全日本 吹奏楽 連盟 2020。 【速報】全日本吹奏楽コンクール中止!全日本吹奏楽連盟が発表

吹奏楽連盟からお知らせがありましたが、皆様は今年の吹奏楽コンクー...

全日本 吹奏楽 連盟 2020

この記事の目次• 吹奏楽連盟が発表した全日本吹奏楽コンクール中止 さて、新型コロナウイルス感染は、依然として収束予測の立たない状況です。 このような現状を鑑み、本連盟では秋季事業の開催についてさまざまな観点から検討、協 議を重ねて参りました。 その結果、参加団体の皆様、ご来場のお客様、関係する全ての皆様 の生命と安全が最優先との結論に達し、全日本吹奏楽コンクール、全日本小学生バンドフェ スティバル、全日本マーチングコンテストの中止を決定いたしました。 全日本吹奏楽連盟ホームページによると、秋の吹奏楽コンクールだけではなく ・全日本小学生バンドフェティバル ・スティバル、全日本マーチングコンテスト の2大会も中止にしたということです。 今回の中止は、誰のせいでもなく、コロナのせいであり、誰も責められないとはいえ この夏の大会にかけてきた学生さんや一般団体の方たちには大変辛すぎる結果となりました。 吹奏楽コンクール2020、中止の県は?ついに大阪も… 早々に発表した、中止の県 対応についてはバラつきがありましたが、連盟が全国大会中止を発表する前から中止にした県は以下です。 ・静岡県 ・福井県 ・中部大会 全国大会中止を受けて、中止にした都道府県も 連盟の発表後に都道府県大会の中止を発表した県もあります。 大阪府なんかは5月11日付けでホームページにて 大阪府大会の中止の記載がありました。 しかし中には、まだ方針を発表していない都道府県もあります。 おそらく、吹奏楽連盟としては、そのへんの判断は各都道府県に判断を任せる形なのでしょう。 吹奏楽コンクール 2020年度課題曲はどうなる? 2020年度の吹奏楽コンクール課題曲については、このように記載がありました。 なお、コンクール課題曲については、2020 年度の作品を来年度の課題曲といたします。 ということで、課題曲は2021年度に引き継がれます。 2020年度課題曲に選ばれた作曲者の方々は、とても気にされていたと思います。 せっかく当選したのに、演奏されないまま終わってしまうと悲しいですからね…。 でも、同時に2021年度こそ!と思って曲を作っていた方にとっては悔しい結果となりましたね。 また2022年度に向けて、素敵な曲を作ってほしいなと個人的に思います。 まとめ 今回のコロナの関係で、吹奏楽コンクールの開催可否はどうやら 連盟ではなく、各都道府県の判断に任せる形になったそう。 全国への道はなくても、せめてできるのであれば支部大会くらいまでできると良いのですが…。 また、情報が入り次第更新します。 関連記事もぜひチェックしてみてください!.

次の

全日本吹奏楽連盟事務局長の名前は誰?歴代の事務局長も調べたけど詳細は不明!|LDs

全日本 吹奏楽 連盟 2020

Contents• 全日本吹奏楽連盟の事務局とは誰なのか? 同日付で懲戒解雇したとのことですが、横領罪または業務上横領罪となる、立派な犯罪です。 逮捕はあるのか、気になるところですね。 このお二方のお名前は公表されおらず、吹奏楽連盟のホームページを見てもお名前は載っていません。 あくまで事務方なためか、歴代の事務局の方々のお名前も載っていませんでした。 理事長や理事の方々は吹奏楽部の顧問である学校の先生ばかりなので、教員でなければよいなと思っています。 吹奏楽連盟で許されていた? 以前の理事長が許したと言っているそうです。 本当かウソかはわかりませんが、火のないところに煙は立たない、と思います。 何かしら関わりはあったはず。 現在の理事長、丸谷さんは否定しているそうですが、今年度の全日本吹奏楽コンクールの結果などで物議を呼んでいる先生であるために、誰が本当のことを言っているのか疑ってしまいます。 他の理事の先生方も何か隠していないか? 吹奏楽連盟全体で何か隠蔽体質がないか?ここで全て明るみに出てきてくれないかと願います。 吹奏楽コンクールの審査にも影響していたのではないか お金のことが問題に上がれば、吹奏楽コンクールにおいても何かお金が絡む事で結果が変わることもあったのではないかと思ってしまいます。 実際、吹奏楽連盟の理事でなかった先生がいつも地区大会銀賞だったのが、理事になった途端に吹奏楽コンクールで支部大会まで行けるようになったということも聞きます。 この先生の力もあったのかもしれませんが、理事になった途端に、というところが引っかかります。 どうしても疑ってしまいますよね。 このようなことは今でも多く体験しています。 審査員の審査結果と聴衆の反応の大きなギャップはよくあること。 これを気に、吹奏楽コンクールの審査についても公平なことを透明にしてほしいと願います。 吹奏楽コンクールなどは開催できるのか? 今後の吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストなどに影響はどうか? 少なくとも何かしら影響はあると思います。 ですが、吹奏楽部の学生のことや本当に真剣に紳士に取り組んでいる指導者の方のことを考えて、吹奏楽コンクールが無くなるようなことは無いと思っています。 無くしてしまうのは、それもまた大人の事情だけの話なので学生にその責任を取らせるようなことはしてほしくないですよね。 少しでもこの件のようなことがある学校の先生には今後出場してほしくないなと思っていますが… 吹奏楽連盟は再発防止できるのか? 着服についての再発防止のために、おそらく信頼ある人を事務局長として置くかと思いますが、誰の信頼を得ている人なのかも気になりますね。 事務局だけでおこなっていた業務も最終チェックをする人としてどなたかがやるかもしれませんが、それも誰がやるのか… 吹奏楽連盟全体の体質や考え方を変えていくために大きな改革が必要では?と感じますが、本当に不正などしない、全ての人が納得する人物が果たしているのかも大きな課題ですね。 今回のようなことの再発は無くなっても、他の部分で何か出てきてしまったら本当に吹奏楽は悪いイメージになってしまいます。 指導者が教育者として 吹奏楽に関わる指導者が全員、教育者として自覚し行動していれば、もっと早い段階で様々なことが懐疑的に見られるような吹奏楽にならなかったのではないか?このように思っています。 今回の件で私は私のできることをやり、少しでも吹奏楽界が低迷していかないよう行動していきます。 学校の先生は、吹奏楽に関わる職業の中で1番多い職業なはず。 吹奏楽連盟理事も学校の先生方で教育者です。 理事の方々だけでなくても声を上げる先生方が多くいることを望みます。 吹奏楽は産業でもある 吹奏楽が発展してきた理由に、産業としてやってきたからこそ発展してきたところもあります。 お金が絡むこととしてやってこなければここまで発展はしていません。 お金に対して悪いイメージを持つ人もたくさんいらっしゃると思いますが、吹奏楽連盟の理事のお仕事も理事の方々は時間を割いて行っているものなのでお給料が発声して当たり前だと私は思っています。 全ての人がボランティアでこれまでの吹奏楽連盟のお仕事はできません。 様々な人が動き、大きなお金が動くことで、吹奏楽コンクールが開催できたりしています。 ここは忘れてはいけません。 全てクリーンにしていくことは難しいですし、1つの会社としてお金のことを開示することは不可能です。 仕事内容に対してお給料が少ないのであればもっと増やせるようにすべきですよね。 不正を行ったお二人だけの責任ではありません。 まとめ 今回の件で吹奏楽連盟がどのように動くのか期待しています。 真剣に吹奏楽をやっている人が悲しいことにならないよう願います。 しかし、吹奏楽に関わっている人達にも考えてほしい一件となりました。 おかしいことはおかしいと、声を出していくことも必要だと改めて思わされました。 芸術の世界で正解不正解は難しいことですが、何も言わないよりは伝えたほうが何か変わるきっかけになるかもしれませんね!.

次の

全日本吹奏楽連盟事務局長らの不正受給問題を受けて│音のある毎日

全日本 吹奏楽 連盟 2020

>隠れて練習する学校が多くなり。 感染リスクが高まると思いますが…。 それは、隠れて練習し感染リスクを高めてしまう団体の方針が良くないです。 判断を迫られているのは全日本吹奏楽連盟だけでなく、各団体も同様です。 新型コロナの状況のもと、生徒あるいは団員を守る責任があるのは各団体の指導者です。 吹連じゃありませんよ。 もし吹連が予定通りやるという方針を出したら、参加するのでしょうか。 その場合、参加団体の判断誤りです。 仮に全日本が中止を宣言しても、県大会や地区大会は実施可能です。 あなたはどんな選択肢を取りますか? 「自ら考え行動する」 いまどんな状況なのか自分で考え、最善の方法を取る。 針路を吹連まかせ、人まかせにしてにしてはダメです。 AnsBy diddle コロナの感染拡大より自分達の名誉と保身のほうが大切だからです。 オリンピックの主催者も吹奏楽連盟もバカなんですよ。 緊急事態だっつってんのに、状況が全く見えてないんです。 「どうやったら出来るか」「どうやったら出来るだけバッシングを受けないで中止に出来るか」しか考えていないんです。 既に開催について全日本吹奏楽連盟からコメントが出ていますが、この期に及んで『慎重に検討します』だそうです。 随分と悠長な緊急事態ですね。 ちなみに、主催者が中止を発表しない限り参加者は準備を重ねます。 だからこそ主催者がいち早く決断しなければなりません。 「言われてから」では遅いですし、「言われなければ出来ない」理由は何もありません。 IOCは言われてから対応してますが、世界中からボコボコに批判されました。 高野連も相撲教会もプロ野球もJリーグも、対応が速い組織は沢山ありましたね。 緊急事態ですから、これらの対応が100点満点か現在は分かりません。 ただ少なくとも、批判されるような明らかな欠点はありません。 「IOC」「日本政府」など、ボコボコに叩かれている組織の共通点は『対応が遅い』です。 結局出来ないのに、特に日本は他国より感染が遅れているから先が見えているのに、決断できない。 決められない。 だから、ヒントは沢山得られていたはずなのに結局同じ道を辿ってしまう。 バカなんです。 自分のことしか考えられない悲しい大人たちなんです。 『早く決める』というのは物凄く重要で、決まった時点から関係各所の色々な行動が始まります。 静岡県吹連の中止決定は、全日本吹連の体質を知ってのことか、いち早く県内の吹奏楽関係者を守ろうという意思からでしょう。 ヤマハのお膝元ですから、毎年コンクールに付帯する様々な催し物もあるでしょう それも静岡に限った話じゃないんですけどね。 中日大会も中止ですかね。 全日本だけ、未だ決められずにウジウジしています。 随分と立派な「水面下」文化ですな。

次の