アイドル部 引退。 ももち、橋本奈々未…アイドル引退後の“しょっぱい現実”【原田まりる】

【悲報】人気Vtuber「アイドル部」、引退したメンバーを叩きまくり死体蹴り開始。引退したほうはTwitterで反論中で色々カオスに

アイドル部 引退

アップランドのバーチャルYouTuber VTuber 事務所「. 同社社員演じる古参VTuber「ばあちゃる」が視聴者を批判する意見を表明し謝罪に追い込まれた事、「夜桜たま」がアップランド側の対応に対する告発を行った事、所属VTuber同士の確執や意見の相違が指摘される事など、もはや何が最大の原因となって問題化し、何を持って収束するのかすら見えない程の炎上・混乱状態にある。 しかし問題がここまでこじれてしまった理由は明らかである。 それは「 真っ先に説明すべき人物 アップランド側の責任ある立場の人間 が表に出て説明をしていないため」である。 只それだけの事であり、ここまでそれをせず問題をこじれさせ続けたアップランドの姿勢は厳しく追及されるものだろう。 「ありがとう」「ごめんなさい」といった、子供であっても素直に言える言葉の一つも無いのだから。 問題解決の第1ステップすら踏めぬまま 「反発を買いかねない発表をするより、今は黙っていた方が良い」「VTuberの言葉を通じて間接的に様子をうかがい、今後どうすべきか見定めたい」 今回の一連の問題を巡り、アップランドの経営陣や責任者はその様に考えている可能性もあるだろう。 真っ先に説明すべき人間が矢表に立ってもその発表内容が反発を買う内容であれば無意味であると。 しかし実際はこうした姿勢こそが、アップランドが批判を招いている最大の要因ではないだろうか。 確かに発表内容如何によっては短期的にアップランドへの批判の声が収まらない可能性はあるだろう。 だがそれ以上に「 本来説明を果たすべき立場ある側から公式発表が行われる事で、問題解決に向けた次のステップへと進むことが出来る」のだ。 所属VTuberやファンとの議論の機会も生まれてくるだろうし、その中で信頼を回復していくことも出来るだろう。 むしろ一時の批判に萎縮し所属VTuberの言葉をワンクッションとして間接的に動向をうかがう方が、中長期的には信頼も支持も失うというのは過去の歴史が証明している。 それは要らぬ不信や憶測、デマとも真実とも分からぬ情報を際限なく生み出し、その首をますます締め続けるだけである。 アップランドの責任者は今すぐ表に出よ アップランドは過去に出会い系アプリ「ぎゃるる」の運営など成功したものを除き、多くの新事業を立ち上げては放置状態に近い形でフェードアウトするのを繰り返してきた経緯がある。 「電脳少女シロ」とアイドル部も、開発中の告知のまま事実上ストップしているゲーム「少女兵器大戦」のキャラクターが基であった。 しかし今回のように「責任ある立場からの説明までもが放置されること」は受け入れられるものではないだろう。 アップランド代表取締役の宗像秀明氏など、同社の責任ある立場の人間は今日に至るまでほぼ全く表に出てきていないように見える。 ここまで問題をこじれさせ続ける最中にあって依然「雲隠れ」と思われかねない姿勢にとどまるのは極めて不誠実であることを同社は強く認識すべきである。 まずアップランドが表に出なければ、何一つ前へ進まないのだ。 そこから全てが始まるのだから。 文・アポロ船長• 関連する記事• 2020. 07 バーチャルYouTuber VTuber グループ「ひととせ探偵団」の楪帆波 ゆずりはほなみ 、花雲くゆり はなぐもくゆり 、幽ヶ崎海愛 ゆ[…]• 2020. 06 VR法人HIKKYは5月6日、仮想空間における展示即売会「バーチャルマーケット4」 の5月5日までの延べ来場者数が50万人を突破したと発表しました。 […]• 2020. 28 「バーチャルマーケット」主宰者でありバーチャルYouTuber VTuber としても活動する動く城のフィオ氏は2月28日、バーチャル空間上での同[…]• 2020. 15 バーチャルYouTuber VTuber /バーチャルライバー リゼ・ヘルエスタは6月15日、任天堂のゲームソフト「MOTHER3」の生配[…]• 2019. 16 ZIZAI 旧社名 DUO は12月16日、同社が運営するバーチャルYouTuber VTuber 事務所「ENTUM エンタム 」の活動を[…] コメント (3件)• 責任者が出て来ず、現場の人間に押し付ける形になっているからね。 その場凌ぎを繰り返した結果、それに依る信用低下と、仕事とは言えそれを擁護させられ続けた事でVtuber達自身も人間性が低く見られ、幻滅されている。 何か問題が起こり、それが自分に責任が無いのであれば正確な事実を公表して説明する。 責任があるのなら謝罪して改善を模索する。 そのどちらもない場合、何を言っても言い訳にしかならない。 それは目先の事しか考えていない、信用されない態度でしかないのだから。 これとアンリミテッドのゲーム部を反面教師として、現行のVtuber事務所やこれから始める人達は誠実な行いをして貰いたい。 このような結末では、関わった人間が全員不幸にしかならない。 そもそもは(結果として失敗となったが)アップランドの体制改革の遅れからしびれを切らし、アイドル部内で主導権を握ろうとした夜桜たまのクーデターがトリガーとなって始まった騒動だ。 アップランドはこれについて遺憾の意を示し、事態の収拾に向けて何らかのパフォーマンスを見せるべきだった。 そうしなかった結果、何ら過失のないタレント達(ここでは夜桜たま以外を指す)が一方的な悪意に晒されてしまうという最悪の結果だけが残り、今は極めて僅かながらも回復基調とはいえ、少なからず負の影響を与え続けている状況だ。 理不尽な負の遺産を抱えながらも何とか盛り返そうと努力しているタレント達、彼女ら努力が水泡に帰すことがないよう、アップランドはすでに進行中だったものに加えて、一層の体質も含めた事業執行体制の改善が望まれる。 アップランドと所属タレントの今後の動向に引き続き注目したい。

次の

夜桜たま、猫乃木もちが辞めた理由について再度考える(追記あり)|みた|note

アイドル部 引退

渡辺麻友 元AKB48のまゆゆこと渡辺麻友が6月1日、芸能界引退を電撃発表した。 この日の夕方、渡辺はおよそ5カ月ぶりにTwitterを更新し、「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」とファンに向けて最後の言葉を発信。 この日の内にSNSアカウントや公式サイトも削除され、王道アイドル・まゆゆは、あまりにも潔く芸能界から姿を消した。 まゆゆ引退の衝撃に完全に隠れてしまったが、この日は元AKBメンバーからもう一人、13期生の清水(梅田)綾乃も芸能界引退を発表していた。 さらに、2000年代前半に一世を風靡した男性3人組アイドルグループw-inds. の緒方龍一も5月末でグループから脱退、芸能界を引退したことを報告している。 梅雨入りを前に、アイドルたちは示し合わせたかのように続々と芸能界を去って行った。 それぞれのファンは、涙の雨に濡れていることだろう。 ある芸能記者は、この引退ラッシュについてこう話す。 「芸能人やタレントも基本的には個人事業主なので、事務所との契約を更新せずそのまま退社して……ということでしょう。 渡辺さんが所属していたプロダクション尾木はタレントを我が子のように大切に育てるとして有名ですから、最後まで渡辺さんの意思を尊重したのでしょうね。 もともと芸能人の進退にまつわる報道が重なることは珍しくはなく、今年3月には、中居正広、米倉涼子、柴咲コウなど大物芸能人が相次いで大手プロから退社・独立しました。 これも契約の更新時期がちょうど同じだったこと、さらに年度末というキリの良いタイミングなら事務所とのあらぬイザコザを疑われずに済むということも理由にあったと思われます。 ファンにとっては寂しいことだが、それぞれの事情もある。 「毎年、梅雨入りになると思い出すのですが……かつてもこの時期に、アイドルの卒業・芸能界引退が相次いだことがありました。 2016年6月、ハロー!プロジェクトでBerryz工房やカントリーガールズに所属していた、ももちこと嗣永桃子さんがアイドル人生に終止符を打ちました。 教育学部で教員免許を取得していた嗣永さんは、幼児教育の分野に進むため、芸能界からもスッパリと引退。 伝説と化しました。 また、同じく2016年には、モーニング娘。 嗣永のように風のたよりで近況を知らせてくれる場合もあれば、かの伝説のアイドル・山口百恵のごとく表舞台から完全に姿を消す場合もあるが、いずれにしても彼女たちの第二の人生が幸多からんことを願ってやまない。

次の

木下優樹菜さんの引退はスキャンダル隠し?ほとぼり冷めたらYouTuberか

アイドル部 引退

一連の出来事で、ファンのみんなにはたくさん心配をおかけしていてごめんなさい。 今回、みんなに伝えたいことがあってこの文章を書きました。 ちえりちゃんがツイートで言及したこと。 あの時ちえりちゃんが1人で前に出て配信をしてくれたこと。 このふたつについてです。 私は優しさに甘えて、ずっとちえりちゃんに頑張らせてしまい、隣に立つことが出来ていませんでした。 遅くなってしまったけど、伝えさせてください。 このちえりちゃんのツイート( )、 そしてその直後の配信については、私も同じ気持ちでした。 ちえりちゃんだけがそう思っていた訳ではありません。 ソロライブ前日だったことや、せっかく配信でちえりちゃんがソロライブに向けて切り替えようとしてくれたことを、ちえりちゃんやみんなの心遣いを無碍にしたくなかったというのもありますが、もはやそれは言い訳に過ぎないと自覚しています。 その後のタイミングで私も言うべきだった。 仲間がずっと頑張ってくれていたのに、何も出来ませんでした。 とても、後悔しました。 先日のピノちゃんの配信についても私も同じように考えているところがあり、是非、とお願いしました。 とても覚悟と勇気が必要な事だと思います。 みんなや、近くにいる私でさえもすべてを汲み取ることなど出来ないほどです。 わかっていて手を上げ率先して動いてくれたこと、本当に感謝し、そして友人として深く尊敬しました。 上手く伝わらないかも知れません。 けど、どうか信じてほしいと思って今この文章を書いています。 みんなが知っていることはほんの一部で、本当のことは他に沢山あります。 事実ではなく訂正したい事も沢山あります。 でもたくさんの出来事や関係者のしがらみもあって、言えることが限られています。 みんなが誤解をしてしまうのも無理はありません。 色んなところで憶測が飛び交っているかと思いますが、信じるのは私達本人から出た事だけにしてください。 私も、事実を見極めようと努めています。 「何でこうしないの?」と思う人は沢山いるかと思いますが、 「できない理由がある」と思ってもらえたらとても嬉しいです。 忘れてはならない出来事ではありますが、私は配信者としての目的のため、せめてみんなの見えるところでは今まで通り楽しくみんなと一緒の時間を過ごしたいです。 色んな出来事に対してその都度切り替えて、向き合っていきます。 こうしてメッセージを出す子もいれば、【上手く整理がつかないからメッセージを出さない】という選択をした子も居ます。 私はその気持ちを尊重するし、それこそ支え合いたいと思っています。 それぞれの考えたことなので、出さない子がいても心配しないでください。 安心して大丈夫です。 たくさん心配をおかけしてごめんなさい。 これからもよろしくお願いします。 そして、これはみんなに伝えたいことではありませんが、 たまちゃん、もちにゃん、お疲れ様でした。 一緒に笑顔で過ごした時間は間違いなく宝物です!たくさんの思い出をありがとう…! 場所が違っても元気で過ごしていることを祈っています! りこぴんはしっかり休んでね。 いつか元気になってまた一緒に遊べる日を楽しみにしてます! 先に、アイドル部を応援してくださってる方々に多大なるご心配をおかけしまして大変申し訳ございません。 円満解決を望んでいた方々を裏切るような形になってしまい、大変心苦しいです。 稚拙な文章かもしれませんが、私の気持ちをまとめましたので、最後まで読んでいただけると幸いです。 たまさんのツイートは、私たちアイドル部と運営の間で交わされていた約束を破っていたため、とても動揺していました。 当時は、大きなイベントが立て続けに入っており、気持ちを切り替えなければならなかったと思います。 ちえりさんの配信がなければ、と思った事は一切ないです。 ピノさんの配信についても、配信のおおまかな内容を教えてもらった上でお願いしました。 今回、誰が悪い、ということではなく、言葉一つに対しての捉え方や、守りたいもの、大事にしたいものなど、感性や価値観の違いによって、ここまで大きなことになってしまったと思っております。 色々な方を傷つけてしまったこと、心より深くお詫び申し上げます。 今回のことについては、決して忘れてはならない事態として、私個人も重く受け止めております。 最後に、たまさん、もちさん、本当に今までありがとうございました。 みんなで過ごした時間、思い出、決して全て無かったことにはならないと思います。 ありがとうございました。 今回、結果的にちえりさん、ピノさんに苦しい役回りを押し付けてしまったこと、誰の支えにもなれず相談にきちんと乗れなかったこと等、本当に悔やんでおります。 みなさんにもアイドル部について、神楽すずについて、たくさんご心配をおかけしました。 それでもアイドル部で、まだ続けたいと思っております。 みなさんと出会えたのも、私が「アイドル部の神楽すず」だからだと思っております。 これからも神楽すず、アイドル部、. LIVE共々よろしくお願いいたします。 2019. 5 神楽すず ヤマトイオリです。 まずはじめに、みんなさんにたくさんご心配をおかけし、お騒がせしてしまい本当にごめんなさい。 今回のことについて、素直な気持ちは、とても悲しいです。 でも、お別れがあっても、そこで全部が終わりだとはわたしはおもっていません。 わたしがいつも感じることは、アイドル部のみんながとても好きです。 LIVEがなければ、わたしヤマトイオリはここに存在できていなかったです。 今こんなにも大切なみんなさんとも出会えていなかったと思います。 大好きなお話を毎日友達にしすぎてすこし呆れられるようなわたしを、配信者として新しい道を歩ませてくれて、みんなさんと素敵な毎日を過ごせていることに、本当に感謝をしています。 いろいろなことがありたくさんの困惑をさせてしまいました。 けれど、それでも、まだわたしたちを応援してくださる方々がいるということをしっかりと受け取って、わたしはこれからも、アイドル部のメンバーといっしょにたくさんの時間を過ごして、素晴らしい活動をして、顔晴って、みんなさんに笑顔や幸せを届けたいです。 最後に、たまちゃんともちにゃん、2人と過ごした時間は本当にかけがえのない大切なものです。 わたしはずっと忘れません。 本当にありがとう。 2019. 05 ヤマト イオリ アイドル部、. LIVEを応援して下さっているみんなへ。 はじめに、みんなをとても長い時間、不安な気持にさせてしまったことについて、本当にごめんなさい。 みんなに状況をお伝えする上で、それが制限されてしまうたくさんの理由があったと聞いています。 結果、みんなにお伝えできる事が限られてしまい運営やいろは達から進捗の報告をすることができなかったこと、とても長い間みんなを待たせてしまったこと、そしてこのような結果になってしまった事を心苦しく思っています。 本当にごめんなさい。 そして、たまちゃん、もちにゃん。 この一年半の間で、イベントや収録を共にする機会が何度もありました。 何度も何度も、助けてもらったこと、支えてもらったことをたくさん思い出しました。 今まで本当にありがとうございました。 いろは自身の心境ですが、. LIVEのみなさん、アイドル部のみんな、そして、今まで通りにというのはファンのみんなが一番難しいことを承知していますが、応援して下さる方が一人でもいらっしゃるのなら、今後も前向きに活動して参りたいと思っています。 最後に、長文・乱文になってしまってごめんなさい。 まだ自分の中でも整理がついていませんが、ファンのみんなへの気持ちと謝罪を伝えさせていただきました。 最後になりますが、これからも. LIVE、アイドル部、金剛いろはをよろしくお願いいたします。 2019年12月5日 金剛いろは この度は私も所属している. LIVE アイドル部で起きた一連の騒動につきまして また本日までこの件についてお伝えができなかった事についても、ファンの皆様に不安とご心配ををおかけしてしまったこと、本当に申し訳ございません。 これから綴る内容はあくまで八重沢なとり個人の意見です。 10月7日に行われた夜桜たまちゃんの配信は一切知らされておらず、ファンの皆様と同じように見ていました。 そこで言及された報連相不足についてですが、 私自身もアイドル部へ入部当初は会社側が報連相不足であると感じ、問い合わせをした事があります。 ですが現在人員増員などで徐々に解消されており、日頃のサポートや些細な事も相談に乗って下さっています。 決して全てが蔑ろにされているわけではなく、日頃納得できる明確な理由は会社側がしっかりと伝達をして下さっていることを皆様にもご理解頂きたいです。 その後に行われた花京院ちえりちゃんのツイートと配信内容について、もこ田めめめちゃんのソロライブやちえりーらんどが控えていた事もあり、イベントや配信を含めファンの皆様に全力で楽しんで頂きたい。 そしてこれからも楽しい時間を共に過ごしたいという事については私も同じ気持ちです。 とはいえ、 たまちゃんが同じアイドル部として相談してくれなかったこと、配信することを伝えてくれなかったことは大変ショックでした。 ちえりちゃんもたまちゃんの配信中にあのツイートをされた事もあり、感情的に伝えてしまっている部分はあると感じましたが、 あの配信で言った事は間違いではないと私は思っています。 私個人、納得できるまで話のすり合わせが行えていなかった事で起きた騒動で、双方ともファンの皆様を大事にしているからこそ意見が分かれたと考えています。 会社側も今回の件を真摯に受け止めて頂き、アイドル部と会社でファンの皆様に安心して応援して頂けるよう改善に取り組んで行けたらと思っています。 私の今後の活動について、今後も変わらず活動を続けていきたいと考えております。 今回の騒動により不信感や不安を感じた方々も多くいらっしゃるかと思いますが、応援してくださるファンの皆様がお一人でもいてくださるなら、私はその気持ちに応えたいです。 今後は本件について私からの発言は控えさせて頂きます。 長文となってしまい、大変申し訳ありません。 LIVE、アイドル部、そして八重沢なとりを何卒宜しくお願い致します。 八重沢なとり 皆様を怒りや悲しみや戸惑いやいろいろな複雑な気持ちにさせてしまっていると思います。 私からはこの件に関して皆様に長期間にわたりご心配をおかけしてしまった事への謝罪をさせていただきます。 私の言葉や一連の流れや行動に対しての批判もたくさんあると思います。 ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。 虚偽の発言や事実の誇張、今回表に出ている部分だけでなく会話の中で感じたことの積み重ね、それら全てをお話することは個人の名誉に関わることなので難しいのですが私はそれらをこれ以上見て見ぬふりをすることができませんでした。 守りたいもののために行動をしたつもりです。 ですが、ファンの皆様の混乱の中ツイートですぐに触れてしまったことや言葉のニュアンス等で皆様を不安な気持ちにさせてしまった事については深く反省をしております。 どんな理由であれエンターテインメントの裏側をファンの皆様に見せるのは企業に所属している者として失格です。 この場所をまもってあげられなくてごめんなさい。 私の力不足です。 申し訳ありませんでした。 今まで過ごした時間の全てが偽りではありません。 たまちゃんやもちちゃんと一緒に活動してきた思い出を全て無かったことにするわけではありません。 私にとってこの1年半はアイドル部12人での大切な思い出です。 今、私の声がどれくらいの人に届くのか分かりません。 でも、それでも私は伝え続けます。 皆さんへの愛を伝え続けます。 私のファンの方を思う気持ちやアイドル部への気持ちは本物です。 信じてもらえるようにこれからも私の全力で発信し続けます。 ファンの皆さんと過ごす時間、全てが宝物です。 今後も自分の全力で走っていきます。 花京院ちえり.

次の