新しい端末からログイン twitter。 【Twitter】不審なログイン通知が届く時の理由と対処方法!

Twitterで新しい端末からのログインの通知が多発してる原因

新しい端末からログイン twitter

朝起きて、寝ぼけ眼でiPhoneのメールチェック。 すると、目を疑うような内容のメールが送られてきてました。 「 Twitterへの新規ログインがありました(Safari on iPhone より)」 え!? どういうことだってばよ!? 「新規ログインがありました」と「パスワードが変更されました」の華麗なコンビネーション 普段Safariなんて使わないし、ログイン時にいた場所が「大阪 大阪市 福島区」になってるし。 ここ、埼玉だし。 なにがなんだかわかりません。 たしかに、 この時間帯にTwitterを開いてたことは間違いないですよ? Feedly経由で気になったネタをTwitterに流したり、はてなブログで気になったネタをはてブしたり。 やったことといえばそのぐらいです。 「まさか、僕のTwitterアカウント、乗っ取られた!?」と思い、焦ってメール下部のリンクから パスワードを変更。 「パスワードが変更されました」というメールが届いたのと同時刻に、またもや「新規ログインがありました」のメールが……。 どうなってんだよ! リアルタイムでTwitter乗っ取られちゃってんのかよ! ちなみに——。 「パスワードが変更されました」が送信されたメールアドレスは、Twitter()から• 「新規ログインがありました」が送信されたメールアドレスは、Twitter()から でした。 2度目のパスワード変更をするも ふたたび、メール下部のリンクから 2度目のパスワード変更です。 今度はパスワード変更のメール通知だけで、新規ログインうんぬんのメールは来なかったですね。 ——と、思ったのもつかの間、約14分後に「新規ログインがありました」のメール通知が届きました。 あぁ! これ、ホントどうなってんだよ! あぁ! ログインしていないにも関わらず通知メールが来る場合の可能性 ケース1. Twitterを装った、ただの迷惑メール 最近の迷惑メールは本当にクオリティが高いですからねぇ。 気をつけないと一発で骨見ごと抜かれちゃいます。 ずっぽしです。 ほかのサービスでも同じパスワードを使いまわしてたらたまったもんじゃありません。 毎日のようにTwitterから通知メールが来てて、ふと「Twitterが新規ログインされまんた。 あんた、パスワード変えたほうがええで」みたいな内容が来たら焦っちゃいますよね。 本物のTwitterからのメールならいいんですけど、これがどっかの悪い業者とかからだったら非常に危険です。 メール本文に記載されているURLをクリックしたらウイルスに感染するかもしれないし、パスワードを抜き取られるかもしれない。 あぁ、怖い怖い。 ケース2. ガチで不正アクセスされちゃってる 一番考えたくないパターン。 もう本当に不正アクセスされちゃってるパターン。 Twitterからログイン履歴を確認すると同時に、そのアクセスが「自分のIPアドレスでのログインかどうか?」を確認しましょう。 方法は後ほど掲載します。 知らないIPアドレスだったりした場合は、パスワードの変更と電話番号認証の検討をおすすめします。 あ、パスワードを変えるときはメールのURLからではなく、自分のブックマークやパソコンでTwitterを検索して、ブラウザから変更しましょうね。 あと、 Twitterと連携しているアプリが変な動きをしてたら連携を解除しておきましょう。 ケース3. メールの通知が遅れてるだけ 通知メールが届いた時間を見て、「いやいや、こんな時間にログインしてないし。 こりゃ不正アクセスだな」って思ってる方、ちょっと待ってください。 それ、 ただ単に遅れて通知メールが来ただけかもしれませんよ? 「メールが届いた時間」ではなく、ログインした時間や送信した時間などを確認しましょう。 ログインしたのは自分だとしても、メンテナンスの関係やサーバーの不具合でメールが届くのが遅れた可能性もありますからね。 「Twitterへの新規ログインがありました」に取った対策と方法 1. Googleでほかに似た例がないか検索 困ったときのGoogle先生です。 わからないことは大抵教えてくれる、非常に優秀なティーチャーです。 すると、ほかにも同じような状態の方がちらほら。 「メールのリンクはクリックしないほうがいい」とか「アプリ連携を見直すべき」とか「アクセス履歴を調べてみろ」とか。 都道府県情報は割といい加減なものらしく、「位置情報が別の都道府県になっていることがよくある」との情報も発見しました。 いい加減なものだったらハナっから機能をつけないでいただきたい。 IPアドレスやホストが自分のものであれば気にすることはないでしょう。 Twitterで同じ悩みを持つ人を検索 なんてハッシュタグもありました。 Twitterのバグなのか、不具合なのか、それとも本当に怪しいメールなのか。 検索したら割と同じような人がいて、ちょっと安心しちゃいました。 とりあえず、メールに記載されているURLはクリックしないほうが無難でしょうね。 やっぱりちょっと怪しいし。 Twitterのアクセス履歴を確認 Twitterのアクセス履歴を確認してみましょう。 にアクセスして、自分のアイコンから「設定」をクリック。 アメリカとかカナダとかのログイン履歴は、アプリ連携によるものなので心配ありません。 もし、身に覚えのないアプリからのログイン履歴だったり、まったく知らないIPアドレスからアクセスされていた場合は 不要なアプリ連携を「許可を取り消す」で解除したり、 パスワードの変更を検討しましょう。 まとめ おそらく、今回の「新規ログインの件」に関しては 自分のログインである可能性が高いです。 『ちがう端末からアクセスした』• 『普段はパソコンからWebブラウザでログインしてるけど、このときはたまたまアプリからログインした』• 『仕事ではChromeを使ってるけど、スマホはSafariを使ってる』 短期間中に同じような人が多く見られるってことは、Twitterのバグ or 不具合が考えられますね。 念のためIPアドレス調べたら思いっきり埼玉でしたし。 なんらかのきっかけはあったはずなので、よ〜く思い出してみてください。 メールのURLを開いた、広告を誤ってクリックしたらブラウザが開いた、QRコードを読み取ってブラウザを開いた、などなど。 とは言っても、不正ログインの線も捨て切れません。 その時間帯にスマホをまったく触っていない、身に覚えがない、変なツイートをしている、勝手にだれかをフォローしている、などの場合はおそらく不正ログインなので、早急にサポートにご連絡を。 定期的にパスワードを変えるなりして、自分の個人情報やデータを守りましょう。 ようなので、心配な方はチェックしておきましょう。 スパムにしろ、本家にしろ、情報は押さえておいたほうが無難です。

次の

Twitterで新しい端末からのログインの通知が多発してる原因

新しい端末からログイン twitter

【じぶんがログイン中ってバレるの?】 ちなみに、じぶんがTwitterにサインインした・しているというログイン状態が誰かにバレることはありませんよ。 とは違いますね。 パソコン(pc)からの場合【webブラウザ版】 パソコンで「Safari」や「Google Chrome」を起動したら、 ツイッター公式サイトからログインしてください。 画面右上の 自分のアイコンをクリックして、「設定とプライバシー」をクリックします。 左のメニューの中にある「Twitterデータ」をクリックしてください。 パスワードを求められるので、パスワードを入力して「確認する」をクリックします。 はい、これで「Twitterデータ」のページに入りましたよ! ログイン履歴を見るには、下の方の「アカウント履歴」内の「アカウントアクセス履歴」にある 「すべて表示」をクリックしてください。 ズラーっと、これまでのログイン履歴が並んでいます! ここでは以下の4つの項目が分かりますよ。 【ログイン履歴の削除はできるの?】 ログイン履歴は削除できません。 (パソコンとほぼ一緒ですよ) Twitterアプリを起動してログインしたら、画面左上の 自分のアイコンをタップして「設定とプライバシー」をタップしてください。 「アカウント」をタップします。 「データと許可」内にある 「Twitterデータ」をタップしてください。 そこからは、パソコンの場合と同じです。 以下のように進んでくれればokですよ。 すると・・・ はい、ズラーっとログイン履歴が並んでいますね! こんな具合に、パソコンでもスマホでも簡単にツイッターのログインはわかるんですよ。 Twitterデータの画面が表示されない・見れない場合 「Twitterデータ」を開いても、なかなか画面が表示されない場合があります。 僕もまさにそうで、の中であまり使わないアカウントはすぐ表示されたのですが、9年くらい使っているメインアカウントは恐ろしいほど長い間ずーっと表示されませんでした・・・。 どうやら、単純にログイン履歴が多い(=使用歴の長いアカウント)だと時間がかかるようです。 こればっかりは仕方がないので、「放置」あるのみですね。 他の事でもしながら気長に待ってみてください。 Twitterのアプリとセッションに知らない端末が!?ログイン場所がおかしい場合 ちなみに、「アプリとセッション」に知らない端末が記録されていて、ログイン場所が明らかにおかしい場合があります。 Twitterアプリを開いて「設定とプライバシー > アカウント」と進むと「アプリとセッション」という項目があり、最終ログインを含む履歴の日時・場所が確認できるのですが・・・ この「セッション」に出てくるログイン場所はどう考えてもおかしいんです。 インターネット上の「IPアドレス」をもとに判定しているのですが、あまり正確に判定できていないようです。 最終ログインを調べるだけでなく、しっかり不正ログイン通知がわかるとうれしいのですけどね・・・ 頼むよ、Twitterさん(涙).

次の

【Twitter】不審なログイン通知が届く時の理由と対処方法!

新しい端末からログイン twitter

Twitterデータ機能とは Twitterデータページでは以下のような情報を見ることができます。 「ご利用の端末」では、Twitterアカウントへのアクセスに使用した端末に関する情報が表示されます。 ログイン履歴 ログイン履歴では、Twitterアカウントに、どんなアプリがアクセスしたかが一覧で表示されます。 このログイン履歴から「身に覚えのないアプリがないか?」を探すことにより、アプリによる不正アクセスを調べることができます。 不正アプリからのログインを調べる方法 Twitterへのアプリによる不正ログインを調べるには、ログイン履歴を表示して調べます。 以下では、そのログイン履歴の表示方法について説明します。 ログイン履歴の表示方法 まずは、Twitterにログインしてください。 ログインしたら、ナビゲーションの右上にあるプロフィールアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を選択してください。 設定ページの左側に「Twitterデータ」があるのでクリックしてください。 すると、もう一度Twitterアカウントのパスワードの入力を求められます。 パスワードを入力して「確認する」ボタンを押してください。 すると、以下のような「Twitterデータ」画面が表示されます。 設定画面を下にスクロールすると「ログイン履歴」という項目があるので「過去〇〇件のログインを表示します。 」と書かれているリンクをクリックしてください。 そうすると、ログイン履歴一覧が表示されます。 ここで、「自分が許可した覚えがないアプリがないか?」を確認してください。 身に覚えのないアプリや、以前連携したけど利用していないアプリは、アプリ連携許可を取り消しておいた方が良いと思います。 その方がログイン履歴の内容もスッキリして見やすくなると思います。 僕もログイン履歴を見返してみたら、今は全然使用していないTwitterアプリが結構頻回にログインしていました。 不要なものは、連携許可を取り消してしまいましょう。 アプリ連携許可を取り消す方法 連携を取り消すには、メニューの「アプリ連携」を選択します。 すると、連携アプリ一覧が表示されるので、必要のないアプリは、「許可を取り消す」ボタン押して連携を解除してください。 許可を取り消した場合は以下のようになります。 そうすることで、ログイン履歴一覧が今後見やすくなり、もし、不正アクセスがあった場合は発見がしやすくなります。 まとめ 今回Twitterデータから、ログイン履歴を見たところ、「身に覚えのないアプリによる不正なログイン」は見受けられませんでした。 ただ、結構不要なアプリと連携していることに気づきました。 特別変なアプリと連携していない限り、アプリが悪さをすることはないと思いますが、利用していないアプリは、連携を解除しておいた方が無難かと思います。 その方がログイン状況の実態を掴みやすいので。 僕は、特に利用していないアプリの連携は解除して、現在も利用している有名どころのみを残しました。 数えてみたら、無駄に連携していたアプリは、30個以上もあって、現在は7個まで減らしました。 結構、1回だけしか利用していないアプリ連携が残っているのが多かったです。 アプリ連携の見直しも含めて一度「ログイン履歴」の確認は、しておいた方が良いかもしれません。

次の