スピッツ 見 っ け 歌詞。 スピッツ チェリー 歌詞

見っけ スピッツ 歌詞情報

スピッツ 見 っ け 歌詞

「見っけ」ききました。 ききましたというか、ききまくりました。 ぴちぴちフレッシュな感想を書きに来ようと思ったのに、良いアルバムなのでついつい10周くらい聞いちゃってたんですよ……もうびっくりです。 せめてメンバーによる曲解説が載っているMUSICAを読む前に感想を書き残しておこうとおもい、復活しました。 ただの個人的な「こう思ったよ」が書かれています。 (関ジャム特集の反応をみて、烏滸がましいけどビビっている) 皆がすでにたくさん言っている感想もいいます。 ロク漫もおえていないので草野さんによるヒントがあった曲もあるかと思いますが、なんも知りません。 オイオイぽっち今更言ってんのかよ~!笑なノリで生暖かくよんでください。 「見っけ」全体の印象 第一印象 すごい、だ。 私の知らない曲だけど、だ。 全然知らない曲なのにこれはの曲だと分かるんです、これ、すごいことです。 いやのアルバムを聴いているんだから当然じゃないかということではなく。 それだけがたらしめる唯一無二を持っているってことなんですよ。 ほんと怖いバンド…… 「見っけ」は懐かしいような気持ちになりました。 「さざなみCD」や「小さな生き物」、「醒めない」を聴いた時はそれぞれに新しいけどこれもだなと感じていたのですが、「見っけ」は良い意味で聴いたことあるような、スッとなじむ懐かしさがありました。 小、よく遊んだ場所に大人の目線になって迷い込んだような…… 夢で思い出の場所、思い出の時間に今の姿のままでいるんだけど、夢だからか違和感なくいる時みたいな感覚…… 昔みえなかったことを「見っけ」するのがアルバムのテーマなのかな?と私は思いました。 ヘッドフォンして自転車乗って、通学路を走りたいな~ 非常に危ないのでしませんが。 あと、このジャケットのミノムシみたいなのは何だろう?開拓者??? 曲の感想 見っけ アルバムタイトルにもなっている曲です。 音楽用語に疎いもので、 ランディの歪んだサスンに 乗っていく が全くなんのこっちゃ分からなかったのですが、 サスンってギター等の音の余韻を指すんですね。 ランディはのランディ?? なるほど乗ったら大暴れで気持ちよさそう。 歌詞全体からは、つまらない規格の人生なんて忘れて、サルの時点から人間の歴史を捻じ曲げるくらいすごい速さでつきすすんでやろうぜという勢いを感じました。 イントロのキラキラした音も、タイムスリップ用ワープホール抜ける時、この音がなったら気持ちいいだろうなと感じる明るさ……どこまでいってしまうんだろう、このままサルになるかな~。 このキラキラ音、50代の方が選んだ音とは思えない、いや、そういうのは自分の勝手な思いこみですね。 でも「ピュンピュン」や「ファンタ」という可愛い言葉を選んできたところも意表をつかれました。 そういうのは好きです、胸にキュンときます。 優しいあの子 毎日「」を見ていたので、半年間じっくり聞いた曲です。 それでも嫌にならない不思議。 歌声と演奏のノビノビした気持ちよさが何回聞いても私を北海道に連れて行ってくれます。 歌声や演奏がなんにもぶつからないで、まっすぐ遠くまで届くような広い空…… あ~ 北海道行きたい しぼりたての牛乳飲みたい ジャガイモにバター乗せてよ~! なんかこの曲聴くとお腹すくんですよね…… 覚えやすいメロディなので、2歳の息子も彼なりに歌ってくれます。 これがまた結構歌えているんですよ!すごい!へへへ それと、勢としては、「コタン」という言葉が出てきたことに感動しました。 で集落という意味です。 若者言葉や韓国語だけでなく、ついにまで使われるとは。 メロディのノビノビした雰囲気でも北海道ってわかりそうなんですが、このコタンって言葉が入ることによって、を知らなくても北海道の曲だってわかります。 少ない音でこんな曲作れるのも、言葉選びのセンスもすごい。 草野さんはカムイなのでは。 ありがとさん MVで出てくる金魚の名前はかまたま……わたしとはみちゃん……! 元々好きな曲なんですが、金魚の件でさらに思い入れのある曲となりました。 別れの曲ですね。 切ない曲はゆっくりしたバラードより、ノリがいい曲の方が涙腺にきます。 印象としては、恋人と普通に別れたというより、死別を想像してしまいます。 ホロリ涙には含まれていないもの せめて声にして投げるよ ありがとさん 涙には感謝の気持ちを込める余裕がないくらい悲しいのかな…… あと素直にありがとうって言えなくて、ありがとうさんってちょっと茶化しちゃうかんじ。 これは、長年連れ添った老夫婦の死別だと思って聞いています。 これから二人で旅行とか行こうと思っていたのに、思ったより早くお迎えが来てしまった。 なんて。 MVの昭和っぽい部屋、二人で若い時に過ごした部屋なのかなと思ったり。 歌が終わった後の演奏部分で、勝手に今までの自分たち夫婦や息子との思い出を振り返っちゃうんですが、ちょっと鼻がツーンとして涙が出てきます。 ラジオデイズ ラジオ番組をやっている草野さんのラジオデイズという曲。 タイトルてただらぬ雰囲気を感じます。 草野さんの書く詩のなかではかなり素直な歌詞だと感じました。 この曲を初めてきいたときに思い出したのが、のRadio Ga Ga. クイーン• ロック• provided courtesy of 好きなんですよこの曲~。 ラジオはまだ素晴らしいよっていう叫ぶ曲ですね。 ライブVerも是非見て欲しいです。 フレディが熱い。 草野さんの歌詞からも、ストレートにラジオへの熱をぶつけらました。 イントロから「選ばれたのは~」くらいまでが昔のの曲の何かに似ているような気がするんですけど、何か分からない…… 「テンダネス」と「変だね」の韻ふみがすごく好きです。 間奏のラジオ番組部分は何て言っているんだろう?ラジオネームが聞き取れない…… 花と虫 この曲のイントロ、を思い出します。 でも始まると魔法のコトバっぽさもあります・ 「花はどうしてる?」ってつぶやいて噛みしめる の部分が、魔法のコトバの 花は美しく トゲも美しく 根っこも美しいはずさ を思い出してしまいます。 魔法のコトバが「」の主題歌だったので、なんとなく、竹本くんとはぐちゃんのことを思い出してしまいます。 いやしかし、のことを置いとくと、この曲なんか、エロくないですか。 こんなきれいな言葉が並んでるのに、濡れた瞳とか、傷とか、ちょっとエロい気がする。 こんなエロいエロい言っているのは私だけだろうかと心配になります。 好きです。 花と虫の後にこの曲がくるっていうのもいい。 死ぬときはこれを聴きたい。 草野さんの声がじっくり聴ける曲で、ほんとにいい。 寝る前に聞いたらいい夢みれるのではないかな。 快速 快速の疾走感が気持ちいいです。 これライブで聴きたい。 のりたい! 田村さん暴れるんだろうな~みたい~! 大きなサビがありそうで、実はないっていうのも好きです。 ずっと快速で走っているかんじ。 途中で降りないの。 特急に乗り換えたりもしないし。 YM71D 曲名が発表されたときに、これをすぐに「やめないで」って読んでいる人がいて、IQ高いなと感動しました。 「平和だと困る街」というフレーズが、このアルバムの中でも一番好きです。 この曲もエロい匂いがします。 初めては 怖いけど 指と指 熱を混ぜ合わせよう の部分が特に。 手をつないだ後、どうなってしまうの。 ひー ベースが気持ちいいのも、なんだかエロい気がして、全部がエロく聞こえます。 はぐれ狼 この曲、コーラスが入ってる~!とテンション上がりました。 コーラス入っている曲は、ライブではゃんやてっちゃん、クーが歌うので、誰がコーラスするのか楽しみです。 間奏のところのてっちゃんのギターかっこよすぎる…… 最後のサビのところのかき鳴らすギターもしびれる。 ギターとコーラスが楽しみな曲です。 まがった僕のしっぽ 歌詞カード見るまで、「慣れちまったが」のところ、「慣れちまっただ」だと思っていて、草野さん方言まで取り入れてリアリティ高めてきたな……と感心してました。 私の聞き間違いでした。 曲調がかわるところのゃんの合図がドキッとします。 急に荒波のような曲調になるのも、あーーーっていう草野さんの声も気分があがる。 そんな急に激しくなったあと、 優秀で清潔な地図に 禁じ手の絵を描ききって 楽しげに果てたい とか言われたらさあ。 その荒波はいったい、どういう意味ですかと、まがった僕のしっぽってもしかして果てた後の…… そのあと穏やかに元の曲調にもどるのも、とかピロー感があって、こう、なまなましいとおもってしまう。 えろい…… 初夏の日 泳ぐ魚の尾ひれを追うようなゆらゆらしたメロディが、眠くなります。 白昼夢のなかにいるみたいな、不思議な感じ。 不思議と心地よい、初夏の日の空気を感じます。 歌詞は、 嫌われちゃいそうなやり方で 近くにある幸せじゃなく ついについに手に入れる レアなときめきを のところが好きです。 嫌われちゃいそうなやり方って、どういうことだろうか。 ちゃいそうな、ってちょっと茶目っ気あるところが可愛くてたまりません。 ヤマブキ でました。 ヤマブキは植物のヤマブキかと思い、ちょっと勉強しました。 は「気品、崇高、待ちかねる」 恋は気品があるってことかな。 いや、この部分はあんまり解釈しないほうがすてきなのかも。 恋はヤマブキ、うんうん、そのままでいいかも。 でもなんとなくヲタク言葉で言えば「恋は」みたいな印象はうけました。 ギターもベースもドラムスも気持ちよく走っているのが、最高です。 こんなノリのいい曲調なのに、 田植えの季節過ぎれば 雨がいろいろ消してくれそうで へへへと笑ってみた なんて田舎を感じる部分もあり。 自転車で山道を走るときはこの曲をききたいです。 もちろん、ライブでもききたい!絶対ききたい。 ゴースカ行けなくてきけなかったので、絶対ききたい~! ブランケット ボーナストラック~! ブランケットというタイトル通り、包まれるような幸せな曲です。 ちょっと横になるときに、この曲みたいなブランケットで包んでほしいな…… ヤマブキでのったあとの満足感のまま、ブランケットにくるまれて眠りたい…… おわりに 「見っけ」、すごく良いアルバムです。 何回でもききたいし、ライブでもききたい曲ばかりです。 絶対にチケットを手に入れるぞ~!頑張ります。 感想もかいたので、予約していたMUSICAを買いに行こうと思います。 どんな解説がされているのか、ドキドキします。 楽しみ~ pocchi83.

次の

スピッツの『見っけ』で気になってしまって仕方がない部分について ~アルバムレビュー・感想 ~

スピッツ 見 っ け 歌詞

スピッツは、日本のロックバンドである。 事務所はGrass Hopperに所属し、レーベルはユニバーサルミュージックグループの社内レーベルのユニバーサルJと契約している。 メンバーは、草野マサムネ(Vo,Gt)、三輪テツヤ(Gt)、田村明浩(Ba)、﨑山龍男(Dr)の4人からなり、バンドメンバー全員がコーラスを務めている。 1987年に進学を理由に上京した4人が集まり結成された。 都内のライブハウスを中心に活動したのち、1991年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』をリリースし、メジャーデビューする。 1995年にシングル「ロビンソン」をリリースするとミリオンセラーを記録し、ブレイクを果たす。 その後もヒットを連発しており、彼らの代表曲には「チェリー」「空も飛べるはず」などがある。 2016年に結成30周年を迎えるが、今なお老若男女問わず幅広いファンがおり、デビューから今日まで爽やかでどこか懐かしい、飾らぬスピッツサウンドを日本中に届けてくれる存在である。 【収録楽曲】 01. 見っけ 02. 優しいあの子 03. ありがとさん 04. ラジオデイズ 05. 花と虫 06. ブービー 07. 快速 08. YM71D 09. はぐれ狼 10. まがった僕のしっぽ 11. 初夏の日 12.

次の

二度と戻らない愛しい日々。スピッツ「ありがとさん」がアツい

スピッツ 見 っ け 歌詞

---------------- 再会へ! 過去にも、誰にも理解できないような、草野マサムネの空想世界をたくさん作品にしてきましたが、『見っけ』の歌詞も、冒頭からマサムネワールド全開です。 「消えそうな道」を辿り、誰かとの再会に備えています。 「人間になんないで」「くり返す」ということから、おそらく輪廻転生を歌っているのだと推察できます。 消えそうな道は現世へ続く道、「ついに場外へ」出ているので、この世に生まれ直し、再会を誓った誰かと出会うことができたのかもしれません。 生まれ変わるまでの物語でしょうか。 独特の世界観と、現世で待つ人との再会を前にしたワクワク感が伝わってきます。 偶然も必然も超える魔法 ---------------- どんな魔法も手をたたいて 笑った そんな君を見っけたのは まだファンタジー? 再会へ! しかし、不可能に思われた再会をあっさり叶えてしまいます。 「まだファンタジー?」といいたくなるほど、夢のような再会を前に、期待と不安の入り交じった複雑な感情を抱いています。 この部分で印象的なのは「魔法」という言葉。 スピッツの楽曲には、しばしば「魔法」というワードが出てきます。 どこか不可思議で人知を超えた存在。 人生には時々、思いもよらない奇跡が起こります。 そんな運命のイタズラを呼び寄せるような不思議な力で再会してしまう2人は、まさにスピッツらしい世界観です。 一刻も早く運命の人の元へ ---------------- ランディの歪んだサスティーンに 乗っていく ファントム追い越して見っけるんだ 禁断の実 再会へ! 生ぬるい運命を 破りたい 未来をひっかいて 再会へ! エフェクターは、ギターの音を歪めたりグルーブ感を出したりと、音色を変換させる装置のこと。 自身もギターを扱う、草野マサムネならではの歌詞といえるでしょう。 サスティーンには「持続させる」という意味があり、ここまで音楽用語が並んでいることを考えれば、「歪んだサスティーン」とは、歪んだギターの音、といったところでしょう。 目には見えない音の波に乗って、運命さえも越えて、今すぐ再会を果たしに行こうとする胸の高鳴りが、聴く人の心に突き刺さる歌詞です。 草野マサムネの柔らかな声とは対照的に「!」が多用された歌詞や、「すぐに準備しよう」「ついに場外へ」と、先を急ぐ歌詞が印象的です。 誰にも真似できない「マサムネワールド」の魅力 "胸が高鳴って、もう待ちきれない!"そんな、はちきれんばかりの高揚感に満ちた楽曲です。 ずっと会いたかったその人に会えた時にはきっと、思わず「見っけ!」と叫んでしまうことでしょう。 そんな光景まで目に浮かぶ、楽しい楽曲です。 いつ聴いても色あせず、耳を楽しませてくれるスピッツの楽曲。 その陰にはいつも、草野マサムネにしか描けないマサムネワールドがあります。 少し不思議で、けれど一度聴いたらクセになるマサムネワールドを、存分に味わってみてください。 TEXT 岡野ケイ.

次の