ジャン たま。 ‎「雀魂

‎「雀魂

ジャン たま

オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。 自分の強さに応じた段位戦から、プライベートなグループを作っての友人対戦まで、様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。 ・プレイヤーは自身のアバターとして様々なタイプのキャラクターを使用可能です。 ・キャラクターのボイスは井口裕香さんや内田真礼さん、小清水亜美さんなど人気声優を起用。 ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。 ・キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとしての使用や、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。 好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開 放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。 ・他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプが使用することができます。 リリース当初はWEBブラウザ版のみですが、iOSとAndroidでプレイできるアプリ版も展開していく予定です。 アプリ版は後日公開予定。 料金形態:基本無料(アイテム課金).

次の

【ジャンプチ】ジャン魂(覚醒素材)の効率的な入手方法【ジャンプチヒーローズ】|ゲームエイト

ジャン たま

名称 用途・効果 入手方法 祈願の巻物 1回祈願ができる 星のかけらと交換(50個) 信仰 祈願で入手できるアイテムを選んで交換できる 祈願 願いの石 契約を結ぶ 紫の贈り物と交換 宝玉と交換 祈願で取得済の雀士を入手する(75個) 信仰と交換(1個) 星の石 装飾品と交換 青の贈り物と交換 祈願で取得済の装飾品を入手する(5個) 星のかけら 契約を結ぶ 様々なものと交換できる 奉納 旅人の福袋 緑の贈り物を入手できる 星のかけらと交換(2個) 貴族の福袋 青の贈り物を入手できる 星のかけらと交換(10個) 賢者の福袋 紫の贈り物を入手できる 星のかけらと交換(50個) 勇気の宝玉 契約を結ぶ 雑貨屋(50000コイン) 願いの石と交換(10個) 意志の宝玉 誠実の宝玉 慈愛の宝玉 知恵の宝玉 純真の宝玉 希望の宝玉 光明の宝玉 名前変更の巻物 プレイヤーネームを変更する 輝石で購入(500個) コメントフォーム• 宝玉は契約できるってかいてるけどキャラクターと? 無知でこめんなさい 始めたばかり 2020-05-19 火 23:29:23• 日数が経っているのでもうわかってるかもしれませんが 宝玉はキャラクターと契約を結ぶ時に必要になります。 上記のアイテム+絆レベル5が条件です。 2020-05-23 土 01:07:59• ピンクのアイテムではなく紫のアイテムでした 申し訳ない 2020-05-23 土 01:10:15• 四宮夏生はゲーム系は好みじゃないです。 好みなのは契約に必要な紫の贈り物と同じ種類だけかも? 2020-05-28 木 21:13:54• 情報ありがとうございます。 表から削除しました。 K 2020-06-12 金 00:50:08 New• 明智くんシカトされてて可哀想…… ちなみに好きなのは美術品です…… どっかのハッカー 2020-06-01 月 17:02:07• 情報ありがとうございます。 表に追加しました。 K 2020-06-12 金 00:50:41 New.

次の

Yostar新作『雀魂

ジャン たま

雀魂(じゃんたま)とは、「」がを務める、のあるである。 ちなみにの名前は「j 」 概要 で開発されを含む同時された対戦で、が取り入れられており、的なものだが自分の士のを設定することが出来る。 また、開発ではあるもののには式のが採用されており、が採用されている。 なおのようなの使用や和了でといった要素はである。 点数計算はに似て、ビリ回避の要素が強い。 要素もあるが、自体は純なであり、自体は勝敗の優劣には一切関連しない。 持ち時間にかかわらず毎回5の猶予があり、それ以上の長考では持ち時間が減っていく。 ちなみに時間午前中ににて、・とのングが可になるが行われる。 同一時間帯にでも開設に向けてング調整のを行う予定となっており、版・版では止されている他言版との際ングが再開になる可性がある。 ゲームシステム アイテム• 本で重要な地位のあるの一つ。 で高のに入るときに必要。 本の要素。 大会の開催などに必要。 との交換ができるほか、「祈願()」に使うこともできる。 共通ルール 先に、 このでの共通を説明する。 って多くて大変だよね なお中には詳細の説明がない。 も参照。 全てのモードで共通 基本 ・あがりに関するもの 役に関するもの• 暗は即、明は打後• オカ・ ・ ・はなし• (トリプル)はあり(にならない)• 四人、四了、四連打は• はまたは続行(選択できる)• 後付けあり• なしあり• あり(、13面待ち、、)• なし 決めによるもの これらは友人戦では下線部について変更できる。 変更できる内容については下記()を参照。 00点持ちの 00点返し。 終了時にの持ち点が 00点未満の場合南入・西入• 食いタンあり• 、などの 役はなし 段位戦 いわゆる。 の間からの間までのがあり、階級によって入場できるが決められており、が図られている。 このでまたはになるとが入り、一定のがたまると段位が上がる。 論、四人とでレートはちゃんと別で扱われる。 共通 も参照。 4倍のレートになっている 00点持ちの00点返し。 終了時にの持ち点が00点未満の場合南入・西入 3枚 食いタンあり・後付けあり() 、などの役はなし• の間 、士の階級にある人が入ることができる。 こののみ入場料がかからず、のやり取りもない。 の間 士、傑の階級にある人が入ることができる。 この以上のは入場料がかかり、を消費する。 また勝ち負け結果に応じての増減が発生する。 東戦の場合、入場料0、交換レート点、場代。 半荘戦の場合、入場料0、交換レート点、場代0。 の間 傑、の階級にある人が入ることができる。 東戦の場合、入場料0、交換レート点、場代。 半荘戦の場合、入場料00、交換レート点、場代0。 玉の間 、の階級にある人が入ることができる。 高位のため、で配信する際には5分以上のを入れて配信しなければならない。 東戦の場合、入場料、交換レート点200、場代。 半荘戦の場合、入場料00、交換レート点、場代0。 の間 以上の階級にある人が入ることができる。 高位のため、で配信する際には5分以上のを入れて配信しなければならない。 また、このでは便利表示(表示)を使用することができない。 東戦の場合、入場料、交換レート点200、場代。 半荘戦の場合、入場料00、交換レート点、場代0。 大会戦 の大会を開催、または大会に参加できる。 は大会の催者が設定できるが、特に変更されない場合はと同じ。 開催は7日に1度しか行えない。 から新規開催、管理ができる。 また、開催1度につきが必要。 大会には6ケタの番号()が付与され、共有することで大会に参加できる(大会から探したり、大会名ですることも可)。 なお、や段位等の増減は発生しない。 友人戦 いわゆる。 ム作成・参加ともにで行える。 はの作成者が設定できるが、特に変更されない場合はと同じ。 戦歴はと別で記録される。 内で新規開催および設定ができる。 大会には5ケタの番号()が付与され、共有することで友人戦に参加できる。 なお、や段位等の増減は発生しない。 ム作成時に各種のを設定できる。 設定は太字で表示している。 も参照。 四人・• 一局戦・東戦・ 半荘戦・戦:戦の場合は一局戦となる。 なお、東戦・半荘戦でもを設定することができる。 猶予時間(一巡ごとに復活する)を消費すると持ち時間(一局ごとに復活する)が消費されていく。 以下は詳細設定を有効にすることで設定できる。 損の 有効・効:のみ設定可。 効の場合、北が払うべき点数分はして2人で払う。 配給原点(持ち点):点~00点の点刻みで設定可。 は四人の場合 00点、の場合 00点。 必要点数:点~00点の点刻みで設定可。 配給原点以上の数値にする必要がある。 は 00点、の場合 000点。 終了時にがこの点数以上ないと延長戦(南入、西入)になる。 役の 効・有効:有効の場合、以下の役が利用可。 も参照。 一:返し、振り、十二落拾• 二:五門斉、• 五:摸、九筒撈• :、、、、石の上にも三年• :四人の場合はし・ 三枚・四枚から、の場合はし・ 二枚から設定できる。 四枚の場合は五筒のが1枚増える。 喰いの 有効・効:効にすると、・・をした場合であがることができなくなる。 一・ニ・四:に限必要な数を設定できる。 便利表示:各種表示の 有効・効を設定できる。 : 簡単・から選択できる。 手表示の 効・有効:有効にすると、が手をした状態で打つことになる。 キャラクターシステム 雀魂では使用する士を設定することが出来る。 特に別に特殊とかとかあるわけではないので、的な要素として存在している。 絆レベル・契約システム はいわば好感度のようなものであり、「の間」以上で対局を行ったり、にの贈り物をすることで上げることが出来、が上限に達することで対局中にアガる時に「役名」を読んでくれるようになったり、「」という要素を行うことが出来る。 をすることでが違うになったり、一部のが使用解禁になったりする。 また、一部ののみのになっているが、SPという対局中のが増加し、このSPにも条件が設定されている。 「祈願(ガチャ)」 は専用の「落の」、専用の「の」に分かれており、的のの反対の性別を持つを引くことはない。 内容は内とが混ぜられた形式になっている。 の排出は5で、は「願いの石」という交換に変換される。 10連は1回分お得な値段にはなっているものの、1回は必ず最高の贈り物が排出され、入手機会は実質9回分となる。 登場キャラ(雀士キャラクター)紹介 初期キャラ• 一(:)• 美(:) 落桜の道• 紗和子 竹林の道• ン 関連項目• 外部リンク• 実際の銭のやりとりをしているわけではない(稼いだを現に変換する手段がい)ため、には相当しない。 の記事も参照。

次の