サマータイム レンダ。 サマータイムレンダ 10 (ジャンプコミックス)

『サマータイムレンダ』はループ系の王道要素全てを高レベルで凝縮!何度も読み返し必至なSFサスペンスの魅力を徹底解説!

サマータイム レンダ

【サマータイムレンダ】7巻の感想(ネタバレなし)を紹介!敵も本気で慎平達を潰しにかかってきた! 【サマータイムレンダ】7巻を知りたい方は、まずはコチラ、に簡単に説明されているのでご覧ください。 【サマータイムレンダ】7巻は、2019年8月2日に発売されました。 7巻が届いた~!個人的に後書きがむっちゃ面白かったw — やすし SwitchとPS4の二刀流 subcul834 【サマータイムレンダ】も7巻まできましたが、先が読めず面白いです。 少しずつ謎も解けながら、協力してくれる人も増えどうなるか?楽しみですが、なかなか進まない所もありますが、ハラハラドキドキページをめくります。 今月はサマータイムレンダ7巻 あと 「顔がこの世に向いてない。 あれれ・・・。 (笑) そうきたか!思ってもいなかった。 慎平のタイムリープの力も限りがあるので、いい加減ハイネ達をやっつける方法を見つけて欲しいです。 ラスボスも強いですが、仲間を集めてさらに強さが増してきます。 慎平達ヤバイかもしれませんね。 慎平がラスボスをどうやって倒すのか?気になります。 次巻が待ち遠しいです。 【サマータイムレンダ】7巻は無料で読めるのか?漫画村は閉鎖、漫画村の代わりは? サマータイムレンダ7巻、6巻でいよいよクライマックスあるか〜〜?と思わせて中々の詰みゲー。 徐々に追い詰められてる中でどう打開するか。 多くの方が利用していましたが、 各出版社や漫画家からの了承は一切得ていない怪しいサイトだったのです。 ニュース番組などで取り上げられたことで逆に広く知られてしまい、漫画村へのアクセス数は月間利用者数が約9,892万人と国内サイトランキングでは31位(「SimilarWeb」というWebサイト分析ツールによる)となり、社会問題にまで発展したのです。 無料で簡単に漫画が読めるとなると、人気が出るのもわかります。 漫画村は閉鎖・逮捕 そんな、 漫画村は結局、2018年4月17日に閉鎖され、2019年7月漫画村経営者である星野ロミは著作権侵害の疑いで逮捕されたのです。 と、いうことは、 【サマータイムレンダ】7巻は漫画村では読めないのです!! 漫画村による出版社の被害総額は約3,000億円と言われています。 一生懸命作り上げた作品が無料で読まれては、漫画家はたまらないですし、面白い漫画が今後出てこなくなってしまいます。 それって、漫画好きな人からしたら違法サイトは辞めて欲しいです。 海賊版サイト「漫画村」閉鎖で売上「5倍」アップも 漫画家・小説家から歓喜の報告が続々|BIGLOBEニュース — BIGLOBEニュース shunkannews 漫画村の代わり(クローム)は? 2019年5月、新たな漫画村の代わり(クローム)が出てきました。 実際どうかと言いますと お勧めはできません。 なぜか? 今回、日本で一番有名な違法漫画サイトを運営していた星野ロミが逮捕されたことは、日本だけでなく世界でニュースになりました。 そのため、仮に漫画村の代わりを運営したとしても、星野ロミのように逮捕となれば「やばい!」と思ってサイトを消してしまう可能性は考えられます。 そうでなくても、星野ロミ逮捕を受けて、多くの違法漫画サイトは消去されるかもしれません! 今後、違法漫画サイトはどんどん減っていくことが予想されます。 今のうちから「絶対に消されない合法漫画サイト」の利用を考えておいたほうがいいでしょう。 違法漫画サイトをこれから利用して大丈夫? 違法漫画サイトの運営者が逮捕されたわけなので、「漫画村を利用していたユーザー」についても警察に情報が行き渡る可能性はあります。 アクセスを分析して、漫画村を多く利用していたユーザーを特定し、 著作権の侵害の疑いで逮捕しようと思えばできる状況です。 でも、利用していた人たちを一斉に検挙するのは、どう考えても不可能です。 万が一逮捕することになった場合、多く利用しているユーザーが見せしめとして、逮捕する可能性もないとは言い切れません。 そのため、「漫画村の代わり(クローム)」を利用するのはやめたほうがいいです。 「違反者として逮捕される可能性が少しでもある」と考えたら、違法漫画サイトをこれから利用するのは怖いですよね。 違法漫画サイトは絶対に利用しないようにしましょう! 【サマータイムレンダ】7巻はzip、rar、pdfで読めるのか? 漫画村では【サマータイムレンダ】7巻を読めない。 漫画村の代わりでも【サマータイムレンダ】7巻を読まないほうが良いとお伝えしました。 もっと、他に方法はないか? 以前に、zipやrarの圧縮形式のデータや、pdf形式なら見れると聞いたので、きっとネット上のどこかに無料で落ちてるんじゃないか? そう思って調べました。 日本のサイト、海外サイトを見て回り、それらしいデータなどをダウンロードしていたのです。 しかし・・・ 変なポップアップやら、良くわからない警告が出て来るようになってしまったのです。 これには、本当に困りました。 結局自分で直すことも出来ず、初期設定をするはめになりました(涙) これは、ウイルスとしか考えられません。 調べて見ますと、他にも ・機械の操作が遅くなる。 ・個人情報を抜き取られる。 など、色々な問題が起こってしまうようです。 上記のように様々な問題が発生する可能性があるため、zip、rar、pdfで漫画を無料で読むことはおすすめ出来ません。 【サマータイムレンダ】7巻を無料で読む方法があったんです!! 漫画村もだめ、zipやrar、pdfは危険で怖い。 じゃあ無料で読むことなんてできないの!? と思ったんですが、そうじゃなかったんです。 【サマータイムレンダ】7巻を、怪しげな違法サイトからじゃなくて、完全合法、リスクもなく安全に、読む方法があったんです! 【サマータイムレンダ】7巻を合法的に読む方法とは 【サマータイムレンダ】7巻を完全無料で完全合法に読めるサイトとは、 「 」 です。 「 え? U-NEXTって、映画やドラマを有料で見るサイトじゃないの?」 とお考えでしょうが、違うのです。 『U-NEXT』は、動画の配信数が15万本以上と国内最大級の動画配信サービスとして有名ですが、漫画や雑誌なども取り扱っていて、電子書籍配信サービス35万冊以上としてもかなり充実しているのです。 なので、【サマータイムレンダ】7巻も勿論配信されています。 結論から言いますと【サマータイムレンダ】7巻を漫画村や漫画村クローンの代わりに無料で読む方法とは ズバリ「 U-NEXTの無料トライアル」を活用することです。 『U-NEXT』では現在、初回31日間無料トライアルを実施していて、登録後すぐに600円分のポイントが貰えます。 そして、その600円分のポイントを使えば【サマータイムレンダ】7巻を今すぐ無料で読むことができるというわけです。 また、無料トライアル中は、本サービスと同じように映画やドラマなどの動画を見ることができます。 アニメに関しましては、ほぼ全ての作品が揃っていて、しかも全て無料で見放題なんです! なので、【サマータイムレンダ】7巻を無料で読んだ後でも、無料トライアルの残りの期間は楽しむことができるのです。 【サマータイムレンダ】7巻を読み終わった後は、 31日間の無料トライアル中に解約してしまえば、料金が発生することは絶対にありません。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 最近の投稿• カテゴリー•

次の

サマータイムレンダ最新話88話ネタバレ感想!シデの正体が判明!物語は核心へ

サマータイム レンダ

あらすじ [ ] 網代慎平は幼馴染・潮の訃報を聞き、葬儀に参列するために2年ぶりに生まれ育った故郷・日都ヶ島 ひとがしま に戻る。 潮は海の事故で亡くなったと聞いていたが、居合わせた親友の話では潮の死には不可解な点があり、他殺の可能性が浮上する。 その背後に見え隠れするのは、日都ヶ島に昔から伝わる「影」の存在。 『「影」を見た者は死ぬ』ー。 翌日、突如として姿を消す島民一家。 慎平は一家の失踪の真相を追ううちに「影」の思惑に巻き込まれていく。 登場人物 [ ] 主要な人物 [ ] 網代慎平(あじろ しんぺい) 本作の主人公で18歳の少年。 幼馴染の小舟潮の葬儀に参列するため、2年ぶりに東京から故郷の日都ヶ島へ戻る。 幼少期に両親を事故で失い、母・暁美の縁で小舟家に迎えられた過去があり、潮と澪は義理の兄妹にあたる。 自分を俯瞰(フカン)して第三者の立場として見る癖がある。 料理を得意としており調理師専門学校に通う。 小舟潮(こふね うしお) - 故人 高校3年生。 慎平とは義理の兄妹にあたる。 フランス人である父・アラン譲りの金髪。 夏休みに起きた日都ヶ島での海難事故で小早川しおりを救命した際に命を落とす。 小舟澪(こふね みお) 潮の実妹で、姉と同じ高校に通う1年生。 潮と違い黒髪。 肌が褐色なのは日焼けである。 運動神経に優れ、水泳部に所属する。 物語冒頭では姉が亡くなった直後だか、持ち前の笑顔で努めて明るく振る舞う。 菱形窓(ひしがた そう) 慎平とは幼なじみで親友。 潮たちと同じ高校に通う高校3年生。 日都ヶ島唯一の病院「菱形医院」の長男。 窓も将来は医療の道を志すが、医師である父・青銅のことを苦手としている。 事故の際に潮の救命措置を行うが助けられなかったことを強く悔やんでいる。 菱形朱鷺子(ひしがた ときこ) 窓の実妹。 頭脳明晰で成績は学年トップだが体が弱く運動は苦手。 同じ高校に通う澪とは幼馴染で親友関係。 常に澪のことを気にかけている。 南方ひづる(みなみかた ひづる) 作家・南雲竜之介として執筆活動をしている女性。 知らぬ間に録音されたのメッセージに導かれ14年ぶりに日都ヶ島を訪れる。 南方竜之介(みなみかた りゅうのすけ) ひづるの実弟。 14年前に日都ヶ島で起きたとある事件の被害者。 姉のひづるとはの関係にある。 小早川しおり(こばやかわ しおり) 日都ヶ島小学校に通う小学3年生女児。 両親は「コバマート」というスーパーを経営している。 夏休みの海水浴で溺れたところを助けられるが、それ以降口が聞けなくなっている。 根津銀次郎(ねづ ぎんじろう) 日都ヶ島に住む老年の男性で猟師。 ライフルの扱いに長ける。 凸村哲(とつむら てつ) 日都ヶ島の駐在所に勤務する警察官。 小舟アラン(こふね アラン) 日都ヶ島でレストラン「洋食コフネ」を経営するフランス出身の男性。 琴子という日本人の妻との間に潮と澪をもうける。 澪を出産後に妻を失っている。 両親を事故で失った慎平を里親として迎え入れる。 雁切真砂人(かりきり まさひと) 日都神社の。 島の祭祀を取り仕切る雁切家の当主。 なにかと話が長い。 ゲームが好き。 雁切波稲(かりきり はいね) 江戸時代、当時の日都ヶ島に住んでいたとある漁師の娘。 菱形青銅(ひしがた せいどう) 窓と朱鷺子の父で、日都ヶ島唯一の病院である菱形医院の院長。 菱形紙垂彦(ひしがた しでひこ) 青銅の先祖で菱形医院を創設した初代院長。 網代透(あじろ とおる) - 故人 慎平の父。 水中考古学者。 事故で妻・暁美と共に死亡。 網代暁美(あじろ あけみ)- 故人 慎平の母。 アランの妻・琴子とは大学時代からの親友。 その縁で亡き後、幼い慎平は小舟家に引き取られる。 夫・透と共に事故で死亡。 浜路俊(はまじ しゅん) 日都ヶ島小学校に通う小学5年生男児。 土産店「商店はまじ」の息子。 浜路あかり(はまじ あかり) 俊の妹。 灯台照(とうだい てる) 日都ヶ島小学校に通う小学3年生男児。 カフェ「灯台」の一人息子。 影 [ ] ウシオ 潮の影で本作のヒロイン。 初登場時は自分が影である記憶を失っており人間だと思い込んでいる。 慎平と行動を共にするにつれ記憶を取り戻し影の能力を操り慎平をサポートする。 ミオ 澪の影。 人間の澪とは異なり表情が少ない。 冷徹で残忍な性格で幾度となく慎平たちを窮地に追い込む。 シオリ 小早川しおりの影。 他の影とはどこか異なっている。 ハイネ 影たちから「オカアサン」と呼ばれる存在。 和服を着た少女の姿をしている。 シデ 四本の腕を持つ正体不明の影。 体格が男性と女性の両方の特徴を持つ。 丁寧な言葉遣いで話す。 作中用語 [ ] コピー 影の能力。 後述の「スキャン」したデータを「プリント」する一連の動作がコピーとなる。 スキャン 影の能力。 影が自らを発光させ、対象物を読み取ることができる。 被写体の構造の複雑さによりスキャンにかかる時間が異なり、スキャン中は身動きが取れなくなる(人体で数秒間)。 スキャンの精度は非常に精巧で、生体であれば容姿はもちろん内臓やDNA、記憶までも正確に読み取ることができる。 なお何もスキャンせずに体を発光させ、照明代わりとすることも可能。 プリント 影の能力。 スキャンで読み取ったデータを元に影(立体)を作り出す。 生体だけでなく機械、気体、液体に至るまであらゆるものを作り出すことができる。 ただし機械などは元となるオリジナルを「消去」しなければ使用することができない。 消去 影の能力。 スキャンやコピー後に元となったオリジナルを消すことをいう。 消去すると「バチュッ」という音と共にオリジナルは消え、その物体の影が黒いシミとしてその場に残る。 コピーした機械はオリジナルを消去しなければ使用することができず、人間をコピーして生まれた影は1週間以内にオリジナルを消去しなければ存在することができなくなる。 ヒルコ様 日都ヶ島北部に位置する「日都神社」に祀られている神様。 地元民は神社のことを愛称で「ヒルコ様」と呼ぶ。 影の本体は人の方(以下「立体」)ではなく、地面に落ちる影(以下「平面」)であるため、肉体は大きく損傷してもすぐに回復できる。 しかし本体である平面が傷つくと影の「データ」が損傷してしまう。 治癒するにはオリジナルを再度スキャンする必要がある。 平面の方に致死的なダメージを受けると、その影は死ぬ。 死んだ影のオリジナルが存命していれば、その人間には「免疫」ができ、その人間のコピーは二度と生まれない。 平面を釘や杭などで3ヶ所打ち付けることができれば、その影はその場に縫い付けられ身動きがとれなくなる。 影は平面に潜り高速で移動することができる。 その際、狭い隙間や壁を垂直に移動することも可能。 ただし立体を羽交い締めにされると、その影は掴まれている間は平面に潜ることができなくなる。 影の母であるハイネは何度でも影を生み出すことができる(コドモ)。 またコドモは一度だけ影を生み出すことができる(マゴ)。 マゴは影を生み出すことができない。 影が別の影を生み出すことを「分娩」と呼ぶ。 影自身が別の人・物体になること(変身)はコドモ、マゴに限らず何回でも可能。 ただしコピーした人間が存命している場合、一週間以内にその人物を殺さなければ影自身が消えてしまう。 ハイネはテレパシーを使うことができるので、短い内容であれば大勢のコドモらに直接指示を与えることができる。 またコドモも情報共有手段として、他の影や人間に触れることで自身の記憶を与えることができる。 人に変身した影は年月と共に経年劣化していき、幼児の姿へ退行したり形が崩れて異形の姿になったのち、最終的に「泥」となり消滅する。 影自身の体の一部 例:髪の毛 を使ってプリントすることもできる。 その場合、コピー品が元となった影自身から50メートル程度離れると消失してしまう。 機械をコピーすることも可能だが、電気やガスなどエネルギーを消費して使用するものは、オリジナルを消去しなければ単なる物体でしかなく使用することはできない。 例えば弾丸を装填した銃をコピーして使用し、弾丸を使い切ったとしても消去後に再度プリントすることで、再び弾丸を撃つことができる。 これは電気やガスといったエネルギーの消耗に対しても同様である。 書誌情報 [ ]• 『サマータイムレンダ』 〈〉、既刊10巻(2020年5月13日現在)• 「漂着」2018年2月2日発売 、• 「渦」2018年6月4日発売 、• 「軌道共鳴」2018年9月4日発売 、• 「仇敵」2018年12月4日発売 、• 「メメント」2019年2月4日発売 、• 「血の夜」2019年5月2日発売 、• 「ライツ カメラ アクション」2019年10月4日発売 、• 「対面」2020年1月4日発売 、• 「メイド イン ブラック」2020年5月13日発売 、 関連項目 [ ]• - 物語の舞台「日都ヶ島」のモデルとなった和歌山県にある島。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

サマータイムレンダ 10 (ジャンプコミックス)

サマータイム レンダ

あらすじ [ ] 網代慎平は幼馴染・潮の訃報を聞き、葬儀に参列するために2年ぶりに生まれ育った故郷・日都ヶ島 ひとがしま に戻る。 潮は海の事故で亡くなったと聞いていたが、居合わせた親友の話では潮の死には不可解な点があり、他殺の可能性が浮上する。 その背後に見え隠れするのは、日都ヶ島に昔から伝わる「影」の存在。 『「影」を見た者は死ぬ』ー。 翌日、突如として姿を消す島民一家。 慎平は一家の失踪の真相を追ううちに「影」の思惑に巻き込まれていく。 登場人物 [ ] 主要な人物 [ ] 網代慎平(あじろ しんぺい) 本作の主人公で18歳の少年。 幼馴染の小舟潮の葬儀に参列するため、2年ぶりに東京から故郷の日都ヶ島へ戻る。 幼少期に両親を事故で失い、母・暁美の縁で小舟家に迎えられた過去があり、潮と澪は義理の兄妹にあたる。 自分を俯瞰(フカン)して第三者の立場として見る癖がある。 料理を得意としており調理師専門学校に通う。 小舟潮(こふね うしお) - 故人 高校3年生。 慎平とは義理の兄妹にあたる。 フランス人である父・アラン譲りの金髪。 夏休みに起きた日都ヶ島での海難事故で小早川しおりを救命した際に命を落とす。 小舟澪(こふね みお) 潮の実妹で、姉と同じ高校に通う1年生。 潮と違い黒髪。 肌が褐色なのは日焼けである。 運動神経に優れ、水泳部に所属する。 物語冒頭では姉が亡くなった直後だか、持ち前の笑顔で努めて明るく振る舞う。 菱形窓(ひしがた そう) 慎平とは幼なじみで親友。 潮たちと同じ高校に通う高校3年生。 日都ヶ島唯一の病院「菱形医院」の長男。 窓も将来は医療の道を志すが、医師である父・青銅のことを苦手としている。 事故の際に潮の救命措置を行うが助けられなかったことを強く悔やんでいる。 菱形朱鷺子(ひしがた ときこ) 窓の実妹。 頭脳明晰で成績は学年トップだが体が弱く運動は苦手。 同じ高校に通う澪とは幼馴染で親友関係。 常に澪のことを気にかけている。 南方ひづる(みなみかた ひづる) 作家・南雲竜之介として執筆活動をしている女性。 知らぬ間に録音されたのメッセージに導かれ14年ぶりに日都ヶ島を訪れる。 南方竜之介(みなみかた りゅうのすけ) ひづるの実弟。 14年前に日都ヶ島で起きたとある事件の被害者。 姉のひづるとはの関係にある。 小早川しおり(こばやかわ しおり) 日都ヶ島小学校に通う小学3年生女児。 両親は「コバマート」というスーパーを経営している。 夏休みの海水浴で溺れたところを助けられるが、それ以降口が聞けなくなっている。 根津銀次郎(ねづ ぎんじろう) 日都ヶ島に住む老年の男性で猟師。 ライフルの扱いに長ける。 凸村哲(とつむら てつ) 日都ヶ島の駐在所に勤務する警察官。 小舟アラン(こふね アラン) 日都ヶ島でレストラン「洋食コフネ」を経営するフランス出身の男性。 琴子という日本人の妻との間に潮と澪をもうける。 澪を出産後に妻を失っている。 両親を事故で失った慎平を里親として迎え入れる。 雁切真砂人(かりきり まさひと) 日都神社の。 島の祭祀を取り仕切る雁切家の当主。 なにかと話が長い。 ゲームが好き。 雁切波稲(かりきり はいね) 江戸時代、当時の日都ヶ島に住んでいたとある漁師の娘。 菱形青銅(ひしがた せいどう) 窓と朱鷺子の父で、日都ヶ島唯一の病院である菱形医院の院長。 菱形紙垂彦(ひしがた しでひこ) 青銅の先祖で菱形医院を創設した初代院長。 網代透(あじろ とおる) - 故人 慎平の父。 水中考古学者。 事故で妻・暁美と共に死亡。 網代暁美(あじろ あけみ)- 故人 慎平の母。 アランの妻・琴子とは大学時代からの親友。 その縁で亡き後、幼い慎平は小舟家に引き取られる。 夫・透と共に事故で死亡。 浜路俊(はまじ しゅん) 日都ヶ島小学校に通う小学5年生男児。 土産店「商店はまじ」の息子。 浜路あかり(はまじ あかり) 俊の妹。 灯台照(とうだい てる) 日都ヶ島小学校に通う小学3年生男児。 カフェ「灯台」の一人息子。 影 [ ] ウシオ 潮の影で本作のヒロイン。 初登場時は自分が影である記憶を失っており人間だと思い込んでいる。 慎平と行動を共にするにつれ記憶を取り戻し影の能力を操り慎平をサポートする。 ミオ 澪の影。 人間の澪とは異なり表情が少ない。 冷徹で残忍な性格で幾度となく慎平たちを窮地に追い込む。 シオリ 小早川しおりの影。 他の影とはどこか異なっている。 ハイネ 影たちから「オカアサン」と呼ばれる存在。 和服を着た少女の姿をしている。 シデ 四本の腕を持つ正体不明の影。 体格が男性と女性の両方の特徴を持つ。 丁寧な言葉遣いで話す。 作中用語 [ ] コピー 影の能力。 後述の「スキャン」したデータを「プリント」する一連の動作がコピーとなる。 スキャン 影の能力。 影が自らを発光させ、対象物を読み取ることができる。 被写体の構造の複雑さによりスキャンにかかる時間が異なり、スキャン中は身動きが取れなくなる(人体で数秒間)。 スキャンの精度は非常に精巧で、生体であれば容姿はもちろん内臓やDNA、記憶までも正確に読み取ることができる。 なお何もスキャンせずに体を発光させ、照明代わりとすることも可能。 プリント 影の能力。 スキャンで読み取ったデータを元に影(立体)を作り出す。 生体だけでなく機械、気体、液体に至るまであらゆるものを作り出すことができる。 ただし機械などは元となるオリジナルを「消去」しなければ使用することができない。 消去 影の能力。 スキャンやコピー後に元となったオリジナルを消すことをいう。 消去すると「バチュッ」という音と共にオリジナルは消え、その物体の影が黒いシミとしてその場に残る。 コピーした機械はオリジナルを消去しなければ使用することができず、人間をコピーして生まれた影は1週間以内にオリジナルを消去しなければ存在することができなくなる。 ヒルコ様 日都ヶ島北部に位置する「日都神社」に祀られている神様。 地元民は神社のことを愛称で「ヒルコ様」と呼ぶ。 影の本体は人の方(以下「立体」)ではなく、地面に落ちる影(以下「平面」)であるため、肉体は大きく損傷してもすぐに回復できる。 しかし本体である平面が傷つくと影の「データ」が損傷してしまう。 治癒するにはオリジナルを再度スキャンする必要がある。 平面の方に致死的なダメージを受けると、その影は死ぬ。 死んだ影のオリジナルが存命していれば、その人間には「免疫」ができ、その人間のコピーは二度と生まれない。 平面を釘や杭などで3ヶ所打ち付けることができれば、その影はその場に縫い付けられ身動きがとれなくなる。 影は平面に潜り高速で移動することができる。 その際、狭い隙間や壁を垂直に移動することも可能。 ただし立体を羽交い締めにされると、その影は掴まれている間は平面に潜ることができなくなる。 影の母であるハイネは何度でも影を生み出すことができる(コドモ)。 またコドモは一度だけ影を生み出すことができる(マゴ)。 マゴは影を生み出すことができない。 影が別の影を生み出すことを「分娩」と呼ぶ。 影自身が別の人・物体になること(変身)はコドモ、マゴに限らず何回でも可能。 ただしコピーした人間が存命している場合、一週間以内にその人物を殺さなければ影自身が消えてしまう。 ハイネはテレパシーを使うことができるので、短い内容であれば大勢のコドモらに直接指示を与えることができる。 またコドモも情報共有手段として、他の影や人間に触れることで自身の記憶を与えることができる。 人に変身した影は年月と共に経年劣化していき、幼児の姿へ退行したり形が崩れて異形の姿になったのち、最終的に「泥」となり消滅する。 影自身の体の一部 例:髪の毛 を使ってプリントすることもできる。 その場合、コピー品が元となった影自身から50メートル程度離れると消失してしまう。 機械をコピーすることも可能だが、電気やガスなどエネルギーを消費して使用するものは、オリジナルを消去しなければ単なる物体でしかなく使用することはできない。 例えば弾丸を装填した銃をコピーして使用し、弾丸を使い切ったとしても消去後に再度プリントすることで、再び弾丸を撃つことができる。 これは電気やガスといったエネルギーの消耗に対しても同様である。 書誌情報 [ ]• 『サマータイムレンダ』 〈〉、既刊10巻(2020年5月13日現在)• 「漂着」2018年2月2日発売 、• 「渦」2018年6月4日発売 、• 「軌道共鳴」2018年9月4日発売 、• 「仇敵」2018年12月4日発売 、• 「メメント」2019年2月4日発売 、• 「血の夜」2019年5月2日発売 、• 「ライツ カメラ アクション」2019年10月4日発売 、• 「対面」2020年1月4日発売 、• 「メイド イン ブラック」2020年5月13日発売 、 関連項目 [ ]• - 物語の舞台「日都ヶ島」のモデルとなった和歌山県にある島。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の