スシロー てんこ盛り 祭り。 スシロー創業祭 第3弾「どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭」6月17日から。テイクアウトOK

スシローてんこ盛り祭り期間はいつまで?創業祭2020第3弾メニューと実レポブログ!

スシロー てんこ盛り 祭り

待たずに入店するためのポイント• 来店前にスシローアプリで混雑状況を確認しましょう• 待ちがあるようなら来店時間に合わせて予約するのがおすすめです それでは、さっそく 初日の様子をご覧ください。 てんこ盛り祭りで実際に食べたメニュー 思ったよりも盛りがすごかったので、 残念ながら全制覇することはできませんでした。 まずは、今回のてんこ盛り祭りで実際に 食べることができたメニューからご紹介していきます。 どか盛りほたて 150円 シャリがほたてで見えないくらいのどか盛りです。 ほたては柔らかくてプリプリでした。 普通のほたての2倍? いや、2. 5倍~3倍くらいの量のほたてが乗っています。 これで150円はお得だと思いませんか? 爆盛りびんとろ 150円 シャリは2貫分ですが、 ネタがあきらかに多い爆盛りびんとろ。 バランスを崩してネギが落ちています。 ネタが爆盛りで食べるのが難しいなんて、贅沢な悩みですよね。 脂ののった大切りのビントロは、一口で食べるには難しいのでお好みの配分に分けて食べましょう。 期間限定だけど、また食べたい一品かも。 りんごと紅茶のパフェ 300円 1月4日にスシローに行ったときには品切れだった 『りんごと紅茶のパフェ』。 今回は注文することができました。 一緒に食べると、まるで アップルティーのような味わいのパフェです。 上に乗ったアイスは、 アップルクランチが入ったアイスと 紅茶のアイス。 リンゴソースやセイロンティーを使った ミルクティームースも入っています。 甘さは控えめなので、食事の後でも食べやすいと思いました。 とりあえず結論から言うけど、美味しかった!! 個人的に、りんごと紅茶のパフェよりも 『ラムレーズンアイスクッキーサンド』の方が好きです。 値段も100円安いし。 ラムレーズンがかなりたくさん入っています。 クッキーとアイスの相性が抜群で、すぐになくなっちゃいました。 次回スシローに行ったら、また食べたい一品です。 2020年個人的スシローニュースを発表! 2020年も始まったばかりですが、 個人的スシローニュースを2つ発表したいと思います。 A post shared by miyupommm1017 on Jan 8, 2020 at 4:54am PST 『天然インド鮪7貫盛り』は回転寿司の域を超えていると話題になっていただけに、『かにの豪華盛り』も期待できそうです。 個人的に色々食べたいので、なかなかこの980円シリーズには手が出ません。 気になる方はお早めにご賞味ください。 まとめ 今回は 『新春名物! てんこ盛り祭り』やおすすめメニュー、個人的スシローニュースなど大好きな について熱く語ってみました。 『新春名物! てんこ盛り祭り』については、やや物足りなさを感じたものの 期間限定メニューがとにかく激熱でした。 まだ食べていないけど、今後食べたいメニューもまだまだたくさんあります。

次の

スシローの「てんこ盛り祭」は贅沢の極み!シャリ控えめで糖質制限中に嬉しい♡

スシロー てんこ盛り 祭り

6月は「スシロー創業祭」を開催している回転すしチェーン「スシロー」。 第一弾は「まぐろ祭」、第二弾は「三貫盛り祭」と豪華な祭りのファイナルは、「どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭」を同時に行う「三大まつり」を実施している。 どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭を同時開催 どでかい、ダブルな、てんこ盛りのネタが勢揃いする今回のフェア。 お腹いっぱいになること間違いなしのネタの数々をご紹介しよう。 どでかネタ祭• 左上から「ジャンボかにカマ天にぎり」「大切りサーモン」左下から「大切り中とろ」「大切り穴子」 まずは、「どでかネタ祭」。 人気ネタを中心に4つのネタが登場する。 「大切り中とろ」 150円 は、厚切りで大きな中とろをたっぷりと味わえる。 「大切りサーモン」 100円 は、いつもの1. 5倍以上のサイズで提供され、値段変わらずの100円なのでお得な一皿。 「大切り穴子」 150円 は、ふっくらと柔らかな穴子のうまみを存分に楽しめる。 「どでかネタ祭」で一番の注目は、「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円。 過去にも販売され、根強いファンが多いというかにカマ天にぎりが、期間限定のジャンボサイズで販売される。 皿に乗り切れないほどに大きな「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円 どのくらいのジャンボ感かは写真を見れば伝わるだろう。 皿と同じくらい、いやそれ以上の横幅がある。 サクッとした衣に、肉厚なかにカマは食べ応え満点。 最初はそのまま、途中から醤油や甘ダレをかけて味変するのもおすすめ。 Wネタ祭• 左から「ダブルジャンボほたて貝柱」「倍盛りコーン」「ダブル赤えび」 「Wネタ祭」は、二貫盛りネタがいつもよりも豪華になって提供される。 「倍盛りコーン」 100円 は、こぼれんばかりのコーンがたっぷりと盛られている。 コーンの甘みと酢飯の酸味が絶妙に合う、創業当時から愛される人気の一皿。 ボリューム感のあるサイズが目を惹く「ダブル赤えび」 100円 は、えびらしいプリプリ食感を存分に味わえる。 かなり大ぶりのほたて貝柱 ファンがかなり多いというほたてからは、「ダブルジャンボほたて貝柱」 300円 が登場。 しゃりが隠れるほどに大ぶりな貝柱は、濃厚なうまみがたまらないおいしさ。 しっかりと噛みしめながら食べたい一皿。 てんこ盛り祭• 左から「海鮮爆盛りマウンテン」「ローストビーフマウンテン」「てんこ盛りねぎまぐろ」 てんこ盛り、つまり山盛り。 普段は食べられない盛り盛りすぎるネタはぜひこの機会にチェックしておくことをおすすめする。 一口で食べるのが難しいほどにたっぷりの「てんこ盛りねぎまぐろ」 100円 は、まぐろの粒感を残しながらもねっとりとした食感で、噛むほどに広がる旨味を堪能できる。 近くに置いてあった甘ダレのボトルと高さを比較 注目すべきは2つのマウンテン。 「ローストビーフマウンテン」 300円 は、しゃりがほぼ肉で覆われた見た目も豪華な創作すし。 トッピングされたやまわさびと合わせるとさっぱり感のある味わいに。 肉肉しい食べ応え満点の一皿。 一口で食べるのは難しいほどのサイズ感 人気の海鮮ネタをこれでもかと盛った「海鮮爆盛りマウンテン」 300円 は、まぐろのたたき身、かににジャンボとろサーモンを被せ、さらにいくらをトッピングしている。 見た目はまさに山そのもの。 崩しながら豪快にぱくりと食べるのが良さそうだ。 持ち帰りセットも登場 これらの「三大まつり」のネタを集めた持ち帰りセット 1,600円 も販売される。 購入の際はスシローの公式サイトやアプリ、または電話やFAXで予約して受け取るのがおすすめ。 どでかいネタたちのセットのため、受け取った時に重さに驚くほどの重量感。 ぜひ自宅でも祭りを楽しんでほしい。 「三大まつりのお持ち帰りセット」 1,600円 匠の一皿にも新メニュー• 左から「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」「匠の本格麻婆麺」「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 三大まつりの他にも新メニューが続々と登場。 スシローが様々なジャンルの名店の匠と開発した「匠の一皿」からは3品が新しく販売される。 フレンチの名店「神戸北野ホテル」の山口氏が考案した「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 150円 は、運ばれてきた瞬間のグラタンの香りが食欲をそそる新感覚の創作すし。 京都の話題店「ブランカ」の吉岡氏が考案した「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」 150円 は、匠特製のラー油入り胡麻の風味にしゃきしゃきの香味野菜の食感と食べるごとに味わいが広がる。 席に届いた瞬間から食欲を誘う香りがたまらない 山椒がきいたしびれる辛さが楽しめる「匠の本格麻婆麺」 380円 は、香港の名店で修業をした「中国菜エスサワダ」の澤田氏が考案した。 クセになる辛さが夏らしさを感じる一杯。 かわいいデザートにも注目• 左から「メロンにメロメロパフェ」「ピスタチオのティラミス」 デザートからはメロンを使った「メロンにメロメロパフェ」 350円 と、「ピスタチオのティラミス」 180円 が販売される。 パフェはフレッシュメロンにムースやシャーベットにもメロンピューレを配合したメロン尽くし。 ティラミスは風味の良いピスタチオペーストにピスタチオの粒が入っており、食感も楽しめる。 どちらもかわいらしい色味で、爽やかなデザートだ。 今回のスシロー創業祭は気合いの入った商品が店頭に並ぶ。 持ち帰りできる商品も多く、今だけのお得なネタを味わえるチャンスとなる。 気になる商品がある人は早めにチェックしてみては。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

スシローてんこ盛り祭りはいつまで?フェアの様子をレポート|MEGUlog

スシロー てんこ盛り 祭り

6月は「スシロー創業祭」を開催している回転すしチェーン「スシロー」。 第一弾は「まぐろ祭」、第二弾は「三貫盛り祭」と豪華な祭りのファイナルは、「どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭」を同時に行う「三大まつり」を実施している。 どでかネタ祭・Wネタ祭・てんこ盛り祭を同時開催 どでかい、ダブルな、てんこ盛りのネタが勢揃いする今回のフェア。 お腹いっぱいになること間違いなしのネタの数々をご紹介しよう。 どでかネタ祭• 左上から「ジャンボかにカマ天にぎり」「大切りサーモン」左下から「大切り中とろ」「大切り穴子」 まずは、「どでかネタ祭」。 人気ネタを中心に4つのネタが登場する。 「大切り中とろ」 150円 は、厚切りで大きな中とろをたっぷりと味わえる。 「大切りサーモン」 100円 は、いつもの1. 5倍以上のサイズで提供され、値段変わらずの100円なのでお得な一皿。 「大切り穴子」 150円 は、ふっくらと柔らかな穴子のうまみを存分に楽しめる。 「どでかネタ祭」で一番の注目は、「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円。 過去にも販売され、根強いファンが多いというかにカマ天にぎりが、期間限定のジャンボサイズで販売される。 皿に乗り切れないほどに大きな「ジャンボかにカマ天にぎり」 100円 どのくらいのジャンボ感かは写真を見れば伝わるだろう。 皿と同じくらい、いやそれ以上の横幅がある。 サクッとした衣に、肉厚なかにカマは食べ応え満点。 最初はそのまま、途中から醤油や甘ダレをかけて味変するのもおすすめ。 Wネタ祭• 左から「ダブルジャンボほたて貝柱」「倍盛りコーン」「ダブル赤えび」 「Wネタ祭」は、二貫盛りネタがいつもよりも豪華になって提供される。 「倍盛りコーン」 100円 は、こぼれんばかりのコーンがたっぷりと盛られている。 コーンの甘みと酢飯の酸味が絶妙に合う、創業当時から愛される人気の一皿。 ボリューム感のあるサイズが目を惹く「ダブル赤えび」 100円 は、えびらしいプリプリ食感を存分に味わえる。 かなり大ぶりのほたて貝柱 ファンがかなり多いというほたてからは、「ダブルジャンボほたて貝柱」 300円 が登場。 しゃりが隠れるほどに大ぶりな貝柱は、濃厚なうまみがたまらないおいしさ。 しっかりと噛みしめながら食べたい一皿。 てんこ盛り祭• 左から「海鮮爆盛りマウンテン」「ローストビーフマウンテン」「てんこ盛りねぎまぐろ」 てんこ盛り、つまり山盛り。 普段は食べられない盛り盛りすぎるネタはぜひこの機会にチェックしておくことをおすすめする。 一口で食べるのが難しいほどにたっぷりの「てんこ盛りねぎまぐろ」 100円 は、まぐろの粒感を残しながらもねっとりとした食感で、噛むほどに広がる旨味を堪能できる。 近くに置いてあった甘ダレのボトルと高さを比較 注目すべきは2つのマウンテン。 「ローストビーフマウンテン」 300円 は、しゃりがほぼ肉で覆われた見た目も豪華な創作すし。 トッピングされたやまわさびと合わせるとさっぱり感のある味わいに。 肉肉しい食べ応え満点の一皿。 一口で食べるのは難しいほどのサイズ感 人気の海鮮ネタをこれでもかと盛った「海鮮爆盛りマウンテン」 300円 は、まぐろのたたき身、かににジャンボとろサーモンを被せ、さらにいくらをトッピングしている。 見た目はまさに山そのもの。 崩しながら豪快にぱくりと食べるのが良さそうだ。 持ち帰りセットも登場 これらの「三大まつり」のネタを集めた持ち帰りセット 1,600円 も販売される。 購入の際はスシローの公式サイトやアプリ、または電話やFAXで予約して受け取るのがおすすめ。 どでかいネタたちのセットのため、受け取った時に重さに驚くほどの重量感。 ぜひ自宅でも祭りを楽しんでほしい。 「三大まつりのお持ち帰りセット」 1,600円 匠の一皿にも新メニュー• 左から「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」「匠の本格麻婆麺」「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 三大まつりの他にも新メニューが続々と登場。 スシローが様々なジャンルの名店の匠と開発した「匠の一皿」からは3品が新しく販売される。 フレンチの名店「神戸北野ホテル」の山口氏が考案した「匠のグラタン仕立て海老にぎり」 150円 は、運ばれてきた瞬間のグラタンの香りが食欲をそそる新感覚の創作すし。 京都の話題店「ブランカ」の吉岡氏が考案した「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれ」 150円 は、匠特製のラー油入り胡麻の風味にしゃきしゃきの香味野菜の食感と食べるごとに味わいが広がる。 席に届いた瞬間から食欲を誘う香りがたまらない 山椒がきいたしびれる辛さが楽しめる「匠の本格麻婆麺」 380円 は、香港の名店で修業をした「中国菜エスサワダ」の澤田氏が考案した。 クセになる辛さが夏らしさを感じる一杯。 かわいいデザートにも注目• 左から「メロンにメロメロパフェ」「ピスタチオのティラミス」 デザートからはメロンを使った「メロンにメロメロパフェ」 350円 と、「ピスタチオのティラミス」 180円 が販売される。 パフェはフレッシュメロンにムースやシャーベットにもメロンピューレを配合したメロン尽くし。 ティラミスは風味の良いピスタチオペーストにピスタチオの粒が入っており、食感も楽しめる。 どちらもかわいらしい色味で、爽やかなデザートだ。 今回のスシロー創業祭は気合いの入った商品が店頭に並ぶ。 持ち帰りできる商品も多く、今だけのお得なネタを味わえるチャンスとなる。 気になる商品がある人は早めにチェックしてみては。 予めご了承ください。 関連記事•

次の