録音 機能。 価格.com

ダイレクト録音機能でオーディオ機器から直接録音する

録音 機能

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2018. 05: 一部の古くなった手順を更新 2016. 31: 初出 Windows10でPCスピーカーから出ている音を録音する時に必要な手順の紹介。 最初にざっくりと解決手順を書いてしまうと、「録音デバイスのプロパティでステレオミキサーを有効」にすればスピーカーから出ている音が録音可能になります。 このページの手順は、Windows 10 バージョン 1803、1607、1511、1507で確認しています。 手順1: ステレオミキサーを有効にする PCのスピーカーから出ている音をそのPCで録音するには、「録音デバイス」の「ステレオミキサー」を有効にする必要があります。 サウンドドライバに「Windows標準のドライバ」が適用されている場合、この手順でステレオミキサーが登場しない場合が殆どです。 ステレオミキサーが現れない場合はサウンドカードのドライバを入れなおし、PCを再起動してみましょう。 「ステレオミキサー」を右クリックして「有効」を選択する。 これでスピーカーから出ている音を録音できる状態になりました。 ステレオミキサーが登場しない場合 ドライバを入れなおしてみる。 Windows 標準のドライバが入っていた場合• マザーボードまたはサウンドカードのメーカーサイトに行き、Windows10用のドライバが公開されていないか確認する。 Windows 8. 1用ドライバでも作動するケースは多い。 自分でドライバを入れた後• 以下の手順で勝手にドライバが置き換えられないように設定しておく。 手順2: 録音ソフトの入力デバイスを変更する 録音に利用するソフトによっては、PCの設定だけでなく。 録音ソフトの設定も変更する必要があります。 「環境設定」>「オーディオハードウェア」を開き、「デフォルト入力」も「ステレオミキサー」に変更する。 通常、録音ソフトの初期設定は「マイク入力」や「ライン入力」が有効になっています。 ここを「ステレオミキサー」に変更する事でPCから出ている音を録音できるようになります。

次の

CDラジカセのおすすめ8選!録音機能も【2020年版】

録音 機能

<Index>• スマートフォンで会話など外部音声を録音するには 皆さんはボイスレコーダーを使ったことはありますか。 周囲の音声をボタンひとつで録音できる便利な機器ですよね。 会議のトークやセミナー、打ち合わせの音声を記録して残しておくと、メモを取り損ねても後から確認することができます。 仕事以外でも音声の録音は役立ちます。 手が離せないときや紙やペンがないときに、音声をメモにすることができます。 言葉を覚え始めたばかりの子どもの声を録音したり、楽器演奏を録音して練習に利用したりと、音声録音は使い道がたくさんあります。 とはいえ、わざわざボイスレコーダーを購入するほど使用頻度がない人がほとんどでしょう。 そこで、スマートフォンで音声を録音する方法をご紹介します。 スマートフォンならいつでも持っている上に、聞き返すことも、別の場所に音声を送信することも簡単です。 内蔵されているマイクを使って、録音することができます。 iPhoneでは標準アプリの「ボイスメモ」が、使いやすく機能も豊富なのでオススメです(参照)。 Androidは機種によってプリインストールされているアプリが異なるので、音声を録音できそうなアプリを探してみましょう。 もし標準アプリでは少し物足りないようなら、以下のアプリもオススメです。 同じカテゴリの内容をひとつのファイルで管理したい時に便利です。 Android版のみ音声録音が3分という制限があります。 スマホから操作できる便利なボイスレコーダー スマホで音声を録音するときは、当然ですが周囲の人に見える位置にスマホを置くことになります。 通知の内容が画面に表示されたり、電話が着信してしまう可能性があります。 安心して録音したいなら、ボイスレコーダーの購入を検討しましょう。 この機種はコンパクトなので持ち歩きも苦ではありません。 ソニーのICレコーダー「ICD-TX800」は、約38mmの正方形。 手のひらにおさまる小ささなので、商談のときでも相手にプレッシャーをかけることなく、自然に録音できます。 付属のリモコンで操作することも可能です。 音量が小さいときは?録音した音声の音量を上げる方法を紹介 録音したけれど聴いてみたら音が小さい--というときは、パソコンのフリーソフトで音量を調整しましょう。 ただ音を上げるだけでは、音が大きい箇所で音割れをしてしまいますが、専用のソフトで「ノーマライズ(正規化)」という処理を行うと、大きな音がゆがまないレベルまで音量を上げることができます。 おすすめは「」というソフトです。 メニューから「正規化」を選ぶだけで音質を落とさず全体の音量を上げることができます。 音声の前に無駄な録音がある場合にカットするなど、音声データを編集することもできます。 ただし、iPhoneのボイスメモで録音したM4Aファイルはそのままだと読み込めないので、iTuneでMP3に変換するなどしてから行いましょう。 Webサイトの変換サービス「」でWAVなどの対応ファイルに変換することもできます。 「ファイル」メニューから音声ファイルを開き、「選択」で「すべて」を選びます。 [エフェクト]メニューから[正規化]を選択。 続いて表示されるダイアログで「OK」を押すと、正規化が開始されます。

次の

スマホでの音声の録音の仕方とおすすめアプリ3選 [スマートフォン] All About

録音 機能

一、「FonePaw PC画面録画」で録音する方法 ほとんどの画面録画レコーダーには録音機能が搭載しています。 ここで紹介したいのは 「FonePaw PC画面録画」という便利なソフトです。 ソフトの操作はパソコンで搭載されたものよりも簡単なので、一番おすすめです。 では、これから音声レコーダーの使い方について紹介します。 まずはソフトをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。 インストールした後、 「FonePaw PC画面録画」を起動したら、次のような画面が表示されます。 「音声レコーダー」をタップして、 「システム音」と「マイク音」のボタンが見えます。 システムの音を録音したい場合は、左にある 「オン」を押してください。 マイクの音を録音したい場合も左にある 「オン」を押せばいいのです。 同時に両方の音を録音できます。 設定したら、右の 「REC」をクリックしたら、録音開始になります。 録音するとき、状況によって、システムの音とマイクの音との音量を調整できます。 録音しておきたい内容が終わったら、停止ボタンを押せば停止します。 内容をチェックした後、右下の 「ビデオ保存」をクリックして、保存先を選んだら、録音が完了します。 二、Windows10のパソコンで録音する方法 ここではWindows10パソコンでの標準録音方法について紹介します。 必要になるのはWindows 10の標準アプリの 「ボイスレコーダー」です。 このアプリが既に搭載されていますので、これからその使い方について説明します。 画面左下のスタートボタンをクリックして、 「ほ」の欄にある 「ボイスレコーダー」開いてください。 「ボイスレコーダー」を起動したら、次のような初期画面が見えます。 真ん中にあるマイクボタンを押すと、録音は始まります。 そして録音中の画面は次のようです。 録音が終わると、このような画面になります。 前に録音したファイルが左側に加え、右側で再生する事ができます。 右上の方には先ほど追加したマーカーがありますが、マーカーをタッブしたら、マーカーを追加した秒数から再生するのができます。 最後は保存先を選べばいいのです。 これで録音が完了しました。 ですが、マイクの音とシステムの音の録音は、状況によって設定する必要があります。 次に説明します。 設定する手順は次のように: 1. 画面右下にある、スピーカのアイコンを右クリックしてください。 そして、中間にある 「録音デバイス」をクリックしてください。 開いたら、上からの順には 「マイク」、「ライン入力」、「ステレオミキサー」です。 マイクからの音だけを録音したい場合は上の 「マイク」を押し、システムの音を録音したい場合は下の 「ステレオミキサー」を押してください。 選定が終わったら、右下のプロパティをクリックし、 「OK」を押してください。 音量を調整したいとき、真ん中の 「レベル」をクリックした、左から右へ動かせば、調整できます。 これで、音声を選定できます。 三、Windows7のパソコンで録音する方法 次はWindows7のパソコンで録音する方法を説明します。 スタート画面で 「サウンドレコーダー」と検索すれば探せます。 サウンドレコーダーを起動すると、以下のようなシンプルなウインドウが現れます。 ここの 「録音の開始」をクリックすれば、録音開始になります。 画面のように、録音中は録音時間が表示されています。 右の緑のバーは音声のレベルで、マイクに向かって音声を入力している際、緑のバーが動くことは録音されていることになります。 録音が終わったら 「録音の停止」をクリックして、最後に保存先と名前を決めて保存すれば録音完了になります。 注意:システム音声を録音したい場合はWindows10のと同じように操作すればいいのです。 四、録音できないときの処置方法 ソフトを開いて、録音が終わった後、マイクから入力したはずの音声が出てきません。 そういう時は、マイクの接続や設定、仕様を確認しましょう。 マイクの接続位置を確認 まずはマイクを正しいコネクターに接続していることを確認してみてください。 マイク入力コネクターの詳しい位置は、ユーザーズマニュアルに書いてありますので、ご確認ください。 音声入力の設定を確認 もしマイクは正常に働いているなら、音声入力の設定を確認してください。 Windows 7の場合は 「スタート」-「コントロール パネル」を選択します。 Windows 10の場合は画面右下にある通知領域のサウンドアイコンを右クリック タッチ操作の場合は長押し し、出てきたメニューから[サウンド]を選択します。 そして、 「マイク」をクリックし、 「プロパティ」をクリックしてください。 デバイスの使用状況を確認 次のような画面が現れますので、 「デバイスの使用状況」が 「このデバイスを使用する」になっているか確認できます。 マイクの音量をチェック 次は隣の 「レベル」を押してください。 マイクの音量右へと上げてみましょう。 ここでは三つのパソコンで録音する方法と録音できないという問題の解決方法を紹介しました。 ご役に立てるなら、ぜひ試してみましょう。

次の