田典子アナに続いて入社1年目の新人が起用とのことで、さまぁ~ずとの共演によって、今後どのように成長していくのか楽しみですね。 大江麻理子アナのヒントによれば、4代目アシスタントに起用された新人アナは 「ナチュラルな感じの人」「狩野ちゃんとは違うタイプ」で、ナチュラルな感じの人ということから、田中瞳アナか森香澄アナになるのではという声が多く上がっており、見た目、雰囲気などから池谷実悠アナの可能性は低いと見ている方が多い様子です。 森香澄アナも東京女子大学時代から芸能活動をしており、田中瞳アナと同じく『スプラウト』に2016年から所属し、ラジオ番組などに出演していたほか、BSフジの番組でナレーションを担当したり、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などのバラエティ番組にも出演したことがあり、森アナの可能性もありそうですね。 ちなみに、池谷実悠アナは学生時代に野球場でビールの売り子をしていました。

次の